08
4
5
9
10
12
14
15
16
19
20
28
31
<< >>

This Archive : 2009年08月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.08.30 *Sun*

Golden Ears Provincial Parkでキャンプ (後編)

『Golden Ears Provincial Park』内のキャンプ場『Gold Creek』で迎えたキャンプ2日目の朝。

今日は、朝の7時40分に始まった息子の『寝ぼけ泣き』で一日がスタートしました。


写真上部左側で光ってるのは朝日様でござる。
IMG_4503.jpg

いや~なんとま~清々しい朝ですこと。

ラジオ体操の一つでもこなしたい気分だわっ。


息子は早速地面に座り込み、旦那が隣で監視する中、石ころ遊びを開始(食べんなよ~っ)。
IMG_4506.jpg


かくいうアタシは朝も早うから朝食作り。

今日の朝食はベーコンエッグにチキンサラダとトースト。
IMG_4509.jpg

トーストはベーコンエッグを焼いた後のフライパンで焼いたわ!
(でもトースターで焼いたみたいな綺麗な焼き目が付いたよ)


爽やかな森の空気と穏やかな朝日の中で食べる朝食は、家で食べるそれよりも数段美味しかった。

これがあるからキャンプにハマっちゃったのかもしれない。


朝食の後は撤収作業を開始。

実は旦那は撤収前にAlouetto Lakeで泳ぎたかったのだけど、実は1時間半後にCostc●でアタシのコンタクトレンズ検査の予約が入っていたため、今回は湖遊びを見送らせる形となってしまいました。

すまないねえ・・・。
次にここに来る時は、何よりも先に湖で遊ばせてあげるから。


今回は荷物が少なかったので30分も掛からずに撤収が完了し、午前9時にはキャンプサイトを後にしました。


時間的にAlouetto Lakeを堪能する事が出来なかったのが残念だけど、今年の秋にインディアン・サマー(季節外れの夏日)がやって来たら、またここにキャンプをしに来て、湖を堪能しようと思います。


あ~またキャンプ行きた~い。



●おまけ (今回のキャンプで実践してみた事)●


今回持ってきた調理器具は迷いに迷って「フライパン、片手鍋、包丁、フライ返し(各自一種ずつ)のみ。


キャンプってね、「いかに荷物を少なくするか」で楽しさや快適度が左右されると思うのよ。


前回のキャンプ旅行でやたら滅多ら色々な物を詰め込みすぎて、毎回の撤収時の片付けや、トランク内の整理整頓がすご~~~く大変だったから。

それに実際にキャンプをしてみて、キャンプ前は「コレは絶対に使うだろう」と思っていた細々とした物たちが、実はまったく『不必要』な物だった―――って事実も判明して。


なので今回は上記の4つだけを調理器具として持ってきたけど、これだけで全然OKだった!


実は荷造り時に「お湯を沸かすケトルも要るかな?」と散々迷ったんだけど、


「調理前に片手鍋でお湯を沸かし、魔法瓶にそれを入れとけばいいよね。そしたら好きな時にお湯が使えるし、そっちの方がいちいち火を使わなくていいから便利かも。魔法瓶なら場所も取らないし」


と思いつき、ケトルも不要と判断。


ちなみに、この手のインスタント・コーヒーはキャンプの強い味方だよね。
IMG_4542.jpg

既に砂糖&ミルクが含まれているので、両方が必要なアタシにとっては、砂糖やミルクを持っていく手間が省けます(でも旦那が牛乳好きなんで、必ず1Lパックの牛乳を持っていくんだけどね)。

今回、魔法瓶のお湯&上のコーヒーが大活躍してくれて、夕食・朝食&キャンプ・ファイヤー時、簡単お手軽に、飲みたい時に飲みたいだけ、熱々コーヒーを楽しめました。



あと調理時の調味料。

6種類の調味料が入った『スパイスケース』なんだけど、今回のキャンプで初めて使いました。
IMG_4544.jpg

大きさ的に言えば、爪楊枝のパックと同じ位の大きさかな。

このケースには塩・コショウ以外に4種類のスパイス(後で自分が良く使うスパイスとの入れ替えが可能)が入ってるんだけど、小さくて場所を取らないし、使い勝手も凄くいい!


実はコレ、前回のキャンプ旅行中にアルバータ州ドラムヘラーのIGAで購入した物なんだけど、こちら(BC州)でもM.E.Cとかのアウトドア・ストアで同じような物を売ってますね。

前回のキャンプ旅行の時はあれこれとスパイスケースを持っていったので、かなり料理系の荷物が多くなったし、おまけに苦労して持ち運びしたのに殆ど使わなかったスパイスもあったりしたのよね・・・。

それに引き換え、このスパイスケースのお陰であれこれスパイスを持ち運ぶ必要が無くなったので、かなり荷物の最少化に役立ってくれました。


よ~く考えれば、他にも何か削れるんじゃないかな~と思うんだけど、あんまり削りすぎたら「快適度数」が下がってしまうので、今くらいが丁度いいのかもしれない。

いや~キャンプって、ほんと奥が深いわ~☆
スポンサーサイト
category : キャンプ

2009.08.29 *Sat*

Golden Ears Provincial Parkでキャンプ (前編)

実はこの記事、書くのこれで3度目なのよね・・・。

疲れているのか、最初と2度目でマウスの操作ミスをしてしまい、文章が全て消えてしまった・・・。


もう、人生イヤになるくらい落ち込んだので、3度目は覚えている限りの内容でお送りします。


晴れた日の土曜日、近場の『Golden Ears Provincial Park』に一泊二日でキャンプしてきました。

普通の道路を通って行くのもつまらないので、有料($3.90)であることを覚悟で、今年6月に開通した『Golden Ears Bridge』を通って行く事に。

しっかしま~~、週末の晴れた日だというのに、ガラガラだわね!!
IMG_4447.jpg


開通したばかりでこの交通量の少なさは、ちょっと問題よね~。
IMG_4449.jpg

ちなみにこの橋の料金の請求方法なんだけど、入口や出口に日本の高速道路みたいな料金支払い所があるわけではなく、橋に設置されたカメラがナンバープレートを読み取って、その車の持ち主の自宅に請求書を送ってくる、っていうシステムらしいです(米国ナンバーは無料らしいよ・・・)。

なんか、請求書を送る時の郵送料金とか考えると、ちゃんと元が取れるのかしらね?
おまけにこんな閑散とした交通量じゃねえ・・・。


な~んて余計な心配をしていたら、いつの間にか(←運転してないから)『Golden Ears~』に到着!
IMG_4453.jpg


ちなみに前回のキャンプ旅行で「キャンプに予約は必要なし!」と学んだわてら夫婦。


今回ももちろん予約は入れておりまっせん!


とはいえ「でも今日は週末だしな~。キャンプサイト空いてるかな~?」という一抹の不安も覚えつつ、本日利用するキャンプ場『Gold Creek』の受付へ。


そしたらなんとラッキー、3ヶ所のキャンプサイトに空きがあるそうな!


でもその内の二つは共有サイト(2グループが一箇所のサイトをシェアするサイト。でも、ピクニック・テーブルや焚き火用のファイヤー・ピットは別々)、もしくは地面がコンクリート敷きの個人サイト。


共有か個人のどちらにしようか迷った挙句、地面がナチュラルな共有サイトを選択。


地面がコンクリだと底冷えがしそうだし、何しろペグが打ち込めないもんね。


んが


場所を確保したところで料金を払おうとしたところ、なんとここは「支払いは現金のみ」である事が判明!! チャイニーズ・レストランみたいだ!!


小銭以外の現金はあまり持ち歩かず、支払いはデビット・カード、もしくはクレジット・カードが主である我が家。

わずが25ドルの現金を持ち合わせておらず、受付から遡る事15~20分ほどのガソリン・スタンドのATMで現金を入手する為、Uターンするハメになりました!!(サイトはキープしてて貰えたけどね!)

これから『Golden Ears Provincial Park』にキャンプに行こうと思っている皆さん、必ず現金を用意して行かなきゃノンノン!よ!

今まで行ったキャンプ場が全てデビット・カード&クレジット・カード対応だったから、すっかり油断してたわ・・・。


さて


現金を持ってキャンプ場受付まで戻ってきたのは40分後の午後4時。

ようやく今夜の宿泊場所に到着。

おお~~さすが2グループ用なだけあって、かなり広々としたサイト!
IMG_4459.jpg

写真では分かりにくいけど、前方の雑木林の向こうには広大なAlouette Lakeが広がってるのが見えます。

ピクニック・ベンチも綺麗だし、お隣の広場にはシャワー&水洗トイレがあるし、うんうん、なかなかいいサイトだわ。
IMG_4457.jpg

ただし、ここは共有サイトなので、後で来るであろう人達が酒飲んで音楽をガンガンかけて大騒ぎするような輩だと最悪・・・。

どうか、静かでいい人たちでありますように!


テントを設営した後は、湖で水浴びをすべく、Alouetto Lakeを目指して出発。
IMG_4462.jpg


こんな景色を横目にずいずいと森の中のトレイルを歩きます。
IMG_4469.jpg


キャンプサイトを出発して30分後、崖の上から望めるAlouetto Lakeを発見!
IMG_4473.jpg

向こう岸のビーチでは沢山の人達が泳いでるのが見える・・・。
こっち側にもあんなビーチがあるのかな・・・?


高台から見下ろす湖は絶景でございます~。
IMG_4475.jpg


そしてこの場所から30分近く歩くものの、一向にビーチに辿り着けない!

それどころか、道は険しくなるばかりで、終いには道もなくなり、トレイルが獣道へと変化!!


「地図どおりに来てるのに、これは絶対オカシイよ。もう6時半で日も沈み始めてるし、今日は水浴びは諦めて、キャンプサイトに引き返そう」


というアタシの提案で、キャンプサイトに引き返すことに。


そうしてキャンプサイトに戻ってきたのは午後7時前。


アタシ達がサイトを出発した時には空き地だったお隣に、一人用テントが設営されてました。

テントは一人用だけど、お隣さんはアメリカ人の若いカップルで、凄く感じのいい人たち。
(よかった!ドンちゃん騒ぎするタイプでは到底なさそうだわ!)


軽く挨拶を交わした後、アタシは夕飯作りを開始。


今夜のメニューはBBQポーク&チキン、それにサラダよ~~(ここまでの道中のスーパーで買った)。
IMG_4485.jpg


息子には持参したご飯に、市販のベビーフード(キャセロールソース)を加えてリゾットを作りました。

キャンプって普段と違って衛生面が不安だから、まだ小さい息子にはあまり自分達からの「取り分けキャンプ食」は与えたくないのよね・・・。

今までは一切受け付けようとしなかった市販のBF、今回、一か八かで与えてみたんだけど、食べてくれて「ホッ」です。


アタシが調理をしている間、旦那は息子の面倒を見つつ、ファイヤー・ピットで火起こし。
IMG_4489.jpg


今まで晴れ日が続き、空気も乾燥していた為、山火事につながるキャンプ・ファイヤーが今週中頃まで禁止されていたんだけど、アタシ達が来た本日は「キャンプ・ファイヤー解禁」になってました!


「キャンプ・ファイヤーが出来ると知ってたら、ホットドッグとかマシュマロを持ってきたのに~」と悔しがる旦那。


まあ、いいじゃないの。


晩御飯はこんなにボリューム満点なんだから!

IMG_4490.jpg

このスーパーで買ったマリネ肉、すっごく美味しかった!!!
今度のキャンプの時にまたリピしよ~っと。

これに更に缶の煮豆も追加し、もうお腹いっぱい。


夕食の後はシャワーを浴び、息子を寝付かせ、アタシと旦那は火を囲んでお喋り。
IMG_4498.jpg

写真では短パンを履いてる旦那、この直後にジーンズに履き替えました。
それほど寒い日ではなかったけど、やっぱり夜はちょっとだけ冷えてくるね。

だけど、焚き火のお陰で火の周囲はポッカポカ。


いや~やっぱりいいわ、キャンプファイヤー。


こうやって満点の星空の下で火を囲んでいると、普段話せないような事も話せてしまうよね。


例えば



アタシ「ねえ、いつも風呂場の電気が点けっぱなしなんだけど、いい加減消してくんない?」


旦那「今度の給料日さ~、●●とか○○のキャラクターTシャツを買ってもいい?」



って、思いっきり普段話だし!!






アタシ達がキャンプ・ファイヤーを楽しんでいた間、ちょっとした林を挟んだお隣のキャンプサイト(多分3グループくらい?)から、


ギター囲んで大合唱♪


の歌声が聞こえ続けてました。


彼ら、全部で20曲以上は唄ってたんじゃないかな?

こう言っちゃえば「大迷惑!」と思われるかもしれないけど、これがね、実はイイカンジだったの!

ギターや唄ってる人達が物凄く上手で、曲もいい選曲ばかり。

なんだか火を囲みながら野外コンサートを聴いてるような、そんな感じでした。


結局、彼らの歌を聴きつつ旦那とお喋りをしていたら、あっという間に午前12時過ぎに。

火も燃え尽きてきたので今夜はここでお開きにし、息子が眠っている寝袋に潜り込んで本日は就寝。


あ~~~いい一日だった!!!
category : キャンプ

2009.08.27 *Thu*

ハマっている食べ物。

最近ハマっている食べ物。


(その1)
韓国のインスタント麺『Hoo Roo Rook』
IMG_4403_20090902165122.jpg

たまたま行った韓国スーパーにて、2パック(計12食入り)で7ドルのセールになっていたので試食が美味かった事もあり購入。

素麺っぽいシコシコ麺とアッサリスープでかなり美味い!!

見事にハマってしまい、日本のインスタントラーメンには暫く戻れそうにない予感・・・。


(その2)
自分で作る「トマトとバジルの冷製パスタ」
IMG_4423.jpg

大家さんの菜園には、コンポスト効果でトマトとバジルが鈴なりに育っております。


で、


ある日「自分達では到底食べきれないから、好きなだけ勝手に取って食べてね」という有難いお知らせを頂きまして、時々(控えめに)ご相伴にあずかってます。


いや~もぎたてフレッシュなトマト&バジルで作るパスタは美味い!!

ちなみに、適当にフードプロセッサーに入れて作った冷製パスタソースが信じられないくらい美味く出来たので、ここで覚書。


(1人分)
完熟トマト(種は取る)・・・1個
バジルの葉・・・大7枚くらい
オリーブオイル・・・大さじ4くらい
ガーリック・フレーク・・・大さじ1くらい
モッツアレラ・チーズ・・・おろした状態で大さじ2くらい
塩・・・ふたつまみ
黒胡椒・・・適量

●これを全てフードプロセッサーに入れて攪拌し、細めのパスタとあえる。


いつも目分量で作ってるので「さじ換算」はかなり微妙・・・。

でも信じられないくらい美味いっす。



(その3)
御存知、「ティムホ」の「チリ」
IMG_1793.jpg

忘れた頃に異常に食べたくなる味。

実は、ここのチリを食べると必ず夜に気分が悪くなるんだけど、それでも食べるのが辞められないアタシはアホなのか?

ま、それくらい美味い、って事で。


以上、アタシが最近ハマっている食べ物でしたっ。

2009.08.26 *Wed*

忘れてたよ・・・。

旦那からのリクエストで、今日も午後からクランベリー・ヨーグルト・スコーン作り。

なんかね、忙しい朝の朝食とか、ランチを食べた後のオヤツに丁度いいんだって。

アタシも小腹が空いた時やティータイムにつまめるんで、スコーンは大大大~好き。

今日も美味しそうに焼き上がったので、ティータイムにして試食。
IMG_4414.jpg

真ん中で半分に割って、デヴォン・クリームとベリー・ソースをた~っぷりつけて頂きました。
IMG_4417.jpg


うまい! あ~シアワセ☆


な~んて思っていたら、とある事に気が付いた。



先週の日曜日8月23日(自宅でボ~ッとしてた日ね)は、なんとアタシの



カナダ移住&移民5周年記念日



だったのよ!!

前日に海でハシャギすぎて、すっかり忘れてたわよ!!

以前は確か、レストランとかに行ってお祝いしてたような、してなかったような・・・。
(ちなみに去年はCq市にあるチェーン・レストラン「Mタナ」で食事をしたんだけど、その日の夜に旦那が食中毒を起こしたんだよね・・・)

もし記念日を覚えていたとしても、今の息子をレストランに連れて行くのは超無謀のような気がする・・・(一箇所にじっとしていられない&大声を上げる)。

ま、思わず記念日を忘れてしまうくらい“アタシがこの国に馴染んだ”って事なのかしらね。

嬉しいような、悲しいような・・・?
category : お菓子作り

2009.08.25 *Tue*

「ねんねトレーニング」進行状況

先々週の木曜日の夜から始めた息子の「ねんねトレーニング」。

「ねんねトレーニングの方法」としては、本当に色々なやり方がネットに載っていて「親、もしくは子供次第」というか「十人十色」なやり方があり、どれがベストかは決められないのよね。

なので「自分達で実際にやり進めながら、少しづつ試行錯誤して行くしかない」と思い、とりあえず



・就寝前に抱っこした状態で授乳し、寝かしつける

・その後ベッドに移し、もしその時に目覚めても抱っこはせず、自分で寝入るまでそのままにする


・夜中に起きても抱っこはせず(でも傍にいる事は知らせる)、そのまま寝入るまで放っておく




という「三か条」でスタートしてみる事に。



初日
授乳しつつ寝かしつけると、ものの5分で就寝。
そのままクリブに移すも、すぐに目覚めて号泣し、15分ほど泣き続ける。

アタシはその間ずっとクリブの隣に座り、なだめつつ息子の手を握っていたのだけど、15分ほど泣いた所で「抱っこはしてもらえない。オッパイももらえない」と諦めたのか、息子、いきなりコテン☆と寝転がり「ひっくひっく」としゃくり上げながら泣き寝入りしてしまった。

そのまま眠り続けていた息子、やはりいつもの如く3時間後に目覚め、おっぱい求めて大号泣。

「抱っこはしない」と決めていたので、旦那と二人で寝室を後にし、ドアを閉めて息子をそのまま泣かせっ放しに。

次の日に仕事がある旦那には自分のオフィスで眠るよう促し、アタシは寝室のドアの前で待機。

アタシは息子の様子を見るため何度か寝室に入ったり、(号泣してるんで)水を飲ませて水分補給をさせたりしてたんだけど、結局、息子は疲れ切って寝入るまで1時間近く泣き続けました・・・。

その間、旦那は「あんなに泣いてるのに、可哀そうで放っておけない。抱っこしてあげたい」と言って何度も息子を抱っこしに寝室に行こうとしたのね。


だから


「ハッキリ言ってね、あなたがしてるのはただのトレーニング妨害。 初日からそんな弱腰でどうすんの? そんなんじゃ、いつまで経ってもトレーニングが進まず、あの子を余計に泣かせる事になるんだよ? アタシだって抱っこしてあげたい気持ちを抑えて、心を鬼にしてやってるって事、分かってるよね? 今あなたに出来る事は、明日の仕事に備えてオフィスで眠る事だけ。」


と旦那に言うと、ハッとした様子で「ごめん。ほんとそうだね・・・。あの子が泣き止んだら、僕も君と一緒に寝室に戻るよ。一緒に頑張ろう」と言って自分のオフィスには行かず、リビングのソファーにゴロンと寝転がった。

そして息子が泣きやんで眠り始めたので、旦那と一緒に寝室に戻ってベッドへ。

結局、息子は朝まで起きず、朝の6時半に起床。



2日目
クリブに入れた際に5分ほど泣いたものの、そのままコテン。

やはり3時間後に目覚めて号泣。

でもそのまま放って置いたら、たった10分ほど泣いただけで再び眠り始めた。

昨日の『1時間大号泣』に比べたら、比べようにならない位の大進歩!

そしてやはり6時半に起床。



3日目
やはり就寝時に泣くものの、泣く時間は1分くらい。

この日もやっぱり3時間後に目覚めて泣いたものの、2分ほどで泣き止んで夢の中へ。

これはイイ感じかも!!



4日目
今日もやっぱり就寝時に泣くも、やっぱり1分くらいで泣き止む。

この日はなんと、朝まで起きなかった!!

これが続くと最高!!



5日目
寝かしつけのおっぱいをあげた後、半寝状態でクリブに移すと、泣く事無くコテンと転がって就寝!

やった~~~! 今日は寝つき時に泣かなかった!

が、昨日は朝まで起きなかったのに、やはり就寝から3時間後に号泣と共に目覚める。

抱っこはせずにベッドの中から「ママ隣にいるからね~。おやすみ~」と声をかけると、「ギャ~~~!」から「ふぇ~ん」な弱々しい泣き声に移行し、泣き初めから1分後には自然に泣き止んで就寝。

そして朝7時に起床。




気になる今現在は――――



上記5日目のパターンが定着しています。

最近は、寝かし付けのオッパイ無しでも、クリブに入れて隣に座っているだけで寝入ってくれる事があります。

朝まで通して眠ってくれる事も時々あるけど、大抵、就寝から3時間後に起きて泣きますね。


でも、


オッパイが無いと寝付けない上に、一晩中オッパイが傍に無いとダメだった息子が、こうしてクリブで一人寝が出来るようになってくれて・・・母親としては感無量(少し寂しくもあるけど)。


トレーニング中は沢山泣かせてしまったけど、ここまで本当によく頑張ってくれたと思う。


まだトレーニングは完了していないかもしれないけど、アタシと旦那的にはこれで大満足。

息子と離れて眠るようになった事で、時々無性に温かくて柔らかい息子の小さな身体を抱っこして眠っていた日々が恋しくなるけど、息子が決まった時間に寝起きしてくれるようになったし、アタシもベッドで身体を伸びのびと延ばして眠れるようになったし、何と言っても、まとまった睡眠が取れるようになった(旦那も、やっとベッド上が夫婦二人だけになって大満足)。

始めるのには勇気が要ったけど、今ではトレーニングを始めて良かったと思ってます。
(もっと早い時期に始めた方が本当は良かったんだけどね・・・)


そうそう、忘れちゃいけない。


今回のスリープトレーニングには “協力者” がいるの。


彼の名は「チャーリー」。


「チャーリー」ってね、IKEAで買った息子の大のお気に入りの『ネズミのヌイグルミ』の事なの。

いつもこんな風にチャーリーの尻尾を掴んだ状態で眠ってます。
IMG_4262.jpg

よ~く見ると、尻尾の先端が湿ってるのが分かるんじゃないかな?

そう、どうやら寝付く時に尻尾を『乳首』に見立て、チュッチュッと吸いながら眠ってるみたいなのー。

夜中に泣いてもチャーリーを差し出すと泣き止む事もあるくらい、息子の睡眠には欠かせないヌイグルミ。

このヌイグルミがあったお陰で、かなり寝付きがスムーズになりました。

これからも頼むよ、チャーリー。



さて


そんな訳で、息子の「ねんねトレーニング」は今の段階では一応終了です。

予定は未定の次の目標は「朝まで通し寝」かな~。

でもそれはまだ先でもいいや☆
category : 息子の成長

2009.08.24 *Mon*

コレが無いと困るのに!

誰しも日常生活において「コレが無くては困る」という品が一つ二つは必ずあると思うんだけど。

アタシにとって、その「無くては困る品の一つ」は


コンタクトレンズ


だったりする。


手持ちのメガネだけでも十分過ぎるくらいよく見えるんだけど、子育てをしていると鼻に掛かるメガネが鬱陶しくて堪らないのよね。

これまでに何度息子に剥ぎ取られて床に放り投げられた事か・・・。

しかも暑い日なんてメガネが当たる部分に汗かいて、下にズルズルずれるから余計に不快感大。


そんな訳で、外にお出掛けしない時もコンタクトレンズを愛用しているアタシなのではありますが、今まではインターネットでコンタクトレンズを購入してたの。

最初はカナダの某サイトにて購入を始め、掛かっていた料金は二箱で75~80ドルくらい。

最初の数年はここで購入していたんだけど、徐々に「幾らなんでもこれは高すぎないか!?」と思い始め、同じ会社の米国サイトで購入を開始。

これはその時のレートにもよるんだけど、米ドル→加ドルに換算されて65~70ドルくらい。

大して変わらないかもしれないけど、「10ドルの差は大きい!」と思い、ずっと米国サイトで購入&郵送してもらってたのよ~。


それが


最近、毎度お馴染み「Costc●」で買い物をしていた時、何気にフラッと立ち寄ったオプティカル・ブースのコンタクトレンズ売り場にて、衝撃的な価格を目にしたのよ!!


詳しい価格は忘れちゃったんだけど、二箱の合計金額が米サイトで購入するよりも更に安い!!


「もうすぐ手持ちが無くなるし、ここで購入しよう!!」と迷う事無く思い立ち、お店の人に「ここでコンタクトを購入するにはどうすればいいんですか?」と尋ねたところ、


「初回は完全予約制なので、予約日に『最新の眼鏡処方箋(eyeglasses prescription)』をかかりつけの眼科から貰って持ってきてください」


という答えが戻ってきたの。


前回、旦那の誕生日に眼科に行ったのは、上記の理由で眼鏡の処方箋を貰う為だったのです。


で、待ちに待った予約した日。


受付の人に眼科から貰った処方箋を渡してみると・・・


「これは『Eyeglasses prescription』ではないわ。これはただの『コンタクトレンズの度』を記入しただけの用紙よ。これでは検査も出来ないし、コンタクトレンズも販売できないわ・・・」


という、かなりショ~~~~ック!な事を言われてしまった!!


実はおかしいと思ったんだよね。

だって、「処方箋」の筈なのにクリニックの名前・連絡先が書いてないし、眼鏡の度ではなくて今現在使っているコンタクトレンズの種類&度が書いてあるだけ。

しかも、その用紙には「私、●●はここ(眼科)でコンタクトレンズは購入しません。よって、他社でコンタクトレンズを買って何か起こった場合でも当院に責任は問いません」って旨が書かれてあって、アタシは最後に署名までさせられたんだよね。

でも、ちゃんと眼科の受付の人に「Costc●でコンタクトレンズを購入するんで、それに必要なeyeglasses prescriptionを下さい」って言ったし、それ以前にそんな物を見た事も無かったんで「多分、これがそういう物なんだろう・・・」と思い込んでたワケ!!


なのに、なのに~~~~!!!

ぐやじ~~~~~!!!

アタシの手間と時間を返せ!!!


とかなり悔しがっていると、(Costc●の)受付の人が、


「大丈夫よ。ここから眼科に電話をして、ここに処方箋をFAXしてもらうといいわ。そうすれば今日、検査を受けられるし、コンタクトレンズも購入できるわよ」

と言ってくれたの~~~!!


んなワケで眼科にウガーーッ!と怒りの電話を入れ、Costc●に処方箋をFAXしてもらう事に。





「すぐに送る」と言われて待つこと既に20分。

待てど暮らせどFAXが送られてこない・・・。

「あのーずっと待ってるんですけどー??まだですかねー!?」と催促電話を入れると、


「こっちも忙しいのよ!!」


と逆ギレされちゃったよ!!


さすがキャナダ!!!


っていうか、こっちだって息子シッターを義姉に頼んで来てんのよ!!
しかも、最初に間違えたのそっちだし!!


そうして「ウキーーッ!」としながら更に待つこと10分。


ようやく処方箋がFAXされて来た!!


で、ようやく検査が始まったワケなんだけど・・・・・


ここで、信じられない事態発生!!


なんと、アタシのコンタクトの度が強すぎて、このレンズ・センターには


「(アタシの)度に合う検査用レンズを置いていない」


って言うのよ~~~~~!!!


なので、これから発注して2~4日後に検査用レンズが届くので、検査はその時に・・・という事になっちゃったわ・・・。

もちろん、コンタクトレンズは本日買えず(もう手持ちがないのに・・・)。

しかも、当のコンタクトレンズも検査後の発注になるので、それから更に「4~5日掛かる」との事。


これから2週間近くコンタクト無しで過さないといけないなんて、辛すぎる~~~!


通常通りに今インターネットで購入すれば明後日にはコンタクトが手元に届く・・・。
でも、ここの安さを知った後では、ネット購入なんて考えられない。

かなり不便になりそうだけど、来週いっぱいまで眼鏡で何とか頑張るわ・・・。

その間に息子に鷲掴みにされて壊されないといいんだけど・・・。





●本日の晩御飯●

今晩は「照り焼きチキン」で和風な晩御飯にしようと思ってたんだけど、旦那の


「タンドリーチキンが食べたいなあ。作れる?


という挑戦的な言葉に触発され、人生初のタンドリーチキン作りに挑戦。

ネットでレシピを調べてみると、奇跡的に殆どの材料が揃っていたので面白半分で作ってみる事に。

今回はレシピとは違うドラムスティックしかないけど、ま、いいでしょ。


皮は食べたくないんでベリベリと剥がし、作った液に入れ、時間が無いんで1時間だけマリネ。
(レシピには「一晩マリネ、最低でも2~3時間はマリネするように」と書いてあった・・・)

オーブンに入れる際、ジャガイモもマリネ液に絡めて一緒に焼いてみた。

出来上がった「タンドリーチキン」はこちら。
IMG_4393.jpg


こっちはクリームべースの「ムルグマライ・チキン」。
IMG_4395.jpg


盛り付け図はこちら。
IMG_4397.jpg

タンドリーチキン、自分で作って言うのもなんだけど

激ウマでした!!
(レシピがヨカッタ!)





ムルグマライ・チキンの方は塩味が足らずイマイチ。
今度はもうちょっと塩を足してみよう。


そして今回、アタシにしては珍しく、緑黄色野菜が添えられていない!!


いや・・・なんか今日はサラダを作るのが面倒くさくって・・・。
たまにはイイでしょ、こんな「野菜不足料理」も。

でも、息子のご飯には緑黄色野菜をイヤ!というほど入れましたわよ。
IMG_4401.jpg

刻み緑黄色野菜がドッサリ入ったサイコロ・バーグの上に、ホウレンソウとキノコのあんをかけたもので、息子の好物のひとつ。

息子は野菜を好んで食べてくれるんで助かります。

タンドリーチキン、凄く美味しかったんでまた作ろうと思うけど、息子が食べられるのはまだまだ先ですな。

2009.08.23 *Sun*

たまにはのんびり日曜日

昨日一日中『海巡り』をした成果、どどど~っと疲れが出た親二人。


今日は何処にも行かず、のーーーーーーーーーーんびり過すもんね。


とはいえ、息子は動き盛りハシャギ盛りなんで、家に篭りきりだと機嫌が悪くなる年頃。

今日は天気が良かったので、昼過ぎなのに眠り呆けたままの旦那を家に残し、息子とアタシは裏庭で遊ぶ事に。

大家さんちには3歳の女の子がいる事もあり、息子が楽しめる遊具が沢山裏庭に置いてあるのよね。

それを息子にも自由に使わせてくれるんで、すっごく助かってます(大家さん、有難う!)。



最近、「石ころ」に目が無くて、石を見つけるとそれで延々と遊び続けるんだよね・・・。
IMG_4380_1.jpg

で、それを時々口に入れようとするんで、息子が石ころ遊びをしている時は要注意!!

石好きがエスカレートして「おじゃ●丸」のカズマ君(←『石収集』が趣味の小学生)みたいになったりして・・・。


石ころ遊びの後は砂場(後方に写ってる木枠)でちょっと遊び、ブランコ遊びをしてフィニッシュ。
IMG_4383.jpg


結局、お外で30分近く遊んだかな?


写真を撮っている時以外は息子に日陰を作るべく(←帽子嫌い)彼の後ろを付いて歩いていたので、アタシは直射日光を背に浴び続けた暑さも手伝い、ちとヘトヘト。


家の中に入った後、息子はすぐにお昼寝に突入してしまい、旦那も眠っていたので、アタシは暇つぶし(?)にお菓子作りをする事に。



今回は、全体が茶色い斑点に覆われ「“もうええ加減、食べてください”オーラ」が剥き出しになっていた“熟れ熟れバナナ”一本を使ったバナナケーキ。

バナナケーキって大抵はバナナ2本を使うもんだから、バナナ一本で作れるレシピを探すのにちょっとだけ一苦労。

でも今回、『SHIORIさん』のバナナ一本&バターも使わずホットケーキミックスで簡単に作れるバナナケーキのレシピを見つけたので、トライしてみますた。

ちなみに、材料の一つの「ホットケーキミックス」だけど、カナダでは日本のホットケーキミックスが入手困難なので、『ぺくちんさん』の手作りホットケーキミックスのレシピを参照して作ってみた。


二つのレシピを組み合わせ、小さなスクエア型を使って焼いてみたバナナケーキ。
焼き上がりはいい感じよねー。
IMG_4387.jpg

息子にもちょっとあげるんで、今回はレシピに入っていたチョコレートチップは入れなかったわ。

バターを入れてないのに、しっとりふわふわのバナナケーキが出来た!
IMG_4388.jpg

バナナが一本しか入ってないのに、かなりバナナの風味が効いてます。

寝惚け眼の旦那に食べさせてみたんだけど、「バナナケーキの鬼」と呼べるくらいバナナケーキの味にウルサイ旦那にも奇跡的に大好評(さすが「彼ごはん」レシピ!?)!

このレシピ×3くらいにして、今度はパウンド型で作ってみたいわ。


こんな感じで、息子と遊んだりお菓子を作ったりして、の~んびり過した日曜日だったのでした。
category : お菓子作り

2009.08.22 *Sat*

海! 海! 海!

昨夜は息子の「ねんねトレーニング」の影響で、よく眠れなかったアタシ。

今朝の7時過ぎに目覚めた息子にオッパイをあげ、そのまま息子を旦那に託し、二度寝に突入。


そうして目覚めたのは午前11時半。

スッキリ目覚め、寝室のブラインドを開けてみると外はスッキリ快晴っ☆


「これは何処かへ出掛けねば!!」


という思いが沸々と湧き上がり、寝室から出るなり、旦那&息子に向かって


「今日はドライブへGOGOGO~よ!! しかも行き先は『スティーブストン』!!」


と集合をかけたのでした(ちなみにアタシは我が家の “アクティビティー番長” でございます )。


そんなわけでやって来ました、リッチモンド市の港町『スティーブストン』。
IMG_4293.jpg

凄い綺麗な青空でしょ~?

今日は何だかこういう景色を見たい気分だったんだよね。

いきなり思い立った『スティーブストン行き』だったけど、来て正解。


スティーブストンは第一次世界大戦までは鮭漁と鮭の缶詰工場で繁栄を極めた港町。

古くから多くの日本人達が漁師、もしくは缶詰工場労働者として移住してきた町でもあり、真珠湾攻撃によって第二次世界大戦が勃発し、内陸部の日系人収容所に抑留されるまでの間、数千人の日本人(&日系人)達がここスティーブストンで暮らしていました。

今では土地開発が盛んに行われ、一部の史跡を残し昔の港町の面影は残っていないそうですよ。
でも、アタシは昔の風景を知らないんで、今のこの状態でもバッチOKなんですが。


今日は「何かイベントでもあるの?」と思っちゃうくらいの沢山の人で賑わってまして、デッキ沿いにあるどのレストランのパティオも大入り満員(魚屋の人曰く「イベントなんて無いわよ~。ただ晴れてるから人が集まってるだけ~」だそうで)。
IMG_4307.jpg


既に昼食は自宅で済ませてきたので、今回はレストランを素通り。

今回はフィッシャーマンズ・ワーフに降りて水上市場を冷やかしてみまーす。
IMG_4314.jpg


こちら、海側から見た水上市場の光景。
IMG_4313.jpg

デッキに沿うようにズラ~~ッと並んで停泊している漁師の船達。
これらがまとまって「水上市場」になってるのよねん。

実は、スティーブストンには過去数回来た事があるものの、水上市場を覗くのは今回が初めて。
時期によってはイクラとかも売ってるらしくって、前々から興味はあったんだけど何故か覗いてみる機会が無くって。

こちらの船ではサーモンを売ってる様子。
IMG_4308.jpg


こちらの船では海老を売ってました。
IMG_4309.jpg


っていうか、今回は停泊していた船の90%が上の写真のような海老を売ってましたわ。

今は海老のシーズンなのか??

色々な魚が見られるのを期待していたアタシとしては、値段も大して安く感じられなかった事もあり


「残念ながら期待はずれ」


な結果で終ってしまった感大。
(クーラーボックス、持って来なくて良かったわ)

ま、時期によっては色々な魚を売ってるんだろうけどね。


水上市場見学の後はカフェに立ち寄り、しばし休憩。

ここで 『Richmond Maritime Festival』 なる催しのポスターを見かけまして、どうやらここから車で5分ほどの場所で開催されているようなので行ってみる事に。


そんな訳でやって参りました 『Britannia Heritage Shipyard』。
IMG_4315.jpg

なんか色々な企業のテントが張ってあって、色々やっていたみたいだったんだけど、来た時刻が5時前という事もあり、殆どのテントが撤収作業を始めてました。


ここ『ブリタニア・シップヤード』は1世紀前に缶詰工場があった場所で、後に造船所として栄えた場所。

第二次大戦前までは日系人街があり、現在は史跡となっている日系人船大工のムラカミ・オトキチ氏の旧宅Murakami House(内部見学は要予約)で当時の生活を伺い知る事が出来るそうよ。

ここは1992年に史跡に指定されました。


ちなみに、内部見学するには予約が必要なMurakami House、今回はスタッフ用の控え室として使用されてました。





あまりにも中が面白そうなので、ダメもとで


「ちょっとでいいんで、中を見せて貰ってもいいですか?」


と中にいたスタッフに訊いてみたら


「いいわよ」


という予想外の答えが!


普段は予約が無いとは入れない場所にすんなり入れてラッキ~☆

駆け足で見て回ったんで写真は撮れなかったけど、なんと皆さん、このMurakami Houseには


おときっつあんが自作した木造日本式風呂


がありました!!


なんでも、日本を恋しがる家族の為にオトキチ氏が手作りしたお風呂なんだとか。
(さすが船大工、いい仕事をしてましたわよ!!)

今でも木のいい香りがプ~ンと漂う素敵なお風呂でした(うちにも欲しい・・・)。


Murakami Houseの近くの場所では、このオイちゃんが当時の器具を使って船に使うロープを作る方法を見せてくれてました。
IMG_4316.jpg


巨大な木造の建物の中はこんな感じになってました。
造船施設だよね、きっと。
IMG_4317.jpg


造船所のすぐ近くには、当時の生活を再現した建物が並んでます(どの建物も可愛い!)。
IMG_4324.jpg


この赤い可愛いおうちの中は・・・
IMG_4323.jpg


こ~んな感じになってます(乙女心がくすぐられるわあ)。
IMG_4320.jpg


キッチンには当時使われていたアンティーク・ストーブや
IMG_4321.jpg


洗濯機なんてのもありました。
IMG_4322.jpg


その他にも色々アンティークな品々が置いてあって、それらを見ているだけで当時の生活をフワ~ッと想像する事が出来ました。

飛び込みでやって来た場所だったけど、色々見る物があってなかなか面白かったです。


『ブリタニア・シップヤード』の後はこ~んないい景色のフレイザー川沿いを走りつつ、高速に乗って南下した場所にあるデルタ市のトワッセンへ。
IMG_4326.jpg


やって来たのは『Fred Gingell Park』。
IMG_4361.jpg

上の写真は前方が明る過ぎて見えないけど、肉眼では前方にトワッセン・ビーチの海が広がってるのが見えるのよ~。

こんな感じで。
tswassenpark.jpg


なんでいきなりこの場所に来たか、というと・・・

現在はバンクーバー島で現夫と一緒に住んでいる旦那のお母さん。

旦那が大学生の頃、前夫(旦那にとっては最初の義父)と一緒に住み慣れたノース・バンクーバーからトワッセンに引越し、この公園のすぐ近くに離婚するまで3年ほど住んでいたそうで、旦那は夏休みになるとその家に度々滞在してたんだとか。


で、


当時この公園から見えていた景色の良さと、ビーチの美しさをいきなり思い出したので、今日、アタシと息子をここに連れて来たんだとさ。


でも


そのビーチに行くには、えんらい段数の階段を降りていかなくちゃいけないの!!

凄く急な階段なんで、降りるだけでも息切れもの。
IMG_4332.jpg


このビーチまでの長い階段は、UBCのヌーディスト・ビーチを思い出すわ・・・・。


そんな、なが~~~い階段を降り続け、ようやく前方に光り輝く海がっ!
IMG_4333.jpg


わーーーーい、やっとこさ海だーーーーーー。
IMG_4337.jpg


すごい綺麗なビーチ!
IMG_4335.jpg


「海水が温かいようなら息子と水遊びをする」と言ってタオルを持参した旦那だけど、海水&潮風の冷たさでそれは断念。

ちなみに、この時息子は爆睡中。

旦那は通常より格段重くなっている息子(←眠っている為)を抱え、この帰り道の階段を登るハメに。
IMG_4357.jpg


心臓破りの階段を「ゼーハーゼーハー」と上り続けること10分、やっと頂上(公園)に到着!
IMG_4358.jpg

旦那は疲れのあまり、地面に倒れ込んで暫く「・・・・・・・・」な状態に。

アタシもゼハゼハ状態で暫く喋れなんだ・・・。


体力が回復し、車に戻って

「いや~あの階段にはヤラれたけど、いい運動になったし、綺麗な景色も見れて大満足!じゃ、家に帰ろうか♪」

というアタシに、旦那は


「まだ海水浴が残ってるでしょ?」


と言い、「えーーーーー!!うそでしょーーー!!もう7時だよーーー!?」と言うアタシをよそに、半ば強引に海水浴へGOGOGOーーー!!


やって来たのはトワッセン・ビーチの正反対に位置する『Boundary Bay』。
IMG_4363.jpg

息子を海水浴デビューさせた場所ですね、はい。

写真には上手く写ってませんが、時刻は7時だというのに周りは人だらけ!!
海水浴してる人達や、景色を楽しむ人達、BBQをする人達で大賑わいでした。


旦那は途中から上半身裸になり、息子を岸にあげた後でズボンのまま海に飛び込んで泳いでました。
IMG_4372.jpg

そっか、結局は自分が泳ぎたかったんじゃん。
(だから午後7時だっつーのに海水浴を強行したわけね)

ずぶ濡れになった旦那の着替えはどうしたのかというと、夏になると車のトランクに常備する海水パンツに着替えました(普通、逆だろうに)。


とまあこんな感じに一日中「海・海・海」でありました。

海尽くしではあったけど、天気も良かったし、いいリフレッシュが出来ました。
category : 日常

2009.08.21 *Fri*

子は親を見て育ってます

1歳3ヶ月になり、ちょっとした高さの場所になら何処へでもよじ登れるようになった息子。

数日前なんて、PCに触れないようにバリケード的に置いておいた台の上にまでよじ登り、いとも簡単にPCを強制終了★(ええ、ええ、もちろんアタシはPCで作業中だったわよ!!)
IMG_4256_20090826151550.jpg


ここ2日ほど前からは勝手に椅子にまで座るようになって、見た目だけはいっちょ前にマウスでPC操作をしているような素振りをするようになりましたわ。
IMG_4280.jpg


暫く様子を見ていると、両手でキーボードを叩く振りまで始めちゃって、「そんな事ももう出来ちゃうの~~??」と、思わず五木ひ●し並に目を細めて喜んでしまう親バカなアタシ。
IMG_4287.jpg

「子は親を見て育つ」と言うけれど、マナーとか常識とかそういう事以外にも、こういう日常の些細な動作まで見て自分の身に着けて行っているんだな~と、これを見て実感。


いやはや、息子の前で悪い事は出来ませんな!


これからはもう少し自分の行動を改めようと思うわ、アタシ・・・。



でね



いきなり電池が切れたようにソファーで寝込んでしまうところは、きっと父親を見て身に着けた行動だと思う。
IMG_4291.jpg

そして、やっぱり うらら は息子の隣でお昼寝をするのでした。
category : 息子の成長

2009.08.18 *Tue*

まだまだチビッコ☆

今日はお友達のみんさん宅へ遊びに行って来たアタシと息子。

うちの息子やみんさんの二人の御子ちゃん、そして更に二人の親御さんと5人の子供達が加わって、か~な~り~賑やかな物となりましたわ。


ま~子供が8人も集まるとエライ事になるね。


子供の有り余るエナジーを見せられた一日でしたわ。

その中でもうちの息子はどど~んと最年少で、年が離れているのと、まだ言葉が話せなくて他のお兄ちゃん&お姉ちゃん達とコミュニケーションが取れないという事もあり、当然と言うか滞在中は一人遊びが主となりました。

みんさんが息子の為に用意してくれたブロックや線路で楽しく遊んでましたわ。
IMG_4251.jpg


でも、一緒に遊べないなりにも、子供達がワーッと一箇所に集まると、自分も「なになに?」って感じにチョコチョコと近寄っていく姿がなんだかいじらしくて、親バカの目にちょっと涙。
IMG_4255.jpg

もう少し大きくなったらお兄ちゃんやお姉ちゃんと一緒に遊べるようになるから、もう少しの辛抱ね。


とまあ、そんな感じで一人で遊んでいた息子ではあるんだけど、一人で大人しくしていた訳ではなくって。


まあ、家中ちょこまかと動き回るのなんのって!!


息子を追い掛け回すだけで体力を消耗しましたわ。



しかも色んな物を口に入れるから、片時も息子から目が離せない!



それもあって、みんさんがせっかく用意してくれた御馳走の数々の写真を撮り忘れてしまった!

もうねー凄く豪華で美味しかったのよ~!

ねんねトレーニングの真っ最中という事もあり、普段より疲れ易くなっていたアタシは息子を追い掛け回した事ですっかり疲れ果ててしまい、皆さんよりも数時間早くお暇してしまいました。

皆さんとのお喋りは凄く楽しかったから、体力さえあれば、もうちょっとお邪魔したかったわ・・・。

息子はというと、滞在中、ちっともお昼寝をしなかったのに、車が動き出してからものの1分で夢の中。結局、家に帰るまで目覚めず・・・。

ま、こんなもんよね。


みんさん、今回も素晴らしい御もてなしを有難うございました!

2009.08.17 *Mon*

旦那の誕生日

今日は旦那の37歳の誕生日。

でも今日は月曜日の平日なので、日曜日の昨日、親族&友人達を招いて我家でバースデー・パーティーを開催しました(ホストでキリキリ舞いだったため、写真を一枚も撮ってない・・・)。


だからアタシ、今日は疲労困憊なの!!

昨日張り切っちゃったから、今日はもう燃え尽きちゃってるの!!




なので本日は大きなお祝いは無し。


それでも一応、今日が『誕生日本番』という事で、旦那のリクエストの『ブルーベリー・パンケーキ』をバースデー・ブランチとして作成(一応「気持ち」として、ハートのミニ・パンケーキをトップに載せてみた。旦那、大喜び)。
IMG_4239.jpg


ブランチの後はアタシの眼科での用事の為、バンクーバーへお出掛け・・・・とその前に、ダイソーで『まな板置き』とかキッチンの細々した品を買いたかったので、ダイソーが入っているショッピング・モール「アバディーン・センター」へ。


二階入り口からモール内に入ってみると、なんとビックリ!!



アタシが「一生に一度でいいから生を見てみたい」と思っていた『始皇帝陵の兵馬俑』が、噴水前にズラ~リと並んでるじゃ~ないの~~!!!
IMG_4241.jpg



●兵馬俑とは●
秦の始皇帝陵の一部として1987年、世界遺産(文化遺産)に登録されている。1974年に地元の住民により発見された。兵馬俑坑は、この陵を取り巻くように配置されており、その規模は2万m2余におよぶ、きわめて大きなもので、3つの俑坑には戦車が100余台、陶馬が600体、武士俑は成人男性の等身大で8000体ちかくあり、みな東を向いている。この兵馬俑の発見は特に、中国史の研究上、当時の衣服や武器・馬具等の様相や構成、また、始皇帝の思想などを知る上できわめて貴重なものである。(Wikipediaより抜粋)



アタシの希望としては、現地の始皇帝陵にて兵馬俑が何千体も並ぶ壮観な光景を見たかったんだけど・・・・数体とはいえ、今こうして実物の兵馬俑を見ることが出来てかなり感激!!
IMG_4245.jpg


2200年以上前に作られた陶器の人形が、こうして未だに完璧な形で留まっているなんて、本当に奇跡よね~~。
IMG_4246.jpg

この馬なんて、今にも「ヒヒヒ~~ン」って言い出しそう。


2千年前の中国の兵士はこういうファッションだったのね(日本ではまだ毛皮をまとってる時代よね・・・)。
IMG_4248.jpg


しっかし、兵馬俑は始皇帝陵と共に世界遺産に登録されているというのに、あまりにも無防備な展示のされ方をしていてビックリ。

一応しきりで近寄れないようにはしてあったけど、触ろうと思えば触れそうな感じだし、監視する警備の人もいなかったし。

20年前の日本で起きた酔っ払いによる「兵馬俑破損事件」のような事態が起きない事を願うのみだわ。



大感激の「兵馬俑見物」の後は一路バンクーバーへ。

アタシのかかりつけの眼科で書類をもらい、後は旦那のゲーム・ショップのはしごにお付き合い。

今日は誕生日だったのに、昨日お祝いを済ませてしまったせいか、旦那本人もあまり今日が誕生日というような気がしなかった御様子。

ま、たまにはこんなシンプルな誕生日もありでしょう。


とりあえず(?)、


旦那ちゃん、お誕生日おめでとう!

これから次の誕生日までの一年、いい事が沢山あるといいね・・・☆

2009.08.13 *Thu*

『ねんねトレーニング』 開始

御子さんがいる家庭の数だけ色々な『睡眠形態』があると思うんだけど、我家に関しては、


夫婦で息子を挟んで川の字


になって眠っております。


息子が生まれて1ヶ月ほどは「息子はクリブで一人寝」、「アタシと旦那はベッドで二人寝」という形態を取っていたんだけど、息子のあまりの寝つきの悪さ&夜泣きの多さに耐えかね、生後2ヶ月くらいから「アタシと息子がリビングのソファーベッドで二人寝」、「旦那がベッドルームのベッドで一人寝」という形態に変わりました。


「添い寝」ならぬ「添い乳」って、本当に楽なのよね。


息子が泣く度にベッドから起き上がる必要がないし、添い乳しながらお互いが眠る事も出来るし。

大変ではあったけど、息子と一緒に眠る事で、楽ができた部分もかなりありました。







いつまでも添い乳をしていると、息子がいつまで経っても夜中にオッパイを欲しがるし、夜から朝まで通しで眠る事もなく、きっかり3時間おきに目覚めてしまう。

3ヶ月ほど前に旦那から「夫婦はやっぱり一つのベッドで一緒に眠るべき」と力説され、息子と一緒にベッドルームに戻る事となり、現在の「川の字」に至っているんだけど、息子への夜中の添い乳は継続中。

そして未だに3時間おきに目覚めて寝惚けてオッパイを探しながら泣く始末。



そんなある日、



「もう1歳3ヶ月になったというのに、このままではイカン!!」



と、いきなり焦りを感じたアタシ。


息子を夜中の添い乳から卒業させ、尚且つ、一人で朝まで通して眠れるようにするべく「ねんねトレーニング」を開始する事にしましたわ!!!


月齢が早ければ早いほどいい、と言われる「ねんねトレーニング」。

既に1歳3ヶ月になっている息子にとって、かなり厳しいトレーニングになるんじゃないかとかなり不安・・・。
子供によっては数時間も泣き続けるっていうし・・・・ちの子はどうだろう・・・・・。


でも一念発起して別室にあったクリブをアタシ達のベッドルームに移した事だし、もう後には引けないわ!


今日はその「ねんねトレーニング」の初日。


はてさて、どうなる事やら・・・。
category : 息子の成長

2009.08.11 *Tue*

プラムでケーキ

こないだの友人宅でのBBQパーティーにて、ゲストの方からた~~~~~くさんのプラム(アプリコットのような気がしないでもない)を頂いちゃったアタシ。

生で食べてもジューシーで甘酸っぱくて美味しいんだけど、「熟し過ぎないうちに消費せねば!」と思って、ジャムにしてみたり、ケーキを焼いてみたりしてるわ。

これはた~~~~くさんのプラムの果肉を入れたバターケーキ。
IMG_4237.jpg

しっとりして甘酸っぱく、自分で作っといて言うのもなんだけどかなり美味かった。

残りのプラムで今度は何を作ろうかな?
category : お菓子作り

2009.08.08 *Sat*

なぜか!?TRIUMF国立物理学研究所見学 & BBQパーティー

いつもは特に大した場所に行く訳ではない我が家。


でも、今日はいつもとは一味違ってよ。


なぜなら、アタシ達が本日やって来ているのは



ブリティッシュ・コロンビア大学構内にある『TRIUMF カナダ国立物理学研究所』!!!
IMG_4235.jpg

ちなみに、上記の写真はTRIUMF研究所の最大施設『ISAC-1』。

ここではカナダ国内の7つの大学が合同で『粒子&核物理学』の研究をしているそう。


なんでこんな場違いも甚だしい場所にアタシ達がいるのか?


それは、TRIUMFが本日に限り、オープンハウスをして施設の一般公開をしているからなのです。


物理学に興味がある旦那がこのオープンハウスを前々からず~っと楽しみにしていて、やっとこの日を迎えたわけなんだけど・・・・・


アタシ的には何が楽しいのかサッパリ分からないワケ。


きっとこれらは一台が億単位するような凄い機械達で、きっと物凄い事が調べられるんだろうけど、ド素人のアタシからすれば
P1170372.jpg


「SF映画の格闘シーンで出てきそうな場所よね★」


という低レベルな感想しか出てこない!!


旦那はというと、機械に貼られた説明書きを読んで「すごい!この機械でホニャララやホニャララが調べられるんだって!」(←この「ホニャララ」の部分ですらアタシには意味不明)とやや興奮気味。


息子はというと、最近の「あれなあに?」がここでも発揮され、ある物に向かって指を差し、「あれなあに?」。


息子が指差した先にあった物は・・・・












P1170373.jpg








ごめん、母ちゃん、答えられない・・・。





とまあ、こんな感じでアタシ的には「きっと、凄い場所なんでしょうね」という感想しか出てきませんでしたわ・・・。

ま、旦那が来たくて来た場所だし、当の本人は凄く楽しんでいたんで、結果的には良かったんじゃないかと。

でももし来年もオープンハウスがあったとしたら、旦那には一人で行ってもらうわ・・・。



そんなワケワカメな物理学研究所のオープンハウスを後にし、次に向かった先はお友達の家。

BBQパーティーに招待して頂いて、親子三人、ガッツリ頂いて参りました!

お友達のみんさん御一家や、初めてお会いする方達と一緒に、外が暗くなるまで美味しい料理を頂きつつお喋りを楽しみましたわ。

Nさん、とても楽しかった&美味しかったです!
ありがとうございました!

2009.08.07 *Fri*

『G.I. Joe: The Rise of Cobra』 鑑賞

本日はハナ金だというのに生憎の曇り空。
熱波が過ぎてからというもの、肌寒い日がめっきり多くなったバンクーバー地方です。

我が家では「子連れで映画」といえば「ドライブ・イン・シアター」なので、今回もドライブ・イン・シアターにやって参りましたわ。
IMG_4230.jpg


今回お金を払ってまで観に来た映画がコレ。
gijoe.jpg

ま~たまたアメコミ系ヒーロー物よっ。

今日は旦那が前々から楽しみにしていた映画 『G.I. Joe: The Rise of Cobra (邦題:『G.I.ジョー』)』 の初日。

もう皆さんいい加減お解かりだと思うけど、うちの旦那はその辺の鼻垂れ小僧と同じ位のレベルで(いや、それ以上かも知れない・・・)ヒーロー物が大好きなのよ。

なので大予算映画のアメコミ系ヒーロー映画はDVDではなく、大画面で観ないと気が済まない性分なため、本日も出動を余儀なくされました・・・。


結構早めに着いたので、旦那は息子と一緒にスクリーン前の空き地で散歩。
IMG_4229.jpg


適当に選んだ服だったのに、なんだかペアルックぽくなっている父子。
IMG_4231.jpg


映画の感想ですけどねー、そりゃー面白かったっすよ。

伊達にお金はかけてません!みたいな。

CGも凄くて大迫力。

こういう映画は何も深く考えず、かる~く観ながら楽しむのが一番ね。

ジョー達がスーパースーツ(?)を着て車並みの速さで街を疾走するシーンを観て、


「いくら外側のスーツが早く走れても、中の身体はその速さに着いていけんだろうに・・・」


な~んて冷静にツッコミを入れてはならんのです。

「東京」と設定されている場所がどう見ても「少林寺」だったり、日本の設定なのに登場人物が中国語韓国語英語チャンポンで喋っていても、深く考えずにかる~く観ていさえすれば、その程度の疑問は全く気にならなくなるのです。


そうそう、「白い悪忍者」の中の人は韓流スターの「ビョンビョン」ことイ・ビョンホン。

やっぱりアジアン・スターのハリウッド進出作は悪役からスタートになるねん。
(まさか自分が忍者の役を演じるなんて思ってもみなかったんじゃないかしら。)

ビョンビョン、「第二のジェット・リー」になれるといいねえ。
category : 映画鑑賞

2009.08.07 *Fri*

記事をまとめてUP & 旅行記3日目をUP

今日は何故か息子が一人遊びを積極的にしてくれていたので、日記のUPがはかどりました。

んなわけで、過去6日分の日記と、僅かな時間の合間を見つけて2週間近くかけて書いた(!)旅行記3日目をUPしました。

あーもうこんなに文章書いたの久し振り!!
category : お知らせ

2009.08.06 *Thu*

今度は大成功 & 再びクリニックへ。

前回作ったスコーンが最悪の物だったので、本日はレシピを一新したスコーンに挑戦。


結果は・・・


大成功!!
IMG_4220.jpg


ぷくーっと膨らんで高さもあり、何といっても、冷めた後も硬くならず、ふんわかと柔らかい!!


成功の秘訣は


「水分はヨーグルトのみ」


というところ。

ヨーグルトスコーンを作る時に大抵必要な『ヨーグルトを一晩水切り』する面倒な手間もなく、トロトロなヨーグルトをホエーごとドボドボと粉に投入するだけ。

冷めてもふんわりなので、息子も食べやすそう。

旦那にも大好評だったので、我が家のスコーン・レシピは当分これでいきますわ。



さて、


本日、再びクリニックに行ってきました。

息子の背中にあった発疹が、今度は顔や後頭部にまで広がってきたからなんだけど(ついでにアタシの火傷の処置も)。

今回診てくれたドクターは前回のドクターとは違ったので、他の意見(セカンド・オピニオン)も聞けるかな~と期待大。


そしてこのドクターが下した結果は


「汗疹というのも十分にアリなんだが、ひょっとして服の材質や洗濯洗剤がこの子の肌に合っていないんじゃないかい?それと、オレンジとかイチゴとか食べさせてない?もしそうなら、それも原因の一つかもしれないから暫くは与えるのは控えて様子を見た方がいいね。とにかく、突発性発疹や“はしか”ではないよ」


との事でした。


洗濯洗剤は生まれた時から今現在までベビー用を使ってるし、それが原因で肌トラブルが起きた事は一度も無いんだよね。

イチゴ・・・・はい、ここ2週間ほど、バナナと一緒に毎日与えてます!!

この発疹はイチゴが原因なのかも・・・!?
そんな訳で、本日より、暫く息子のデザートリストからイチゴを削除。
これでしばらく様子を見てみます・・・。


そして、前回のドクターの診察結果同様、やはり「汗疹の可能性が一番高い」との事。
今回も「裸か、通気性の良い服を着せるように」と言われました。

最近、ちょっと気温が下がってるんだけどね・・・。


診察後は息子用の塗り薬を貰い、アタシのちょっと見た目が悪くなっていた火傷の処置もして貰いました。

これで発疹が引いてくれるといいんだけど・・・。
category : お菓子作り

2009.08.03 *Mon*

BCデーはレイジー・マンデー

今日は『BCデー』という、ブリティッシュ・コロンビア州のみの祭日でお休み。

心配していた息子の発熱は本日は無かったものの、大事をとって、今日は一日家でノンビリ過す「レイジー・マンデー」をする事に。

“レイジー”といっても我が家の“料理長”であるアタシは怠けてはおられず、朝からブランチ用のパンケーキ作り。
IMG_4206.jpg

牛乳ではなく、バターミルクでパンケーキを作るとふんわり焼き上がるんでお薦め。


今日一日、親子三人でノンビリ過したのはいいんだけど、夜になってちょっと問題発生。


夕食が済んだ後、旦那のお弁当用のパンを焼いてたのね。


で、焼きあがったパンを型から出し、その焼き型をクルッと手前にひっくり返した瞬間、勢い余ってその焼き型の淵がアタシの胸に直撃!


「あつっ!!!」


あまりの熱さにビックリして思わず両手から焼き型を落としちゃったのね。



問題はここからなのよ。



人間って賢いのか愚かなのか「手元から落ちた物をキャッチしようとする習性」があるのよね。


モロ人間なアタシ、なんと、手元から落とした熱々の焼き型を、



条件反射で両腕でキャッチ!!



さっきの熱さとは比較にならない雷が落ちたようなショックに見舞われ、



「あついーーーーーーーー!!!」



と絶叫(あったりめーだ!!)。


アタシの絶叫に驚いた旦那がキッチンに飛んできて、アタシをバスタブに運んで水シャワーをバシャーっ!

今度は


「冷たいーーーーー!!!」


と絶叫するアタシ。


旦那に「我慢して!このまま10分、火傷した部分を流水にあてておくんだよ。」と言われ、ガクガク震えつつ冷水シャワーの中に取り残される事10分。


両腕の内側の火傷した部分は真っ赤っか・・・。
片腕に関しては、水ぶくれが出来始めてる・・・。

そして燃えるように痛い!!


明日は友達のおうちにお呼ばれしてて、今夜は持参する料理を作る予定だったけど、この様子ではとうてい無理。

そのままお風呂を済ませ、旦那が持ってきてくれた冷却パッドを両腕に当てて、その日は就寝することに。


嗚呼、なんだか微妙にツイてない・・・。

2009.08.02 *Sun*

突発性発疹? 汗疹?

一週間前から今週半ばまで続いた熱波。

我が家は一日を除き、室内自体はそんなに暑くはならなかったんだけど、熱波の間に息子の身体にちょっとした異変が・・・。

首の後ろから背中にかけて、小さな赤い発疹が発生したのよね。

最初は「この子すごい汗っかきだから、汗疹(あせも)でも出来たのかな?」って思ってたのね。


だけど昨日、朝方に発熱(37.5℃)しちゃって。

でも本人自体は凄く元気で、熱もお昼前には下がったのね。





今朝、やっぱり身体が熱いようなので熱を測ってみたら、やっぱり昨日と同じ位の微熱が。

ネットで色々検索してみると、症状的には「突発性発疹」が当てはまるような気がするんだけど、突発性発疹だと、数日間の「発熱後」に身体中に発疹が現れるんだよね。

でもうちの息子の場合、発熱の数日前から既に発疹が出ていた・・・。


このまま放って置いて大事になって欲しくないので、近所のクリニックに連れて行ってドクターに診て貰ったところ、


「発熱はこの時期の子供にはよくある事だし、この発疹も突発性発疹(Three day fever)ではなくて、これは熱波期間中に出来た汗疹(Heat rash)だと思う。発疹が引くまで家ではなるべく上半身裸にしておくか、通気性のいいタンクトップを着せるように。それから暫くの間、この子を直射日光には当てないように。そして気温が上がってきたら、水浴びさせるとかしてクールダウンさせて」


という診察結果が。


そして残暑厳しい中、帰宅。


車に乗っていた間にも暑くて汗をかいてしまった息子。


旦那が早速、庭で水浴びをさせ始めました。
IMG_4193.jpg

息子は大喜びで水遊びをしてたんだけど、息子の背中に広がる発疹を見て、


「これ、ほんとに汗疹なのかな・・・」


という疑問が沸いてきて止まらないアタシ。

明日また熱が出たり、この発疹が広がるようなら、もう一度クリニックに行ってみようと思う。
category : 息子の成長

2009.08.01 *Sat*

2年ぶりの花火大会

今日は2週間にかけて開催された『バンクーバー花火大会』の最終日。

最終日&天気も良かったので、いつも花火見物をするバニエ・パークにやってきました。
IMG_4167.jpg

我家がバンクーバーの花火大会に来るのは一昨年以来、実に2年ぶり!

去年は息子が生まれたばかりだったので、当時住んでいたウェスト・サイドの自宅で花火が打ち上がる音だけを聞いて過したのよね。


去年の花火の時は生後2ヶ月だった息子も、今では14ヶ月。


「そろそろ花火を見せても大丈夫かな?」と思ったので連れてきはしたんだけど、どうかしらね~?

花火の大きさや音にビックリして泣き叫んだりしないかしら??


打ち上げ前は余裕ぶっこいてハシャいでるけど、大丈夫かね、チミ。
IMG_4170.jpg


9時過ぎから15分おきに予告花火が打ちあがるんだけど、それはどうも平気な様子。

でも、息子のベッドタイムが近付いて来るにつれ『おねむモード(機嫌が悪くなる)』になってきた為、授乳ケープを着て授乳を始めたものの数分で、


息子、撃沈。


『おねむモード』から『爆睡モード』に突入してしまった。


日もすっかり暮れ、あと5分で花火が始まるところなのに、息子に花火を見せることが出来ず残念。
IMG_4178.jpg


そして午後10時になり、中国チームの花火が打ちあがりました~。
fireworks.jpg


「あ~息子にもこの花火を見せたかったわ・・・」


と思っていたら!


どうしても息子に花火を見せたい旦那が、爆睡していた息子の手の平をしつこくくすぐって息子を起こしちゃったのよ!

んも~~せっかくイイ子にして眠ってたのに~~!!


そうして眠気眼で花火を見た息子の反応は・・・


なんと、大喜び!!


野外設置されたスピーカーから流れる大音量の音楽&花火の爆音にも怯える事無く、満面の笑顔で「キャッ!キャッ!」と声を上げて喜んでました。


最初は怖がって泣き叫ぶんじゃないかと思ったけど(アタシの幼少期がそうだったから)、この子はどうやら平気な様子。

息子が喜ぶ顔を見て、アタシも旦那も「やっぱり、連れて来て良かったね」と嬉しい限り。


今年の花火は今夜で終りだけど、来年、またここに見に来ようね。
category : 日常

きゃびの「つぶやいちゃうわよ!」

更新祭り開催中!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2009年08月 | 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


プロフィール

きゃび

Author:きゃび
西日本の某県出身。1999年6月、日本にてドデカいカナダ人(旦那)に遭遇。その後何故か付き合う事となり、1年7ヶ月の交際を経て、2001年4月、日本にて結婚。転居先の愛知県にて三年半の新婚生活を送った後、2004年8月、移民権取得と同時にカナダ・バンクーバーに移住。2008年5月、第一子となる息子誕生。2008年12月にバンクーバー郊外の某市にお引越し。2010年11月、第二子となる娘誕生。2011年7月、愛猫二匹のうちの一匹だった愛猫“うらら”が天に昇りました。それから一年半後の2012年12月新たに雌猫のセリーナを我が家に迎え入れました。現在、旦那・息子・娘・愛猫ティファ&セリーナと共に「笑い大いにアリ、涙たま~~~にアリ、大噴火けっこうアリ」の、お気楽主婦生活を送っています。

我が家の息子、今いくつ?

2008年5月10日生まれ

我が家の娘、今いくつ?

2010年11月10日生まれ

最新記事

最新のコメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

Locations of visitors to this page

Copyright © Cabbit in Canada All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。