This Archive : 2011年04月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.04.30 *Sat*

ロイヤル・ウェディング&群衆の中に・・・

昨日は(カナダでは本日の早朝)ロイヤル・ウェディングでしたわね。

ケイトさんがホテルを出発する辺りまで頑張ってライブで観たけど、午前3時から始まる結婚式の前でギブアップ。爆睡よ。

結婚式は今朝、録画したものを観ました。
royal_w.jpg

もう ↑ の女の子が可愛すぎ。

大観衆の声がよほどうるさかったんだろうね~。



結婚式はそりゃ~一般市民と比べればゴージャズな物でしたが、これまでのロイヤル・ウェディングに比べると「砕けた感じ」の、いい結婚式でしたね。

キャサリン妃のドレスを最初正面から見た時は「ちょっと、薄っぺら過ぎやしないかい?」と思ったけど、不況の風が吹くイギリス経済において、国民感情を逆撫でしないグッドな選択だったのではないかと。

物足りなさはあったけど、よく見ると後ろの腰回りのシルエットがとっても綺麗で、落ち着いた感じのある彼女には、とってもお似合いの素敵なドレスでした(あと、細くないと着れないわね、これ)。

帰りの車を王子自ら運転したり、その車に(結婚)初心者マーク、Just Marriedのサイン、風船やリボンを着けたりと、『一般市民が結婚の際にする事』を実際にした王室メンバーは、きっと彼が初めてだろうね。

「国民に王室への親近感を持たせる為」と言うよりは、王子自身が「いつか結婚する時は、自分もあれをやりたい」と思ってたんだと思うわ。

そんな様子を見ていて、「溜息」というよりは「ほのぼの」とした今回の結婚式でした。

(突っ込みどころも満載だった。 ベアトリス王女の奇天烈帽子とか、ハリー王子のチ●ピラ歩きとか)


それと今回の結婚式はウィリアム王子の「愛」が感じられましたね。

それがチャールズ皇太子&ダイアナ元妃の結婚式の時との違いかな。


あ、そうそう、結婚式映像の中でちょっと驚いたのがエリザベス女王の行動。

女王はウェストミンスター寺院に向かっている車の中で膝の上に膝掛けをしていたのだけど、寺院に着いて車を降りる際、膝掛けを乗せたままスクッと立ち上がり、その拍子で床の上に落ちた膝掛けに目を向ける事なく車を降り、スタスタと寺院に入っていったの。

この行動を見て、


「ああ、この人は生まれながらの女王で、ほんっとーーーーーに自分では何もする必要が無いんだな」



と思ったの。

ほんと、宮殿内では余程の事(トイレとか食事)以外は全部まわりの人にやらせているんじゃなかろうか。

いや、そうに違いない。

女王の意外な一面を垣間見た
ロイヤル・ウェディングでした


なにはともあれ、いつまでも、お幸せに~☆




●おまけ●

結婚式のクライマックス、群集の前でロイヤル・ファミリー集合の場面。
royal_w2.jpg


この場面を見ていて、数え切れない程の『ユニオン・ジャック』の中に、『日の丸』を発見!
IMG_9833.jpg


「がんばれ 日本!」


と書いてあります。

これを見た時は「現地在住の日本人が作った日の丸ボードなんだろうな」と思ったんだけど、よく見ると字体が不自然だし、「ば」の文字の点々の下の横線が書いて無い・・・。

どうやらこれは、TVに写る事を見越したイギリス人の方が、日本に向けて掲げてくれた『応援メッセージ』だったようです。
IMG_9838.jpg

今、日本では「がんばれ」という言葉が禁句のように言われていると聞いたし、被災した方々からすれば「これ以上、どう頑張るのか」と思われるかもしれない。

そして、それは当然の感情だと思います。

でも、その辺の事情が分からない諸外国の人々で、自分に出来る形で日本を応援したいと思っている人々からの「がんばれ」という言葉は、どうか皆さんの寛大な気持ちで受け止めて頂けたら・・・と思います。

この映像は日本で放送されたのでしょうか?

この応援ボードを掲げて下さった方の気持ちが、日本に届いたといいのですが。

スポンサーサイト
category : 日常

2011.04.29 *Fri*

今日もプレイ・クラス&これからの事

体力有り余る息子を発散させるべく、今日も朝から近くのレックセンターのプレイ・クラスに参加して来ました。

もう既に常連さんなので、ストローラーから降ろした途端、「勝手知ったる」と言わんばかりに遊具に向かって走り出す息子。
IMG_9790.jpg


今日も沢山遊びました。
IMG_9789.jpg


全く関係無いんだけど、

今日のクラスで見かけた一人のお父さん(上の写真で黒いTシャツを着てる人)が、“なんとなくデヴィッド・ベッカムな感じ” でねー、ちょっとだけ「おおー!」と・・・(ちょっとだけよ、ちょっとだけ!)。

ちょっと(←しつこい)目の保養になりました。ウフ☆


クラスの後は、恒例のレックセンターのカフェでスナックタイム。
IMG_9791.jpg

ここのブラン・マフィンとスコーンが美味いのです。

お兄ちゃんが満面の笑顔でブラン・マフィンを頬張る横で、この時間帯が『朝寝タイム』な娘はぐっすり眠ってしまってます。


そうそう、


今日、初めて娘をダブルストローラーに「直乗せ」してみました。

これまでは娘をインファント・シートに乗せ、シートごとストローラーに乗せてたんだけど、今日はちょっと外の雲行きが怪しかったのでシートに直乗せする事にしたの(←インファントシートを乗せると、レインカバーがかけられないのです)。

さすがジャンボ娘なだけあって、娘の月齢ではまだまだ必要であろう「ヘッドカバー」が全く不要だったのでシートから外しました。

あのヘッドカバー、結局、一度も使わなかったなあ・・・。


今日は朝の間が冷えたので、防寒用カバーが初お目見え。
IMG_9799.jpg

息子が嫌がる事なく使ってくれて一安心。

途中で暑がってたから、かなり暖かいみたい。

このレインカバー(&日避けスクリーン)や防寒カバーが全部込みで250ドルだったこのダブルストローラー、ほんとお買い得品でしたわ。

これからの季節、益々の活躍を期待しておりますよー。




話は変わるんだけど、



5月から某大学にて、旦那の2年に渡る学位アップ・コースが始まります。

これから2年間、週一のパートタイム(仕事が夏休み中は2週間フルタイム)で仕事の後に学校に通うんだけど、学校の日は朝から午後9時までアタシと子供達だけ・・・。

これから『3歳の反抗期』に突入する息子と、これからハイハイや歩き出す娘を相手に「アタシ一人で大丈夫かしら・・・」と、かなり不安になっております。

それに加え、学費も義母には頼らず(でも義母は「払う」と言ってくれている)、学生ローンも組まず、無謀にも自分達でその都度キャッシュで支払いをしていこうと決めたので、懐事情もかなり不安。

学費に加え、アタシの歯科治療費も結構掛かる事になりそうだし(日本で作ったブリッジを変えないといけない・・・涙)、それを考えるとも~~~~~~不安も不安、大不安、みたいな。

でもブリッジは今治しておけば暫くは心配しなくて済むし、学費も学位アップ後は劇的に昇給するので、1年で学費の元が取れると思えば、出して損は無い出費・・・・・・・・・・・・・・・とでも思わないと、これからの2年間やっていけないよー。

これから、特に夏は、カナダに移住した最初の1年間(旦那がフルタイムの学生だった)を思い出しつつ、子供達にはこれまでと変わらず楽しい思いをさせつつ、節約できる事は節約して家計を切り詰めていかないとだわ・・・。

嗚呼、早く2年が経って欲しい・・・・。

category : 日常

2011.04.28 *Thu*

空耳は国境を越えて

いきなりですが、こちら、明日の旦那のランチです。

IMG_9788.jpg

今日の晩ご飯で作った『焼きうどん』の余り・・・★


実はアタシ、『焼きうどん』を作るのは今回が初めてだったのです。

あんまり好物の類ではなかったのがその理由なんだけど、今日いきなり食べたくなりまして。


ちなみにアタシ、結構なトシになるまで『焼きうどん』の事を





『野球うどん』





だと真剣に思ってましたのよ・・・・・。

小さい頃に母がよく作ってくれてたんだけど、その度に「なんでこのうどんは“野球うどん”なんて名前が付いているんだろう・・・」と真剣に悩んでいたのです・・・。


「野球選手が作ったうどんなのかな?」なんてトンチンカンな事も思ったりしてたわ、そういえば。


それを本日、何故かいきなり思い出して無性に焼きうどんが食べたくなり、材料も揃っていたので作ったんだけど、出来上がった焼きうどんを見た旦那が「これ、なあに?」と訊くので、アタシが「焼きうどんだよ」と答えると、




「は? 野球うどん? 

なんでベースボールなの?」





って真剣に訊いて来たのーーーー!!




「“焼きうどん”の空耳は、国境を越える!!」




と純粋に感動した!


いや、それともうちらが唯の似た者夫婦なのか?


どちらにしても、「焼きうどん」を「野球うどん」と聞き間違えるのがアタシ一人でなくて良かったわ。

2011.04.27 *Wed*

なんとか乗り切れました

今日は日本語学校の日!

前回の日本語学校では、ハチャメチャぶりを発揮してアタシから強制退室を食らった我が息子。

本日は朝から出勤前の旦那から



「いいかい? 今日は静かに先生のお話を聞くんだよ? 分かった? パパと約束だよ?」



と言い聞かされていた息子。

さてさて、どうなる事やら。



そんな一抹どころか、かなりの不安を覚えつつ日本語学校へ向かったアタシ達親子。

教室に入ってから少しだけブロックで遊び、その後は順調にお片付けをこなし『体操タイム』へ。



いきなり、ここで問題が!!



音楽が鳴り始めた途端、前回同様、ハイテンションになってハチャメチャ振りを発揮し始めた息子!!

また部屋の隅の本棚の方へ走り出したので、即座に捕まえて小声で



「パパとのお約束、忘れたの?」

「後でスナックタイムがあるけど、騒ぐんだったらスナックは無しにして帰ろうね」



と言うと、息子はそれを理解して平常心に戻り、再び体操の輪の中へ。



んが



それでも暫くすると音楽でまた興奮状態になって輪から外れようとする事が何度かあったので、その度に上記の言動&行動を繰り返す羽目に。

それでもなんとか体操タイムをこなす事が出来た。


そしてこの後は『点呼タイム』。

ここで大人しく座らせておかないといけないのだけど、息子はアタシの前でムズムズして落ち着かない。

油断するとまた本棚の方へ行きそうだったので、再び


「パパとのお約束、忘れたの?」 「後でスナックタイムがあるけど、騒ぐんだったらスナックは無しにして帰ろうね」


と言って、点呼も何とかクリアする事が出来ました。


ここまでの時点で息子の暴走を抑える事が出来たら後はもう大丈夫。


この後あった息子の大好きな『クラフト・タイム』は勿論スムーズに進み、お待ちかねの『スナック・タイム』もお行儀良くこなせ、本日は無事、なんとか最後までクラスに残る事が出来ました!


あ~~~良かったよ~~!& 疲れた~~~!!


今回の参加で「息子を抑えるポイント」が分かったので、次回からは(と言っても、あと2~3回しか参加出来ないのだけど)なんとか無難にクラスをこなせそう。

前回と今回のクラスを受けてみて気付いたのは、




「体操タイムが息子を興奮させているのかも?」




という事。


息子って、少し前までは他人の踊りを見ても、一緒に踊ろうとはしなかったのね。

だけど最近、ようやくTVで踊りや体操を観て、それと一緒になって楽しそうに身体を動かすようになって来たの。

だから日本語学校でも体操&音楽を見聴きして興奮しちゃうんじゃないかなー、と。

その興奮が過ぎちゃって、前回のような行動に繋がったんだとすれば、その場に慣れちゃえば興奮も徐々に収まるのではないかな・・・と楽観視してるんだけどどうだろう。

とにもかくにも、今日は最後までクラスに参加させる事が出来て良かった!

来週も、この調子でいけるかな!?
category : 息子の成長

2011.04.24 *Sun*

エッグ・ハント、未遂に終わる

イースター連休3日目。

今日は『Easter Sunday』で、「キリスト復活の日」です。

本日が復活祭本番とあって、今日は各地でエッグハントが行われます。


●エッグハントとは●

復活祭の朝に、カラーコーティングしたゆで卵やチョコエッグ、御菓子入りの卵型プラスチックケースを室内や屋外に隠し、それを探すという(主に子供向けの)宝探し的なゲーム。欧米ではイースター・バニーがこれらの卵を隠すという伝承が伝わっている。


実は息子、今まで一度も公共の場で開催されるエッグハントに参加した事が無いのです(自宅ではさせてましたが)。

これまでは「宝探しの面白さを理解できない年齢だろう」って事で参加させてなかったのだけど、今年はさすがに3歳を目前にしているし、うちの近所で大々的にエッグハントが行われると聞き、それに参加させる事にしました。


エッグハント開始時間は午後2時。


色々支度に手間取って、そこに到着したのは午後2時5分。


雨降りにも関わらず、会場になった公園は人で溢れかえってました。


で、皆さん、手に持った籠に沢山お菓子を持っていらっしゃる。


「ひょっとして・・・・(汗)」と思って、近くにいた係りの人に「あのー・・・、エッグハントって・・・」と訊いたら




「もう、終わったよ。スタートと同時に争奪戦になるから、毎年、数分で終わっちゃうんだ」




ガーーーーーーーン!!!!



エッグハント、既に終了してました・・・・・・(涙)!


エッグハントって、そんなにあっという間に終わっちゃうものだったんだ!!


アタシと旦那がショックを受けていると、近くにいた女性が


「残念だったわね。少ないけど、これで良かったら息子君にあげてちょうだい」


と言って、小さなチョコレートが10個ほど入った袋を2袋も譲って下さったの!


彼女の優しい心遣いに、ジ~~~~ンと来ました・・・(涙)。

有難うございます、見知らぬ御方。


係りの人も余ったチョコレートを数袋下さって、息子はエッグハントには参加出来なかったものの、手ぶらで帰るという最悪の状況だけは免れる事が出来ました。


もう今回の事で思い知りました。



「エッグハントは、開始時間よりもだいぶ前に来てスタンバイしておかなくてはいけない」



という事を・・・!


来年は気を付けて、絶対にエッグハントに参加させるわ!!



それにしても、まだ息子がエッグハントの楽しみを知らなくて良かった・・・。

もしも知ってたら、親のふがいなさで可哀想な思いをさせるところでした・・・。


大反省。



エッグハントには参加出来なかったけど、遊戯場で沢山遊んだ息子です。
IMG_9765.jpg


雨が降っていたから、遊具はびしょ濡れ。
IMG_9768_1.jpg

でも、そんな事もろともせず、他の子供達と一緒になって元気に遊んでました。


娘はレインジャケットを着た父ちゃんにベイビーキャリアーで『カンガルー抱っこ』され、防寒&雨対策は万全。
IMG_9766.jpg

お陰で、この雨の中ストローラーを押さずに済んだので楽ちんでした。

足元も悪い中で苦労してストローラーを押していた沢山の赤ちゃん連れのお母さんが方から


「それって、凄くいいアイデアね! 次から雨の日はそうするわ!」


と言われていた旦那なのであった。


2011.04.23 *Sat*

今年のイースター

本日はイースター連休2日目。

イースターには毎年バンクーバー島から義両親がやって来て一緒に過ごすのだけど、今年は


・義姉&BFがイースター連休を使ってUSにバケーションに出掛ける
・イースター連休初日がアタシ達夫婦の結婚記念日



という事もあって、義両親と一緒に過ごすのは義姉を含めた木曜日のディナーと、本日丸一日のみ(義両親は義姉&BFのアパートに滞在中)。


昨日は二人でバンクーバーを散歩して回ったらしい。

小春日和の中、海岸に向かって歩き出し、途中にあったレストラン・カフェで美味しいランチを食べて、キツラノ・ビーチを散歩し、帰り道にあった映画館で観たいと思っていた映画を観て帰って来たそうな。



なんか、昨日のアタシ達よりもかなり『トキメキ度の高いデート』をしていらっしゃいますな!!




今日行ったレストランで義母に「昨日の10周年記念日はどんなスペシャルな事をしたの?」と訊かれて




「カレー食べて、お寺に行って、家に帰ったよ」




と言ったら



「あら・・・・・・・・・・そうなの(汗)」



と、明らかに内心「え~~~!?」と思われている事確実な返事が帰ってきましたよ!


いや、当人のアタシですら「え~~~!?」だったから、その反応は無理も無いです、はい。



そうそう、関係無いんだけど、今回のランチは飲茶だったの(うちら夫婦のお気に入りとは違うお店)。

で、席に着いてすぐにサーバーにオレンジ・ジュースを薦められて、義母が「あら、いいわね」という事で大人4人全員オレンジ・ジュースを飲む事に。

飲茶の後はデザートのマンゴープリンを4人分頼んだんだけど、お会計を見てみてビックリ!!!

そんなに数を食べたわけでもないのに、会計が100ドル!


「これ、ほんとにうちのテーブルの会計!?」と思ってよ~くよくレシートを見てみたら・・・


な~んとなんと、このオレンジジュース&マンゴープリン、


一品が5ドルもするの!!!


たかが4杯のオレンジ・ジュースで20ドル!

たかが4個のマンゴープリンで20ドル!



なんと100ドルの内、40ドルがスイーツの価格でした。


この馬鹿馬鹿しいスイーツ価格に全員唖然(払ったけどさ)。


「あのオレンジ・ジュースは詐欺だよな!」


と口々に言いながらお店を後にしたのでした。



そんなハートブレイクなランチの後は公園でしばし遊び、それから「子育てで忙しいきゃびに要らぬ労力をかけさせたくない」という義母の配慮で、デリ・カフェに寄ってイースターディナー用のBBQチキンを買い、我が家へ向かう事に。助かります~。



我が家では・・・



娘に久しぶりに会う義母、常に娘を抱っこしていてデレデレ状態です。
IMG_9756.jpg

まだ赤ん坊の娘に久しぶりに会うからテンションが上がるのは分かるし、可愛がってくれているのも有難いのだけど・・・・、


お義母さん、娘だけにかまい過ぎですよ・・・。


娘に夢中で、息子が視界に入ってないというか・・・。


孫は全員平等にかまってください。


なので、それをカバーするためアタシ、旦那、義父で息子にかまっていたのでした。

義父は、息子と一緒にブロックで遊んでくれたりしました。
IMG_9760.jpg

大人3人がかりで注意を払っていたお陰で、息子に寂しい思いをさせずに済んでホッ。

二人子供がいると、こういう問題が出て来るんだよねえ・・・。

これからも気を付けなくっちゃ。



晩御飯はデリで買って来たBBQチキンと、アタシが作った簡単な付け合せでイースターディナーと相成りました。

BBQチキンが凄く美味しくて、食事中は会話に花も咲き、思った以上に楽しいイースター・ディナーでしたわ。

デザートを食べた後、「明日の早いフェリーで島に帰るから」と、義両親は義姉のアパートへ帰って行ったのでした。


次に義両親に会うのは来月の『母の日&息子の誕生日』。


今回は楽をさせて頂いたけど、次回は忙しくなりそうな予感★


2011.04.22 *Fri*

結婚10周年記念日

今日4月22日はイースター(復活祭)の4連休初日である「Good Friday」ですが、


アタシ達夫婦の『結婚10周年記念日』でもありますのよー。


いや~~もちましたな~10年間!


10年前の今日、こんなに初々しい(?)花嫁姿をしていたアタシは・・・
wedding2.jpg



10年後の今日、二人の子供達の母ちゃんをしています。
IMG_9677_1.jpg

今では夫婦揃ってすっかり『父ちゃん&母ちゃん業』が板についてしまい、夫婦二人だけだった時の生活って


「どうやって時間を過ごしてたっけ・・・・?」


と思わず二人で考え込んでしまうほど。


ほんと、何してたんだろ?


10年の内、7年間も夫婦二人だけだったのに、恐るべし、子育て。


今日は記念すべき結婚10周年記念日だったので「久しぶりに夫婦水入らずでロマンチック・ディナーでも・・・」と思っていたのだけど、いつもベビーシッターをしてくれる義姉が今朝、BFと一緒にサンフランシスコにバケーションに行ってしまった為、今年も家族全員で結婚記念日を祝う事に。


子供連れではアタシが希望していたフレンチ・レストランには行けないので、今回やって来たのは旦那が希望したインド料理レストラン。
IMG_9705.jpg

「記念日ランチ」って感じはしないけど、お手頃価格で、すっごく美味しかったです~。

味もマイルドで、息子でも食べる事が出来て良かった。


美味しかったランチの後は、ドライブへ。


旦那に「何処に行きたい?」と訊かれるも、実は旦那、数日前から割としつこい風邪を引いてて。

なので「あまり遠出は出来ないな・・・」と思い、「特に無いな~。何処でもいいよ、あなたの好きな所で」と答えておいたのよ。

そしたら旦那「オーケー。 まかしておいて」と言うので、アタシは内心



「何処に連れて行ってくれるのかしら?10周年だし、何処かロマンチックな所なのかしら? ドキドキ☆」



と期待に胸を躍らせていたのよ。


そんなアタシが旦那に連れられてやって来たのは・・・・・























IMG_9710.jpg


は?

なむ?






IMG_9717.jpg


え?







IMG_9721.jpg

えええええ~~~~~~~~!?






アタシ「ねえ、なんで!? なんでココなの!? なんでよりにもよって10年目の結婚記念日に来る場所がここなの!?」


旦那「だって “何処でもいい” って言ったじゃない。 それに君、神社仏閣が好きでしょ?」


アタシ「確かに “何処でもいい” って言ったし、神社仏閣も好きだわよ!でも、それとこれは違うっつーか!」


旦那「え~~~~、君が喜ぶと思ってここに来たのに~」


アタシ「寺に連れてくるんなら、中国寺じゃなくて、せめて日本寺の東漸寺にしてよ!!」




・・・・・とまあ、こんなわけで、ロマンチックとは対極の場所に連れてきて貰いましたよ・・・TT

金ピカで、有難さだけは満点なんですけどねー。
IMG_9716.jpg


でもね、ここには綺麗な庭園があるんです。
IMG_9724.jpg

鳥とかの余計なオブジェが所々にありはしますが、なかなか見事な庭園。


息子もオブジェを見ながら喜んで駆け回ってました。

IMG_9714.jpg


旦那が風邪を引いている事もあって体調が途中から優れなくなってしまい、お寺の後は家に直帰。

なんとも、不完全燃焼な感が多々残る結婚10周年記念日でした。

後日、今日の代わりになるような事をやってもらおう、うん。


しかし、結婚式の時の事は今でも詳細に覚えているのに、あの日から既に10年も経ったなんて、本当に信じられないわ。

ま~この10年間は本当に色々ありましたよ、ええ。


結婚を機に生まれて初めて実家を出て、地元から県外に引越しをし、

結婚の約半年後に母が病に倒れ、

結婚3年目でカナダに永久移住し、

結婚7年目で息子が誕生、

結婚9年目に娘が誕生。


それ以外にも、細々とした嬉しかった事、楽しかった事、辛かった事、悲しかった事、本当に色々あったなぁ。


でも、結婚式の時に誓った



「病める時も、  健やかなる時も、  富める時も、  貧しき時も、  共に生きる事を誓う」



という言葉の通り、どんな状況の時でも旦那と共に、二人三脚で一緒に乗り越えて来たと思います。

そんなふうに二人一緒に頑張ってきた10年だけど、何よりも旦那には感謝の気持ちで一杯。

アタシが辛くてどうしようもない時、挫けそうになった時、旦那はいつでもアタシを元気付けて、励まして、全身全霊でサポートしてくれたし、一歩前に踏み出す勇気が出なかった時は「君なら出来る!絶対に出来るから、自信を持って!」といつも応援して、アタシの背中を押してくれた10年でした。


有難うね。


アタシも、貴方がアタシにしてくれる程とはいえなくても、少しでも貴方の支えになれていると良いのだけど・・・。


これまでの10年間、こんな鬼嫁相手に本当に有難う。

心から感謝してますよ、旦那ちゃん。

そしてこれからも、無理難題を言うかと思いますが、どうぞ宜しく。



早速ではありますが、


今この場で、ひとつだけ我侭を言わせて下さい。














来年の結婚記念日は、寺以外の所に連れてって!!!!



ほんと頼むよ、もー。


2011.04.21 *Thu*

うらら、体調を崩す(その三)

うららが体調を崩して本日で三日目。

昨日から随分と調子が良くなって来たようです。

今朝なんて、アタシの助け無しで朝ご飯をペロリ。


一応今日も「静養部屋」に入れていたんだけど、お昼ご飯の時刻間近にアタシのPCデスクの横にやって来てドッカリ。
IMG_9737.jpg

「お腹空いたんだけどネ。 お昼御飯、まだかしら?」



数日振りに『御飯の催促』をされました!!!


んも~~~~~うららったら、その調子、その調子!!!


催促しに来ただけあって、お昼御飯も順調にペロリと平らげ、晩御飯も綺麗に食べ切りましたっ。


一時は本当に「危ない状態(とドクターにも宣告された)」だったけど、ここまで回復してくれて本当に嬉しい・・・!

この通り食欲はだいぶ戻り、高い場所にもジャンプ出来るようなり、隠れるのを止めて家の中を歩き回るまでになりました。

これで、ティファとの「真夜中の大運動会」が復活したら全快の印かな。


焦らなくていいから、ちょっとずつ自分のペースで快方に向かってちょうだいね、うらら。

category : ネコ糖尿病

2011.04.20 *Wed*

うらら、体調を崩す(その二)

一昨日から体調を崩している我が家の愛猫うらら。

今朝は寝室のベッドの下に隠れて一晩を過ごした様子。

一晩持ち堪えてくれて良かった!


今日も朝から頑張って食べさせて、インスリンを投与し、旦那のオフィスに御飯・水・猫トイレを移動させて“うらら”をこの部屋で静養させる事にした。


本日の目標は昨日と同様「とにかく食べさせて、尿ケトン値を下げる」


昨日の夜から食欲が戻って来たものの、まだまだ食べるスピードが遅いし、一気に食べきれない様子なので、アタシが一時間に一回部屋に入ってうららを起こし、少しずつ御飯を食べさせる事にしました。

その甲斐あってか、徐々に御飯を食べる気力が蘇ってきた様子。


午後3時過ぎには、目標の缶フードの4分の三を食べさせる事が出来た!!


そして何と、アタシ達の夕飯時に「篭り部屋」から出てきたの!


そして、そして、息子が食べこぼして床に落ちた食べ物にササッと駆け寄ってパクリ!



アタシ「今の見た!?うららが今、拾い食いしたよ!!(゚皿゚;)σ」

旦那「見たみた!!これって、回復して来てるって事じゃない!?(゚∀゚;)」


アタシ&旦那
「バンザーイ!\(T∇T)/\(T∇T)/バンザーイ!」

(注:通常ならば、うららは怒られているシチュエーションです・・・)



御飯の後で後片付けをしていたのだけど、途中で子供をお風呂に入れていた旦那に呼ばれてキッチンから離れたのね。

で、その時に「うららはまだ本調子ではないから、ここに置いておいても大丈夫だろう」と思って、カウンタートップの上に余った御飯を置いておいたんだけど、バスルームから戻ってみたら、うららが丁度その残り物をくすねる瞬間に遭遇!


アタシ「ちょっと!!今、うららが盗み食いをしたよっ!!(゚皿゚;)σ」

旦那「ええ~~!それって『食欲が戻って来てる』って事じゃない!?(゚∀゚;)」


アタシ&旦那「バンザーイ!\(T∇T)/\(T∇T)/バンザーイ!」

(注:通常ならば、うららは怒られているシチュエーションです・・・)



そんな調子で彼女の晩御飯も順調に食べ進め、終日までに目標の「一日一缶」をクリアする事が出来ました。

今晩からは「隠れて静養」も止めたようで、いつも彼女が寝ている猫ベッドで眠り始めたうらら。


この調子で、明日も食べ進んでちょうだい!!
category : ネコ糖尿病

2011.04.19 *Tue*

うらら、体調を崩す(その一)

先週末に低血糖症発作を起こした愛猫うらら。

応急処置後から数日間は元気にしていたのだけど、昨日の夕方から御飯を食べなくなってしまいました。

うららを実際に知っている方々は御存知だと思うけど、うららはかなり食い意地の張った子で、アタシ達が少しでも食べ物を床の上に落そうものならダッシュで駆け寄ってきて「パクッ!」と喰らいつき走り去っていく・・・。

そして食事の後片付け中とかに少しでも油断をしたら、即効で余り物を盗み食いするような子なのです。


そんな子が、食事を昨日の晩から一切受け付けなくなってしまった・・・。


しかも、その日のお昼に食べた物を全て吐き出し、食事を受け付けなくなってからはベッドの下や部屋の分かり難い所に入り込んで、身を隠すようになってしまったの。


猫が身を隠す = 静かで安全な場所に移動し、余計な事に体力を消耗しない様に休息する。そうする事で自己治癒力が最大限に発揮できるようにする。


との事なので、


「これは、かなり調子が悪いんだ・・・!」


と旦那とも話した上で掛かりつけの獣医の自宅に電話し、翌日診て貰う事になりました。


アタシが凄く心配していたのは





「この状態で、うららが一晩持ちこたえる事が出来るか」





という事。


それもあって、その日の夜はあまりよく眠れませんでした。



そして翌日の朝6時、家中何処を見渡してもうららが居ない。

絶対に家の中に居る筈なのに、神隠しにでも遭ってしまったかのように姿を消してしまったのです。

旦那を起こして一緒に探してもらったんだけど、何処を探しても見つからないし、呼んでも出て来ない。

その内、アタシは


「何処かに隠れて休んでいた間に・・・あの子、死んじゃったんだ・・・」


と感じるようになって、うららを探しながら涙がポロポロ・・・。


でももう一度ちゃんと見てみようと思って、ソファの横のサイドテーブルの下(テーブル下に物入れの箱が置いてある)を覗いてみたら・・・・


テーブル下の物入れの箱と壁の間の20cm位の隙間に入り込んでうずくまってた!!!

そして、まだ生きてる!!



旦那に「居た!! うらら、ここに居たよ!! まだ生きてる!!!」と知らせて、彼女を確保し(リビングは息子が起きてくると騒がしくなるので)、旦那のオフィスへ水・餌・猫トイレと一緒に移動。

息子が入って彼女の休息の邪魔をしないよう、ドアに外から鍵もかけておいた。


旦那は月に2.5日間有給が取れるので、今日は有給を取ってうららを動物病院に連れて行ってくれました。

そして診察結果は獣医師も首を傾げるもので・・・。


・低血糖症発作を起こした事でインスリンの投与を止めてわずか数日で調子が悪くなった事。
・血糖値は高めだが、驚くほど高い訳ではない。
・心拍数も体温も正常。
・肝機能も異常なし。


ただ、尿を調べたところ、24時間以上絶食状態だった事によって尿ケトン陽性反応が出たため「糖尿性ケトアシドーシス」が疑われる、との事。

その場合、自力で食事が出来る事がベストだが、出来ない場合は点滴で栄養補給、そしてインスリンの投与をする必要があるそう。

今までは糖尿病用の食事を与えていたけど、今回に限っては「栄養補給が第一」なので通常の缶フードを与えても良い、との事。

なので旦那とうららが戻って来てからエサ用注入器を使い、力弱く嫌がるうららにティファ用の缶フードの4分の一になる餌を無理やり注入し、インスリンを投与。


この時点で午後1時。


ドクターからは「午後2時までに缶の半分を食べさせる事が出来なかったら戻ってくるように」と言われているので、あと一時間の間にもうあと4分の一の御飯を食べさせたいところ。


うららを45分ほど休憩させて、再びトライ。


やっぱり食べるのを嫌がったんだけど、心なしか、さっきに比べてうららの抵抗する力が強くなってる!

それでも何とか4分の一量のエサをうららに食べさせる事に成功。


ドクターが言った「午後2時までに缶詰半分」というのをクリアできたので、既にインスリンを投与した事もあり本日は自宅で様子を見る事に。

この日、ドクターは二度ほど電話を掛けてきてくれて「容態が悪くなったら、夜中でもいいので自宅に電話するように」と言ってくれた上に「いつでも捕まるように」と個人の携帯番号まで教えてくれました。

とにかく「栄養補給!」との事なので、今日一日掛けて、なんとか一缶分食べさせなくては。


それから1時間に一度、彼女に少量ずつの食事を注入器で与えたのだけど、今度は気のせいではなく、確実に抵抗する力が強くなった!(アタシも旦那も手に引っ掻き傷だらけ・・・!)

でも最後の方には、注入器無しでも自分で餌皿から少量ずつ食べられるまでに食欲が回復。

目標の一缶を日付が変わるまでに達成する事が出来ました。

でも今日のアタシは朝から事ある毎に「うららがこの世から居なくなってしまうかも・・・」と涙・涙・・・。

そんな飼い主の気持ちを察してか、うららは静かな病室(旦那のオフィス)のお気に入りの椅子の上で、回復すべく静養に専念したのでした。
IMG_9653.jpg

一番体調が悪かった時のように “うずくまる” のではなくて、こんな風にいつものように “丸まって寝そべる” ようになったのは良い兆しかも。

でも、ぐ~ったりで、いつもの彼女の食いっぷりやドタバタぶりが恋しいわ・・・。
IMG_9654.jpg

こんな状態ではありますが、なんとか一番危なかった状態は脱したように思います。

明日はアタシ一人でこの子の看病に当たるのだけど、出来るかしら・・・ドキドキ。

category : ネコ糖尿病

2011.04.18 *Mon*

親子でイースター・クッキー作り

今週はイースター(復活祭)・ウィークです。

先日行ったスーパーにて、イースター仕様の可愛いクッキー型がセール(7ドルくらい)になっていて「息子とクッキー作りするのに良さそう」と思い、即購入。
IMG_9634.jpg

「春」を象徴する花々や生物、「復活」を象徴する卵、「繁栄」の象徴のウサギ等が可愛いクッキー型になってケースに収まってます。

今週末はイースターなので、試作も兼ねて「イースター・クッキー」を焼いてみる事に。

ミキサーで一気にクッキー生地を作ってそれを三分割し、今回はチョコ味・プレーン味(でも色はピンク)・抹茶味の三種類のクッキー生地を作ってみた。

出来上がった生地は1時間冷蔵庫で寝かし、これから生地を伸ばしまーす。
IMG_9637.jpg


ここでお手伝い用エプロンを着けた息子君、登場。
IMG_9640.jpg

伸ばし始めはアタシがヘルプしましたが、息子、意外と上手に記事を伸ばしていてビックリ☆

これは将来、期待出来るかも!!


そしてお楽しみの「型抜き」。
IMG_9648.jpg

仕事から帰ってきた旦那も型抜きに加わり、親子でクッキー作りです。

息子は何故か「卵型」が好きで、生地全部を卵型で抜こうとしたので、それを阻止するのが大変だったわ。


そうして焼き上がったクッキーがこちら。
IMG_9651.jpg

なかなか可愛いクッキーで、食べるのが勿体無ーい・・・・なーんて言いつつ、全員で熱々を即効で味見。

このクッキーレシピ、もう10年近く使ってるレシピなんだけど、相変わらずサクサクで美味しい。

今回も上出来な仕上がりでした。

息子もビックリするくらい上手にお手伝いが出来ていて、本人もとても楽しんでいた様子。

またお手伝いしてね~。


結局、全部で50枚ほどのクッキーが焼けたんだけど、イースター本番まで保つかな・・・・・・・いや、保つわけない。

category : お菓子作り

2011.04.17 *Sun*

食文化の違いで感じる「国際結婚」



「うちって 『国際結婚』 だよな~・・・・」



と今更ながら、つくづく思う時があります。


それは、やはりと言うか何と言うか『食文化の違い』を感じる時なんだけど。

晩御飯を作るのが果てしなく面倒くさい時とか、献立が思い浮かばない時とかに旦那に


「今日の晩御飯、何が食べたい?」


ってよく訊くんだけど、その時帰って来る返事が




「グリルド・チーズ・サンドイッチ」

 →→→ 食パンにチェダーチーズを挟み、バターを両面に塗ってフライパンで焼くだけ


「ホットドッグ」

 →→→ ソーセージに火を通して、トーストしたホットドッグバンズに挟むだけ


「ナチョス」

 →→→ 手間は掛かるが、これは旦那が自分で作るのでアタシの手間はゼロ


「シリアル」

 →→→ ミルクをかけるだけ・・・・





という、「それって、晩御飯と言えるの?」といった献立ばかり。

でも、言ってる本人は至って真剣で「子供の頃から慣れ親しんでる食べ物だから、本気でそれが食べたい」って言うの。



さすが、ジャンク・フード大国の北米育ち・・・・。



こんなのって、「一汁ニ菜」が献立の基本である日本で生まれ育った人間には、絶対に有り得ない「晩御飯の選択」よね。


そういえば、旦那と付き合い始めたばかりの時に旦那に初めて手料理(一汁ニ菜)を振舞ったんだけど、その時目を真ん丸くして驚いている旦那に




「美味しそうだけど、どうしてこんなに沢山料理があるの? 次からは一皿でいいよ」




と言われて拍子抜けしたのを思い出したわ。

でも、あんなジャンクにまみれた北米スタイルの食生活で育った背景を思うと、あの発言も納得できる。


まあ、超手抜きが出来る料理(と言ってもいいのか?)なので「一日くらいなら、こんなのもアリか」と思って作るんだけど、アタシ的には絶対に「自分の晩御飯」にはしたくないメニュー。

なので、旦那用・息子用・アタシ用と3種類の御飯を作る事になっちゃうのよね・・・(結局、一番手間が掛かっているというか・・・)。


まあ、そんな時にアタシが自分用に作る晩御飯は旦那が苦手で、あまり好んで食べないものだったりする。

それはスパゲティーだったりするし、コレだったりもする。
misosoup.jpg

「一人用お味噌汁」です。

これ、市販の「インスタント味噌汁」じゃないのよ。

お椀に「小さじ1~2杯程度の合わせ味噌・出汁の素・乾燥わかめ・青葱」を入れたもので、これに熱湯を注ぎ、お味噌を良く溶くだけ。

鍋を使う事なく、あっという間に一人分の「飲みきりお味噌汁」が出来上がります。


旦那は和食が好きだけど納豆と味噌汁だけは苦手で、我が家でお味噌汁を飲むのはアタシだけ。

なので、一人分でもお鍋で作ると余っちゃうから「無駄なく、美味しく飲み切りたい」と思っていた時に思いついた方法なのよねん。


これに、おにぎりと日本茶を加えたら「シンプルかつ、最強の晩御飯」の出来上がり
(これに時々、甘い玉子焼きも加えるよ)
onigiri.jpg

これは先週日曜日の晩御飯。

そう、朝からゲロゲロで倒れてた日です。

夕刻になってようやくお腹が空いてきたけど、旦那が「作ろうか?」と言ってくれるメニューがどれもこれも食べたくないものばかりで・・・。

それでムックリと起き上がって、パパパッと作れる「一人味噌汁」と「おにぎり」を作ったの。


おにぎり食べて、お味噌汁飲んで、日本茶をすすると、身体の芯から暖かくなって、心底ホッとした。

旦那からすれば、グリルド・チーズサンドやホットドッグ、ハンバーガーを食べるとこんな気持ちになるのかしら?


じゃあ、息子や娘は?


両親の両方の食文化の中で育つ彼等にとって、将来「心底食べたくなる食べ物」「ホッとする食べ物」って、一体何になるんだろう??

基本、そういう食べ物って「おふくろの味」だと思うので、やっぱり和食?

いや、でも彼等が育つのは北米の地だしなあ~。

将来、何の料理があの子達の「好物料理」になるのか、今からちょっと楽しみです。


2011.04.16 *Sat*

うらら、低血糖症発作を起こす

去年の8月にネコ糖尿病が発覚し、現在も治療中の我が家の愛猫うらら。

病が発覚して8ヶ月になるのだけど、毎日の食事療法とインスリン療法で以前と全く変わらない日常生活をゲンキに送っていたの。


でも


昨夜の午前2時頃にその出来事は起こりました。


アタシはその時夜更かしをしていて、まだ起きてたのね。

そしたら、旦那のオフィスの方から突然「ガターン!」って音がしたの。

「何事?」と思ってその部屋に行ってみたら・・・



うららが旦那の椅子のすぐ横の床の上に倒れていて、瞳孔が拡大し、前&後足をピーンと突っ張って痙攣を起こしてた・・・!!!

(さっきの大きな音は、多分、椅子から落ちたのだと思う)




「低血糖症発作だ!!!」


真っ先にそう思ったアタシは旦那にヘルプして貰うため寝室にダッシュし、既に眠っていた旦那を即効で叩き起こしてうららを抱えてキッチンへ。


この時のうららの身体はガクガクで、全く立てない状態。

彼女を抱えていた旦那の膝にお漏らしもしてしまい、瞳孔もまだ開いたまま。


そんなうららに、以前「発作が起きた時の為に」と獣医師から貰っていた空の注入器を使い、小さじ一杯分ほどのパンケーキ・シロップを彼女の口の中に注入。


そしてしばらく待つ事1~2分。


うららが自力でスクッと立った!


さっきまでの全く立てず、ガクガクだった状態が嘘みたいに、自分の餌皿へスタスタと歩いて行った。



やっぱり、低血糖症発作だったか・・・!



でも、発作でアドレナリンが大量に出ている事もあってまだ頭の中が混乱しているのか、開いたままの瞳孔をギラギラさせながらアタシや旦那、ティファに向かって「シャーッ!シャーッ!」と威嚇するうらら。

いつものフレンドリー&おっとりな彼女からは全く想像できない豹変振りに戸惑うアタシ。


そんなうららに少しずつ一回分の御飯を与え、10分ほど様子を見ていたアタシ達。


そしたら、


開いていた瞳孔がみるみる小さくなって行き、威嚇も収まり、いつものうららに戻りました。

15分ほど前のパニックが嘘みたいに、いつもの調子で毛づくろいを始め、スタスタと歩いて自分の寝床にもどって行きました。

その様子を見て、安堵の溜息を漏らすアタシ達。


今回、初めて目の当たりにした低血糖症発作ですが・・・・、



正直、すごく怖かった。



このまま、最悪の事態になってしまうんじゃないかと思った。

もし、あの時アタシが夜更かしをしていなかったら、あの子はどうなっていたのか・・・と思うとゾッとした。


うららの糖尿病が発覚してから8ヶ月、一度も発作を起こした事が無かったから、注入器を置いた場所も一瞬思い出せなかった(5秒で思い出したけど)。


ラッキーな事に、今日はもともと彼女の2週間に一度の定期検診の日だったので、獣医に連れて行ってきました。

獣医師からは「完璧な救急対応だった」と言われたと同時に、


「ひょっとしたら身体が自力でインスリン生産を始めたのかもしれない。だからインスリンを打った事によって、血糖値が下がり過ぎて低血糖症を起こしたのかも。これからはインスリン注射は余程の時でない限り使用しない方針で行ってみよう。

水のがぶ飲みを始めたり、おしっこを大量にするようになったら微量のインスリンを一日一回だけ注射して。その代わり、インスリンを打った日はこの子から目を離してはいけないよ。また発作を起こす可能性があるから」



という指導を受けました。


「いつかは良くなる」と信じて今日まで来たけど、なんだか、とても緊迫した感じになって来て不安が募ってきました。

普段元気にしているだけに、これからこの発作がいつ起こるか分からないと思うと余計に・・・ね・・・・。


今回の発作だけで収まってくれるといいのだけど・・・。
category : ネコ糖尿病

2011.04.15 *Fri*

子供達の近況

息子と娘の最近の成長ぶり等。


息子、言葉面で随分と成長が見られるようになりました。

と言っても、まだスムーズなセンテンスでは喋れません。


まだ奇声も発してるし。


でも単語と単語の間に随分と間が(3秒ほど?)空くものの、数単語を組み合わせて喋れるようになって来ました。


例えば、



「 I .................... want .................... nut 」(ナッツ欲しい)



といった感じ。

「“a”とか“the”といった細かい文法の修正は本格的に喋れるようになってから」と旦那と話していて、今はとにかく息子が喋り易いよう3単語を使った短い文章で息子に話しかけ、それをリピートさせる、という方法を取ってます。

2週間ほど前、息子が今の時点で(意味を理解した上で)話せる単語が幾らあるのか調べるため、エクセルシートに記入しながら旦那と数えたんだけど、127単語ありました。

それ以後も増え続けているので、今は140以上はあるかもしれない。


でも哀しいかな、その98%は英単語・・・・。


あれだけ日本語の本を読んだり、日本語で話しかけているのに、これはどうした事なのかしら???

これからの我が家の大きな課題だわね・・・。


それと、最近ではアタシ達が言った単語が「そのままの音」でリピート出来る様になって来ました。

前は語尾がハッキリしなかったんだけど、今は語尾もハッキリ言えるように。

まだまだ期待しちゃいけないのだけど、ここ一ヶ月間の言語の発達が目覚しかったものだから、ついつい「一ヵ月後の3歳のお誕生日辺りには普通に喋れてるかも?」なんて淡い期待を抱いてしまうアタシなのであった・・・。


言葉以外だと、トレーニング箸のお陰で随分と箸の使い方が上手になったかな。

箸で小さな納豆の粒とかも上手に摘めるようになって来ました。

息子の食に関する今一番のマイブームは「フォークにパスタを巻いて食べる」という事。
IMG_9606.jpg

「くるくるくる~」と言いながら、フォークにパスタをクルクルと上手に巻き取っているところ。


時々フォークを真上に引き抜いてしまうためせっかく巻き取ったパスタを取り逃がす事があるけど、大抵は上手に口に運べるようになりました。
IMG_9607.jpg

三歳を目前にして、色々な事が急ピッチで出来る様になって来た息子。

2ヵ月後辺りが楽しみです。



そして我が家の娘ちゃん。
IMG_9623.jpg

あんなに嫌がっていた「タミータイム」ですが、ここ2日ほどはあまり泣かなくなりました。

上の写真のように、ご機嫌な顔をして「仰向け寝」をエンジョイしている御様子。


でも時々、いきなりムクッと起き上がり、今にもハイハイしそうな勢いで足をズリズリ。
IMG_9627.jpg

まだ完全な寝返りが打てない娘だけど、ハイハイは早いかも。


そして昨日の日記にもチラリと書きましたが、最近、とっても甘えん坊ちゃん。
起きている時は、機嫌よく遊んでいても、アタシの姿が見えなくなると泣き出してしまう事も。

でも寝付きの良さは相変わらずで、一人で寝付いてくれる事も多々あって大助かり。

今はとってもフレンドリーで、誰にでもいつもニコニコ笑顔の娘。
この子にも、「人見知り」なんて時期がやってくるのかしら?


以上、今現在の子供達の成長の様子でございましたー。


2011.04.14 *Thu*

ン長~~~~~い一日

今日は旦那が仕事の後で友人と遊ぶ約束があるため、帰宅が午後11時頃になる日。

彼はいつも家族最優先で頑張ってくれているから、たまには息抜きをさせてあげないとね。


でも


旦那はいつも午前8時前に家を出て午後3時半には帰宅するので、アタシは毎日7時間半~8時間だけ子供二人の世話をすれば良く、後は旦那に『アタシが夕飯を作っている間の子供達の子守、子供達のお風呂、息子の歯磨き、息子の寝かしつけ』をして貰ってたのね(やって貰い過ぎ??)。


だけど今日は15時間、アタシ一人きりで子供二人の世話をしないといけない。

(すみません、すみません!甘えた事を言っているのは分かっているのです!でも、普段からダラケ体質になってしまっている所為で、「15時間」という時間が、とてつもなく長い時間に感じるのです!)


「午後3時半までは通常通りのペースでやればいいけど、問題はそれ以降よね。」


そう思ったアタシは、朝から色々と午後3時半以後の行動を頭の中でシュミレーションしておりました。


まず「とにかくエネルギーが有り余る息子を疲れさせて、今夜の寝かし付けが楽になるようにしよう」と思い、今日も朝から近所のレックセンターのジム・クラスを受けて来ました。
IMG_9598_20110417145435.jpg


息子って、ブロックとか、この手の地味な遊びが好きで、家でも一人で黙々と遊ぶのよね。
IMG_9599_20110417145434.jpg

今日もこの手のオモチャにかじりついてました。

でもこればかりさせていては疲れてくれないので、身体を思いっきり動かす事も率先してやってもらいましたよ。
IMG_9600_20110417145434.jpg

1時間の間、楽しそうに走って、乗り物に乗って、遊具で遊んだ息子。

さすが若いだけあって、まだまだエネルギーが有り余っていたんだけど、クラスの終了時間になったのでジムを後にする事に。

アタシはと言うと、漬物石のように重い娘を担いで息子の後を追っていたので、かなり疲労困憊。

息子を疲れさせるのが目的だったのに、自分が疲れてどうする、みたいな。



ジム・クラスの後は、レック・センターのカフェ・コーナーで息子とパウンドケーキを食べつつお茶をして帰宅。

家に帰ってランチを食べて、娘はお昼寝、息子は「WALL・E」のDVDを観たり(←息子の一番のお気に入り映画なの)、お絵かきをしたりして、通常通り、午後3時半を迎えました。




それからはもう・・・・・・・・あんまり覚えて無いわ!!!




晩御飯の支度を始めたのはいいんだけど、その間、娘がギャン泣き!!

娘って基本的に手の掛からない子なんだけど、最近は甘えん坊ちゃんになって来てて、晩御飯の辺りになると誰かに抱っこして貰いたくて溜まらなくなるのね。

だからいつもならアタシが料理をしている間は旦那が娘を抱っこしつつ、息子とも遊んでくれてるんだけど、今日はその旦那がいない!

なのでスウィングに乗せてあやしながら料理をしてたんだけど、もうスウィングでは誤魔化せなくなってて、娘はひたすら号泣。

そんな中、御飯を作り、アタシは娘を片手で抱っこしながら息子と一緒に晩御飯を食べたのでした。

それから二人を順番にお風呂に入れて、再びギャン泣きを始めた娘(んもー今日に限って!)を先に寝付かせて、それから歯を磨くのを嫌がって大暴れする息子と格闘しつつ歯を磨き、就寝時間の午後7時半に息子を寝付かせるため寝室に行こうとしたら・・・


眠りが浅かったのか、娘が起きた!!


んもーーー!!



でも今度は機嫌良く、「あーうーあーうー」と独り言を言いながら自分の足で遊んでる。


ええい、今はとりあえず先に息子を寝かしつけよう!

娘はその後!!



それから息子に本を5冊読んで、おやすみのキスをして、ベッドサイド・ライトを消したら・・・・・・



息子、3分もしない内に撃沈。 あっけなかった!


そして「さ~次は娘の番・・・」と思って娘が眠っているベッドに行ってみたら・・・・






一人で勝手に寝てました。
IMG_9602_20110417145434.jpg


この子ってば、ほん・・・・・・・・・・・・・っとに・・・・・・!!!


午後8時、旦那が仕事に行ってから丁度12時間が経ったところで、子供達就寝となりました。


嗚呼、今までに感じた事のない長~~~~~い12時間だった・・・・。


子供達が寝静まった後でキッチンの後片付けとか、リビングのオモチャの片付けをし、シャワーを浴びてノンビリしてたら旦那が帰宅。

帰ってきた旦那に思わず「おかえり」よりも先に「日頃の貴方のヘルプが如何に有難かったかを痛感した一日だったヨ!!」と言っちゃったわ(でも旦那は旦那で久しぶりに友達と楽しい時間を過ごしたらしく、それはそれでヨカッタ)。


いや~ほんと、いつも有難う、旦那ちゃん。

これからも、変わらぬお手伝いを宜しくお願いしますよ!



それと、友達と遊ぶのは「また当分先」って事で!(←鬼嫁)

category : 日常

2011.04.13 *Wed*

嵐の10分間

今日は日本語学校の日。


予定通り学校に到着したのはいいのだけど、今日は息子の様子がおかしい。


いつもはちゃんと大人しく授業を受けているのに、今日は全く落ち着きが無くて、体操中に教室を走り回ったり、奇声を上げたり、床を転げ回ったり、高い所からジャンプしたり・・・。


この全てを、授業が始まって10分の間にやり遂げた息子。


何度も子供達の輪に戻そうとしたけど、今度は教室の隅にある本棚の前から動かなくなってしまい、無理に動かそうとしたら叫ぶ始末。

イラ~~~ッと来て、つい「コラーーッ!!!」と怒鳴りそうになったけど、息子には怒鳴るより静かに怒って言い聞かせた方が効果テキメンなのがここ最近やっと分かってきたので、



「怒鳴ってはいけない、怒鳴ってはいけない」



そう自分に言い聞かせて、大きく深呼吸してから息子に


「いったい、今日はどうしたの? そんな事なら、おうちに帰るよ?」


と言ってみたんだけど、今回は全く効果なし。

帰るのを嫌がるどころか、逆に帰りたがっている様子。


もう一回子供達の輪に戻そうとしたけど、梃子でも本棚の前から動こうとしないので、アタシ、とうとうギブアップ。

近くにいた先生の一人に


「すみません。今日はこの子、クラスをまともに受けられそうにないです。他の子達の集中を欠いてもいけないので、今日はこれで帰ります」


と言って、10分前に着いたばかりの教室を後にした。

大人しくしてくれているのであれば、そのまま教室に残る事も可能だったけど、今日のように奇声を発していては残るのは無理。


教室を離れる時、息子は上機嫌で、教室のドアに向かって笑顔で「バイバ~イ」と手を振っていた。

アタシはというと、「今日は何のためにここまで来たのか・・・」という空しさと、腹立たしさで、お腹の中がグルグル。


息子はまだ2歳、時にはこんな事もあるだろう。

だから、腹を立ててはいけない、腹を立ててはいけない・・・・。


でも、


そうは思っても、帰りの車の中でも腹立たしい気持ちがなかなか消えなかったアタシ。

口を開くと息子に怒鳴ってしまいそうだったので、アタシの頭を冷やす意味も込めて暫くは一言も喋らない事にした。

息子がハッピー・ミールのオモチャ目当てで楽しみにしているマクドナルド(クラスが終わるのがお昼なので、凄く良い子でクラスを受けた時とかに時々寄っている)も、息子は今日もサインを見て大喜びしていたけど、アタシは無言で素通りした。

息子のガッカリした顔をルームミラー越しに見て、凄く可哀想だと思ったけど、今回は心を鬼にして素通りしました。

息子もそれでようやく何かを察したのか、無言になった。



家に帰ってからも無言を通しながらお昼の準備をするアタシに、ご機嫌を取るように甘えてくる息子。

その様子を見ていて、ようやくアタシの頭が冷めて、苛立ちも収まってきた。


大人しく、お行儀良くお昼御飯を食べている息子の向かいに座り、暫く彼の様子を眺めた後で彼に




「今日は一体、どうしちゃったんだろうね?いつもと全然違ったね。

いつも行ってるレックセンターではあんな風に走り回ったりジャンプしたりしてもいいけど、教室ではそれはしちゃいけないの。

教室はプレイタイムの場所と一緒じゃないの。 静かに、お行儀良くして先生のお話を聞かなきゃいけない場所なの。

次のクラスでは、ちゃんと良い子にして先生のお話聞けるかな?」






と、静かに話しかけてみた。

それを聞いた息子の口からは、理解したんだか、しなかったんだか分からないけど「・・・・・・イエイ(うん)」の一言が。





「そっか、分かったか(笑)! じゃ、仲直り!」

息子「イエーイ!」





とめでたく息子と仲直り。

その後はいつもの如く、ランチを食べている息子相手に紙芝居仕立てで本を数冊読んだのでした。



今日あった事について子供達が寝静まった後で旦那と話したんだけど、旦那から



「僕でもその状況ならあの子を連れて途中退室するよ。 意固地になってその場に居続けても意味無いもの。でも、次のクラスでは今日よりも、もう少しだけ長く居られるよう、なんとか工夫してみるといいね。

それと、あの子に怒鳴りそうになった時に自分をクールダウンさせたのは、凄くいい感情の対処法だったと思うよ。 感情をコントロールするのはとても難しい事だからね。


大丈夫、君は君が思っている以上に、本当に良くやってる。


だから、もっと母親としての自分に自信を持って」



と言って貰えて、感情の糸が切れたのか思わず涙がポロポロ。


ひょっとしたら、これから受けるクラスでもまた同じ事が起こるかも・・・。


そう思うと、本当に不安で仕方が無いんだけど、旦那が言ったように、次のクラスでは今日よりも、もう少しだけ長く居られるよう、なんとか工夫して頑張ってみようと思う。

ほんと、育児は頑張るしかないもんね・・・。


でも願わくば、今日だけが特別で、次からはいつもの息子に戻り、今の不安が取り越し苦労で終わってくれますように。

category : 息子の成長

2011.04.11 *Mon*

親子で朝から運動です

今日は朝から快晴だったので、病み上がりの身体に鞭打って、朝から息子と娘をダブル・ストローラーに乗せて近所のレック・センターのプレイタイム・プログラムに連れて行ってきましたよ。
IMG_9593.jpg

ここは先日行ったレック・センターとは別の所で、息子のスイミング・クラスがある所。

このセンターでは、月曜から土曜の毎朝2時間半、広いジムを一室丸まるプレイゾーンにして開放しています(子供一人3ドル。定期割引有り)。


こういうプログラムって、すごく有難い。

室内だから、雨の日だろうが、風の日だろうが、雪の日だろうが、快適温度の中で遊ばせる事が出来るもんね。

いつもは旦那が土曜日の午前中に息子を連れて来てたんだけど、今はダブル・ストローラーがあるので、アタシが平日の朝にもこの子を連れてくる事が可能になりました。


ダブル・ストローラー、万歳!


写真ではあまり写ってないけど今日はかなりの子供の数で、広いジムが狭く感じるほどだった!

広いジムをここぞとばかりに走り回って遊ぶ息子。
IMG_9589.jpg

それを、10キロある娘を抱えながら追い掛け回すのはかなりの重労働!!(しかも病み上がりだし!)


息子がママゴト遊びを始めてくれたお陰で、ようやくアタシも座る事が出来た~。
IMG_9590.jpg

男の子なのに、ママゴト遊びが好きな息子。

アタシが料理したり、お菓子を作るのを毎日見てるからかな?
IMG_9588.jpg

ここでプログラムが終了する午前11時半まで遊びました。


ポカポカ陽気の中、えっちらほっちらとダブル・ストローラーを押して帰宅。

また天気のいい日に散歩がてらに遊びに行きましょー。

category : 息子の成長

2011.04.10 *Sun*

ダウン・・・

昨日、5ヶ月ぶりに再会した月のモノ。


昨日は朝から腰痛とお腹の鈍痛に苦しみましたが、本日は





明け方からゲロゲロです。




何とも言えない胃のムカつきで目覚めて、何度も何度も「気のせい、気のせい・・・」と思いながら二度寝しようと思ったけど、どうにもこうにも我慢ならず、トイレに行ったら即効でゲロゲロゲー。

しばらく便器にもたれかかってグッタリ・・・。



あ~~~・・・これって、前回の息子の時と症状が同じだ・・・。



息子を産んで最初に月のモノが戻って来たのはここに引越して来た翌日で、タイミング悪く38℃の高熱を出していた時。

熱は下がったものの、その日は一日ず~っと吐き気があったんだよね(その時は吐かなかったのだけど)。

あれは風邪のせいだと思ってたけど、コレのせいでもあったのか・・・。


今日はお昼からお友達が出店しているバザーに行ったり、別のお友達の送別会オープンハウスに行く予定があったのだけどベッドから出られず、一日中横になって養生するハメとなってしまいました(すみませんでした・・・)。

ちなみに、アタシの生理痛は通常はここまでは酷くないです。
再開一発目の1~2日のみが何故かこんな感じになるようです。


「いつまでこの症状が続くんだ!?」と思いつつ青い顔をして一日ベッドで横になっていたら、夜にはすっかり吐き気も治まり、腰回りの痛みも無くなりました。


体調が悪かったとはいえ、お陰で、久しぶりにまとまった時間を寝る事が出来たわ。

今日一日子供達の世話をしてくれた旦那ちゃん、有難う。


それにしても、これからまた、この鈍痛とほぼ毎月(不順なので)お付き合いをする事になると思うと、憂鬱だぁ~。



あ、そうそう、娘が今日で生後5ヶ月になりました。

息子は今日で2歳11ヶ月に。

『Horrible three's(三歳の反抗期)』 の幕開けか・・・。
category : 日常

2011.04.09 *Sat*

タミータイム&「うそ~~!?やだあ~~!」

生後5ヶ月を明日に控え、一日数十分の「タミータイム」を頑張っている娘。

IMG_9580.jpg

一応、日本の皆さんの為に「タミータイム」について補足。

「タミータイム」とは、起きている状態の赤ちゃんをうつ伏せにさせて行うトレーニングで、これによって腕や首、背中や腹筋を鍛え、寝返りやハイハイの促進、そして頭の形を良くする効果があります。

一日数十分、床の上でこうやってうつ伏せになって頑張ってます。
IMG_9575.jpg

上から見るこの姿が溜まらなく可愛いのよね~~~。

ちなみに下の写真は、娘と同じ位の月齢だった頃の息子。
IMG_6573.jpg

な~つかし~~~!

ちなみに、息子は生後4ヶ月で既に寝返りが出来てました。

娘は明日5ヶ月になるけど、寝返りはまだで、今は半返りくらい。

兄妹でも、成長ペースって違うものなのね~。


お兄ちゃんが遊んでいる横で、ズリズリ・イゴイゴと動く娘。
IMG_9581.jpg


でも娘、実は「タミータイム」が大嫌い!!
IMG_9586.jpg

だからすぐにこんな風に音を上げて「もう、いやああ~~」とばかりにオ~イオイと泣き始めます。

んもう、ほんっとアタシに似て諦めが早いんだから!!

ガンバレ、娘!!





それと


タミータイムとは全く関係ないのですが・・・・


実は本日、何とも言えない下腹部の重みと腰の痛みで目が覚めてトイレに行ってみたら・・・・


『お月さん』が戻ってきてました・・・・・!


娘を出産して、わずか産後5ヶ月で再開してしまいました。

それを見て出た第一声が


「うそ~~~!? やだあ~~~!!」


息子の時も早くて、産後7ヶ月で再開したんだけど、今回はそれから2ヶ月も早まってる。

嗚呼、もうちょっと月のモノの無い、気楽な生活を堪能したかった・・・。



それより何より、アタシが一番心配しているのは「母乳の出具合」。



息子の時は、アレが戻って来てから一気に、目に見えて母乳の生産量が落ちたのです。

あの時は息子も生後7ヶ月で、ちょうど離乳食を始める時期だったからあの母乳量でも何とかなったけど、娘はまだ5ヶ月になったばかり。

どうか、どうか、せめてあと2ヶ月はある程度まとまった母乳が出ますように。


それにしても、久しぶりに来たせいか、かなり体調が悪い。

アタシのあの時の痛みって、こんなに酷いものだったっけ・・・?

明日はどうしても行きたい予定があるので、なんとか明日までに改善してくれるといいんだけど・・・。

category : 娘の成長

2011.04.08 *Fri*

三人でお散歩

本日も快晴のバンクーバー地方でございます。

あんまり良い天気だったので、ランチを食べてからアタシ・息子・娘の三人でお散歩に行く事に。

行き先は、息子が9月から通い始めるプリ・スクールが入っている近所のレック・センターの遊戯場。


移動手段は勿論、先日買ったダブル・ストローラー!


前回の初使用時は旦那がほぼ全面的に押していたので、アタシにとっては今回がほぼ初使用となります。









気分良く自宅を出発したのは良いのだけど・・・・・


自宅からレック・センターまで、延々と緩やかな上り坂が続いてるのよ~~(泣)!!


これがま~キツイのなんのって!!


ストローラー自体が結構な重みがあるので息を切らせながら坂道を押さねばならず、お陰で3~400メートル歩いた所で立ち止まり、水飲み休憩をしないと前に進めなかったくらい!


そんな風にヒイヒイ言いつつも、自宅を出て30分後にようやくレック・センターに到着。
IMG060.jpg

でも疲れ過ぎてて、休憩してからでないと遊戯場に行けなくってね~~~。

遊戯場はもう目の前なのに、このベンチで水を飲んで、一息ついてからじゃないと身動きが取れなかった・・・!

嗚呼~年齢を感じるわ~~。

こんな事を9月から週二でしなくちゃ行けないなんて、もう考えたくない。


ベンチで休憩した後は、息子お待ちかねの遊戯場へ。
IMG062.jpg

ここの遊戯場、周囲がグルリと塀で囲まれているので安心して子供を遊ばせられます。

今回はアタシ達しかおらず、娘も眠っていたので、ストローラーを遊具のすぐ傍に置いて、30分ほど息子と遊びました。

なんだか今日は腰周りに鈍い痛みがあって、ハイテンションで息子を追い掛け回すのはキツかったけど、かーちゃん頑張りましたよ。


そうそう、息子ってね、旦那と遊戯場で遊ぶ時は帰るのを嫌がってギャン泣きするのです。

でも、アタシが息子を遊戯場に連れて行く時は、スンナリと言う事を聞いてくれます。

というのも、アタシは毎回


「息子~、おうちに帰って御飯(もしくはスナック)食べようよ~」


と言うからなんだけど。

食べ物に目が無い息子は一発で「イエ~イ!(息子語で「は~い!」の意)と言って遊具から離れ、それらに向かって「バイバーイ」と言って手を振ります。

その事を旦那に言うと、


「君は僕の胃袋を掴んでるように、息子の胃袋も掴んでるからその手が使えるんだよ」


と言ってたわ。

胃袋で女に操作されるなんて、息子も小さくとも「男」なのね。

案の定、今回も「おうち帰ってスナック・タイムにしようよ」と言ったら一発で「イエイ!」でございました。


移動中、ず~っと眠っていた娘も、帰る頃になってようやくお目覚め。
IMG071.jpg

でも、まだ寝ぼけ眼でボ~ッとしてる。

案の定、帰りの道中でも眠ってしまいました。


行きに比べ、帰りはもう、もう、もう、ラクったらありゃ~しませんでしたよ!!

帰りはほぼ全般的にゆる~い下り坂になるので、すいすいストローラーを押せました。

レック・センターから自宅まで掛かった所要時間も20分。

行きより10分も短い!


ま、行きはかなりキツイけど、回を重ねる毎に慣れて来るでしょう。

いや、慣れてくれないとプリ・スクールがああ!!



●おまけ●

生まれた時から頭髪ボーボーだった娘。

前髪が随分伸びたので、思い立ってちょんまげにしてみた。
IMG_9574.jpg

旦那には「彼女は人形じゃないんだから、あんまり彼女で遊ぶんじゃないよ」と言われたけど・・・

本人、結構お気に入りみたいでしたよ。
IMG_9570.jpg

髪の毛で遊べるのは女の子の特権だものね。

早くピッグテール(二つ結び)が出来るようになって欲しいわぁ。


category : 日常

2011.04.06 *Wed*

雪かと思った!

今日は日本語学校の日。

もう朝から凄く良い天気で、日本語学校が終わった後で車に乗ってみたら、車内がポカポカに暖かく・・・というか熱くなってた!

帰りの道中の車内がモワ~ンとしてて、思わずソフトクリームを一つ買い、駐車場で息子と分け合って食べちゃったくらい。
IMG_9551_2.jpg

そんなポカポカ陽気の本日だったのだけど、晩御飯が終わってテーブルの後片付けをしながらふと窓の外を見てみてビックリ!!


ゆ・・・・・・雪!?

IMG_9558.jpg


え~~~~~!!!!

もう、4月なんですけど~~~~~!?

しかも今日、めちゃくちゃ天気良かったんですけど~~~~!?



ビックリ仰天しながら地面に積もった物をよ~~~~く見てみたら・・・・・

IMG_9557.jpg

でした。

大きさにして、ちょうど 『雛あられ』 くらいの大きさ!

日差しはあるけど外気温は低めなので、明日まで残りそう。


いやはや、久しぶりに見た「銀世界」でした。


category : 日常

2011.04.04 *Mon*

試作・焼きドーナツ



「油で揚げていないヘルシーなドーナツが食べたい、食べさせたい」


という気持ちから、先日、USで買って来た『焼きドーナツ型』。


揚げていようが、焼いていようが、




「ドーナツを食べない事が一番ヘルシーなんだ」




という事は百も承知なのです!

でもですね、それを言っちゃあ、今日の日記はこれにてオシマイなのです!



なので正論は置いておいて、本日の日記、参ります。


数日放置していたこの焼き型、本日ようやく、これで焼きドーナツを試作してみる事にしましたよ。
IMG_9527.jpg

今回、参考にさせて頂いた『焼きドーナツ』のレシピは
こちら

材料の中にある『ホットケーキ・ミックス』のレシピは
こちら (←いつもお世話になっております!)。



「んまー、た~ったこれだけの材料でドーナツ42個分ですって!?」



と驚きながら生地を作り、型に入れてみたら・・・・




作れたのはドーナツ7個のみ★




レシピには「ビタントニオ(バラエティ・サンド・ベーカー)の焼き型で42個分」って書いてあるんだけど、ひょっとして、ビタントニオ型で出来るドーナツって、




一口サイズの極小ドーナツ!?




アタシの焼きドーナツ型で出来る一個のドーナツが、ビタントニオで作るドーナツの6個分って事になるもの。

ビタントニオのドーナツ型には通常のドーナツ型に加え、フレンチ・クルーラー型も付いているから凄く魅力的だったんだけど、出来上がるのがミニ・ドーナツのサイズなんだとしたらビタントニオの購入は「はい、消えた!」だなあ。

先日の移動遊園地で食べたミニドーナツが美味しかったんだけど、基本的にはドーナツは通常サイズの物が好きだし、ミニサイズだとポンポン口に入れちゃいそうなんで。 


とまあ、新たな発見をしつつ焼き型を180℃に余熱しておいたオーブンの中段に入れ、焼く事25分。


その間、息子は何度も何度もキッチンにやって来ては、こんな風にオーブンの覗き窓から中を覗いてました。
IMG_9530.jpg


「ピーーー!」

待ちきれなくてソワソワする息子の、待ちに待った焼き上がりのタイマー音が鳴りました。


おお~! 結構、膨らんでるじゃないの。
IMG_9537.jpg

半分はプレーン生地、もう半分は突然思い立ってココアパウダーを入れてみたんだけど、区別があまり付かないわね。

型から外す時、「生地がくっ付いてたらどうしよう・・・」と思ったんだけど、凄くキレイにスルリと型から外れました。


型から外すとこんな感じ。
IMG_9541.jpg


これは裏面にひっくり返してみたところ。
IMG_9542.jpg

こちらの方が、なんとなくドーナツっぽい?

でも裏面を見ると完全にどれがどのフレーバーだか分からなくなりますな。


荒熱が取れたところで、ちょうどスナックタイムに。

さっそく、息子にプレーン生地のドーナツをミルクと一緒に与えてみました。
IMG_9543.jpg


・・・・・・・。

もうね、可笑しいのよ。

皆さん御存知の通り、アタシのブログにはしょっちゅう食べ物の写真が登場するわよね?

その為に毎回「手付かずの料理」を写真に収めるわけなんだけど、アタシが写真を撮っている間は、旦那も息子も、目の前にある料理に手を出せないのです。


旦那曰く、


「餌を目の前にして、芸をするまで “おあずけ” をくらっている犬の気持ちが良く分かる」


との事。


息子も物心付いた時からそんな状況なので、こんな風に御菓子を作って息子に「はい、どうぞ」って手渡すと、上の写真みたく


「ママ、写真撮るんでしょ? はい、ポーズ」


とでも言ってるかのように、御菓子を持ってポーズを決めるの・・・・!


それをアタシは「ガハハ!」と大爆笑しながら写真に収めるわけです。

やっぱり、我が息子は笑わせてくれるなあ。



・・・と話が逸れてしまったけど、焼き上がったドーナツはと~~~っても美味でした。

甘さも丁度いいし、本当に冷めてもフワフワで、これからの我が家の焼きドーナツの定番レシピに決定です。


旦那の翌日のお弁当にも、デザートとして持たせました。
IMG_9544.jpg

ココア入りドーナツの上半分を溶かしたダークチョコでコーティングし、トッピングをした状態(このトッピング、旦那の好物なんだけど・・・凄い色よね・・・)。

こうして見ると、普通の揚げドーナツに見えるね。


味はかなり美味しかったらしく、早速「また作って欲しい」とリクエストが来ました。


また気が向いた時にね~。

category : お菓子作り

2011.04.02 *Sat*

山桜が満開です

今日は我が家のニャンコ、うららの通院の日。


そう、未だに通ってるのよー彼女の「ネコ糖尿病治療」に。


去年の8月からだから、もうすぐ8ヶ月(!)になるわ・・・。


この8ヶ月間、毎日ネコ糖尿病用の缶フードのみを与え、毎日朝晩のインスリン注射、二週間に一回は動物病院に血糖値測定に通っているんだけど、なかなか完治しません(ネコ糖尿病は人間のそれとは異なり、完治するケースが多いらしいんだけど)。

でも今日の測定結果はなかなか良好なものだったので、もう暫くの間、今与えているインスリン量で様子見との事。

糖尿病が発覚して1年になる8月までに治ってくれたら・・・って思うんだけど、こればっかりどうにもならないものねぇ。

とにかく、飼い主として最善を尽くすのみでございまする。


今日はすこぶる良い天気だったので、マク●ナルドのドライブ・スルーでランチを買い、ウェスト・サイドにある公園で食べる事に。





お天気はいいんだけど、気温が低い!

なので、買ったランチは公園前に路駐させた車の中で食べる事に(うららの御飯も持って来ていたので、彼女も車の中でお食事)。


御飯を食べた後は、車から出て家族で公園をブラブラ。
IMG_9476.jpg

まだバンクーバーに住んでいた時で子供もいなかった時、よく旦那とお花見に来た公園です。

この公園は山桜も見事なんだけど、遊戯場も充実しているので、去年に関しては夏場もよく利用しました。


この公園が大好きな息子、喜んで走り回ってます。
IMG_9477.jpg


この遊具の後ろにも、ズラ~っと遊具が並んでるのよ~。
IMG_9488.jpg

遊具が充実してるので、息子位の年齢の子から8歳くらいの子まで、結構幅広い年齢の子供達がよく遊びに来てます。


旦那と息子が遊具で遊んでいる間、アタシと娘はノンビリお花見。
IMG_9493_1.jpg 


そういえば、桜を見るのは生まれて初めてだね、娘。

バンクーバーにある桜の木は戦後に日本から寄贈された物、それから枝分けした物が多いのだけど、これもその内の一本かも。

とても可憐で、綺麗だね。

桜はね、ママの国の『国花』なんだよ。

この桜の木も、ひょっとしたらママの国からやって来た木なのかもしれないんだよ、娘。



そんな事を思いながら桜の木を娘と眺めていると、旦那と息子が合流して来た。
IMG_9503_1.jpg

息子は以前から桜の木がとても好き。

桜の木の下に来ると、旦那に肩車をせがんで桜の花に触れたがります。

今日もやっぱり触ってた(笑)。


息子が触って取れてしまった桜の花を、旦那が娘の髪にちょこんと乗せると・・・
IMG_9511.jpg

娘、「きゃはー♥」と言って御満悦。


あらあら、なかなか可愛いではないの(親バカです、はい)。
IMG_9517.jpg

髪がもう少し伸びたら、お花の髪飾りでも買ってつけてあげたいっ。


今日は気温がそんなに高くなかったので、公園遊びは40分ほどで切り上げました。

もう少し暖かくなったらまた来る事にしますかね。

でも今日は快晴の中、満開の山桜を家族全員で見る事が出来て、とても嬉しかったわ。

category : 日常

2011.04.01 *Fri*

久々にアメリカへ

今日は旦那の靴を購入するため、数ヶ月ぶりにアメリカに行ってきましたよ。

前々回アメリカに行った際に取得した3ヶ月間有効の入国許可証(I-94W)は、ほぼ一ヶ月前の3月3日で期限切れしてしまいました。

本来なら、有効期限内にアメリカにその入国許可証を返却しないといけないのだけど、今回返却したのは




4日前!!!




「返却しなきゃ」と思いつつ伸ばし伸ばしになってしまい、期限切れから25日も経ってからの返却となってしまった・・・。

しかも「郵送返却」と来たもんだ(勿論、同封した手紙には徒然なるままに言い訳が綴ってある)。




「こんな状態で、ちゃんとアメリカに入国させてもらえるかしら・・・・???」




と思いつつ、アメリカ入管オフィス内で順番待ちをするアタシ。

日本のパスポートを手に持って並んでいたんだけど、それを見た後ろに並んでいた某C国の御家族の7~8歳くらいの男の子が英語で、



「ママ、見てよ!! この人、日本人だよ! 日本人!! パスポートにJAPANって書いてある! 地震があった日本だよ、日本!!」



と大きな声で「日本」を連呼。


お陰で、周囲の目は一気にアタシに集中。

彼の両親はC語で彼に話していたので、何を言っているのかアタシには分からなかった。

最初のうちは「大震災の当事国の人間を見て興奮してるんだろう・・・」と思い、アタシは男の子の方をチラリと見て「ニコッ」と笑うに留めていたんだけど、その後もあまりにしつこく


「日本人だ! 日本人! 日本! 日本!」


と叫ぶし(ここまで来ると失礼よっ)、親もそれを止める様子が無かったので、流石に



「日本人を舐めとんか、コラ」



という気分になって来て、


クルリと真顔で彼等の方を向き、穏やかに、でも周りにハッキリと通る声&ニッコリ笑顔で




「そうよ。 私は日本人で、日本は私の母国よ」




と言ってみた。 ( でも心の中では最後に「文句あるか!」とも言っている )


そしたら何故か、その子の親が初めて子供に何かを言って諭すような態度を示し、それからピタリと子供が「日本!日本!」と騒ぐのを止めた。


ひょっとしたら彼等は日本の為に義援金を寄付してくれたかもしれないし、海外在住日本人としては「カナダの人々の前で日本の名を汚すような行動はしたくない」と常日頃思っているので今回はこういう対処をしてみたけど、果たして良かったのかしら・・・。


とか何とか色々とクヨクヨ考えていたら、アタシの入国審査の番が来て・・・・・






アッサリと入国許可が下りました☆







いや~前回の入国許可証の事を突っ込まれるかと思ったけど、なんとかセーフでしたわ。

再び3ヶ月間有効の入国許可証を貰い、色々あった入管を後にしてアメリカに無事、入国したのでした。


国境から高速を30分ほど走った所で Bellingham(ベリンガム)のFairheaven(フェアヘヴン)という場所に到着。


旦那がご贔屓にするシューズ・ショップ
『Fairheaven Runners & Walkers』 がある歴史的建造物が多く残る町でございます。


このお店、いつ行っても旦那のサイズ(size14B = 32cm幅狭)の靴が何足も置いてあるので、旦那は色々な種類の中から靴を選ぶ事が出来るので、大のお気に入りのお店なのです(この状況はカナダでは有り得ないのよね・・・)。

車をお店近くのランチを食べる予定のカフェ前に路駐し、息子と娘は眠っていたので旦那一人でシューズ・ショッピングへ。

旦那が車を出て5分ほどで娘が目を覚まして泣き始めたので、車内で授乳&オムツ替え。


それから15分ほどで旦那が新しい靴と共に車に戻ってきたので、まだ眠っていた息子を起こしてランチへ。

今回もランチの場所として選んだのは『Harris Avenue Cafe 1101 Harris Ave, Bellingham WA
IMG_6756_20110408170420.jpg

うちら夫婦の大のお気に入りのレストラン・カフェ。

ちなみに上の写真は丁度一年前の、チューリップ・フェスティバルの時のものです。

本日は大雨で、ちゃんとしたお店の写真が撮れなかったので、以前のものを引っ張り出してきたわ。

すっごく美味しくて、量も多くて、おまけにキッズ・フレンドリーなので、ファミリーに是非お勧めしたいレストランです。


ランチの後はFairheavenの町をチョロリと散策し、再びカナダに向けて北上。

国境近くにあるショッピング・モール『Bellis Fair Mall』にやって来ました。


ここで、モール内を走るミニチュア・トレインを発見。
IMG_9474.jpg


旦那と息子を乗せて、アタシと娘はここでお見送り~~~。
IMG_9473_1.jpg


気になった息子の反応を後で旦那に訊いてみたら


「あ~・・・、そんなに興奮している感じではなかったなあ」


でございました。

ミニチュア・トレイン、子供なら誰でも好きだと思ったんだけどね~。


そうそう、このモール内にあるキッチン・ショップで『焼きドーナツ型』を購入しましたよ。
IMG_9526_20110404160529.jpg


これ、前からず~~~~っと欲しかった品なのです。

カナダにも売ってるけど、今回USで買った方が5ドルほど安かったよ、やっぱり。

特に今はUSドルよりもCAドルの方が強いので、USで買い物した方がかなりお得です。

アメリカ行くまで買うのを待ってて良かったゼ。


このキッチン・ショップ、キッチンエイド・ミキサー用のアタッチメントも結構品揃えよく、お得値で売られていたので「ミキサー関連の物を買うならここだ!」と心に決めたアタシなのであった。


モールの後は、国境手前でいつもの乳製品屋さん
『Edaleen Dairy9593 Guide Meridian Road, Lynden, WAに寄って2%ミルクと特大クリームチーズを購入し、無事カナダに “帰国” 。
Lynde
楽しい一日でした。


本日発行してもらった入国許可証の期限は6月末日まで。

今度こそ、ちゃんと期限内に、入管で、手渡しで、入国許可証を返そうと思います!

category : 日常

きゃびの「つぶやいちゃうわよ!」

更新祭り開催中!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2011年04月 | 05月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


プロフィール

きゃび

Author:きゃび
西日本の某県出身。1999年6月、日本にてドデカいカナダ人(旦那)に遭遇。その後何故か付き合う事となり、1年7ヶ月の交際を経て、2001年4月、日本にて結婚。転居先の愛知県にて三年半の新婚生活を送った後、2004年8月、移民権取得と同時にカナダ・バンクーバーに移住。2008年5月、第一子となる息子誕生。2008年12月にバンクーバー郊外の某市にお引越し。2010年11月、第二子となる娘誕生。2011年7月、愛猫二匹のうちの一匹だった愛猫“うらら”が天に昇りました。それから一年半後の2012年12月新たに雌猫のセリーナを我が家に迎え入れました。現在、旦那・息子・娘・愛猫ティファ&セリーナと共に「笑い大いにアリ、涙たま~~~にアリ、大噴火けっこうアリ」の、お気楽主婦生活を送っています。

我が家の息子、今いくつ?

2008年5月10日生まれ

我が家の娘、今いくつ?

2010年11月10日生まれ

最新記事

最新のコメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

Locations of visitors to this page

Copyright © Cabbit in Canada All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。