06
4
9
10
13
14
17
19
22
26
27
30
<< >>

This Archive : 2011年06月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.06.29 *Wed*

『スピーチ・パソロジスト』に会って来た

3ヶ月以上もの長~いウェイティング・リストを経て、本日ようやく、息子を連れて『スピーチ・パソロジスト(言語病理士 以下SPと表記)』に会って来た。

3歳を目前にした今年の三月中旬に
小児科医の診察を受けた息子。



「奇声が酷く、もうすぐ3歳なのに話すのは主に単語のみで、殆ど二語文が出てこない」



というのが、前回、小児科医に会った理由。


そこでは「発達障害ではない」という診断を貰い、次のステップとして「SPと面会」という流れになったのでした。









待っていたのは3ヶ月以上の長い長~~いウェイティング・リスト。


「SPには、かなり順番待ちをしないと会えない」と噂には聞いていたけど、本当に長かった!(それだけ「同じ悩み」を抱えた親が多い、って事なのね・・・)


でもその順番待ちをしていた3ヶ月の間に、息子の言語は順調に発達し、まだたどたどしいし、同年代のお喋りが達者な子達と比べれば大差があるけど、三語文で話せるようになりました。




ここまで本当に長かった・・・・・(涙)!




発達は十人十色で、子供の数だけ様々な発達スピードがあるのは頭では分かっていたんだけど、それでも息子と同年代でお喋りが達者な子供達を見たり、子供が喋り始めたという話を聞くたびに「どうしてうちの子はまだ喋れないのか・・・」と落ち込み、涙する事が多々あった。

もうすぐ3歳になるというのに単語しか話さず、所構わず奇声をあげる息子に、イライラを募らせたり、怒りを爆発させてしまう事もあった。

「このままでは本当に(自分自身が)危険だ」と思い、ファミリードクターに小児科医を紹介してもらった時は、アタシ自身にカウンセリングなり、心療内科の受診なりが必要だと思ったくらい、精神的にボロボロだった。



それがほんの三ヶ月前。



小児科医に会った日から、本当にその日から、息子の言葉の発達が少しずつ進み始め『単語 → 二語文 → 三語文』といった感じにお喋りが出来るようになってきました。


と言っても、これは世間でよく言われる「三歳過ぎて急に喋るようになった」という事ではないのよ。


小児科医から貰ったアドバイスを元に旦那と二人で協力し、今まで以上に息子に語りかけ、今まで以上に自分達の言葉をリピートさせ、今まで以上に膨大な量の本を読み聞かせ、自分達に出来る限りの、本当に出来る限りの努力をした結果です。


そもそも「三歳過ぎて急に喋るようになる」なんて事、本当に有り得るのかしら???


そういう親御さん方もきっと、色々努力した結果「3歳を過ぎてから“言葉”という形になって成果が出てきた」っていう事だとアタシは思うんだけど、どうなのかしら?


やっぱり「急に喋り始める」って有る事なのかしら?




なにはともあれ、本日は待ちに待ったSPとの面会の日。


本日、午後休を取った旦那と共に、息子を連れてSPオフィスに行って来ました。


そこで驚いたのは、通された部屋の一辺の壁に、大きなマジック・ミラーがあった事!

そう、よく刑事ドラマの取調室に付いてるアレよ、アレ!




「あのマジック・ミラーの向こうから、誰かに見られている・・・・・・・」




そう思うと、なんだか、かんだかソワソワしちゃって、旦那に小声で、



「あのミラーを見ちゃダメ!!!! 誰かが向こうからこっちを見てるから、目を合せちゃダメ!!!! 」



なんて意味不明な事を口走ってしまったアタシなのであった・・・・。


そこで息子はSP実習生からパネルを使ったゲーム感覚の『理解度テスト』を受け、それからマジックミラーの後ろで息子の様子を見ていたSPとの面談、という流れになりました。


その結果、



● (息子の)言語発達のレベルは、この月齢の標準圏内ではあるが標準の底辺ライン

● しかし積極的に言語を取り入れようとしている姿勢が伺えるので、今後の言語成長は著しい筈

● 両親の対処法は二重丸。 しかし更に本を読み聞かせ、更に同年代の子供達との接触の場を設ける事




という診察結果とアドバイスを貰いました。


「再診は必要ないと思うが、希望するなら経過報告という形で2ヶ月後に再診が可能」との事だったので、念のため、2ヶ月後にも診てもらう事に。



なんだか、



三ヶ月待った割には、呆気ない診察だったわ・・・・・
(と言っても診察は1時間半だったけど)。


もっと「こうすれば喋るようになる」という細かいアドバイスが貰えると思ったのだけど、「(アタシ達が)今している対処方法で良い」との事で、強いてアドバイスと言えば「更なる読み聞かせ」「更なる交友関係を」という事のみでした。


とりあえず、今回SPに会った時点で「言語関係で会えるスペシャリストには会い尽くした」と言えるので、後はアタシ達の努力と息子の成長に今後を委ねるのみ。

なんとも不安ではあるのだけれど、そうするしかないのだから仕方が無いわね・・・。

今から2ヶ月後には



「息子、ペラペラ喋るようになりました!」



といった結果報告が出来る事を願いつつ・・・・・ってそんなトントン拍子に事は進まんでしょうな~~~
(-_-;)ゞ
スポンサーサイト
category : 息子の成長

2011.06.28 *Tue*

クランベリー・スコーン

出来るだけ「手作り」を心掛けている「3時のおやつ」。

本日は『クランベリー・スコーン』を焼きました。
IMG_0588.jpg

レシピは毎回愛用しているものなのだけど、それに刻んだクランベリーを練り込み、いつもの「丸抜き型」は使わずにナイフでスパーンと二等辺三角形に切ったカントリースタイルのスコーン。

仕上げに、アイシング・シュガーをレモン果汁で溶いた「レモン・アイシング」でコーティングし、ちょっと可愛く仕上げてみた。


色合い的には、ちょっと「クリスマス」っぽい?



今回は、週二で通っているレックセンターで毎回利用しているカフェのクランベリー・スコーンを目標に作ってみたんだけど、



「あらやだ、あのカフェのスコーンより美味しいかも?」



という、上出来な仕上がりとなりましたわ。 ホホホのホ~☆


カフェのクランベリー・スコーン、すっごく美味しいんだけど、表面全体にベ~~~ッタリと(普通の)アイシングがコーティングされていて、かなり高カロリーっぽいのね(←食べる時は表面のアイシングをこそげ落して食べている)。

でもアタシのスコーンは写真の通り、レモン味のアイシング&ラインを描く感じでかる~~くコーティングしてあるのみ。

レモン・アイシングの風味も楽しみつつ、カロリーオフも狙っております。


結果的には家族に大好評で、リピート・リクエストも頂きました、はい。


色合い的にも、クリスマス・シーズンに作っても良さそうだわね^^

category : お菓子作り

2011.06.25 *Sat*

Woodland Park Zoo(ウッドランド・パーク動物園)

今日は朝も早うから車を走らせ、隣国はアメリカへと行ってまいりました。




本日の行き先は・・・




アメリカ・ワシントン州シアトルにある動物園、


『Woodland Park Zoo(ウッドランド・パーク動物園)』でございます(日本語サイトでの説明はコチラ)。

IMG_0444_20110629083717.jpg South Entranceにて

朝8時半にカナダ/アメリカ国境を通過し、動物園に到着したのは1時間半後の午前10時。

「シアトルって、こんなに近かったっけ~?」と思っちゃったくらい、あっという間に到着しました。


当動物園では現在から9月5日まで夏休みイベントとして、機械仕掛けの恐竜が展示された
『Dinosaurs; Real Close』が開催されており、面白そうだったので動物園の入場料とは別売りのこちらのチケットも購入する事に。

これは特別展とは別物らしい「動かない恐竜」。
IMG_0445.jpg

動物園に恐竜がいるなんて、なんとも奇妙な感じです。


そうそう、日本でもお目に掛かった事の無い『丹頂鶴様』が居らしたのよ!!
wp_zoo.jpg

まさかシアトルでお目に掛かるとはー。

その丹頂鶴の所にあった説明書。
IMG_0453.jpg

ほ~そうなの~。へ~。

努力が叶って、トキの二の舞にならない事を祈ります・・・。



そして、ここにも居た孔雀。
IMG_0459.jpg

孔雀って、どこの動物園でも自由に園内を歩き回ってるけど、羽を広げてるのを見たのは初めてかも!

とってもゴージャスでした~。


そして、このガラスが張り巡らされたブースの中には・・・
IMG_0460.jpg


「ジャガー」が居て歩き回ってました。
IMG_0464.jpg

ガラスがクリアな上に、草むらからいきなり現れて、すぐ横を通っていったものだから、ちょっとビビった!


『熱帯雨林エリア』では、こんなに可愛いおサルや、
IMG_0475.jpg


製菓メーカーのキャラクター『キョロちゃん』のモデルになったらしい「トゥーカン」が。
IMG_0482.jpg


なんだかとても親近感を覚えるゴリラの母子の寝姿。
IMG_0489.jpg

アタシと娘(過去に息子とも)、まさしくこんな感じで毎晩寝てますよ。


初めて間近で見るゴリラに興味津々の息子なのでした。
IMG_0492.jpg


ここにはペンギンもいるのー。
IMG_0495.jpg

シアトルの気候は、ペンギン的にはOKなのね。


そして、いよいよ(ちょっと)楽しみにしていた『動く恐竜展』に入ってみます。
IMG_0499.jpg


色がとってもカラフル。
IMG_0503.jpg


この恐竜、口から水を噴射するので要注意!
IMG_0504.jpg

そうとは知らず、娘を前に置いて写真を撮ってしまったわ(←でもギリギリセーフだった)。


T-Rexは動きがユル~イながらも、大きさ的には、なかなかの迫力でした。
IMG_0510.jpg


息子はビビって逃走しましたからねー。
wpzoo_1.jpg

どの恐竜も全体的に動きがユルく、大迫力の『Walking with Dinosaurs』をライブで見た事がある人には全くもって物足りない「動く恐竜」ではありますが、なかなか精巧に出来ていました。


所変わって、こちらは『Day Exhibit』。
IMG_0521.jpg

ここで公開されていた「木登りカンガルー」がヌイグルミみたいに可愛かったーーー!!!

思わず「欲しい!!」って言っちゃったもんね。

もう、ほんと可愛かった・・・☆



そしてここでランチタイム。
IMG_0523.jpg

ホットドッグやハンバーガーでかる~く済ませました。


ランチの後で向かったのがこの建物。
IMG_0525.jpg


中には年代物のメリー・ゴーランドが。
IMG_0531.jpg

大人が乗るのも可だったので、旦那が息子と一緒に乗りました。

息子、とっても楽しそうだったわ~☆(アタシも乗りたかったわ・・・)


こちら、『オーストラリア・エリア』で見たワラビーの赤ちゃん。
IMG_0532.jpg

もう、可愛くて可愛くて、この子もお持ち帰りしたかった!!


オーストラリアの後は『北米エリア』に移動。


実社会では絶対に遭遇したくない「グリズリー・ベア」が凄く近くに!!
IMG_0543.jpg

グリズリーと観客の間には大きな堀があるので、グリズリーはこちらに来られないのだけど、それでも十分な迫力。

ここには二匹のグリズリーが居ました。
IMG_0546.jpg


ここは今回見つけたアタシの「お気に入り空間」。
IMG_0549.jpg

マイナスイオンが出まくりです。

上の写真の通路を歩いて行くと、この場所に辿り着くのだけど・・・
IMG_0550.jpg

なんだかとっても癒される・・・。

ベンチに座って、一日中ボ~ッと動物達を眺めていたい衝動に駆られましたわ。


この動物園、色んな賞を獲得しているのが頷けるくらいの見事な園作りをしていて、動物達もとても自然に近い環境状態で飼育されています。

日本の動物園の「全ての動物は檻の中」というのとは大違い。

大きな堀が「見えない塀」の役割を担っていて、まるで自然環境で動物達を見ているような気分になる事が多々ありました


お次は『アフリカ・エリア』へ。
IMG_0551.jpg

「象」でございます。

何故か象が好きなアタシ、いつもはカメラマンに徹するのに、この時ばかりは旦那に頼み、象と一緒に写真を撮ってもらったわ(撮れてないけどネ・・・・怒)。
IMG_0554.jpg


象に向かって「こっちに来~~~い」と念を送っていたら、なんと、こちらに向かってノッシノッシと歩いて来るではないの!!
IMG_0561.jpg


が、目前という所まで来てクルリと方向転換。
IMG_0562_20110629083928.jpg

ご飯を食べに行ってしまったわ・・・。

でも、凄く間近で象が見れたのでヨシとしよう。


娘はこれまでの間、と~ってもイイコにして付き合ってくれてました。
IMG_0564.jpg

始終ご機嫌で、本当に助かった。


引き続き「アフリカ・エリア」です。
IMG_0574.jpg

こちら、意外に小さかった「コモド・ドラゴン」。

「人をも襲って食べる」と聞いていたので、もっと大きいのを想像してたんだけどね~。


そしてこちら、「ミーアキャット」!
IMG_0576.jpg

これまた可愛いのなんのって!!

周りの客達と一緒に「カワイイ!! カワイイ!!」と騒いでいたら、後ろから旦那が




「ほーんと、可愛いよねー。







共食い  するけど。」




と言い放ち、その場に居た全員が
一気にサーーーーーーーーー・・・・ッとドン引きするという出来事がありました・・・。



そうなんだ・・・・共食いするんだ・・・・・あんなに可愛い顔して・・・・(汗)。



そしてラストは「キリン」を見てフィニッシュ。
IMG_0577.jpg


キリンって、いつ何処で見ても絶対に「お食事中」なのは何故なのでしょうね???
IMG_0579_20110629083952.jpg

ちょっと楽しみにしていたライオンはどこかに隠れてしまっていて見る事が出来ませんでした。

まあ、また別の機会に。


朝10時に到着して、動物園を出たのは午後4時丁度。

園内を回るのに6時間も掛かりました~。

ほんと、大きな動物園で、そして期待していた通りの素晴らしい動物園でした。

数年前に行ったカルガリー動物園も良かったけど、今回のウッドランド・パーク動物園はそれ以上だったわ。

とても楽しかったので、息子&娘がもう少し大きくなったら、また連れて来てあげようと思います。


かなりお奨めの動物園なので、皆さんもチャンスがあれば是非どうぞ~☆



●おまけ●

本日のお土産。

熊の絵が描かれたマグ。
IMG_0581.jpg


これだけ見るとフツーのマグなんだけど、中を見ると・・・・






クマちゃんが座ってます!
IMG_0583.jpg

可愛さに一目ぼれしてしまい購入。

中で固定されているので、砂糖とか入れるホットドリンクには向かないけど、砂糖無しなら使用には全然問題なし。


そしてもう一つのお土産がこれ。
IMG_0587.jpg

蓋付きトラベル・マグ。

色合いと柄が気に入って購入。

プラスチックではないので割れちゃうから持ち出しはしませんよ~。家用です。


おみやげ物もなかなか可愛いものが沢山あったウッドランド・パーク動物園なのでした。

category : 日常

2011.06.24 *Fri*

毎朝の“助っ人様”

「我が家で食べるパン」と言えば、大抵の場合がホームベーカリーで焼いた自家製パンなのね。

自家製パン、自分好みのパンが作れてとっても楽しいし美味しいんだけど、市販のパンみたく、



スライスされてないのよね。



ま~当たり前っちゃー当たり前なんすが。


アタシはその辺「無駄に器用」なので、パン切り包丁を使ってススイのス~イと割と均等にスライス出来てたの。

だけど、これを旦那にやらせた日にはもう、真っ直ぐには切れてないわ、ボコボコの切り口だわ、ボロボロと切り崩すわで、せっかく綺麗に焼いたパンが



「台無しにされた!」



って軽く凹んじゃう位、無様な姿にされちゃってたのです・・・・・TT


そんな事もあって、去年、


「旦那でも綺麗に、均等にパンを切る事が出来るスライサーがないか」


と思い、ネットの海を彷徨っていたら、あるスライサーに辿り着いたのです。


それを見た瞬間(&レビューを読んで)、



「これ、いいじゃない! 値段も安いし、日本に帰った時にこれ買って帰ろう!」



と思い、「日本に行ったら買う物リスト」に早速、追加したわけですよっ。


で、その1ヵ月後くらいにお友達の家に遊びに行った時に、なんとなんと、



そのお宅に、このスライサーが置いてあって!!



早速、鼻息荒くしてその使い心地を訊ねてみると、お友達曰く



「これ本当に便利だよー。 均等に綺麗に切れるしー」



との事。


で、その場に一緒にいた別のお友達が、なんと


「このスライサー、便利そうで私も欲しいから、今度の一時帰国の時にきゃびさんの分も買って来てあげるよ~」


と言って下さって、実際に私の分もカナダまで持って帰って来て下さったのよ~~~~!!(有難う!!)



それが、コチラ。
IMG_0441.jpg

使わない時はこんな風にコンパクトに畳め、場所を取らないので収納もラク。


スライサー自体に結構な高さがあるので、高さが20cm位はある我が家の大きなパンも、余裕で収まります。
IMG_0438_20110626170427.jpg


パンのサイズですが、「8枚切り」、「6枚切り」、「5枚切り」の3段階の厚さが選べます。


これは「8枚切りサイズ」にセットしたところ。
IMG_0437.jpg


誘導ラインにパン切り包丁を差し込み、前後上下に小刻みに切り進んでいくと・・・・


ジャジャ~~~~ン!
IMG_0443_20110626170427.jpg

こんなに高さがある自家製パンも、均等に綺麗にスライス出来ます!


お陰で、毎朝大助かり!!

(↑その日によって食べたい厚さが違うので “まとめ切り” はしないのです。)


そうそう、これを購入するキッカケになった肝心の旦那ですが、


ま~ったく使っておりません。


なぜなら、


このツールを使うのが面白くて、ついついアタシがスライスしちゃうから。


お陰で、これまではスライサー無しでも綺麗に切れいていたのに、今ではスライサーが無いとパンを切れなくなってしまった・・・。



イカンよね・・・。


でもこのスライサーに関しては間違いなく


「買って良かったと思う商品」


の一つに間違いないです、はい。


これからも頼みますよ^^。

category : 日常

2011.06.23 *Thu*

“悪魔”という名の料理

今日の晩ご飯は冷凍室で眠っていた豚ヒレ肉を使った 『Pork Tenderloin "Diablo"』 という料理。


"Diablo (ディアブロ)" とはスペイン語で “悪魔” という意味。


だから、この料理を日本語にすると『豚ヒレ肉の “悪魔風” 』になります。

何で “悪魔風” なのかというと、粒マスタードを使った「辛くて酸味の効いたソース」の事を “悪魔風ソース” って呼ぶらしく、このソースを使った料理は全て「ホニャララの悪魔風」って名前になるんだそう。

適当に焼いた肉の上にこのソースをかけちゃえば、なんでも「~の悪魔風」ってオサレな名称になっちゃうから便利(?)よねー。

IMG_0431.jpg


しかもこの料理、見た目に反し、チョーーーーー簡単!!


手間という手間と言えば「付け合せの野菜を切る」って事くらい。


最初に塩コショウしてフライパンで表面に焼き色をつけておいたヒレ肉と、醤油・ハーブ・バルサミコ酢で味付けしておいた野菜、ガーリック・ソルト少々を和えたポテトを全部一緒(焼き皿は別々)にオーブンにぶち込むだけで出来ちゃう!

「楽して美味しい物を食べたい」というズボラなアタシにはピッタリのレシピです。


ソースも5分ほどで出来ちゃうのよ。

そうそう、ソースの材料の一つである「ホースラディッシュ(西洋ワサビ)」が手元に無かったんだけど、日本の「練りワサビ」で代用。 

「チャイブ」も普通の「青葱」を使用。

でも十分美味しかったわ。



そして、とっても経済的!

日本ではどうか分からないんだけど、カナダでは「豚ヒレ肉」ってかなり安い部類の肉なんです。

大きな塊が5ドル(400円ちょい)くらいで買えちゃうの。

豚ヒレ肉は安いのにジューシーで美味しいので、我が家ではトンカツやポーク・カレーの材料として登場回数の多いお肉となっております。



テーブル・セッティングが完了し、「ご飯だよー」と旦那と息子を召集。
IMG_0434.jpg


旦那、食卓に初登場となる今回の料理を見て


「何!? 今日は何かお祝い事のある日!?」


とビックリしてたわ。


いや、ほんとに「オーブンに放り込んだだけ」の料理なんだけどね・・・・(-_-;)。



お肉は中まで火が通っているにも関わらず、柔らかく、ジューシーで「大変美味しゅうございました(岸朝子風)
IMG_0436_20110624163847.jpg


本当に簡単かつゴージャスに見える料理なので、義家族のおもてなしとかにも良さそう。

また近々登場してもらう事といたしましょう。


ご馳走様でした~。



2011.06.21 *Tue*

最近、気付いた事

最近、気付いた事3つ。



<最近気付いた事: その一>

「生まれた時は全然似てなかったのに、娘の顔がどんどん息子に似てきた」

IMG_0310.jpg


娘出生時は


「同じ親を持つ兄妹でも、こんなに違う顔が生まれるものなんだなーっ」


とDNAの神秘を感じたものです。


ところが日が経つにつれ、不意に見せる表情が息子にソックリになってきました。

毎日毎日表情が少しずつ変わってきていて、見てて本当に楽しい。


娘はこの生後1年間が「人生最大の成長期」。


これから更に、どんな成長を見せてくれるのか楽しみだわ。




<最近気付いた事: その二>

「スタバのドリップ・コーヒーは、100円でお代わりが出来るらしい」

sb_logo.jpg


詳しくは
コチラを参照のこと。

へー、へーー、へーーーー、知らなかったよ。

これって、日本のスタバだけですかね?

カナダのスタバでも1ドルでドリップ・コーヒーのお代わり出来ちゃうの???


先日、旦那に子供二人を預けて友人とランチ&スタバでダベっていたんだけど、


「ヴェンティ・サイズ(日本のスタバの “グランデ・サイズ” よりもデカい北米サイズ)のドリンク一杯では足りない位、長時間盛り上がってしまい、座っていた席のすぐ隣に設置してあった無料の水で二人で時間をしのいだ」


という事があったのよねー。 (「お代わり買えよ!」って話ですか? そうですか)


まあ、あの時アタシが飲んでいたのはドリップ・コーヒーではなかったのでお代わりは不可なんだけど、もしもカナダのスタバも「ドリップ・コーヒー お代わり1ドル」なんだったら、次回から(長く居座りそうな時は)ドリップ・コーヒーを注文するわ!




しかし、


あのスタバの新ロゴ、どうにかなりませんかね????

周囲にあった黒の引き締めカラーが無くなったせいで、かなりだらしなく見えるわ。

胸から下に境界線が無く、下が空白になっちゃってるせいか「あの部分から、何かが下に向かってダダ漏れするような印象」を受けるのはアタシだけですかね?


はい、アタシだけですね。




<最近気付いた事: その三>

「どうも自分は “ケンドーコバヤシのファン” らしい」

k_koba.jpg

「正気ですか?」



はい、正気です。 


とにかく彼は面白い。


ヤバイくらい面白すぎる。


24時間日本語チャンネルの「TV JAPAN」で毎週『アメトーーク!』を観てるんだけど、彼が出ている放送回は必ず笑いっ放しの状態になってしまう位、面白い。


司会の雨上がり決死隊も霞んじゃう位、面白い。


下ネタばっかだけど、面白い。



あ~、ケンコバ大好き。


実物に会いた~~~~い。








以上、「最近、気付いた事」でした。 チャンチャン。

category : 日常

2011.06.20 *Mon*

Father's Day

昨日は『父の日』でしたねー。

『母の日』ともなると大騒ぎになる我が義家族ですが、『父の日』はまったくもって静かなものです(義父は旦那達にとって3番目の父&義父にも実の子供達がいる為、母の日のように祝う事がないのです)。


しかもPMSか何かでイライラしていた所に旦那が放った一言でブチ切れてしまい、『父(旦那)の日』を祝うどころか、昼以降から別行動をする事に。


アタシと娘は自宅で昼寝(フテ寝)を決め込み、旦那と息子は外遊び&買出し。


2時間ほど眠ったら、なんとか怒りも収まってたわ。


そんな訳で、彼らが出掛けている間に「父の日祝い」用のケーキを焼きました(なんて優しいアタシ)。
IMG_0396_20110622062400.jpg


バナナ消費の為に作った
『キャラメル・バナナ・チーズケーキ』でーす。


レシピ通りにしたんだけど、えんらいブツブツに仕上がってるわ・・・。


「つくれぽ」と比較しても、一番ヒドイ出来のような・・・・(汗)。


チーズケーキとはトコトン相性が悪いアタシです・・・。



その後、いつもの如く、先に謝って来てくれた旦那と仲直りし、ケーキを焼いている間に手作りしたカードを手渡し、気まずかった父の日は終了。

ちなみに、こちらが急いで作ったカード。
f_day_card.jpg

上は「子供達からのメッセージ」という設定で、下がアタシからのメッセージ。


これを見た旦那、大感激☆


『父の日』はこんな事になっちゃったし、また日を改めて、何かしてあげなくちゃだわね。



昨日作って一晩冷蔵庫で寝かせておいたケーキですが、ようやく本日食べました。
IMG_0397_20110622062400.jpg


キャラメルの味は弱かったけど(キャラメルをもうちょっと焦がしても良かったわね)、バナナの味が濃厚でウマーー!!

旦那にも息子にも大好評でしたわ。 ほほほ☆


次回はもっと滑らかに作れるよう頑張りまっす。


category : お菓子作り

2011.06.18 *Sat*

子供の感性って・・・


「面白いなあ」と思う今日この頃。


IMG_0384.jpg

IMG_0386.jpg

IMG_0385_20110620172545.jpg


これを見て、真っ先に頭に浮かんだのが










「この御方」・・・・・・・・・・・・・・・・・・ではなくて、
a_s_z.jpg










この人だ、っていうのは、そういうジェネレーションだから?????
a_m.jpg




「友情パワーーー!!」




眠ーい。

寝まーす。
category : 息子の成長

2011.06.16 *Thu*

バンクーバーで “暴動” 勃発

昨日、北米アイスホッケーの最高峰『スタンレーカップ』のファイナル決勝戦が行われ、17年振りに決勝進出を果たした地元バンクーバーのホッケーチーム『カナックス』が、アメリカ・ボストンのチームに敗退、優勝杯を逃しました。

こんな事を言ってはカナックスファンに非難されてしまうかもしれないのだけど、カナックスはお世辞にも「強い」とは言えないチーム。

そんなカナックスが今年、17年振りにスタンレーカップ・ファイナルまで進んだものだから、BC州のカナックスファンは熱狂&お祭りムードに包まれていたのです。

それが、あと一勝で優勝杯に手が届く・・・というところで敗退。



そんなゲームの直後に、人々が危惧していた事態がダウンタウン・バンクーバーで起こりました。



「優勝しても負けても騒ぎを起こすだろう」と予想されていたチンピラ共が案の定暴れだし、それに釣られた大バカな野次馬達もお祭り騒ぎ的に加担して、大規模な「暴動」に発展したのです。
van_r_6.jpg

17年前にもカナックスのファイナル敗退後に暴動が起きたそうなのだけど、今回の規模はそれの比ではなさそう。


路駐してある車に火をつけたり、なぎ倒したり。


パトカーまでが暴徒達のターゲットとなり、屋根の上を飛び跳ねたり、なぎ倒したり、挙句の果てには放火まで。
van_r_1.jpg


普段は警察に逆らわないのに、「ここぞ」とばかりに多勢で警察官達をからかったり、喧嘩を売る暴徒達も。
Van_r_2.jpg


その日は街が暴徒達の狂喜と炎に包まれ、かなりの長時間、暴動が続きました。
van_r_5.jpg


燃え盛る車の前で笑顔で記念撮影をしている馬鹿な野次馬や、道路に寝そべってラブシーンを繰り広げたバカップル、ニュースカメラに笑顔でピースサインをする馬鹿も続出。

暴動では当然の如く「強奪」も起こり、個人経営のお店やデパート、家電店が暴徒達に襲撃・強奪され、建物の破損や商品の盗難で甚大な被害を被りました。
van_r_4.jpg


この「カナダの恥さらし達」の行為は、本当に、腸が煮えくり返りました。

国内外では「カナックスのファンが暴動」という報道をされてしまっていると思うけれど、多くのファン達は試合終了後、大人しく帰路についていたそうです。

それが、最初から暴動を計画していたチンピラや、一部の「日頃の憂さ晴らしをしたい」野次馬達によって、今回の暴動に発展してしまったのです。

その場に居た多くのカナダ人達は、暴走しようとする友人・知人を諌めようとしたり、暴徒に襲われている人を助けようとしたり、暴徒の手に掛かろうとしていた車や店舗の前に立ちはだかって


「この店(車)は俺の物じゃない。でもここは俺達の街だ!暴動なんかして、なんの意味があるんだ!」


と叫んでいました(それらの光景はライブ映像でも流れていました)。


そういった人達までもが馬鹿な(←もう何回でも言ってやる!)暴徒達と一括りにして世界で報道されるのは、ほんとうにやるせないです。


奴らの行為は、他の市民の生活にも支障をきたしました。


暴動の間、安全のためダウンタウンへ続く幾つかの橋は閉鎖され、公共交通機関もストップ。

多くの人達がダウンタウンに閉じ込められ、多くの人達がダウンタウンに帰れない状態が暫く続きました。

本当に迷惑この上ない!!!



黒煙に包まれるダウンタウンを見て、


「これが去年、冬季オリンピックであんなに陽気に盛り上がった街だとは信じられない・・・」


とショックを受けたし、エジプトやリビアの人々が起こした「独裁政権による弾圧に耐えかねての暴動」とは全く異なり、暴動の動機が「地元ホッケーチームが決勝ゲームに負けたから」というのが余りにも馬鹿馬鹿しいというか、余りにも愚か過ぎて・・・・・・。

カナダ人全員がこんな馬鹿どもじゃないのは分かっているのに、カナダ人の理性を一瞬、疑ってしまったりもした。







そんな自分を猛省させた、暴動翌日、本日朝のダウンタウンの写真の数々がこちら。
van_r_c_1.jpg

van_r_c_2.jpg

van_r_c_3.jpg

van_r_c_4.jpg

暴動勃発からすぐにFacebookを通して清掃ボランティアが募られ、暴徒達がメチャクチャにしたバンクーバーの街の清掃に参加して下さった沢山の清掃ボランティアの方々。


これこそが、地元チームのカナックスを心から応援する真のファンの人達、そして地元バンクーバーを心から愛している人達の姿。


そう、私が知っている「カナダの人々」は、彼らみたいな人達なのです・・・TT


こういう場面こそ、大々的に報道して欲しい!!


カナダ人は、あんな馬鹿ばかりじゃないのよ!!



そうそう、暴徒達の「その後」ですが、


まず、現場で100人以上が逮捕されました。


パトカーを襲撃し、火を放った少年は自らの両親によって通報され、御用となりました
(ライブニュース映像でパトカーに火をつける我が子の姿を見た両親が、息子を警察に突き出したそうです)

何と彼はウォーター・ポロの選手で、父親は医者!

カルガリー大学の奨学生に決まっていたものの、今回の逮捕で取り消される見通し。


店舗を襲撃・強奪した輩の多くは、暴動後に運行を再開したスカイ・トレインにて警察による「持ち物検査」が実施され、『強奪品』を隠し持っていた輩はほぼ全員、御用となったそうです。

今回は携帯を使ってカメラやビデオ撮影をしていた人間が多かったので、警察はそれらの写真&情報の提供を市民に呼び掛けており、それを元に身元を割り出し、順次、逮捕しているそうです。

中にはTVでライブ中継された事で身元が割れて逮捕・職を失った人間や、店舗損壊で逮捕された高校生も。


「一時の “狂乱” がもたらしたツケは、余りにも大きかった」


という事ですね。


しかし、この一夜で暴徒達がバンクーバーにもたらした被害総額は日本円にして3億円以上。

市民の税金がこれに充てられるのは、本当にやるせない・・・。



(※今回の写真は、各報道機関様の写真をお借り致しました。)

category : 日常

2011.06.15 *Wed*

一度、試してみたかったのだー


我が家の男共は「魚」が得意ではない。

「フィッシュ&チップス」に関しては旦那も息子も大好きだけど、和風に調理すると「甘酢あんかけ」にでもしない限り、食べようとしない。 まったく!

だから家庭で魚を調理する事がほぼ皆無に等しいため、外食で日本料理店に入る際は、ほぼ毎回「焼き魚定食」を注文してしまう “焼き魚好き” なアタシなのであった・・・。


とまあ、そんな感じで魚を殆ど調理する機会がないのだけど、スーパーに行く度に毎回 「目に止まる魚」 がいましてね。

20cmはある大きな白身魚の切り身なんだけど、一袋に結構な量が入っているにも拘らず、毎回見るたびに値段がお手頃価格でして。


先日スーパーで買出しをした時も、一袋が$7.99でセールになっていたので、


「冷凍だし、気が向いた時に調理すればいいじゃない?」


と思い、遂に買っちゃったわ!!



これなんだけど(実は既に開封してまして、これは切り身2枚を取った後の袋)。
IMG_0366.jpg


『Basa Fish』 でございます。


綺麗な白身の魚なんですが、何とこの魚、




ナマズの仲間なの!!




ナマズ目パンガシウス科ギバチパンガシウス属


だそうですよ。


そしてこのバサ、なんと北米最大手の某ハンバーガー・チェーンの人気商品「フィレオ・フィッシュ」に使用されているとの事。

知らず知らずの内に、既に口に入れた事があったのねー。





そして本日、




「今夜の晩ご飯、何にしよう?」と思った時に突然、このバサの存在を思い出し、調理してみる事にした!


解凍して直に触ってみたバサの身はとっても綺麗な白身で、もっちりとした弾力があり、刺身にして食べる事が可能だとしたら(←絶対ムリ)かなり美味しそう。

人によっては「泥臭い」という感想を持つらしいこの魚、リンク先のサイト様によると「フライにするのが美味しい」との事なので、切り身二枚を普通にフリッターにして調理してみたよ。
IMG_0365_1.jpg

実際はともかく、見た目だけは中がフワフワしてそうで美味しそ~☆


これにフレンチ・フライ(フライド・ポテト)を添えて、レモン汁やビネガー、タルタルソースをかけたら「フィッシュ&チップス」になるんだけど、今回は敢えてそれはせず、甘酢あんかけにしてみた(←これなら心配していた泥臭さが消えると思うので)。
IMG_0371_20110617161411.jpg


油で揚げると身が膨張する感じで、食べやすい大きさに切った筈なのに一つひとつが結構なボリュームになってます。
IMG_0372.jpg

で、食べてみた感想は






美味い!!!!!






衣の中の白身がフワフワで、淡白な身と濃厚な甘酢あんとの相性が良く、非常に美味!!  

これは目から鱗の美味さでございました!!


甘酢あんと一緒に食べたからか心配していた「泥臭さ」というやつも全然分からず、美味し~~く頂きましたよ。

魚臭さに煩い旦那も、「これは美味しいねーー!」とバクバクと箸が進んでおりました・・・・・が、息子は一切食べず(息子は最近、本当に食が難しく、ほとほと手を焼いております・・・)。


バサは美味しくて安い、という事が分かったので、これからちょくちょく購入しようと思います。

大きな切り身があと3切れほど残ってるから、次はフィッシュ&チップスにしてみよーっと。


2011.06.12 *Sun*

今年お初の海水浴

今日は朝から快晴&夏日!

なので、(無謀にも)今年お初の海水浴に挑戦すべく、ジェリコ・ビーチ(バンクーバー)にやって来ました。
IMG_0347.jpg





街中や車中は日差しが痛いくらいで暑いのだけど、海水がまだちょっと冷たそう。

でも泳いでいる人達(子供を含む)が結構いたので、旦那&息子も、今年お初の海水浴に挑戦!
IMG_0339.jpg


が、


息子、海水に下半身を入れた途端、



「Too COLD~~~!!!」(冷た過ぎ~~~!!!)



と絶叫し、泣いて着水拒否!!


息子が水に入るのは大抵がレック・センターの温水プールだから、海水の冷たさにビックリ仰天しちゃったんだと思われ。

「冷たい」と言って泣く子をムリに水に入れるわけにはいかないので、すぐさまビーチに引き返して着替えさせ、それ以後はビーチ遊びに専念。
IMG_0345.jpg

大小の後姿が可愛い・・・☆


そんな二人&海を、アタシと娘は日傘の下からノンビリ見物。
IMG_0337.jpg

海水は冷たかったみたいだけど、海から吹いて来る潮風は、そよそよとして気持ち良かったです。


日本の両親&義両親が買ってくれた砂場遊びセットを全て駆使し、砂遊びに熱中する息子。
IMG_0353.jpg

ここで1時間ほど過ごした後、色々と所用を済ませて帰宅しました。


本日の所用の一つだったダラーストアでの買い物で、この和風プレイス・マットを購入(一枚$1.25だったかな?)。
IMG_0294.jpg

夕飯時に早速使用しました。


本日の晩ご飯は「ひじきご飯」「棒棒鶏(バンバンジー)」「三種の根菜きんぴら」「ワカメのお吸い物」

新しく買ったプレイスマットに合わせ、和食(?)なメニューにしてみた。

値段の割には作りがしっかりしていて色味も渋く、木のいい香りがして、なかなか良いカンジです。

これからバンバン登場してもらいましょう。


2011.06.11 *Sat*

アタシは今、モーレツに感動している!

本日は用事があって、リッチモンド市にあるショッピング・モールの『アバディーン・センター』にやって来ました。

モールに着いて真っ先にアタシ達が入ったのは、日本料理居酒屋の『北の家Guu  リッチモンド店』


いや~久しぶり☆

こちらに来るのは去年の9月以来だから・・・実に9ヶ月ぶりですわ。

前回来た時はこちらの定食の量に不満タラタラだったアタシ。

だけど、なんだか今日は無性にここでご飯が食べたくなってやって来ました。

なんでだろうね???



あ~さて、


「ここに来たら、まずこれよね」とばかりに前菜に注文したのが『かぼちゃのまん丸コロッケ($3.80)』
IMG113.jpg

カメラを忘れて携帯カメラで撮ったので画像がイマイチですが・・・。

大きなかぼちゃコロッケの中にゆで卵が一つ丸々入ったもので、アタシも旦那も大好きな一品。

息子は食べようとしなかったので、旦那と二人で半分こにして食べたわ☆


他に息子の時間稼ぎ(←店内で大人しくさせる)の為、息子の好物の『枝豆($2.80)』も注文。

枝豆作戦が功を奏し、料理が届くまでの間、息子は大人しく黙々とマメを食べ続けておりました。


そしてこちらが、アタシが注文した『鯖、秋刀魚、塩鮭の焼き魚盛り合わせ($8.80)』
IMG114.jpg

「『焼き魚・王道の三種類』を一度に楽しめるなんて、最高~♪」と思いつつ、運ばれてきたお膳を見てみたら・・・


あらら!?

えっらくボリューム・アップしてませんこと????



前回来た時に食べた「焼き鮭定食」より、かなり増量している上に、値段も安くなってるっ。

気になるお味も、味も外はパリパリ、中はふんわりで、とっても美味しかった♥


そして、こちらは旦那が注文した『チキン、海老、とんかつ、白身魚の揚げ物盛り合わせ($8.80)』
IMG115.jpg

揚げ物好きな旦那、綺麗サッパリ完食です。

最近、食が難しい息子には『チキンから揚げ($5.80)』とご飯を注文。

なんとか食べてくれて一安心。


ここで食事をしていた間、カナダに居るのを忘れ、すっかり日本に居るような気分になったアタシ。

日本人店員さん達のサービスが細部まで行き届いて心地よかった事もあるし、日本の居酒屋がお客が店を出る時にやる


店員A「何番テーブルのお客様、お帰りでーす!」

全店員「ありがとうございました~~~!!」


っていうのもあって、「うわ~懐かしい~☆ 日本の居酒屋だ~」って感じで、思わずニマニマしてしまったわ。



お店の雰囲気も良く、料理も美味しく、サービスも良く、「また来ようね~」と大満足してお支払いをし、お店を出て、しばらく店内を散策していたら・・・


後方から「お客様ー!」という声がして、先程のGuuに居た男性店員さんがアタシの方へ走り寄ってきたの!!


アタシが「へ!?」と頭上に「ハテナマーク」を発していると、その店員さん、息を切らしながら「お忘れ物です」と言って、ある物をアタシに差し出しました。

それは何と、



息子のウォーター・ボトル!!!



アタシったら、息子のボトルをレストランに忘れて来ちゃってたのーー!!

それを、わざわざ届けに来てくれるなんて!!!


彼がどれだけの時間、広いモールの店内でアタシ達を探していたんだろうと思うと、胸が一杯になって、ただただ


「あ・・・有難うございます!! 無いと困るところでした・・・! 本当に有難うございます!」


と言うのが精一杯。

そんなアワワ状態のアタシに店員さんは


「とんでもないです。では、お気をつけて!」


と言ってアタシ達にペコリと頭を下げると、また走ってお店へ戻って行かれました。



その姿をボーゼンと見送るアタシ。


そして、それまでの様子を見ていた旦那が一言、



「僕・・・・・今、チョー感動してるんだけど・・・・・。」



アタシもよ!!!

アタシは今、モーレツに感動しているよ!!!



日本の皆さんの為に補足しますが、カナダ人が経営するレストランでは、こんな事はまず100%起こりません!!

店側は持ち主が探しに来た時のため、その忘れ物を一定期間キープしておく事はするけど、店員がわざわざ追いかけて忘れ物を届けに来てくれる事はまず無いのです。

だから、そんなお国柄に慣れてしまった身としては、今回の事で




「お客様は神様です」




っていう “日本のサービス精神” を久々に思い出し、とっても感動しました。


『北の家Guu リッチモンド店』 さん、素晴らしい社員教育をしてらっしゃいますね。

届けて下さった店員さん、本当に有難うございました。

料理もとても美味しかったので、これから、どんどん贔屓にさせて頂きますっ。




2011.06.08 *Wed*

まるごと苺のロールケーキ

昨日行ったCostcoにて、セール品だった苺を2パック購入。


これが、と~~~~~~~っても美味!!!

中まで赤くって、と~~~~~っても甘いの!!



そういえば、今までにCostcoで買ったフルーツで失敗した事ってないなあ。

苺だろうが、キウイだろうが、リンゴだろうが、何だろうが、大抵が甘くて美味しい。

量も多くて安いし、Costcoでフルーツを買い始めたら他では買えなくなっちゃうね。


と、そんな超美味しい苺を使って「まるごと苺のロールケーキ」を夕食後に作ったよ。
IMG_0289.jpg

今までは散々苦労した 「ロールケーキの “巻き” 」 だけど、もうコツを掴んじゃったので楽勝ざます☆

今回も綺麗に巻けた♪


冷蔵庫で暫く寝かせて落ち着かせた時には既に息子は眠っていたので、旦那と二人で「深夜のデザートタイム」を楽しみました。
IMG_0290.jpg

いや~~~美味かった!

ご馳走様でしたっ。

category : お菓子作り

2011.06.07 *Tue*

二度目の小児科検診

今日は前回行った小児科にて、息子の「経過確認」を兼ねた検診が行われる日。

それに立ち会いたいが為、本日有給を取った旦那と一緒に、子供達を連れて小児科に行ってきましたわ。


診察では、ドクターに「前回の診察から3ヶ月が経ったけど、その後のこの子の発達状況はどうかしら?」と訊かれて



・日本語は殆ど話さないが、英単語なら200語以上話す

・自分から発するのは二語文が主で、指摘されないと三語文を発しない

・以前に比べ、奇声がかなり落ち着いた(でも興奮すると出る)





といった事を報告。


そしたらドクター、






「順調ねっ☆」






エーーーーー!!

ホントですかーーー!?



ドクターからは


「3歳になった時点で200語以上話せるなら大丈夫。 この一年で劇的に単語数が増えるから。

だけど若干、語尾が弱いわね。それを改善するためにも、スピーチ・セラピストに会う予定があるのは良い事だわ。

それと、両親である貴方達がどんどん増える彼の言語(息子語)を完璧に理解して、円滑なコミュニケーションを彼と築いているのはとても素晴らしい事よ。 

彼の奇声が落ち着いて来たのも、気持ちを表現するための言語が増えた事と、それを親に理解してもらえる事で、彼のフラストレーションが減ったからよ。  Great  job! 」



といったアドバイス&お褒めの言葉を頂けました。


日本語を全く話さない件も「母親が話す日本語に反応し、それに見合った行動を取るのなら、頭の中に単語がちゃんと入っている筈だから大丈夫。」だって。


要するに




「案ずるな」




って事ですな。


母としてはそれがなかなか難しい所なのだけど、今は息子のペースに合わせて、自分達で出来る限りの協力をして行くしかないって事です。


でもまあ「亀の歩み」ながらも、少しずつ前進して行っているのは嬉しい限り^^


来年の今頃は


「今はこんなにペラペラ喋るけど、一年前はなかなかセンテンスで喋らなくて、悩んでたよなあ」


と懐かしく思えているといいなあ・・・・な~んてね。 

まあ、希望です、希望。


カウンセリングの後は、身体中のホクロのチェックをしてオシマイ。


場合によっては、またここに来る事があるのかな???



小児科を出た後は、天気も良かったので公園遊びをしてから帰る事に。


やって来たのは小児科クリニックから程近いDouglas Park。
IMG102.jpg

この辺に来た時はいつも利用している公園で、なかなか面白い遊具が揃ってるの。


ここに来る度に、毎回3~4人の日本人のお母様方を見掛けるわ。

一度もお話した事ないんだけどねー (←いいトシして人見知り)。



息子もここに来るといつも以上に大ハシャギ!
IMG091.jpg

もう走り回って止まらないよー。


息子、ここで一人の男の子と気が合って、一緒に追いかけっこをしたり、かくれんぼをしたりして楽しく遊んでました。
IMG096.jpg

近所だったら、またこの男の子と遊べたかもしれないのにっ。 う~ん、残念!


ずっとストローラーで眠っていた娘も目覚め、ブランコ遊び。
IMG111.jpg

ここで1時間以上遊んでたんだけど、どんどん肌寒くなって来たので帰る事に。


楽しかったんだけど、なんだか、色々と考える事の多い一日でした。

category : 息子の成長

2011.06.06 *Mon*

ピクニック・シーズン到来!

今日もピーカンないい天気!

あまりにもいい天気なのと、旦那が明日は有給を取っている事もあって、今晩の夕飯は外でピクニックをする事にしたわっ。


といっても、思いついたのが午後3時過ぎ。


それからご飯を炊いたり、お弁当のおかずを作ったり、子供達の出掛ける準備をしたりしていたら、あっという間に午後5時過ぎ。

5時半頃になって、ようやく家を出る事が出来ました。


今回のピクニックの場所に選んだのは、
以前旦那と二人でデートに来て、「次は息子を連れて、ここでピクニックをしたい!」と思った場所。

ホワイトロック市にあるカナダ・アメリカ国境のすぐ傍の公園Peace Arch Provincial Parkでございます。
IMG_0220.jpg

アタシ達以外、だ~れもいません。

ここに到着したのは午後6時をとうに過ぎていたのと、今日はカナックス(バンクーバーが地元のホッケーチーム)のゲームがある日だったので、本日の公園は貸切状態でした。


こちら、大急ぎで用意した『ピクニック弁当』。
IMG_0222.jpg

定番の「おにぎり」に加え、「4種野菜入りミートボール」、「春雨サラダ」、「玉子焼き」、「野菜スティック」。


ピクニック弁当を前にして、息子が手を付けたのは・・・
IMG_0225.jpg


なんと「野菜スティック」のみ・・・・TT


殆どの野菜が息子のお腹に収まりました・・・。


この子、“スクランブル・エッグ” や “ソフト・ボイルド・エッグ” は大好きなのに、“玉子焼き” は食べようとしない。

豚肉で作った料理は野菜と一緒にそぼろ状に甘辛く炒めた物なら食べるけど、ハンバーグとかミートボール状にしたら殆ど食べない。

ご飯は “納豆ご飯” や “チャーハン” にしたら食べるけど、“おにぎり” は2口ほど食べておしまい。


じゃあなんでそれらをお弁当に入れたのか?と言うと、子供の味覚って本当に気まぐれで、昨日食べなかった物を今日食べたり、今日食べた物を明日は食べなかったりするから、です。

玉子焼きも、ミートボールも、おにぎりも「息子が食べない」事を理由に、最近とんと作っていなかったのだけど「ひょっとしたらもう食べれるようになってるかも?」と思って、今回リベンジしてみたわけです。


が、あえなく撃沈・・・・。


野菜だけでは足りないかもしれないから、帰りの道中にドライブスルーで軽食を買って食べさせる羽目に・・・。


しかし、「玉子焼き・ミートボール・おにぎり」って、大抵の子供なら大好物なメニューだと思うんだけどね????


嗚呼、9月から学校に持っていくお弁当、どうしよう・・・。

野菜ばかり持たせるわけにもいかないし、ほんと、頭が痛いわ・・・。


今回のお弁当、息子は殆ど食べてくれなかったけど、旦那には大好評で、沢山食べてくれたのがせめてもの救いです。


ディナーの後は、腹ごなしの運動です。
IMG_0228.jpg

だだっ広い、綺麗に刈られた芝生の上を、サッカーボールを蹴りながら思う存分に走り回る二人。

後ろの雑木林の向こうには、海(Boundary Bay)が広がっています。

あ~この公園、ほんと大好き!


木登りなんかもしてみましたよ(勿論、旦那の支え付き)。
IMG_0279.jpg

この公園には、所々にこんな巨木が立っています。

樹齢、何百年なのかしら?


楽しいピクニックも、お開きの時間となりました。
IMG_0281.jpg

いや~久しぶりのピクニック、本当に楽しかった!

でも行きの準備に手間取ったせいで、子供達を寝かせるのが遅くなってしまったのよねえ。

次にピクニックに行く時は、午前中から準備をするわ!


6月には入ってからというもの本当に気持ちの良い気候になったので、これからどんどんピクニックが増えそうな我が家なのであります。

category : 日常

2011.06.05 *Sun*

新居にお邪魔してきました☆


今日は朝から夏日ーーーー!!!


25℃はあったんじゃないかしら!?

5月はほんと寒い一ヶ月だったのに、6月に入ってからは夏日の連続。

ようやく我が家の衣替えが出来そうです。


そんな夏日の本日、アタシ&娘は数ヶ月前に新居にお引越しされたお友達のおうちにお呼ばれし、お邪魔してきました。
IMG_0218.jpg

(本日は日曜日なので、我が家は男性陣&女性陣とで別れて行動しました。旦那&息子は、アタシと娘を友人宅に降ろした後、バンクーバーで遊ぶ予定らしい)

一人だけ、カメラ目線の人がいますね。


写真に写っているのは一部の方々で、本当は子供9人&大人6人!

子供達の若いパワーで、素敵な間取りの室内は熱気ムンムンでございましたわっ。


お料理上手なお友達が今回御用意して下さった手料理の数々。
IMG_0215.jpg

「豚の冷しゃぶサラダ(?)」、「チャプチェ」に「イラク風サラダ」、「混ぜご飯」に「魚のフライ」等など。


オイシー!!

オイシーーー!!

本気でどれもこれもオイシーーーー!!


ワンプレートにすると、こ~~んなにゴージャス☆
IMG_0219_20110607191800.jpg

もう、真剣にどれもこれも美味しくって、お陰で至福の一時を堪能できましたわっ。

美味しい手作りデザート数品まで頂いて、そんな絶品料理の数々にアタシが舌鼓を打っていた頃、旦那と息子はバンクーバーにいるのかと思いきや・・・


なんと友人宅の近所のレストランでランチを食べた後、そこからまた近所の公園で遊んでいました!

IMG082.jpg (写真は旦那が携帯カメラで撮影)


ええ~~~!
バンクーバーで遊ぶんじゃなかったの~???



旦那曰く


「君達を降ろした時って既にもうランチタイムだったから、この近くで食べてからバンクーバーに行こうと思ったんだよね。だけどランチの後、レストランを出て二人で街をプラプラ歩いていたら、色々面白そうなお店が結構あってさ~。

それに息子が喜びそうな遊戯場もあったし、近くに綺麗な小川もあるって聞いたんで、それら全部に行ってたらあっという間に時間が経って、君達を迎えに行く時間になっちゃったんだよね~。

いや~、ここ、ほんと良い所だよ~」



との事。


君達、そんなに近くで遊んでたのね!!
IMG080.jpg


息子、遊戯場で知らない子と一緒に遊んだり、真夏日だったのでアイスクリーム屋さんでソフトクリームを食べたり、小川ではパパと一緒にとても楽しい時間を過ごしたみたい。良かったわ。
IMG086.jpg

今日は家族が二手に分かれて過ごした日曜日だったけど、双方、とても楽しい一日を過ごす事が出来ました。

本日とても素敵&完璧な御もてなしをして下さった友人御夫妻と、いつもの楽しいお喋りで沢山笑わせてくれたお友達の皆さんに大感謝!でございます。

皆さん、楽しい一日を有難うございました!


2011.06.03 *Fri*

離乳食、始めました

なんだかタイトルが



「冷やし中華、始めました」



みたいですが、7ヶ月を目前にし、遂に離乳食を開始しちゃいました。

7ヶ月になるまで待とうと思ったんだけど、アタシ達の食事中に娘からガンガン送られて来る「熱視線」に根負けしてしまって・・・。


だって~~~~~、だって~~~~~!!!


アタシ達がご飯を食べる度に、ハイチェアーに乗った娘が「両腕を横にピーンと伸ばし、両コブシをグルグル回す」という意味不明な動きをしながら、ラクダのように口をモゴモゴさせて必死の表情を送ってくるのよーーー!!!


その度に旦那から「・・・あんなに食べたがってるんだし、そろそろ離乳食を始めてもいいんじゃない・・・(汗)?」と言われ、その都度「まだまだ・・・7ヶ月になってから・・・・(汗)」って言ってたんだけど・・・・・もうダメ、ギブアップです。


とまあ、そんな訳で「離乳食、始めました」。


まずは『十倍粥』からスタートです。
IMG_0181.jpg

お米からコトコト炊くこと1時間、『十倍粥』の出来上がり。


これを更にすり潰し、小さじ2杯程度の離乳食を作りました(実際に食べさせるのは小さじ1杯)。
IMG_0182.jpg

もうね、見た目は『糊』よ、糊。 

っていうか、これって正真正銘の『糊』よね。


早速、娘に与えてみまーす(何故か息子まで「あーん」と口を開けて寄って来てます・・・)。
bf_1.jpg

食べ物よりもスプーンに興味津々で、スプーンを奪おうとする娘を抑えるのに一苦労。

あんた、食べたかったんじゃないの!?


なんとか彼女の両手を抑え、人生初の「お食事」!
bf_2.jpg

勢い良く「パクリ!」と行ったものの・・・・





この「しかめっ面」を見て!!!
bf_3.jpg

息子はこんな顔しなかったのにーーー!!!


この後も、少しずつ口にする度にこの顔ですよ。

お陰で、小さじ一杯を食べ終わるに結構な時間が掛かちゃったわ。

息子はかなり順調に離乳食が進んだけど、このお嬢さんは結構手間取りそう・・・。

ちょっとずつ味も付いて来るから、頑張って食べてよね~~。

category : 娘の成長

2011.06.02 *Thu*

我が家のチビっ子達の近況

我が家の子供達の成長覚書。


娘が生後6ヶ月を迎え、息子の「お兄ちゃん生活」も6ヶ月を迎えました。

娘の誕生時はなかなか娘に近付こうとせず、


「早くもヤキモチ開始か!?」


と少々焦ったのだけど、それは最初のほんの数日のみで、後は娘に対してフレンドリーに接してくれるようになりました。

今ではホレ、この通り。
IMG_0154.jpg

仲良しこよし。


ヌイグルミを使って妹をあやしてくれたりします。
IMG_0156.jpg

「お兄ちゃん業」もすっかり様になって来ました。


心配していた「妹にヤキモチを妬く」とか、「赤ちゃん返りする」という行為が全く無かった息子。

元々息子は「パパっ子」だったので、ママが妹の世話に忙しくなってしまっても、パパがいつも通り自分にかまってくれた、というのが功を奏したみたい。

娘が生まれるまでは一人っ子で、あんなに甘えん坊だった息子が、こんな風に変化するなんて思いもしなかったなあ。

妹が泣くとあやそうと頑張ってくれるし、本当に「いいお兄ちゃん」をしてくれています。

娘が爆音を立ててウ●チをすると、離れた場所にいて気付かなかったアタシに大慌てで駆け寄ってきて


「ママー! ○○、プープー!!」(訳: 「ママー! ○○(娘の名前)がウ●チしたよー!!」)


と知らせてくれる様子が溜まらなく可愛かったりする。

これからもウ●チ報告ヨロシコ。



そうそう、娘ですが、

いつの間にか「一人座り」が出来るようになってました。
IMG_0161.jpg

でも、「寝返り」や「ハイハイ」がまだ。

もうすぐ7ヶ月なんだけどね~。


息子は4ヶ月直前には寝返りが出来ていたので、前回の検診の時にファミリードクターに「もう6ヶ月なのに寝返りもハイハイもしないんですが、大丈夫でしょうか?」と訊いたら、


「この子はきっと “寝返り” も “ハイハイ” もしない子なのよ^^。 それらをスキップして、いきなり歩き出すタイプね~」


とアッケラカンと言われてしまったわ・・・。

息子は全ての順序を踏んでから歩くようになったので、ドクターが言った事に対し「そんな事、ホンマにあるんかよ!?」と半信半疑だったアタシ。

でも先日会ってお話したお友達の息子君が、まさしくその「順序を飛ばしていきなり歩くタイプ」だったんだって!!


ほんとにあるんだねー(@o@;)!


なんだか面白く(?)なって来たので、興味津々で観察して行きたいと思います。



これは先日、息子のドロップイン・クラスに行った時の帰り道の一コマ。
IMG_0167.jpg

息子、自分で「顔隠し」をしてくれてます。

かーちゃんの手間(ぼかし入れ)を省いてくれて有難う。


最近、更にぐんぐんぐんぐん大きくなって来て、車に乗る時以外は新生児用インファント・シートを使わなくなった娘。
IMG_0169.jpg

インファント・シート無しでも、安心してストローラーに “直乗せ” が出来るようになりました。

1歳未満の子供の成長って、本当に目を見張るものがありますなあ。


この直後に小雨がパラつき始めたので、写真撮影もそこそこにして家路を急ごうとしたところ・・・・


こんな光景を見つけて、一旦バッグにしまったカメラを再び取り出して激写。
IMG_0163.jpg

『兄妹で手を繋ぐ』 の図。


何気ない事なんだけど、ジワジワ~~~~っと幸福感がこみ上げてきた。

ラブリー過ぎるよ、君達・・・・。(親バカ発言で失礼★)


(このダブル・ストローラー、横幅があるので狭いドアとかを通るのに一苦労するんだけど、こういう場面を見ると「このタイプにして良かったな~」と思うわ。)


これからも、その調子で『仲の良い兄妹』で成長していってくれい!


2011.06.01 *Wed*

関連するかも?なツール

6月に入りましたねー。

いやー早い早い。

あっという間に一年の半分になっちゃった。

ダラダラしつつも子育てに追われ、それなりに書きたい事は色々あるものの、気力と体力がなーい。





日記を書く体力は無いのにプラグインで遊ぶ体力はあったりする。


トップ記事の下に LinkWithin をつけてみた。


日記の内容に関連するかも?しれない記事に、サムネイル付きで自動的にリンクを貼ってくれるツール。

完全な起動は設置から1~3日ほど掛かるらしいんだけど、まあ遊び感覚で設置してみましたよ。

ロードが遅くなったり、飽きたら外すかもー。

category : 日常

きゃびの「つぶやいちゃうわよ!」

更新祭り開催中!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2011年06月 | 07月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


プロフィール

きゃび

Author:きゃび
西日本の某県出身。1999年6月、日本にてドデカいカナダ人(旦那)に遭遇。その後何故か付き合う事となり、1年7ヶ月の交際を経て、2001年4月、日本にて結婚。転居先の愛知県にて三年半の新婚生活を送った後、2004年8月、移民権取得と同時にカナダ・バンクーバーに移住。2008年5月、第一子となる息子誕生。2008年12月にバンクーバー郊外の某市にお引越し。2010年11月、第二子となる娘誕生。2011年7月、愛猫二匹のうちの一匹だった愛猫“うらら”が天に昇りました。それから一年半後の2012年12月新たに雌猫のセリーナを我が家に迎え入れました。現在、旦那・息子・娘・愛猫ティファ&セリーナと共に「笑い大いにアリ、涙たま~~~にアリ、大噴火けっこうアリ」の、お気楽主婦生活を送っています。

我が家の息子、今いくつ?

2008年5月10日生まれ

我が家の娘、今いくつ?

2010年11月10日生まれ

最新記事

最新のコメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

Locations of visitors to this page

Copyright © Cabbit in Canada All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。