10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

This Category : キャンプ

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.07.26 *Fri*

Cultus Lake でキャンプ 2日目

Cultus Lake での二日目の朝です。

昨晩のカルタス・レイクはどうだったかと言うと




寒かった






の一言に尽きます。


アタシと娘はエア・マットレスで眠ってたんだけど、マットレスから冷気、というか底冷えがして、背中が寒くて何度も目を覚ましてしまった。



これはエア・マットレスが原因・・・・ではなくて、アタシのせい。



前回のキャンプで(本来の筒状にした)寝袋で眠った時に暑かったものだから、今回は下は通常のベッドシーツにして、寝袋を掛け布団のように上に掛けて眠ったのよ。


そしたらもう、底冷えが半端ないのなんのって・・・・(-_-;) 


どうにもこうにも寒さに耐え切れなくなって、真夜中、掛け布団状態だった寝袋を本来の筒状に戻し、その中に娘と一緒に潜り込んで、ようやく朝まで暖かく眠る事が出来ました。

「寝袋の威力って、凄いんだな・・・。」と再確認。



朝になって外に出てみると、夜の間にお客さんが来ていた様子。


テーブルの上に置いてあったマッチ箱が開いてマッチがテーブル上に散乱しており、アタシの椅子の肘掛部分には手形が残ってました。
IMG_2689.jpg

ラクーンが来てたみたいね^^;。



本日の朝食は、ベーコン・エッグ、トースト&サラダ。
IMG_2687.jpg

我が家のスタンダードな「キャンプの朝食」でございます。

家では面倒だから絶対にやらないけどね!!!


朝食後はいそいそと撤収作業にいそしみ(そう、今回もたったの一泊二日キャンプなのだー)、チェック・アウト時間ギリギリの午前11時に撤収完了。

今回もバタバタのキャンプだった・・・。

次回は二泊三日で「のんびりキャンプ」がしたい・・・・。



撤収後はカルタス・レイクの入り口にある遊戯エリアに赴き、ペダル・ボートをレンタルしてカルタス・レイクを満喫する事に。


しかしまあ、



レンタル代の高い事!!!



40ドル超えですよ、40ドル超え!


一泊のキャンプ・サイト料金とほぼ同じ金額ですよ!



たかだか1時間のペダル・ボートのレンタル代が40ドル以上だなんて「本当に良い商売してんな!」って感じだったんだけど、ここには何度も来る訳ではないし、今回のキャンプは心身ともにあまり楽しめなかったので「最後に楽しいことをしたい」と思い、思い切ってレンタルする事に。
IMG_2703_20130818164208cbb.jpg

「よっしゃ、漕ぐぞーーーー!!!」



こちら、漕ぎ始めのアタシと娘。
IMG_2714_20130818164229a46.jpg


こちら、漕ぎ始めの旦那&息子。
IMG_2705_20130818164231cd8.jpg


双方共に、この時はまだまだ余裕でした。












本日のカルタス・レイク、快晴の上、全くの無風状態。




すなわち




風も影も一切ない湖上は、





灼熱地獄と化していたのです!!






この空と湖面を見てくださいな。
IMG_2706.jpg

太陽にジリジリと炙られ、風も一切吹いていないため、湖上はかなりの暑さに。

おまけにペダル・ボートが思った以上に重く、一生懸命漕いでもあまり前に進まない。


漕ぎ始めて10分しか経っていないのだけど、息子は疲れと暑さでギブアップ。
IMG_2717.jpg


娘もホッペが濃いピンクになって来て、暑さが堪えている様子。
IMG_2722_2013081816430124d.jpg


旦那に「まだ漕ぎ始めて15分ほどしか経ってないけど、岸に戻ろう。日差しが強過ぎて、このままじゃ子供もだけど、アタシも危ないわ」と言い、岸に向けてUターンする事に。


旦那と炎天下で


「これだけのために40ドル以上払って馬鹿みたいだけど、仕方ないよね。

子供達や自分達の身体には代えられない。」


と話しながらキコキコとペダルを漕いでいたら、



突然、



冷房のような涼風が、ヒューヒュー吹き始めたのよ!



それはそれは涼やかな風で、どれくらい涼やかだったかと言うと、これまでの体感気温30度が、一気に23度くらまで下がった位の涼やかさ。

それまでは「もう一秒たりともここには居られない」と思うくらいの酷暑さだったのに、風が吹き始めてからは



「あと2時間は余裕でここに居られるな」



って思えるくらい、体感気温が180度変化してしまいました。 

風だけで、こんなに体感気温って変わるものなのねー。



しかし、さっきまで全くの無風だったのに、なんで突然風が吹き始めたんだろう???



涼風のお陰で子供達も復活したので、引き続き、涼風の中を漕ぎ進む事に。


改めて見ると、カルタス・レイクってやっぱり綺麗。
cultus_lake.jpg


夏のリゾート地として有名なので、湖畔にはお金持ちの自宅(別荘?)がビッシリ!
IMG_2711.jpg


良い感じの家が沢山立ち並んでいたんだけど、旦那とアタシのお気に入りはこのおうち。
IMG_2710_20130818164234eaa.jpg

可愛くない?

旦那と「いつかお金持ちになったら買い取ろう!」なーんて夢のまた夢な話で盛り上がったのでした。


快適な湖上遊泳も残すところあと15分となり、「そろそろデッキに戻ろう」とUターンをし始めた時、湖に再び異変が!


涼風は引き続き吹いていたんだけど、今度は



(湖なのに)荒波がやって来たのです!!



波はデッキに向かって立っていたので、アタシ達は重いペダルを一切漕ぐ事無く、波に乗ってデッキに戻ることが出来たんだけど・・・


戻り過ぎてしまい、人間専用の遊泳区域に近づいてしまったー!!


今度は必死こいて波に逆らい、重いペダルを漕いでデッキに戻らなくてはいけない羽目に!!!


でも押し寄せてくる波が強過ぎ&高過ぎて、デッキはすぐ目の前なのに漕げども漕げどもデッキに辿りつけないー!

その間ザッパンザッパンと高波を浴び(「ウォーターライドみたーい!」と一家全員キャーキャーと大喜び)、なんだか、日本海の荒波の中で大漁旗翻して進む漁船になった気分になりました。


こうして荒波と格闘する事約5分、波に逆らって根性でデッキに辿りついた時には旦那もアタシも疲労困憊。


でも、間違いなく、



「今回のキャンプで、これが一番面白かった!」



と全員納得、大ハッピーになれたのでした。


ちなみに、この荒波で遥か彼方に流されてしまったペダル・ボート客のボートが数隻あり、彼らはスタッフの人たちに救助されてました。

レンタル・ショップのスタッフの人に聞いたところ、カルタス・レイクは正午過ぎ辺りから風が吹き始め、それに伴い荒波が起こるんだそう(アタシたちは丁度このタイミングだった)。

なのでボート・ライドは午前中にした方がいいかも☆



超楽しかったペダル・ボートの後は、レンタル・ボートのすぐ横にある遊泳用ビーチで湖水浴。
IMG_2730.jpg


結構な波が押し寄せてくるものの、ちゃんとゲートで仕切ってあるので安心して水遊びが出来ます。
IMG_2727.jpg


アタシはビーチでノンビリしてたんだけど、旦那&子供達はカルタス・レイクを思う存分満喫できたようでした。
IMG_2732.jpg


湖水浴の後は楽しかったカルタス・レイクを後にし、帰路に着いたのでした。

最初はどうなる事やらと思った今回のキャンプ、終わってみれば楽しいキャンプになりました。

次回のキャンプはまだ未定なんだけど、あともう一回位キャンプに行けたらいいな~と思っております。


さて、次はどこに行くかなー!



スポンサーサイト
category : キャンプ

2013.07.25 *Thu*

Cultus Lake でキャンプ 1日目

本日は今夏二度目のキャンプ!

今回はCultus Lake(カルタス・レイク)のキャンプ場にやって来ました。


前回ここに来たのは、息子がまだ1歳4ヶ月だった2009年の初秋だから・・・・約4年前!!


凄く気に入ったキャンプ場だったから、その時は「毎年来るぞ!」と思ったのに、その5ヶ月後に娘を妊娠。

それから出産を経て、娘がキャンプに対応出来るのを待っていたら、こんなに時間が経ってしまってたわ。

本当に、4年なんてあっという間に過ぎちゃうわね。あーやだやだ!!



とまあそんな訳でお久しぶりぶりのカルタス・レイク、今回もギリギリ予約だったにも関わらず、レイクサイドのキャンプ・サイトをゲットできました。
IMG_2700.jpg


アタシったら、運良すぎ。




っていうか、




その運が、宝くじに直結する事を願って止まない毎日なんですが、なかなか人生上手く行きませんわね。



上の写真では分かりにくいんだけど、こんな風にキャンプ・サイトから湖が見渡せます。
IMG_2701.jpg

すぐそこがもうビーチで、最高のロケーション!



この後車から荷物を降ろし、テントの設営へ。

今回も前回のキャンプで使用したおニューのテントを持ってきたんだけど、これがまあ



最悪のテントでして。



コイツなんだけど。
tent.jpg



前回同様、組み立てにかなりの時間を要した上に、おまけに



今回のようにペグが打ち込めない程硬い地面のキャンプ・サイトの場合、




テントが自立出来ない事が判明!!




この赤丸の部分がペグが必須箇所で、この部分をペグで外側に引張って固定しないと、フレームがテント内部にダラーンと倒れてくるのよ!!
tent_1.jpg  (もう憎たらしいから何度でも写真をUPしてやる!)



今回はペグで固定するべき部分にテントの内側から重い荷物を置いて何とかテントを自立させる事が出来ました。



このテント、本当に最悪。


本当にウ●コみたいなテントよ。

(いや、それはウ●コに失礼だわ。)



来年もCostcoで売りに出されるかと思いますが、決してお薦めしません。


もう絶対に買っちゃ駄目ーーーー!!





テントの設営だけで旦那が汗だくになったので、ビーチに降りて湖水浴をする事に。
IMG_2669.jpg


水遊びが大好きな息子、今回は珍しく「水に入りたくない」と言うので、アタシは息子と一緒にビーチに残る事に。
IMG_2673.jpg







ダディと妹が楽しそうに水遊びをしているのを見て羨ましくなったらしく、普段着のままで湖の中へ。
IMG_2674.jpg

んもー、だから「気が変わるかもしれないから、一応、水着に着替えとけば?」って何度も言ったのにー。


暫く湖水浴を楽しんだ後は、旦那&子供達がシャワーを浴びに行っている間に夕食の準備。


今回はマリネして持ってきたムルグマライ・チキンにサラダ、そしてランチの余りのサンドイッチで夕食。
IMG_2678.jpg

サンドイッチ、作り過ぎちゃったのよね・・・^^;


子供達にはお昼の余りを食べさせたくなかったので、サンドイッチの代わりにマカロニ&チーズ。
IMG_2679_2013081816412923e.jpg

普段はインスタントのマカロニ&チーズなんて絶対に食べさせないけど、キャンプの時だけは例外だす(←自分がラクしたいので)。



夕食の後は勿論、キャンプ・ファイヤーで『スモア』作り!
IMG_2684.jpg


いいね~、やっぱりキャンプはこれが無いとね~☆


2個目のスモアを頬張る息子。
IMG_2685.jpg

キャンプの良い思い出が出来てるかしら?


夕飯の後はテントの中で寝床作り。


今回は手動のエア・ポンプを持ってきたので、エア・マットレスの空気入れも簡単♪




んが、



今回も、エア・マットレス関連で落とし穴が待っていることを、この時点ではまだ気付いていないアタシなのであった・・・・。


寝床を作った後は火を囲んで日が暮れるまでのんびりし、日没と共に就寝と相成りました。

category : キャンプ

2013.07.03 *Wed*

Porteau Cove でキャンプ 2日目

Porteau Coveキャンプ場での2日目の朝です。

朝から小鳥たちのさえずりで爽やかに目覚めました。



というのは大嘘で、




朝も早うから、またまた長距離列車がサイト横を通過する大爆音で飛び起きました!




午前7時半くらいだったかな?

このキャンプ場、目覚まし時計要らないよ・・・・・。


アタシと子供たちはこの通り7時半頃に起きたわけですが、旦那は早朝4時半頃にトイレに行きたくなって目覚め、トイレに行ってきたらしい。

これはその帰り道で撮った写真だそう。
camp2.jpg

朝4時半のPorteau Coveです。

薄霧がかかっていて綺麗☆


ビーチにある流木に座って海を眺めていたら、波打ち際で食べ物を洗っているラクーンに遭遇したんだって!

これがそのラクーン。
camp_1.jpg

いいな~。

波打ち際で食べ物を洗うアライグマ(ラクーン)・・・見たかった!




起床後は急いで朝食の準備。


本日の朝食は



・インスタントのメキシカン・ピラフ
・スクランブル・エッグ
・ベーコン
・昨日の残りのサラダ



旦那はキャンプで食べるスクランブル・エッグ&ベーコンが大好き。

これは絶対に外せないマスト・メニューなので手の抜きようがないのが面倒なところ。


朝食後は歯医者の予約がある義姉が一足先にバンクーバーに帰り、アタシ達はせっせと撤収作業。



アタシ、自慢じゃないけどテントを畳むのが上手いの。

どんなテントだろうと、一発でテント袋に収める事が出来る自信満々。

今回も初めて畳むテントだけど、一発トライで見事に袋に収める事が出来たものだから、つくづく


「『テント折り畳み世界大会』があれば、上位に食い込む自信あるのに」


と思ったわ。



そうしてチャッチャと撤収作業は完了し、チェックアウト・タイムの午前11時にキャンプ・サイトを後にしたのでした。


Porteau Coveを去る前に、日帰り客用の駐車場に車を止め、ちょっと散歩する事に。
IMG_2516_20130714143533.jpg


こんな風に、海に沿ってキャンプ・テーブルがズラズラ~と並んでおります。

ピクニックに最適!お勧め!


ピクニック・テーブルから撮ったPorteau Coveの眺め。
camp3.jpg

いやはや、見事な景色です。


貨物列車の音にはウンザリだったけれど、それを含めてもまたここにキャンプをしに来たいと思ったわ。

今年の9月か、来年かな。


子供たちも大喜びだった今回のキャンプ、久々のキャンプとしてはまあまあ成功。

次は3週間後にCultus Lakeでキャンプでーす。

category : キャンプ

2013.07.02 *Tue*

Porteau Cove でキャンプ 1日目

今週から旦那の仕事が2ヶ月に渡る夏休みに突入(その内の実質1ヶ月間はサマージョブをするけれど)。

そんな訳で、夏休み第一週目は数年ぶりとなるキャンプに行って来ました。



たったの一泊キャンプなんだけどね・・・・・(-_-;)



どこの国もそうだと思うんだけど、カナダの大抵のキャンプ場はネットで事前にキャンプサイト予約が出来まして、人気のキャンプ場に関しては夏休みの2ヶ月前とかに予約を入れなきゃいけないらしいんですよ。

でも今年の我が家は旦那のサマージョブ先(←3年前から毎年お世話になってる場所)からの日程表待ちで、夏休み1週間前になってようやくサマージョブの日程が判明。

それを基に、ようやく仕事が無い日を狙ってキャンプ・サイトの予約も出来るようになったのね。



が時既に遅し。



どこのキャンプ場もほとんど空き無し!!!




そんな中、お目当てのキャンプ場でようやく見つけた最後の1スポットも「一泊のみ(翌日は他の人が予約済のため)」のスポット・・・。


でも「キャンプ出来ないよりはマシだ!」って事で、そのスポットを予約。



そんな訳で、やってまいりました『Porteau Cove Provincial Park』のキャンプ場!
IMG_2463.jpg


ここはウェスト・バンクーバーとスコーミッシュの中間地点にある海沿いのキャンプ場で、バンクーバー市内からだと車で高速に乗って40分くらいの場所にあります。

テントが大小2つあるのは、今回は我が家と義姉との合同キャンプだから。


ちなみに義姉のテント、2人用テントなんですが、ものの2分ほどで設営完了。

スンバラシイ!!!

テントはこうでなくっちゃ!!



ちなみに我が家のテントは2年前にCostcoで買ったこの6人用(実際は4人でちょうどくらいの)テント。
tent.jpg




実はこのテント、



2年も前に買ったのに使用するのは今回が初めて!!




去年・一昨年は娘が小さくてキャンプには不向きだったため、出番が無かったのです。


しかも、お試し設営を家で事前にしなかった為、設営に20分を要したという・・・・。


買った事を軽く後悔したんだけど、立ててみればなかなか良い感じだったので良しとする。

これで雨にも強ければ更に良しなんだけど、こればかりは雨に降られてみないと分からないな。



テントを設営した後はエアマットや寝袋の設置になるんですが、その少し前にトラブルが発生してたんですよ。



キャンプ場に着いて車のトランクを開けた途端、子供たち用に買ったばかりのエア・マットレス袋から「バリバリバリー!」という物凄いモーター音が!!


どうやら運転中に荷物が動き、マットレス用の電動ポンプのスイッチがONになってしまったらしく、長時間稼動していたのかポンプ内の電池が高熱になって外部が溶ける寸前の非常事態!!!!


モーターも壊れてしまっており、エア・マットレスを膨らませる事が出来なくなってしまった。


実はこのエア・マットレス、旦那にかなり購入を反対されたのよね。


「ポンプがないと膨らませられないエア・マットレスなんてキャンプには向かない。ポンプ要らずでバルブを開くだけで勝手に膨らんでくれる『セルフ・インフレータブル・マット』が一番だ。」って。


だけどアタシが「子供たちにはあんな薄いマットよりもエア・マットレスのほうが快適なはず!」と言って譲らず、購入したという経緯が・・・汗



結局、旦那の言うとおりだったわ。


家で一回お試しで膨らませたのみで、電動ポンプはお釈迦になってしまいました。


旦那はアタシを「それ見た事か」と責めはしなかったけど「僕の言う事も、たまには聞いてくれると嬉しいな」とだけ言われましたわ・・・悔しい!!







電動ポンプが壊れてしまったエアベッドをどうやって膨らませたのかと言うと・・・・



旦那&アタシの肺を使って自力で膨らませたわよ!!!


ちなみにエア・マットレスのサイズはクイーン・サイズよー!!




マットレスが完成した頃には、旦那もアタシも酸欠でバッタリ倒れ、しばらく無言状態になったのでありました・・・・。



ここで教訓。


・電動ポンプとバッテリーは別々に携帯するべき

・ポンプが必要なエア・マットレスはキャンプには不向き

・旦那の言う事は素直に聞いとけ





クラクラする頭でテントの外に出てみると、こんな光景が!
IMG_2464.jpg


あー綺麗。

こんな景色を見たら腹立つことも吹っ飛ぶってもんよ。

せっかくキャンプに来てるんだし、たったの一泊なんだし、楽しまなくっちゃ!!



テント設置後は目の前のビーチに出て海水浴。
IMG_2477_20130714143538.jpg


アタシ以外の全員が海に入って水遊びを楽しんでおりました。(←海水浴嫌い)


海から上がった後は午後3時ごろから早々に火を焚き始め、「おやつ」と銘打ってホットドッグを食らう人々。
IMG_2467_20130714143516.jpg


ホットドッグをおやつで食べて、晩御飯は何を食べたのかと言うと、



これが本日のキャンプご飯。
IMG_2472_20130714143536.jpg


・インスタントのマカロニ・チーズ
・市販のミックスサラダ
・市販のマリネされたチキン


インスタントを使った超手抜き料理なので調理時間は15分くらい。

あっちゅー間にできました。

アウトドア料理はこんなのでいいんですよ、ええ。



食後のお片付けが済んだ後は「デザート」と銘打ってキャンプ定番の「スモア」作り。
IMG_2479_20130714143531.jpg


「スモア」とはチョコレートと焼きマシュマロを二枚のグラハム・クッキーで挟んだキャンプ定番のスイーツ。

子供たちは人生初の「キャンプ・ファイヤーでの焼きマシュマロ作り」に大喜び。



この頃には太陽が山に隠れ、辺りも少しずつ暗くなって来ました。
camp.jpg


子供たちの歯を磨き、眠る準備が出来た頃には日もすっかり暮れ、空には満点の星空が!

本当に凄い数の星で、上から降ってきそうだったわ。


キャンプ・ファイヤーを囲んでしばし星座鑑賞会。


ここで義姉が子供たちに星に関する物語を語り始めました。



義姉 「これは先住民族の間で語り継がれている『太陽と月』というスター・ストーリーよ。 昔々・・・・」



このお話を聞き終わった子供たち、「他のスター・ストーリーも教えて!」とリクエスト。


ここで旦那が



旦那 「じゃあダディが別のスター・ストーリーを教えてあげよう。



昔々ある所に、ジェニファー・ロペスという名の女の子が・・・



義姉 「それは別の意味の『スター・ストーリー』ね。 コノ、バカチン。」


アタシ 「ギャハハハハハハ! (カナダ人姉弟の漫才だわ)




スター・ストーリーの後は子供たちは大人の腕の中で撃沈。


子供たちをテントに寝かせ、義姉も自分のテントへ。


アタシと旦那はもうしばらくキャンプ・ファイヤーを楽しんでたんだけど、午後11時前くらいだったかな?

遠くから汽笛の音が聞こえ始めたと思ったら、あっという間に




キャンプ場の真後ろを長距離貨物列車が爆音と共に通過!!







実はこのキャンプ場・・・・・



キャンプ・サイトの真裏に『長距離列車用線路』が通ってるの!



ここでロースト・マシュマロを作っている写真に再注目。
IMG_2479_1.jpg

この赤で囲んである部分が長距離列車用線路。

ほんと真後ろでしょ!?


しかも長距離列車だから通過時間が長い長い!!


このキャンプ場のレビューでも「前の景色は至高、後ろ(列車騒音)は最悪」とか「騒音が気にならなければ最高の場所」と殆どの人が言っていたので覚悟はしてたんだけど、マジでうるさかったわ。

子供たちが起きやしないかと心配したんだけど、熟睡しているようで二人とも目覚めず。


「真夜中に列車が来ないといいね。」と旦那と話しつつ、あたし達もその日は就寝とあいなりました。

category : キャンプ

2009.09.13 *Sun*

Cultus Lake でキャンプ (後編)

カルタス湖で迎えた二日目の朝。


夜中の出来事なんだけど、アタシ、気が付いたら


寝袋の下に敷いたスリーピング・パッドから落ちて、固い砂利の上(といってもテントの床の上)で寝てました・・・。


どうりで底冷えがすると思ったよ!!

どうりで背中が痛いと思ったよ!!



これはうちの男衆の悪いクセなんだけど、

旦那も息子も、寝ている無意識の間に




アタシにすり寄って来るのよ~~~!!
(愛されるって大変!!)



だからアタシは寝ていた間に、二人から押しに押され、終いにはパッドから落ちてしまったわけ。

一体どれ位の間、地面に直寝していたのか分からないんだけど、朝起きた時はかなり背中が痛かったっす・・・TT


そうそう、この『スリーピング・パッド』、正式名称は『Self-inflating sleeping pad』なんですが、かなりお薦め!!

どれだけお薦めかという事は、日記の最後に書きまする~。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


カルタス湖で迎えた朝は、心地よい湖のさざ波の音と、鳥の鳴き声、そして明るい朝日の三つ巴。

目覚めてすぐにテントから出てビーチに行ってみると、お向かいの山のてっぺんが朝日に照らされてました。
IMG_4770.jpg

流石に今の時間では水が冷たすぎて、旦那は泳ぐ気にはなれなかったみたいよ・・・。

でも空気がヒンヤリしていて気持いい!!


今朝は本当に気持ちのいい清々しい朝で、「グッド・モーニング」って、本来はこういう事を意味するんじゃないの?って思うくらいで。

でも、そんなスンバラシイ朝も写真では表現できないのが残念。

IMG_4767.jpg

実際は、もっとイイカンジなのよ~~。


再びテントに戻って身支度を済ませた後、朝食の準備を開始。

今回の朝食はベーコン&ソーセージにスクランブル・エッグとサラダ、そしてトースト。
IMG_4773.jpg


朝食を作っていて気付いたのは、今回のキャンプの「忘れ物の多さ」!


まず、フライパンに引く油を持って来るのを忘れた。

おまけに、調味料を持って来るのを忘れた。


他にも何か忘れてたんだけど、それ自体を忘れちゃったわ・・・。

でも、トースト用のバターを持って来てたんで、それが油&調味料(塩)の代わりになってくれました。

前日のメニューが 『温めるだけのカレー&直火で焼くだけのホットドッグ』 だったもんで、ついつい油と調味料の存在を忘れてしまったのが今回の敗因。


次回は気をつけよう。



朝食後はチャッチャと撤収作業を進め、今回も30分ほどで撤収作業は完了。

そうそう、撤収作業中に他のキャンプサイトに昨晩泊まった人達が「テントごと」うちのサイトに歩いてきて、


「君たち撤収作業をしてるの?だとしたら、今晩この場所に泊まりたいんで、このテントを置いて場所をキープさせて欲しいんだけど・・・いいかな?」


と言って来たのよね。


うちはもう引き上げるんで、返事はもちろんOK。

彼らはうちのサイトの隅に彼らのテントを置いて去っていきました。

カルタス湖で連泊する場合、いい場所をゲットする方法としてこういう手を使うのもアリだわね。


そうこうしている内に、楽しかったカルタス湖を去る時間となりました。
IMG_4780.jpg


いや~本当にいい場所でした。

今度ここに来る時、また同じキャンプサイトに泊まれるといいなあ~。


湖に山に空に食に、沢山の面で楽しめた最高のキャンプでございました☆




●オマケ『Self-inflating sleeping pad』のススメ●

我家がキャンプ時に愛用している『Self-inflating sleeping pad』、厚みは5cmほどで『エア・マットレス』の4分の1位の高さしかないんだけど、(夏用以外は)断熱効果があるので、地面からの冷気を完全にシャットアウトしてくれるスグレモノ。

そのため、地面からの冷気を吸収しやすいエア・マットレスと比べ「下からの底冷え」が無く、寝袋の中をポカポカに保ってくれるので、低体温のアタシですらTシャツ&ヨガパンツだけでOKな事多し(旦那はいつもTシャツ&下着のみで寝てますわ・・・)。

前述したとおり厚みは5cmほどしかないのだけど、身体は地面にタッチしないし、程好い弾力があって寝心地もかなり良し。

「Self-inflating」の名の通り、バルブを開くだけで勝手に空気を吸い込んで膨らんでくれるので、準備もラクチン(バルブに口を直接つけて空気を追加する事で、パッドの硬さの調節も出来る)。

これから来年に向けてアウトドア用品を揃えようと思っている方で、「冷え性だ」「柔らか過ぎるマットレスが苦手だ」という方々には、是非お薦めしたいアイテムでございます。



ちなみにアタシ達はアウトドアショップのM.E.Cで購入した『MEC Kelvin 5.0 Stretch Sleeping Pad』を使用してます。

これを購入した理由は、そこにあった商品の中で最長(198cm:旦那の身長と同じ)で横幅も広かったのと、お店で実際に試し寝をしてみたら、凄く寝心地が良かったから。

レビューでは「何回か使う内に空気漏れがした」とか書いてあるんだけど、それはどの商品でも言える事だし、夏の間に酷使したにもかかわらず、我家のはまだ大丈夫。

旦那&息子に押し出されさえしない限り、快適な眠りを提供してくれています^^
category : キャンプ

きゃびの「つぶやいちゃうわよ!」

更新祭り開催中!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

きゃび

Author:きゃび
西日本の某県出身。1999年6月、日本にてドデカいカナダ人(旦那)に遭遇。その後何故か付き合う事となり、1年7ヶ月の交際を経て、2001年4月、日本にて結婚。転居先の愛知県にて三年半の新婚生活を送った後、2004年8月、移民権取得と同時にカナダ・バンクーバーに移住。2008年5月、第一子となる息子誕生。2008年12月にバンクーバー郊外の某市にお引越し。2010年11月、第二子となる娘誕生。2011年7月、愛猫二匹のうちの一匹だった愛猫“うらら”が天に昇りました。それから一年半後の2012年12月新たに雌猫のセリーナを我が家に迎え入れました。現在、旦那・息子・娘・愛猫ティファ&セリーナと共に「笑い大いにアリ、涙たま~~~にアリ、大噴火けっこうアリ」の、お気楽主婦生活を送っています。

我が家の息子、今いくつ?

2008年5月10日生まれ

我が家の娘、今いくつ?

2010年11月10日生まれ

最新記事

最新のコメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

Locations of visitors to this page

Copyright © Cabbit in Canada All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。