10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

This Category : 出産記録

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.12.15 *Thu*

今更ながら、息子&娘の出産記録


コンピューターを整理していたら、『息子の出産記録』なるものを発見!

いつかHP上に専用ページを作って備忘録として載せようと思っていたものなんだけど、日記をブログに移行したりと色々していたら、すっかりその存在を忘れてしまっていたんですね~。


そんな訳で、息子のものに関しては3年7ヶ月前のお話ですが、息子の出産記録(前編) (後編)、 娘の出産記録(前編) (後編) を残しておきます。


カナダでの出産」に興味のある方、「あ~そうそう、こんなだった」と出産を懐かしむ方は読んでみてやって下さいまし。




スポンサーサイト
category : 出産記録

2010.11.10 *Wed*

娘の出産記録(後編)

日付が変わり、11月10日になりました。

陣痛は相変わらず5分間隔で、数時間おきにドクターの子宮口のチェックが入るも、まだ3cmしか開いていない状態。

赤ちゃんの位置もまだまだ高く、出産スタンバイに入っていない状態との事。


「嗚呼、やっぱり今回も帝王切開になりそうだな・・・」


と思いつつ陣痛の波に襲われて「ふ~~~~~ん!!!」と踏ん張っていたら、突然、ナースから出産担当医が急遽変更になる事を知らされました。


今夜はアタシの産婦人科医が当直で、アタシの出産も受け持ってくれる予定だったのになんで~???


理由は「一晩の内に、緊急帝王切開が4件続いた為」だそう。


ドクターが疲労の極限で、体力&集中力がアタシの出産までもちそうにない、という事で急遽、代わりの先生がアタシの出産を担当する事になりました。


まあね、前回の息子出産時も担当産婦人科医に執刀して貰えなかったアタシですから?こんな状況にはもう慣れっこですよ、はい。


それに、やっぱり手元がしっかり出来るドクターに出産を担当して貰いたいしね。


で、


担当医の代わりとしてやって来たのは男性で、初老の英国人ドクター。

波のように押し寄せる陣痛にゼーハーしつつ「よ・・・・よろじぐおねがいぢまず・・・・」と御挨拶。


ここでまた何度目かの子宮口チェックを受けたんだけど、やっぱり子宮口は3cmのままで、赤ちゃんの位置も高いまま。


ドクターから「あと3~4時間待ってみて、それでもこの状態だったら帝王切開した方がいい」と言われた・・・・らしいんだけど、アタシこの時、ドクターが何を言っているのかサッパリ理解出来ず!!


というのも、彼のキングス・イングリッシュが聞き取りにくかったのと、その時は陣痛最高潮で喚きながらジタバタしていた状態でイライラしていた事もあり、思考能力ゼロだったのね。

そんな中、色々とキングス・イングリッシュでベラベラ~と説明を受けたものだから、思わず



「だ~~! アタシ、貴方が何を言ってるのかサッパリ分かんない! 
ちょっとアンタ
(旦那)、さっさと訳しなさいよ!!! 
あ~~~もう、 痛~~~~~い!!!!」




と暴言を吐き散らしてしまった・・・。(ドクター、ゴメンなさい!! ゴメンなさい!!)


陣痛って、理性すら奪うわね・・・。


ドクター、あの時は本当に、本当に、本当にすみませんでした・・・・・。


結局、ドクターから「帝王切開も視野に入れるように」と言われてしまったわけだけど、



「ここまで頑張ったんだもん、何とかして自然分娩したい!」



と思った私は、口では「OK」と言いつつも、頭の中では「子宮口、開け~~~開け~~~」と呪文のように唱えていたのでした。


そして午前3時過ぎ。


アタシが横たわっているベッドの横に簡易ベッドを置き、アタシの手を握ったまま、旦那が仮眠を取っていました。

アタシはというと、陣痛の波が数分間隔になっており、痛みも激しさを増してきた。

踏ん張り声も泣きが入ってきて、



「うえ~~~ん(泣) もうやだ~~~(泣) エピ(無痛)打って~~~」



といった感じに。



その様子を見ていた付き添いナースが


「今はまだエピは使えないのよ(←何故?)。 その代わりといってはなんだけど、モルヒネと睡眠薬を混合した痛み止めがあるんだけど、それを打ってみる?」


と言うではないの!


「モルヒネ」ってガン治療とかで使う、あのモルヒネよね!?


「モモモモモモ・・・モルヒネ・・・!? モ、モル、モル・・・・!?
(←痛みのあまり呂律が回らなかった)


と陣痛&驚きでアワワ状態になっているアタシの代わりに、ちょうど目覚めた旦那が「それはお腹の赤ちゃんには影響しないんですか?」とナースに訊ねると「問題ない」との事だったので、藁にもすがる思いで試してみる事に。

モルヒネ&睡眠薬(←実はGravolという酔い止め薬。服用すると強烈な睡魔に襲われる)を混合した痛み止めの注射をオシリにブッスリ。


本当はこの注射、痛いと思うんだよね。


でも、陣痛の方が痛すぎてへのカッパでした。

その効果は、というと・・・・・




強烈に眠い!!!





打った途端にコテンと意識を失ったくらい!!


でも、



陣痛の波で一発で目が覚める!!



陣痛が収まった途端に眠りに落ち、陣痛が来ると痛みで飛び起き、でまた陣痛が収まると眠りに落ち・・・の繰り返し。


非常に疲れる!!


その後、追加でもう一本打ったんだけど、効果は以前と全く同じで、陣痛の痛みは全然和らがず。


「もう、やだ~~~~~(泣)」となっていた所でドクターの回診の時間になりました(時間が経つのが長いようで早い)。


この時点で午前5時。

微弱陣痛開始から15時間が経っていました。


ドクターの診察結果は「子宮口が前回の回診時と全く変わっておらず、子供も下がって来ていない。これ以上長引かせるのは母子共に危険」という事で、帝王切開決定となりました。


「ここまで頑張ったのに、今回も(自然分娩は)ダメだったか・・・・」


と思ったのが顔に出たのか、旦那が



「ここまで本当に良く頑張ったね。 本当に良くやってくれた。 君の事を誇りに思うよ。」



と労いの言葉を掛けてくれました。



でも陣痛はまだまだ継続中で、帝王切開も決まった事だし「無痛を今すぐお願いします!」とドクターにお願い。


「すぐに麻酔医師を呼ぶ」という事だったのだけど、待てど暮らせど麻酔医師はやって来ない。


その間アタシは剃毛処置を受け、そして陣痛は激しくなる一方で、イライラも増す一方。


そんな時にナースに「オペ中はコンタクトレンズを外してね」と言われ、


「ゼーハーゼーハー・・・どうして外さなきゃいけないの・・・!? 
ま、前の病院はコンタクトレンズOKだったわよ・・・!!」



と叫んでしまう一面も。


ナースさん、あの時は本当にすみませんでした・・・・。


結局、アタシの病室に麻酔医師は現れず、陣痛の波が収まるタイミングを待って手術着に着替え、移動用ベッドに移動し、そのまま手術室に移動となったのでした。


そして手術室でようやく麻酔医師(若い男だったわ)に対面。


「コノヤロー!」と頭の中で思いつつ生背中をさらし、なが~~~~~~い麻酔針を背骨にブッスリ。


これも本当は痛いんだろうけど、16時間に渡る陣痛である意味「痛み慣れ」している身体にはへのカッパでした。


それからすぐにお腹周辺の感覚が無くなり、さっきまで襲い続けていた陣痛が嘘のように全く感じなくなりました。

その代わり、息子の時同様、薬の副作用で急激な悪寒に襲われ、まな板の上で暴れる魚のようにガタガタと震えが止まらなくなった。


さ・・・・寒い!!

ガタガタ震えるため、歯の根も合わない!!!



しかも、今回は眠い!!!(息子の時は術後まで眠気は無かった)


このままでは娘の誕生前に爆睡しそうだったので、一生懸命意識をハッキリさせる努力をしなくてはならなかった。

そこへ手術着を着た旦那が登場し、アタシの隣に座って手を握ってくれたのでした。



そうして帝王切開手術開始。



アタシの首の辺りからブルーシートが掛けられている為、シートの向こうで何が行われているのか分からない。

「お腹の辺りがグニグニ動いているような気がするから、きっと今取り出してるのかな?」と朦朧とする意識の中でボ~っと考えていたら・・・・



オンギャ~~~~!オンギャ~~~~!!



といきなり赤ちゃんの泣き声が!!




2010年11月10日、午前6時38分、娘誕生。



シートの向こうから「お父さん、もう写真撮ってもいいですよ」と言われ、旦那が「あ、はい」とおもむろに立ち上がってカーテン向こうの光景をパチリ。





そこには既に赤ん坊の姿は無く、開腹されたアタシのお腹のスプラッターな光景だけが広がっていたという・・・。(「連れていくのが早過ぎだよ~~(泣)」by 旦那)


前の病院では生まれた直後の息子をカーテン越しに掲げて見せてくれたけど、ここでは見せてくれず。


そして出産直後、それまで「赤ん坊が生まれるまでは眠らないぞ~!」と張り詰めていた意識が力尽き、ここから回復室で目覚めるまでの記憶がまったく無いのでした。


回復室で目覚めた時、アタシの腕には血圧測定器が取り付けられ、時間は娘が生まれてから丁度1時間が経過した午前7時35分になっていた。


娘を抱えた旦那は遠く離れた所に座っており、ナース達と談笑中。

そんな旦那の後姿に向かって、


「ちょっと~~~~!アタシにも娘を抱かせなさいよ~~~!!」



と言って、この時、ようやく娘と初対面!!


小さいけど、大きい!!

ムチムチで、シワがひとつも無い!!



やっと会えたね・・・・!!

母ちゃん、この日を凄く待ってたんだよ・・・!!




感動ひとしおのところでナースから、


「じゃ、授乳開始しましょうか」


と言われ、久しぶりの「赤ちゃんへの授乳」を開始。


赤ちゃんって、凄いよね。

教えなくても、乳首を口元に持っていったらパクッと加えてチュクチュク吸い始めるんだもの。

息子の時は最初の内、授乳に凄く苦労したんだけど、この子はどうかな?



こんな感じで、アタシの「二人の子供のママ 第一日目」がスタートしたのでした。

category : 出産記録

2010.11.09 *Tue*

娘の出産記録 (前編)

いきなりですが、ワタクシ、実は妊婦だったのでございます。

お腹にいる赤ちゃんは女の子で、予定日は6日前の11月3日だったのだけど一向に生まれる気配なし。

先々週&先週の妊婦検診でも「まだまだ子宮口が硬いし、子供も下がって来ていないから出産はまだ先ね」と言われる始末。

実は妊娠後期の血液検査で『妊娠糖尿病』を患っている事が発覚し(それが原因で夏からずっと食事療法をしていた訳です)、そうなると「子供が巨大児になり易い」と聞いているので、子供が大きく育ち過ぎる前になんとか出産予定日前に早めに産んでおきたかったんだけど、そうは問屋が卸さないらしい。


「41週過ぎて3日経っても生まれなかったら誘発剤を打ちましょう」


と産科医に前回の検診で言われたので、遅くとも今週末には赤ちゃんが誕生するのだけど、出来る事なら自然にお産が始まってくれると良いんだけどなあ。


そんな訳で、41週を明日に控えた本日、いつものように旦那を仕事に送り出す準備をしていたのよね。




そしたら



突然、生暖かい液体が「ブワッ!」と下着の中に出ちゃったのです。

焦ったアタシは


「は・・・・破水したかも! ちょっと、アンタ! 今日仕事に行くのヤメテ!!」


とアワワ状態で状況を旦那に伝えつつ、トイレに駆け込んで状態を確認してみると・・・



なんて事はない「ただの尿漏れ」みたいな?



でも、拭き掃除した後のトイレット・ペーパーが薄っすらとピンクに染まっているような・・・。

だけど、破水の量としては少ないし、出て来て止まらないわけでもないので、自分で勝手に「破水ではない」と判断。


「ただの尿漏れだったみたい。 だから今日は仕事に行ってもらってもいいや。エヘ」


そう言って、「本当に大丈夫なの~?」と心配する旦那を仕事に送り出したアタシ。


それから数時間後の午前11時前、お友達のゆいとマミーさんからお電話が掛かってきて、暫くお喋りしてたのね。



そしたら



その最中に、またもや「ぶわっ!!」という感じに液体が下着の中で広がる感覚に襲われたのです。


マミーさんに「なんだか今、また『ブワッ!』と出たんだけど、また今朝みたく尿漏れかな?」と暢気に言ったら、マミーさんに


「今度は本当に破水かもしれないから、今すぐ確認した方が良いよ!!」



と言われ、電話を切って確認する事に。



で、



トイレで下着を下ろしてみたら・・・・・


下着の中が鮮血で染まってました!!!!



拭いても拭いてもボタボタと血が出て来て、取りあえず新しい下着に破水用パッドを当て、職場の旦那に「大量出血してる!早く帰ってきて!!」と「帰れコール」。

旦那が仕事から戻ってくる20~30分位の間に、出産予定病院に電話を入れ、入院準備の再確認と、息子&自分の出掛ける準備を整え、旦那が帰ってくるのを待ってました。


そうして旦那が興奮気味で帰ってきて、旦那・アタシ・息子は一路、出産予定病院へ。


ここの待合で待つこと30分ほど。


この時点で、ちょっと焦ってくるアタシ。


何故かというと(前回の出産でも引っ掛かったんだけど)、今回、GBS検査で陽性反応が出てしまった為、破水もしくは陣痛が始まったら、1時間以内に産道感染を防ぐ為のペニシリンを投与し始めないといけないから。


もしもこの出血が「破水の一種」だとしたら、もう1時間過ぎちゃってるんだけど!?


そんな訳で「アタシの番はまだかいな!」とヤキモキし始めたところでようやくアタシの名前が呼ばれ、処置室のベッドに通されたのでした。


そこで尿を採取し、陣痛監視モニターを着けられ、ペニシリン投与開始。


ここで息子が騒ぎ始めた為、旦那は息子を連れてその場を退場。


旦那がいない間、アタシは看護士から問診を受けたり、諸書類にサインをしたりしていた。


この時点で看護士がモニターを見たところ、陣痛がまだ始まっていなかった為、


「点滴が終わったら、一旦家に帰る事になるんだろうな~。義姉&義母(←アタシの入院中の息子の世話をお願いしている)が来る前に軽く家の掃除・洗濯が出来る~。よかった~~」


と思ったアタシ。


ところが、その場に登場したアタシの掛かり付けの産科医から



「彼女はハイリスク妊婦だから、家には帰さず、このまま入院させてちょうだい。」



という指示が出て、そのまま病室に移動して入院する事に! 



ええ~~~!!

義姉&義母が来る前に部屋を片付けて起きたかったのに~~!!



処置室に戻ってきた旦那に「アタシ、このまま入院だってさ・・・」と告げ、ベッドからよっこらしょと起き上がり、点滴をガラガラと押し歩きながら個室の病室に移動、そのまま入院する事になってしまった。


・・・まあ、人生って、こんなものよね・・・。



個室に移った後は、アタシはベッドに陣痛監視装置を着けたまま横たわり、旦那と息子は病院のカフェテリアへ昼食を食べに行き、アタシの担当になった看護士がベッド脇で常に陣痛監視モニターと睨めっこ、といった状況に。

その状態が午後2時前まで続いたんだけど、旦那が息子とランチから帰ってくるのと丁度同時期に遂に微弱陣痛が始まりました。


でもちょっと酷い生理痛程度の痛みだったので、旦那と息子には一度家に帰ってもらい、息子のお昼寝&家の掃除と洗濯を旦那に頼む事に。


それから我が家に到着した義姉&義母に息子を託した旦那が病院に単身で戻ってくるまでの4時間、アタシは日頃の寝不足を解消すべく眠り続け、眠っている最中にも時折感じる陣痛に時々顔をしかめつつ耐えていたのでした。


旦那が病室に戻ってきてから1時間後の午後7時、それまで微弱だった陣痛が急に痛みを増し、10分間隔くらいの本陣痛に変わった!



来た来た来た~~~!

懐かしいぞ~~~、この痛み!!





でもまだまだ声を出さずに我慢できる痛みで、痛みの波がやって来る度に呼吸法で「痛み逃し」をしてました。



でね



この病室に移って入院してから、アタシ担当のナースが常に隣にいて、陣痛監視モニターと睨めっこしてるんだけど、先輩ナースが様子を見に来る度に凄く気になる事を言うのよ。

アタシと旦那には「今から私達が話す事は大した事ではないから、気にしないでね」と前置きをしつつ、先輩ナースに



「赤ちゃんの心拍がおかしいの!!」



ってアタシ達の目の前で言うのよ~~~!


しかも、先輩ナースやドクターが来る度に毎回!


そしてその度に心拍グラフを見た先輩ナース&ドクターから「これは許容範囲の状態。心配するレベルではない」と言われて彼女もその都度納得するんだけど、彼女の同僚ナースが来た時に


「ドクター達は信じてくれないけど、絶対にこの心拍はおかしいわ!」


って言うのよ~! 勿論、アタシ達の目の前で!!


陣痛でヒーヒー言ってる妊婦の前で、そんな事言うのはヤメテクレ!!



日本語で旦那に「ちょ・・・ちょっと・・・! 赤ちゃん、大丈夫なの!?」と言うと、旦那は「ドクターや熟練ナースは“問題ない”と言ってるんだし、今はそっちを信じるしかないよ」と返して来たので、アタシもポジティブ意見の方を信じる事に。 



それにしても・・・・・・・いたあ~~~~~~~い。



「陣痛って、こんなに痛かったっけ!?」とボーッとする頭で考えていると、アタシの担当ナースが夜勤のナースと交代の時間になりました。


そしたらまあ、このナースが良く喋るナースで。


カルテか何かで旦那の職種&職場を知ったらしく「私の年下の従姉妹があなたの職場に通ってるのよ!」という話になり、旦那もお喋り好きなものだからそこから話が広がって、10分間隔の陣痛でヒーフーヒーフー言ってるアタシの頭上で、二人による笑い声の混じった「会話のキャッチボール」が交わされてました。


この時真剣に、



「おめーらマジで鬱陶しいんじゃ!! そんなに話がしたけりゃ、外で喋ってこいや~~!!」



と怒鳴りつけそうになった。


この時は、ほんとむかっ腹が立って


「出産が終わったら、旦那を蹴り飛ばしてやる」


と真剣に思ったわ。



あ~もうずっと痛み逃しの呼吸をしてるもんだから喉がカラカラ。

もうすぐ日付が変わるというのに、朝から何も食べてないのでお腹もペコペコ(←帝王切開になるかもしれないから、という事で、水・リンゴジュース以外の栄養補給を禁止された)。

何も食べてはいけないので、アタシはひたすら口の中で氷をゴリゴリ噛み、喉の渇きと空腹を充たしていたのでした。


この頃、陣痛が5分間隔に。

数時間おきにドクターが子宮の開き具合を確認しに来るんだけど、微弱陣痛が始まって10時間、本陣痛が始まって5時間近くが経とうとしているのに、子宮口はたったの2cm大。


「赤ちゃんが全く下がって来てないわ。子宮口も殆ど開いてないし、まだまだ時間が掛かると思う。でももう陣痛が頻繁になってるようだし、帝王切開も視野に入れておいて」


と言われる。


この調子だと、今回もどうも帝王切開っぽい・・・。


5分間隔になった陣痛は事のほか辛く、もう呼吸法如きでは痛みが和らがなくなってました。

痛む時間も長くなって来た。


息子を出産した時はこの段階になる前に無痛に切り替えたので、二度目の出産なんだけど今の感覚は初体験。

あまりの激痛に、陣痛が来ると思わず「ふぅ~~~~~~~・・・・ん!!」っていう呻き声が出るし、ベッドサイドの柵を握る手にも汗が滲んで来るほど。


そんな中、ナースに「ちょっと廊下を歩いてきたら?その反動で赤ちゃんが下がってくる事もあるから」と言われ、陣痛の波が去るタイミングを見計らって起き上がり、旦那に付き添われながら点滴をぶら下げたまま廊下をヨタヨタと歩いてみた。



当たり前なんだけど



陣痛が来ると、あまりにも痛くて一歩も歩けなくなるのよね。



とてもじゃないけど、歩く事も凄く苦痛になってきて、早々にベッドに戻る事に。

その後もナースに「シャワーを浴びてみたら? 痛みが和らぐから」と薦められるも


「い~え! アタシはもう、ベッドから一歩も動きません!! 梃子でも動きません!!」と拒否。


面白かったのは、陣痛が来た時に無意識でベッドの柵をガンガン殴りつけていたんだけど、その時、拳の痛みに気を取られ、陣痛が少し和らいだような気が・・・。


「こりゃいいや♪」と思って「柵をガンガン殴ろう作戦」を取ろうとしたんだけど、ロマンチストな旦那に



「痛い時は僕の手を握って!!! 僕はその為にここに居るんだから!!」



とキラキラした目で言われ



「いや、アンタの手を握るよりも、柵を殴ってたほうが気も痛みも紛れるんですが・・・」



とは言えず(←正直、喋る気力も無かった)、しぶしぶ(?)旦那の手を握る事に。

(旦那後日談:「手を握り潰されるかと思った・・・!」)


そして日付は変わってしまい、本日中の出産には至りませんでした。

(後編に続く)
category : 出産記録

2008.05.10 *Sat*

息子の出産記録(後編)

2008510日 午前1時過ぎ 陣痛が5分間隔に●

日付が変わり、真夜中に腰周りを襲う激しい痛みで目覚める。

これまでは我慢できる程度だった10分間隔の痛みが、5分間隔の思わず顔をしかめる痛みとなり、腰全体を襲い始めた。

隣でグースカ眠っている旦那に「痛い!陣痛が5分おきになった!」と訴えると、旦那、寝ぼけ眼で


「・・・え? まだ1時過ぎだよ? 6時半まで我慢できない? 今行くのは早すぎるよ・・・」


と、陣痛で苦しんでいるアタシに向かって、信じられないノーテンキ発言を!


「バカ!! あと5時間もこのまま我慢出来るワケないでしょ!! 

痛いっつーの!!」



とマジギレ。


こ れでやっと事の重大さに気付いた夫がシャキッと目覚めて飛び起き、病院に電話するも、


「初産だからすぐには出てこないし、今来てもらっても2組のカップル が応急処置用ベッドの順番待ちをしている状態だから、すぐにベッドを用意できない。なので、もう少し自宅で頑張って」


と言われる。



が、


「今行かないと、その2組以外のカップルが来て、どんどん後回しにされてしまう!

同じ痛い思いをするんなら、順番待ちをしながら痛みに耐えたほうがマシ!

それに、家にいる時に
(赤ちゃんが)出てきたらどうすんの!?」



と夫に訴え、直ちに病院に行く事に。




〃   午前2時前 病院到着●

昨晩9時のペニシリンを打ってくれたナースに「あら、もう戻って来ちゃったの? 貴方はあと4時間半は来なくて良かったはずよ?」と言われる。

「こんな今にも出てきそうな痛みであと4時間半も家で待ってたら、ほんまに家で生まれるわい!」とムカー。

この日、救急は大入り満員状態だったものの、私の前の2組は既にベッド入りを果たしていた。
やっぱり、すぐに病院に来て良かった。



〃   午前3時過ぎ 長い順番待ちの始まり●

受付の椅子に座って1時間待つものの、まだベッドが空かない。

陣痛は強まるばかりで、陣痛の波が5分おきに起きる毎に立ち上がり、目の前の受付カウンターに前屈みになり(座っているよりも、この姿勢が一番楽だった)、夫に腰をさすってもらう。

この頃、白人の巨体妊婦さん(多分妊娠前からも巨体の体系)が助産婦と夫を従え、ゼーハーしながら救急受付に登場。

なんでも、私と同じ頃に陣痛が5分間隔になったらしい。


そして立て続けに次のカップルが救急に登場。

この人は経産婦で、受付時もちょっと余裕な感じ。




〃   午前320分 やっとベッドに空きが出る●

病院に到着して約1時間半待った所で、ようやくベッドが空いた!!

「これでようやく楽になれる・・・」と思ったのも束の間、なんとそのベッドに通されたのは一番最後に登場した経産婦の人!

「なんで!?」と言っていると、夫曰く「彼女は経産婦だから、お産の進行が早いんだよ。だから彼女が優先になるんだって」との事・・・。





この経産婦さん、ベッドに通されるや否やいきなり破水!!

そのままお産ルームにベッドごと直行となり、なんと!


その5分後に赤ちゃんを出産!!



ほんの10分ほど前まで私の目の前に立って受付の人と話をしてたのに!

これには本当に驚いた。




〃   午前345分 再びベッドに空きが出る●

先程の経産婦さんがいたスペースはまだベッドの用意が整っていないものの、他のスペースのベッドに空きが出来ました!

「これでやっと私が・・・」と思ったら、なんと私の後に来た巨体妊婦のミッドワイフが、私の存在を無視し、ナースステーションにナース達がいないのを見計らって、自分のクライアントを「ささっ!」とそのベッドに誘導してしまった!

目が点になっているアタシ達のもとへ1人のナースが来て、「お待たせ!やっとベッドの用意が・・・」と言ったものの、私のスペースになる筈の場所に例の巨体妊婦が既に入っているのを見て「あら??」と一言。



「誰が彼女を先にあそこに誘導したの?」 

「さあ・・・」 

「でも今更どかせるわけにも・・・」




などと他のナース達と話している。


一番最初に来て順番待ちしていた私が、結局一番最後になってしまった!!


「信じられない!!

どうでもいいから、早く横になれるベッドを用意して(怒)!!!」



と怒りつつ、腰を万力で圧縮されているような5分間隔の陣痛に脂汗を滲ませて耐えている私なのであった・・・。



〃   午前4時前 今度こそベッドの空きが出る●

陣痛開始から6時間、5分間隔になってから3時間が経ったにも拘らず、アタシは未だに待合の椅子に座ったままベッドの空きを待っていた。

先程の経産婦さんがいたスペースの清掃(破水した羊水の掃除)が済み、ナースに「最初に来て待ってて貰ってたのに、本当に御免なさいね」と言われつつ、やっとベッドに通される。

陣痛が5分おきになってから3時間、待合の椅子に座って待つ事2時間、やっと応急処置用ベッドに移れる事になりました。

「やれやれ・・・」と思いつつ陣痛にヒーヒー言いながら病院着に着替えていると、ナースから


「グッドニュースよ。たった今、出産用個室の準備が出来たから、貴方には今からそこに移ってもらうわ。
そこでは出産も出来るから、もう移動しなくていいし、個室だからここよりもずっと快適よ。」


と告げられる。


やった~!!! 

最初に来て待ってた甲斐があった!!


やっぱり神様はいるのね!!




〃   午前4時過ぎ 出産ルームへ移動&促進剤を投与●

救急外来の奥にある出産ルームへ通される。

部屋の中はベッドとモニター、付添い用のマットレスや椅子、シャワーがついたバスルームがあり、夜間ライトが点いているだけで薄暗い。

私担当のナースが1人付き、私のベッド横に常に座ってモニターを監視しながらメモをとっていた。

ここで、今回私の出産を担当してくれる女医さんと御対面。

彼女は私の担当医とクリニックが一緒だそうで、私の担当医から私の出産を「何卒よろしく」とお願いされたそう。

とても優しそうな明るい人で安心した。

この時の内診で昨晩午後9時から始まった軽陣痛から8時間、本陣痛が始まって3時間が経過しているにも関わらず子宮口は5cmしか開いてない事が分かり、破水している事もあり、促進剤を投与する事に。



〃   午前4時半 陣痛がピークに●

5分おきで耐え難い陣痛が起こっていたものの、全く効かない笑気ガスをズコズコ吸ってその場を耐え忍んでいた私。


が、


ある時を境に、ちょっとの間隔で痛みが納まっていた、いわゆる「お休みタイム」が無くなり、陣痛が止まらなくなりました。

万力で腰を締め壊されるような痛みの連続に声にならない声で思わず「ふぅぅ~~~~~~んっ!!」と絶叫。

担当ナースに「あの~(ゼハゼハ)痛みが、(ゼハゼハ)治まらないんですが!?(ゼハゼハ)と訴えると、


「あ、そこまで来た? それが出産まで続くのよ。だけど、普通ならその時点で既に(出産に)十分な大きさに子宮口が開いてるはずなんだけど、貴方はまだcmしか開いてないから、あと数時間は掛かるかしら・・・」。


それを聞いた途端、血の気がサーっと引き、腰が砕けそうな痛みの中、担当ナースに向かってやっと出た言葉は



「エ・・・(ゼハゼハ)・・・エピデュラル(無痛剤)を、お・・・お願いします!(ゼハゼハ)



〃   午前5時過ぎ エピデュラル(無痛剤)投与開始●

陣痛開始から既に8時間が経過し、これからもまだまだ数時間続くであろう激痛に耐えられなくなった私の精神と身体。

遂にエピデュラルを要求したのだけど、そこから先のナースの対応は早かった!

すぐさまエピにおける同意書(「何かあっても文句なんか言いませんよ~」っていうもの)が用意され、絶え間なく襲ってくる陣痛でフラフラしつつ同意書にサイン。


それから5分ほどで麻酔医が私の部屋に機具と共に到着。 早い!!


他の患者とのタイミングによっては、麻酔医の都合が付かず、結局、出産までエピを受けられずに出産、なんて話も良く聞いていたから、こんなにタイミング良く麻酔医が来てくれて助かった!


陣痛の波が少しだけ弱まったのを見計らってベッド脇に座り、枕を抱え込むようにして抱きしめ、部屋着の背中部分をたくし上げて背中を丸出しに。

丸出しになった背中全体に消毒液が塗られました。 ちべたい!

そして両脇を担当ナース&夫に動かないよう羽交い絞めにされ、麻酔医が背骨に注射針(メチャ長い!5cm以上!!)をブッスーーー!!!



「いっったあああーーーーーい!!!!」


       
針を背骨に刺された激痛と同時に来た陣痛で大暴れしそうになるも、両脇から羽交い絞めにされていた事もあり、
なんとか暴れる事もなくエピ投入が無事完了。

もう、痛みで気を失いそうなくらいフラフラになっちゃいました。





それから数分後には・・・・あら不思議!!


今まで私を苦しめていた陣痛が、嘘のように消え去ったのです!!


本当にちっとも痛くない!! エピ万歳!

昨夜から眠っていないのと、エピのお陰で楽になったせいか、それから出産まで爆睡状態に陥った私なのでした。



〃  午前6時 抗バクテリア剤追加投与●

赤ちゃんをバクテリア感染から守る為、昨日から投与を始めたペニシリンを追加投与。

もう薬漬けになっている私であった。



〃  午前7時 爆睡中●

45
分おきにナースに氷を上半身に当てられ、麻酔の効き具合をチェックされる為、なかなか完全には眠れないものの、基本的には爆睡状態。

病室はナイトライトが点いているだけで薄暗く、ベッド脇ではナースが常に陣痛の波と赤ちゃんの心拍数モニターをチェックしています。

このモニターの「ピッ・ピッ」という規則的な音、そして赤ちゃんの心音がたまらなく心地良く、私を深い眠りに誘います。

エピが効いている事もあって、私は深い深~~~~い眠りの中へ・・・・・。

この時が、私が10時間以上眠れた最後の時でした(今の平均睡眠時間は4時間・・・)。   

夜勤だったナースが昼勤のナースに交代したのもこの頃。



〃  午前10時 子宮口確認①●

エピデュラル投与開始から5時間が経ち、医師が子宮口の確認をしにやって来ました。
                         
「どうかもっと開いてますように!!」という私の願いも空しく、子宮口は5cmのまま。

もう暫く様子を見ることに。



〃  午前11時 ナース休憩●

薄暗い部屋でモニターとずっとにらめっこしていたり、かいがいしくドリンクを運んでくれていたナースが45分の休憩に。

その間、代わりのベテランナースが研修生にモニターチェックの説明をしていました。

カナダで医療を受けていると、研修生の実習に当たる確立が凄く高いです。



〃  午後1時 子宮口確認②●

前回の確認から3時間が経ち、医師が内診で子宮口をチェック。が、子宮口は5cmのまま。

「もうしばらく様子を見てみますが、帝王切開も視野に入れておいて下さい」と言われる。

私は当たり前のように自然分娩が出来ると思い込んでいたので、医師のこの言葉は少なからずショックだった。

薬が何種類も投与されている為、眠くて眠くて仕方がない。

また、薬の副作用のせいで身体が悪寒に襲われていました。



〃  午後350分 子宮口確認③●

前回の確認から約3時間。

今回は私の担当医と共に帝王切開の執刀医がやって来て子宮口を確認。

検査の結果は残念ながら5cmのまま。

何も変わらず。


とうとう執刀医から


「ここまでして子宮口が開かないのは“児頭骨盤不均衡(※)による回旋異常”である為。残念だけど、今回は自然分娩は不可能だよ」


と告げられました。

(※骨盤に対し胎児の頭が大き過ぎる為、骨盤の正しい位置に頭が納まらなかった状態)

                  
破水から既に24時間以上が経過し、羊水量も少なくなって来ている事もあり、赤ちゃんの安全の為、直ちに緊急帝王切開をする運びとなりました。

自然分娩が出来なかった事にガックリしている上に、薬の副作用のせいでゲロゲロ吐きまくっている私の元にナースが別の研修生を連れてきて「あなたの帝王切開手術を彼女に見学させたいのだけど、いいかしら?」と訊ねてきた。

ここまで来ると、もうどうでも良くって「勝手に何でも見やがれ!」という感覚になり、「どうぞ、ご自由に」と言うしかありませんでした。

私が吐き終わるのを待って移動用ベッドが病室内に運び込まれ、横になったままの状態でそのベッドに移され、そのまま手術室へと移動となりました。



〃  午後4時 緊急帝王切開・開始●

夫はカメラとビデオカメラの両方を用意していたものの、ナースから「術中の写真撮影・ビデオ撮影は禁止です。写真は生まれてからならOKよ」と言われ、ビデオ撮影を断念。


あ~残念・・・。

息子が生まれる瞬間を撮って欲しかったのに・・・。


立会い予定の夫は手術着に着替える為別室へ行き、私の元へ戻ってくるまでの時間は、ほんの10分程度だった。
                   
だけど、薬の副作用のせいで激しい寒さと全身の激しい震え(本当に、『陸で息が出来ず、苦しくて暴れている魚』みたいにガタガタ・ブルブルと震えていた)に襲われ、開腹手術をするという不安と恐怖に駆られ、知らず知らずに涙がポロポロ。

周りにいるナース達に「夫の付き添いは大丈夫なんですよね? 夫は何処ですか? 夫はいつここに来るんですか?」とそればかり訊いていた。


私の首辺りに目隠し用のブルーシートが上から吊るされ、手術の様子が私からは見えなくなりました。

いよいよ帝王切開が始まる不安と恐怖で夫の名前を叫びそうになったところへ手術着に着替えた夫が登場。

夫は私の横に急いで座ると、ガクガクと大きく上下に震える私の手を両手で握り、励ましの言葉をかけ始めてくれました。

そうしていよいよ帝王切開手術が始まりました。



〃  午後414分 息子誕生!●


手術開始から14分後、執刀医が夫に


「お父さん、頭の先が出たから、出来るなら立ってこちらを見てごらん。 

自分の子供が生まれる瞬間を、しっかり見届けておくといい。」



と言い、夫はすぐさま立ち上がってブルーシート越しの手術風景に目をやりました(旦那は後日、「妻の内臓を見るなんて、滅多に出来ない経験だよね~」と言っていた)。


そしてナースは私に


「オーケイ! お母さんは私が3秒カウントした後で大きく深呼吸して! 

赤ちゃんを出すわよ! 1・2・3、はい!」




大きな深呼吸と共に、胸に大きな圧迫感、腹部には内臓を引っ張られるような感覚を覚えた瞬間、

夫の「うわ・・・っ!!」という歓喜の声と共に





「ふんぎゃあ~!ふんぎゃあ~!」






という赤ちゃんのけたたましい元気な泣き声が部屋中に響き渡りました!


そうして執刀医は生まれたての息子を両手で上に掲げ、ブルーシート越しに私に見せてくれました。


2008年 510日 午後414分 息子誕生。



破水してから27時間、最初の陣痛が始まってから19時間が経過していました。

薬の為に眠くて朦朧とする意識の中、



「やっと出た!!!! うるさい位、元気に泣いてる!!! 

あ~~良かった~~~!!!」




と一安心したと同時に何かがこみ上げて来て涙がポロポロ。


終いにはしゃくりあげてしまい、医師やナース達に御礼を言うのがやっとだった。


3350
グラムで生まれた息子にはシワが無く、つやつやのま~るまる。

ドクターの手の上で、クネクネ動きながら泣き叫んでいました。


それから息子は私の胸に置かれる事も無く、直ちに出生後検査にまわされ、夫も写真を撮る為、それについて行きました。

私は腹部縫合をしていた45分の間、眠ったままでした。



〃   午後5時  手術室を後に●


息子誕生から45分後、私の腹部縫合と息子の検査が無事終了し、夫がタオルに包まれた息子連れて来て、私の胸の上に置いてくれました。


感動の初接触!




子供を産んだ私ではなく、夫が先に息子を抱いたのはかなり悔しいけど、まあいいか。

そして、この時に息子の顔を見てまず思ったのは


「うわあ・・・腫れぼったいなあ・・・っていうか、父方のお祖母ちゃんにソックリじゃん!」


ということ。


生まれた直後の赤ちゃんってみんな顔が浮腫んでいるのだけど、「可愛い!」と思えなかった自分が悲しい・・・。

息子よ、すまん。


息子を抱きかかえたままベッドごと処置室に移動し、ここで息子に初授乳。

目も見えていないし、誰かに教わったわけでもないのに、唇に乳首が当たると、ちゃ~んとパク!っと咥えてチュクチュクし始めるから不思議。

この処置室で1時間ほど親子三人でノンビリとひと時を過ごし、これから私が数日間の入院生活を送る病棟『Dogwood』へ移動しました。

category : 出産記録

2008.05.09 *Fri*

息子の出産記録(前編)

200859日 午後1時 破水●

朝から二度寝し、昼過ぎに目覚めた後、猫達にご飯をあげる為、キッチンの床にしゃがんだ私。

その時、下着の中で温かい液体が「ぶわっ!」と溢れ出た感覚に襲われた。

急いでトイレに行くと、血混じりの尿と共に茶褐色の下り物が大量に出ており、それは拭いても拭いても後から後から出て来て止まらない。


「破水した!!」


一瞬でそう思った私は職場の夫に連絡。

すぐに帰って来てくれるよう頼み、担当医にも破水した旨を報告。

私は少し前に受けた検査で『GBSB群溶連菌)陽性』という結果が出てしまい、そうなった場合、赤ちゃんへの感染防止の為に破水したら一刻も早く抗バクテリア剤を出産まで連続投与しなければならない。

だから、早く病院に向かわなくては。

破水時用に買っておいた特大パッドを新しい下着にあてがい、その場をしのぐ事に。



〃  午後1時半 入院前準備●

入院用バッグの中身を再確認し、「腹が減っては戦は出来ぬ」とばかりに昨晩の余り物で昼食。

何故か、「退院した後で散らかった部屋に帰ってくるのは嫌」と思えてきて、部屋の整理整頓、流しの食器を洗い始めたのであった・・・。



〃  午後2時 夫帰宅・病院へ出発●

職場から夫が興奮して帰宅。

電話してから1時間足らずで戻ってきた事に驚く。
(なんでも、私から電話を受け即効で仕事を中断し、後任を同僚に頼んで飛び出して来たそう)

入院用バッグ、寝袋、インファント・カーシート、その他諸々の入院用グッズを車に移動させ病院へ。



〃  午後240分 病院到着●

緊急受付でナースに『自宅で破水らしきものをした事』、『GBS()』である事を告げる。



〃  午後3時半 ベッドに移動●

受付で1時間近く待った所、ようやく応急処置用ベッドが空き、ベッドへ移動。



〃  午後4時前 尿検査・陣痛監視装置の装着●

ここで破水か否かを調べる為の尿検査をするも、出た尿がピンク・グレープ・ジュースそっくりの血液混じりの尿。

破水って、透明な羊水が出る物だとばかり思ってたのに。

ここで陣痛監視装置を装着する。

今まで検診をしてくれていた担当医も病院に到着し、彼女の触診を受けた結果、破水している事が確認される。

破水が始まると、24時間以内にお産が始まる可能性が高いそうな。

が、

なんと私の担当医、あと数時間で当直が交代になるため、私の出産は担当できないとのこと。
信頼している人に担当して貰えないと分かり、ブルーが入る。



〃  午後4時半 抗バクテリア剤(ペニシリン)投与開始●

通常は左手首に点滴用針(これは出産後まで装着したままになる)を挿入するらしいのだけど、私の血管は細いらしく、針が入らない!

ナースが針を刺した状態で無理やり血管を捜そうとしていたので、余りの痛さに、痛みには強いはずのアタシも病院中に響くような声で大絶叫してしまった。



今なら断言できる!

あれは陣痛よりも痛かった!!



ナースが何度も(!!)トライしたものの、結局、左手首には針が入らなかったのと、2分以上(!)私が絶叫していた為これ以上トライするのは母体に大負担が掛かるという事で、針は右手の甲に刺す事となった(最初からそうしてくれ!)。



〃  午後5時半 一時帰宅●

陣痛監視装置で見た結果、陣痛がまだ起きていない事が分かり、一旦帰宅する事に。

ペニシリンの効果は4時間という事で、4時間後の午後9時に病院へ戻る事にし、それまでに夕飯を済ませることに。



〃  午後6時半 夕食●

日本料理店『天八』にて、戦の前の夕食をとる。

料理を待っていた間、今回のお産の立会いをしてもらう助産婦さんに連絡を入れる。 

が!

なんと彼女は今日から数日間、オカナガンに滞在する事になっており、今回の出産の立ち会いは出来ないとの事!
(なんでも、私の予定日を10日以上勘違いしていて、プライベート・スケジュールを入れてしまったらしい…)

信頼していた医師に出産を担当してもらえない、頼みの綱だった助産婦さんにも立ち会ってもらえない。

夫が傍にいてくれるのは分かっていたけど、気分的に「私はこの異国の地で、知らない人たちに囲まれて子供を産むんだ…」という感情に襲われ、夫に隠れて密かに涙する。



〃  午後7時半 帰宅●

1
時間後には再び出掛けなくてはいけないので、少し仮眠を取る。



〃  午後9時 病院へ出発・到着●

ペニシリンを追加投与してもらう為、再び病院へ。

受付で待っていた間に周りを見て驚いたのは、ミッドワイフ(助産婦)を連れた妊婦さんの数の多いこと。
(
私には今回助産婦さんが付かなかったので、余計にそれが目に付いた)

ミッドワイフが凄くたくましく妊婦さん達をサポートしていて、それを見ていると「もしもまた妊娠する事があったら、今度はミッドワイフに頼もうかな…」なんて思ってしまった。



〃  午後920分 陣痛 開始●

ペニシリンを投与してもらう為の応急処置用ベッドが空くのを待っている間に、胴回りにちょっと重い生理痛のような、でも我慢できる程度の痛みを5秒ほど10分感覚で感じ始める。

これが噂の『陣痛』ですな!



〃  午後940分 ペニシリンの追加投与開始●

さんざん待ったものの結局ベッドは空かず、受付の椅子に座ったままでペニシリンの追加投与を受ける事に。

今回投与した物は8時間も効果があるので、次回の追加投与は翌日の午前6時半という事になった。

軽い陣痛は起きていたものの、再び一旦帰宅する事に。



〃  午後10時過ぎ 帰宅●

シャワーを浴びたり、入院の準備の再確認等をし、午前零時過ぎに就寝しました。



(後編に続く)

category : 出産記録

きゃびの「つぶやいちゃうわよ!」

更新祭り開催中!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

きゃび

Author:きゃび
西日本の某県出身。1999年6月、日本にてドデカいカナダ人(旦那)に遭遇。その後何故か付き合う事となり、1年7ヶ月の交際を経て、2001年4月、日本にて結婚。転居先の愛知県にて三年半の新婚生活を送った後、2004年8月、移民権取得と同時にカナダ・バンクーバーに移住。2008年5月、第一子となる息子誕生。2008年12月にバンクーバー郊外の某市にお引越し。2010年11月、第二子となる娘誕生。2011年7月、愛猫二匹のうちの一匹だった愛猫“うらら”が天に昇りました。それから一年半後の2012年12月新たに雌猫のセリーナを我が家に迎え入れました。現在、旦那・息子・娘・愛猫ティファ&セリーナと共に「笑い大いにアリ、涙たま~~~にアリ、大噴火けっこうアリ」の、お気楽主婦生活を送っています。

我が家の息子、今いくつ?

2008年5月10日生まれ

我が家の娘、今いくつ?

2010年11月10日生まれ

最新記事

最新のコメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

Locations of visitors to this page

Copyright © Cabbit in Canada All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。