09
2
3
4
5
7
8
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
<< >>

This Archive : 2011年09月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.09.30 *Fri*

「トホホ・・・」再び車探しの旅へ

愛車をスクラップに出し、どこぞのアホンダラのせいで購入直前まで行った車をドタキャンされ、正真正銘「車が一台も無い」という状態になってしまった我が家。







「車が無い事には、車探しも難航する」




という事で、義姉の好意により、昨日の晩(木曜晩)から日曜日まで、義姉の車を貸してもらえる事になりました。


ありがたや~~~~~ありがたや~~~~~(T人T)。


お義姉さんには足向けて寝られませんよ、もう。


そんな訳で、旦那の仕事が終わった後、本腰を入れてディーラー巡りを開始しました。



そうそう



「個人から車を買う」という選択ですが、車購入の選択から外す事にしました。


というのも、個人で車を売りに出している人の殆どが「出来るだけ高く売りたい、とにかく早く売りさばきたい」という感じで、アタシ達が求めている “購入前” の「VINナンバーチェック」や「BCAA点検」にネガティブな反応を示す人が多いのね。

そういう人達から車を買うのは御免だし、点検をさせてくれたとしても要修理箇所が発見され、購入前にその修理を求めた途端に今回のように購入をドタキャンされてしまう事態に疲れてしまって。

( ↑思うに「親戚に売る云々」というのは嘘で、VINチェックもBCAA点検も求めてこない他の購入希望者が突然現れ、その人に車を売ったんじゃないかと。勿論、修理していない状態で。)


そんな訳で、今回は正規ディーラーが取り扱う中古車を購入する事にしました。

個人で買うよりも「?」な諸費用が掛かってしまうけど、既にVINチェック済みだし、ディーラーによってはBCAA点検済みな所も多いし、外装&内装もピカピカな状態だし、アフターケアも万全なので、個人から買うよりずっといい。


そんなアタシ達の「譲れない」希望としては



・故障が少ない日本車である事

・エンジンサイズは2.5L程で、燃費が良い事(セダン希望)

・ABSが付いている事

・年間走行距離が10,000km~15,000km辺りである事

・東部カナダから輸入されていない事

・交通事故によるエンジン、または周辺のrebuilt(再構築)履歴がない事

・身長約2mの旦那でもスッと運転席に乗り込め、脚周りにも余裕が出来る位のスペースがある事

・運転席を後方にフルスライドしても、後部座席にトドラーシートを置く為の十分なスペースがある事

・予算内である事




アタシの「拘らないけど、 ↑ の条件に加えてこうだといいな」の希望は


・ボディーの色が落ち着いたシャンパン・ゴールド

・車内の色が明るいベージュ色

・サンルーフにちょっと憧れる
(雨漏りが心配だけど)



旦那の「拘らないけど、こうだといいな」の希望は


・燃費の良い中型SUVに惹かれる

・サンルーフにちょっと憧れる
(雨漏りが心配だけど)






実は既に色々と調べ上げた上で「この車を買おう」と決めた車種があるのだけど、ひょっとしたらそれ以外でも運命の車に出会う事があるかもしれないので、本日は広範囲(幾つもの市を巡った・・・)に渡ってディーラーを巡りをする事にしました。


そんな中、興味本位でちょこっとだけ寄ってみた大手中古車専門ディーラー(ちなみに中古車専門ディーラーから買うつもりは無かったりする)で、気になる車を発見。
IMG466.jpg

日産の中型SUV 『X-トレイル』 です。


「燃費を考えると購入するのはセダンになると思うけど、SUVも魅力的・・・」と言っている旦那。


でも悲しいかな、車体の大きさの割にはSUVの運転席って狭い物が多いのです(逆に、車体が小さなミニ・クーパーは意外にも運転席が広く “高身長の人にお勧めの車” としてよく紹介されている)

燃費もセダンに比べると高燃費だしね。


「これも狭いだろうな~」と言いつつ、興味本位で旦那が運転席に乗ってみたら・・・・


「あら? なかなか良い感じじゃない?」


って感じのスペースが運転席にありました。


一気にボルテージが上がる旦那。


が、しかーーーーーーーーし!!


運転席を後ろにフルスライドすると後部座席に十分なスペースが無かった。

残念でしたー。



次に行ったトヨタ・ディーラーにて、こんな驚きの車を発見!!
IMG469.jpg

2001年 ISUZU 『Rodeo 4WD』 でございます。

これの何が「驚き」なのかと言うと、10年物の車にも拘わらず、走行距離が




脅威のわずか50,000km!!




10年物なら、100,000~200,000km は行っててもおかしくないのに!


ボディー&内装も、まるで新車みたいにピカピカ。
IMG470.jpg

サンルーフも付いていて、値段も予算内。

運転席も割と余裕があるとの事。


旦那は「ISUZUは射程圏外だったけど、惹かれるかも~~~」と言うんだけど、アタシ的には「ビビビッ」と来ない。

色&ボディーの形が好みじゃないんだなー。


でも念のためこの車の燃費を調べてみたら、更に驚きの事実が!


我が家の元愛車の燃費(7.1km/L)を遥かに上回る高燃費車(6.4km/L)である事が判明!


これで走行距離が異常に少ない理由が分かったわ。

こんな車をしょっちゅう運転してたら、ガソリン代が掛かってしょうがないもんね。


そんな訳で、この車もアッサリ却下!!





この後、ホンダ・ディーラーやマツダ・ディーラーを巡るも、収穫は無し。


娘はすっかり疲れてしまい、寝入ってしまいました。
IMG472.jpg

息子&娘、こんな寒い日に連れまわして御免よ~~。



「子供達も疲れてるみたいだし、今日はここで最後にしよう」と言ってやって来たのは、我が家からは少し遠くにある日産ディーラー。

このディーラーが取り扱う中古車は全て「VINナンバーチェック&BCAA点検済み」なので、安心して購入できるのよね。



実は「これを買おう」と決めている車種は日産の車でして。



だから「ひょっとしたら、ここで運命の車に出会えるんじゃないか」と思って、嫌が応にも期待で鼻の穴が膨らむわ!




アタシ達がディーラーに到着した時は午後6時を過ぎた頃で、本日の営業は終了してしまったらしく、販売員は一人もおらず。

でも屋外展示場はオープンのままだったので、誰にも気兼ねする事なく、気ままにブラブラ車を見て廻れました。


ここで旦那の目に付いたのがMazdaのSUV 『Tribute』。
IMG474.jpg

まだSUVに未練がある旦那、この車を試乗したがっていたけど販売員がいないのでそれは叶わず。


「今回は “運転席が広く、燃費の良いセダン” とターゲットを決めているんだから、いい加減、諦めなさいよ!!未練がましい!!」


と旦那に言いつつ、ニッサン製の中古車エリアに足を進めると・・・・



いたーーーーーー!!!! お目当ての車!!!

IMG477.jpg


2003年製 『日産アルティマ 2.5SL』 です!!



IMG481.jpg


日本車として初の『北米カー・オブ・ザ・イヤー』を受賞したモデル。

色といい、形といい、何処から見てもアタシの好みにドンピシャリ!!


実はですね、先日ドタキャンされた車もこの車と全く同じ『2003年製 日産アルティマ 2.5SL』だったんですよ。

あの車はボディーは黒、車内はブラック・レザーシートだったけど、今、目の前にある車はアタシが希望していた


・車体の色が落ち着いたシャンパン・ゴールド

・車内の色が明るいベージュ色

・サンルーフにちょっと憧れる



という条件を、全て満たしているではないの~~!!!


車内の色はベージュ&ブラウンで、シートはベージュのレザーシート。


これはドタキャンされた車より、アタシの好みにハマりまくってるじゃないの!



これは運命、運命なのよ。




そう、デスティニーなのよ!!!




勿論、



「ビビビ~~~~ッ!!!」



と来ましたわよ!!!




ちなみに、何で「アルティマ」が欲しいのかというと、


・同クラスセダン
(トヨタ・カムリ、ホンダ・アコード(日本名インスパイア))と比べてもダントツの車内スペースを誇る

・旦那が何処にも脚をぶつける事無く、ス~ッと運転席に乗り込めるほど運転席が非常に広い!

・運転席と後部座席の間に十分な間隔がある

・この先十年経っても見劣りしないであろう、スタイリッシュなデザイン

・燃費もそこそこ良い



といった理由。

アタシ達の求めるニーズを全て満たした車が、この「2001~2004年製アルティマ」だったのです(他の年式のアルティマは見た目があまり好みでない。特にバックライトが)。


車のフロントガラスに貼り付けてあった情報(値段やマイレージなど)を旦那と見た結果、二人で顔を見合わせ、



「これ、買おうか」



と満場一致で合意。








生憎、販売員が今いないので、明日また出直す事にしました。


明日といえば・・・・・午前中から午後過ぎにかけて息子のプリスクールが主催するパーティーがあるのよね・・・。

そのパーティーに参加している間に売れないといいのだけど・・・。


でも、ようやく「運命の車」に出会えた気がして、嬉しくて仕方が無い。

何とかこの車を手に入れる事が出来ますように!!!

スポンサーサイト
category : 車購入奮戦記

2011.09.29 *Thu*

車購入・9月の進行状況。

すっかり放置プレイ状態の当ブログ。

いえね、車が無いものだから、息子のプリスクール以外はずっと引き篭もり状態でして、な~んにも書く事が無かったの。

それに育児をしつつ朝から晩までネットで車探し、そして目に止まった車のオーナーやディーラーに問い合わせをしていたので、ブログ更新する時間なんてゼロでしたわ。

そんな慌しく落ち着かない過去2週間でしたが、車の進展状況を少し。



●5年間ありがとう、そしてサヨナラ●

IMG_2085.jpg

9月26日、日本を襲った台風の名残を受けた激しい風雨の中、我が家で5年間頑張ってくれた愛車がスクラップ場に牽引されて行きました。

牽引されていく車を眺めながら


「 Bye bye, my green car ....... 」


と呟く息子。

この5年の間、この車はアタシ達を色んな所に連れて行ってくれたっけ。

遠方のサスカチュワン州まで往復したし、シアトルにも行ったし、通勤や出産時にも大活躍してくれました。

今まで本当にありがとう。


スクラップ場では即座にスクラップにされるのではなく、使えるパーツは再利用されると聞いたので、使える部分だけでも、これからも頑張ってくれるといいなあ。




●いよいよ車購入・・・・・・と思ったのに!!!●



車を探し始めて結構早い段階でアタシ達のニーズに合う車が見つかりました。

それは個人所有で売りに出されていた車で、その人と早速交渉を開始。

でも焦って屑車を掴むのはイヤだったので、テスト運転時には車に詳しい義父に一緒に行ってもらってザッとチェックして貰ったの。

それ+VINナンバー(車両番号)で事故履歴や東部からの車ではないか等の確認&走行距離に改ざんが無いかを確認したり、BCAA(日本のJAFのような機関)に依頼して車の総点検をして貰うという念の入れよう。

その結果、VINナンバーチェックでは問題は見つからなかったのだけど、総点検では「要・修理箇所」が発見されたの!

点検して下さった人に依ると「これは現持ち主が、売る前に直すべき」との事だったので、「その要修理箇所が直り、それを証明する物を確認する事が出来たら、この車を買います」と持ち主に伝えたのね。

で、持ち主もそれに同意し、持ち主から知らされた修理終了日(我が家の車をスクラップに出した翌日)に会って車を購入するべく、持ち主に連絡を取ったの。







持ち主、メールに返信をして来ないばかりか、電話にも出ない。

旦那と「嫌な予感がするね。」と言いつつ一夜を明かし、翌朝メールを確認してみたら車の持ち主からメールが届いていて、その内容は






「親戚がこの車を買いたいと言ってきたので、彼に売る事にしました。

ここまで来て御免なさい。」







・・・・・・・・・・・・・・・・・。







そんなら最初っからネットに広告なんか出してんじゃねーよ!!!


これじゃあまるで、その親戚とやらの為にアタシ達が点検費用を出してやったみたいじゃないさ!!!


ふざけんなーーーーーーー!!!


この車を購入する事を念頭にして我が家の車を昨日スクラップに出したのに、これで正真正銘、



「車が一台もない状態」



になってしまった我が家。


旦那はカープールがあるので通勤に支障はないけど、息子の日本語学校は車を購入するまで休ませるしかないのか・・・。

買い物も車がないと大変だし、こんな状況になるとつくづく、車がなくても生活が成り立ったバンクーバー市内での生活が恋しくなる。


あ~もう疲れた。

毎日の車探し、今回の痛手、なんだか本当に心と身体に余裕がなくなって来たわ・・・・。


とまあ、9月後半こんな感じの状況なのでした。

category : 車購入奮戦記

2011.09.16 *Fri*

早速の洗礼&困ったフレーズ

先週から地元のプリスクール&日本語学校に行き始めた息子ですが、今週は火・木のプリスクールも、本日の日本語学校も、酷い風邪を引いてお休みしないといけないハメに。

もう、いきなり“集団生活の洗礼”を受けた感じです、はい。

日本語学校はともかく、プリスクールはとても楽しく通っているので、早く元気になると良いのだけど。


さて、そんな息子、プリスクールに行き始めた当日から気になる言葉を言い始めたの。


それは




「I said I'm sorry」 (ごめんって言ったじゃない)




という言葉。



息子が謝らなくちゃいけないシチュエーションになった時、まだ「I’m sorry」と言ってもいないのに「I said I'm sorry」 という言葉を先に言うようになってしまって。


「まだ “ごめんなさい” って言ってないでしょ? 言ってもないのに『言った』なんて言っちゃダメじゃない」と教えるんだけど、どうも本人の頭にこのフレーズが強烈にこびり付いてしまっているみたいで、謝る場面になると真っ先に「I said I'm sorry」と言うようになってしまった・・・。


プリスクール以前にはこんな事言った事なかったので、きっとプリスクールに通っている子供の誰かが言ったフレーズを新鮮に捉えてしまい、そのままインプットしてしまったんだろうけど、これにはほとほと困ってます。

逆に、うちで覚えさせてしまった言葉がプリスクールの他の子供達に悪影響を与える事もあるかもしれないと思うと、家庭での言葉遣いには本当に気を付けなきゃいけないな~と思います。


子供が学校に行くって、そういう事にも気を配らなきゃいけないのね・・・。


それにしても、日本語を教えるのですら四苦八苦しているのに、今度は英語でトラブルかよ~と思うと、「言葉って、本当に難しい・・・・」と頭を抱えてしまう今日この頃なのであった・・・。




●おまけ●

毎朝、TV JAPAN(日本語専門チャンネル)で『ピタゴラスイッチ』『いないいないばあ』『おかあさんといっしょ』を娘と一緒に観ている息子。

その『おかあさんといっしょ』の中で最近、息子が
ハマりまくっている曲がありまして。

何処にいてもこの曲が始まるとTVの前に駆け寄ってきて、TVの前で曲に合わせて踊る、踊る!

そのクネクネダンスがなんともオモシロ可愛くて(←親ばか)、朝から爆笑している母なのでした。


あ~、おでん食べたい・・・・・。

category : 息子の成長

2011.09.11 *Sun*

2代目求めてディーラー巡り

本日も義姉がベビーシッターに来てくれる事になり、義姉の車を借りて旦那と二人、新車を求めてディーラー巡りに行く事にしました(お義姉さん、本当にありがとう~~~!!!!)。


やって来たのはリッチモンド市にある『Richmond Auto Mall』

ここは “オート・モール” という名にふさわしく、一箇所に沢山のカー・ディーラーショップが立ち並んでいる場所なのでございます。

短時間で沢山のディーラーショップを効率的にまわる事が出来るので、カーハントするには非常に便利(ただし、三菱とスバルは入ってません)。


そしてこのオート・モールでは、



なぜか、野うさぎが大量繁殖しています!!
IMG452.jpg

IMG_2055_20110921155154.jpg

IMG_2056.jpg

IMG_2058.jpg


これは親子。 かわーいいいいいいいい!!!
IMG_2059.jpg

こんな感じに、オートモールの敷地内を大量の野うさぎ達が自由に徘徊しまわってるの。

なんでも、誰かがペットのウサギを数羽この地に放ち、それからどんどん繁殖していってこの状態になったのだとか。


さすが「子孫繁栄の象徴」なだけあるわね。


その名に恥じない繁殖っぷり!!



ある意味、このオートモールの “名物” になってるそうですよ。



おっとっと、思わずウサギの話に熱中しちゃって、もう少しでウサギの話だけで終わるところだったわ。


そうそう、ここにはカーハント・・・というか、どんな車がどんな価格で売られているのかチェックに来たのよ。

それと、出来れば実際に旦那を運転席に座らせてみて、どんなメーカーのどんな車種なら彼の約2mの身体にフィットするのか、それを確かめるのも今回ここに来た目的。

彼の身体にフィットする車種が分かれば、ネットで中古車を探す時にターゲットを絞り易いので。


今回ターゲットにしているのは日本車のセダン。


今乗ってるフォードのステーション・ワゴンはとにかく燃費が悪く、5日~6日に一回はガソリンを入れてて、ガソリン代だけで月に400ドル近く払ってたんだよね。

なので、今回はとにかく「燃費」を重視して日本車のセダンを購入する事に決めたの。


なのでハイブリッド以外のセダンでは結構燃費がそこそこ良い方の部類になるマツダの『マツダ3』を候補の一つに入れてたんだけど、いざ実際に乗ってみたら・・・・運転席が旦那には狭すぎた・・・。


で、


色々と試乗していたら、とあるディーラーにて2007年式トヨタ・カローラを発見。

値段も予算内ギリギリだったけどなんとかいけそうだったので、旦那が運転席に座ってみたの。


そしたら


「運転席は余裕がある訳ではないけど、サイズ的には悪くない」


との事。


燃費も調べてみたら、(11km/ L ) と、我が家の車の(7.1km/L ) に比べればかなりいい感じ。

ちょっと興味が沸いたので、ディーラーさんに「お試し運転したい」と伝えたところ、


「実はあと30分で閉店時間なんです。

当店では『24時間試乗』というのをしているので、それで試してみますか?」



と言われ、二つ返事でOKし、アタシが家までお試し運転をする事に(旦那は義姉の車を運転)。





で、





運転してみた感想としては・・・・・・



うーん、なんかブレーキの効きが悪い感じ。



減速する際に徐々にブレーキを踏み込むんだけど、踏んでも踏んでもスピードがなかなか落ちない感じ。

だからブレーキをグンッと踏み込むんだけど、そしたらガクンって振動が起こるのよ。

これはちょっとヤな感じだわ。



家に着いた時、ちょうど大家さんがガレージで作業をしていたので、ちょっと車のチェックをしてもらう事に。


まるで探偵みたいに素人のアタシ達はチェックもしないような場所を隅々までチェックしてく大家さんを見て、旦那と「すごーい・・・」と言いながら眺めていたら、チェックが完了。

大家さん曰く


「この車、ABSブレーキが付いてないね。 雨の日や雪の日にABS無しで運転するのはキツイかも。

それと、この車2007年製だよね? その割には走行距離が多いよ
(約80,000km)

ウェブサイトではよ『年間25,000kmが平均走行距離』と言われてるけど、実はそれはアメリカを基準にした数値であって、カナダでは実際は『年間10,000km』が平均走行距離になるんだ。 だからこの車ならマイレージは40,000km辺りの方がいい事になるね。

あと車の裏を見てみたんだけど、所々にサビが確認できる。 以前、オンタリオで走っていた車を数台整備した事があるんだけど、あのサビ付きに良く似ているんだ。 

オンタリオは豪雪期に大量の塩が道路に撒かれるんだけど、それが車の底をサビ付かせてしまうんだよ。 この車も東部カナダからBC州に輸入された物かもしれないから、気をつけた方が良い。」



だそうで。




・・・・・・・・・。




そこまで言われてこの車を買うなんて、有り得ないっしょ!!!!


おまけに、旦那が座って快適な状態にキープしたままの運転席の後ろに娘のトドラーシートを乗せてみたら・・・、トドラーシートと運転席がもう少しでくっつく位、シートの前後が密着してしまう事が判明。

どっちにしても「トヨタ・カローラは、我が家には小さすぎる車である」という事が分かりました。

明日、ディーラーに車を返却する際に購入は断ろう・・・。


しかし、アタシ、大家さんに指摘されるまで「ABS」なんていう物がある事を知りませんでしたー。

(ABSに関しては
コチラを参照の事)


ちなみに、うちの壊れた車にはABSが付いてるそうな。

だから今回この試乗車を運転した際にブレーキに違和感を感じたのか。


なにはともあれ、今回チェックしてもらった事で



・ABS装備である事

・走行距離が年数×10,000km前後である事

・オンタリオでの走行履歴がない事




という3つの項目が車探しの条件に追加されました。




・・・・・どんどんピッキーになって来てるような気がするんだけど、



こんなんで見つかるのかよ、車!!!


あ~~~、もう本当に車探しってイヤ。 イヤイヤイヤ。


一日も早く、運命の車に出会いたい~~~~!!!!

category : 車購入奮戦記

2011.09.10 *Sat*

車がオシャカ&一日早い『12年記念日』

昨日は息子の『日本語幼稚園デビューの日』だったのだけど、その後にエライ展開が待ちうけていました。




なんと我が家の車がオシャカに!!!




いや、正確に言えば「近々、オシャカ決定」って感じかしら?


なんかね、3週間ほど前からブレーキを踏んだ時にシートの下で「ガガガガガッ」って感じの音&振動を感じてたのよ。

それは最初は小さな音で、助手席に座っていたアタシにしか聞こえなかった音&振動なのね。

で、3週間の間にその事を旦那に何度も話してたんだけど、旦那は「自分には聞こえないし振動も感じない。気のせいじゃない?」と言って真剣に取り合わず。


ご存知の方はご存知だと思うんだけど、


アタシ、車の故障に関してはかなり敏感に察知できるの。

ちょっとした些細な事でも何かを感じて「これはおかしい。あの辺がおかしくなってるのかも」と思った箇所に十中八九の確立で異変が見つかるの。



で、旦那はその真逆。



もともと車に関心が無い人なんだけど、それは車の内部に関してもそうで。

関心が無いので「通常」と「異常」の区別が付かず、故障箇所をどんどん悪化させてしまうタイプ。

しかも旦那は「自分よりも妻(アタシ)の方が車の故障を見つけるのが得意」という事を知っているのにも拘わらず、実際に自分自身で故障を実感するまで動かないため、余計にタチが悪い。







今回もアタシが3週間前から「異常」を訴えていたにも拘らず何も行動に移さなかったので、異常が更に悪化し、シート下の音&振動が旦那でも気付く程の大きさになってしまった!


流石に「こりゃマズイ」と思ったのか、車両整備プロの大家さんに見てもらう事に。


まず最初に大家さんに電話で状態を話した時は「ブレーキパッドが原因かも」という事だったんだけど、実際に車の下を見てもらったところ、



「ブレーキパッド以前に、ハンドル操作を指令する部分と前輪を繋ぐ部分が壊れて外れかけてる。

今まで事故にならなかったのはラッキーだよ。

走行中、いつハンドル操作が不能になってもおかしくない状態だから、この車は運転しない方がいい。

それと、タイヤの磨耗が激しいね。

もし警察に止められてタイヤチェックをされたら、罰金を受けるレベルだよ。」




ですって~~~~~!!!


もう、もう、もう、大ショック!!!


アタシったら今日、こんな「いつハンドル操作が不能になってもおかしくない状態の車」で、子供二人を乗せてバンクーバー市内を走り回ってたわ!



しかもこないだなんてシアトルくんだりまで行っちゃったし!!


無知というのは、本当に恐ろしい・・・・ブルブルブル。


そこで旦那が大家さんに「これをガレージに修理に出すとしたら、料金はどれ位になるのかな?」と訊ねたところ、



「1200ドルくらいかな。 

それと、タイヤも交換が必要だから、修理代と合わせてトータルコストは2000ドルってところだと思う。 

・・・・・・でもハッキリ言って、この年式(94年)のフォ●ド車に2000ドルの修理代をつぎ込むのは、あまりお勧めできるチョイスではないよ。 

思い切ってこの車には見切りをつけて、もっと年式が新しい、故障も少ない日本車を買ったほうがいいと思う」




というアドバイスを貰いました。


今までは修理代が数百ドル単位だったので「コレ位なら・・・」と修理して来たけど、今回はタイヤも含めて2000ドル。

アタシも旦那も、その金額を聞いた時点で大家さんに言われるまでもなく



「もう、買い替え時だ」



という言葉が頭に浮かんだわ。


もともとこの車を買った時も


「5年乗れればラッキー。5年後にはもっと良い車が買えるだろうから、それまではこの車で頑張ろう。」


って言ってたのね。


この車を買ったのは2006年3月だから、今年でちょうど5年目。


なんだか、運命を感じるわ・・・。



とまあ、そんな訳で、



車を買い換える事にしました!!!

今回は2000年台の日本車を狙います!!




・・・・って言っても中古だけどね・・・。(カナダは車が高いのだー)



あ~~車探しって面倒くさいから大嫌い。

大嫌いだから、とっとと次の車が見つかってくれますように。





なんだか車の話が主で、コレに関しては「どうでもいい感」が無きにしもあらずなんだけど、




明日はアタシと旦那の「交際12周年記念日」なんですよ。




今日はたまたま義姉がベビーシッターに来てくれる日だったので、子供達をお願いして一日早い記念日ランチに行く事にしました。



といっても、全く記念日らしくない『White Spot』(ちょっと高めのファミレス)でのランチなんですが~~~~。
IMG450_20110919155230.jpg

今年は大きな出費が続出の年ですからね!! 


節約、節約!!


それに子供達がいない「夫婦二人だけ」の状態であれば、何処に食べに行っても「ロマンチック状態」になるのよ!!・・・・と自分に言い聞かせてみる。


ちなみにアタシが食べてるのはChicken, Broccoli & Cheeseっていう料理なんだけど、



めちゃくちゃ美味い・・・・!!!



カレー風味のクリームソースにチキン&ブロッコリーが入ってて、その上にトロけたチーズがどっさり乗ってるんだけど、もう美味くて美味くてどうしようもないのよ、これが。

ディナーメニューにしか載っていないんだけど、アタシはランチ時でもオーダーして作って貰い、リピしまくってるわ。

それくらい、美味い!

家でも同じ物が作れないか、ちょっと実験してみよう。



あ~あ、記念日だというのに書いてる事は食べ物の事ばっか。

まあ、12年にもなればこんなものだわよね。

category : 車購入奮戦記

2011.09.09 *Fri*

日本語幼稚園デビュー

先日のプリスクールデビューに続き、本日、



息子、日本語幼稚園デビューしました~。



今日から週一で3時間、お弁当を持って通います。

いや~幼稚園に着いて先生に息子を託した時は、本当に心配で心配でどうしようもなかったわ。


だけど息子、アタシの心配をよそケロリとしてパ~~ッとオモチャに向かって走っていってしまった・・・。


まあ、泣かれるよりは後ろ髪引かれる思いが少なく済んでいいのだけどね・・・。

そして教室を離れる際に先生に


「うちの息子、英語オンリーで日本語が殆ど話せないんです。 それもあってご迷惑をお掛けする事があるかと思いますが、何とぞ宜しくお願い致します・・・」


とお願いしました。



そうなの、



うちの息子、日本語が殆ど話せません。



数ヶ月前の2~3語文でしか話せなかった状態が嘘みたいに、今ではセンテンスをペラペラ喋るようになったのだけど(でも同年代の子と比べたら、まだたどたどしい)、それが全部英語なのです。

出来るだけ日本語で話しかけたり、日本語の本を読んだり、TV JAPAN で「ピタゴラスイッチ」や「おかあさんといっしょ」を観させてるんだけど、彼の口からは日本語が一切出て来ない。



出てくるのはぜ~~~~~~~んぶ英語のみ。


旦那は息子にほぼ100%英語で話し掛けてるし、アタシもついつい、息子が理解できる言語(英語)で咄嗟に話しかけてしまう事が多いのも、問題の理由の一つなのかも。

ネイティブな日本語が話せるのは我が家ではアタシ一人なのだし、アタシが徹底して日本語を喋らなきゃいけないのにね・・・。

ほんと、ダメダメな母親です。


息子が英語を解する事で地元のプリスクールに関しては言語の不安が全く無かったのだけど、本日の日本語幼稚園は息子が理解できない日本語オンリー。

アタシにとっては地元プリスクールに入れる不安よりも、こちらに入れる不安の方が断然大きいのです。


なので、息子と離れていた3時間は「開放感」よりも「心配」な気持ちの方が心を占めていて、なんとも息苦しい感じに襲われていたのでした。



そして息子を幼稚園に預けて3時間後------



お迎えの時間が来て教室に入ってみると、息子の姿が無い!


教室中見回してもあの子の姿が無くて「いったい、何処に!?」と思いキョロキョロするも息子の姿は何処にも無し。


「ひょっとして、ここから死角にある本棚コーナーにいるのかも?」と思い、行ってみると・・・・やっぱり、いた!!


もう、こんな所で何やってるのよ~~~!!!


ようやく見つけた息子をトイレに連れて行って用をたさせ、帰り支度をし、先生にご挨拶。

先生に「今日、うちの息子の様子はどうでしたか?」と恐る恐る訊ねると、



「大丈夫でしたよ^^ 泣く事もありませんでしたし。

ただ、やはり日本語をあまり解していないようですね。

日本語の指示には反応しないのですが、英語で指示するとちゃんと出来るんです。

もうちょっと、お父さんとお母さんが御家庭で日本語を使って頂けるといいですね。

あと、お弁当が少し大きいようです。

あまり食べ物が多すぎると時間内に食べきれず、早く済んで遊んでいるお友達を見て更に食べる事に集中出来なくなってしまいます。

なので、次回からは少しだけお弁当を小さくして下さいね^^」



と「すみません・・・。はい、すみません・・・。今後気を付けます・・・・」といった感じに、聞いている内に小さく小さく縮んで行ってしまうようなお話をして頂きました・・・。



日本語、やはり難ありだったか・・・。



お弁当も「ちょっと多いかな?大丈夫かな?」って思ってたんだけど、やっぱり少し多かったか。

張り切っちゃったからなあ。

次回からは気を付けます・・・。


一日行っただけなのに、色々と実感する事、気付かされる事が多かった日本語幼稚園。

息子にもアタシにも旦那にも、色々と課題が浮き上がった日本語幼稚園第一日目だったのでした。


そして、息子にとっては理解できない言語で内容が進む日本語幼稚園。

息子がこれから先、嫌がらずに通ってくれるといいのだけど・・・。


category : 息子の成長

2011.09.06 *Tue*

息子、プリスクール・デビュー

ここの所ず~~~っと快晴が続いているバンクーバー地方、今日も朝からピーカンです。

そんな朝からピカピカ天気の本日、




息子がプリスクール(保育園)デビューしましたー。
IMG_1994_20110916152056.jpg

バックパックに着替えとスナックを詰めて、プリスクールにしゅっぱ~つ。


なんだかバックパックに背負われてる感じです。
IMG_1996_20110916152056.jpg

我が子がバックパックを担ぐようになるなんて、なんとも感慨深いものがあります。



朝日が気持ちいい中、娘をキャリアーに入れて抱っこし、息子と手を繋いでホテホテとプリスクールへ。

息子のペースで歩いたので3分ほど掛かったけど、あっという間にプリスクールに到着しました。

息子をプレイルームに放流し、そこから離れる際、息子は「マミ~、一緒に遊ぼう~。 マミ~、どこ~?」と言ってアタシを探していたんだけど、先生に「あの子は大丈夫。お母さんは帰ってもいいですよ^^」と言われ、「何卒、息子をお願いします」と先生方にお願いし、後ろ髪引かれる思いでプリスクールを後にしたのでした。


ああ、心配。

ちゃんと楽しく時間を過ごす事が出来るかしら????


そんな気持ちを抱えたまま帰宅し、娘をリビングに放流。
IMG_2004.jpg

IMG_2010.jpg

二人目のさだめで、いつもは遊び場&マミーを独占できない娘。

でも今日は2時間も両方を独占できて満足げ?

こういう時間が娘にも必要だと思っていたので、プリスクールで息子が家を2時間(通常は2時間半)不在にするのはバランス的に良いのかも。


娘が一人遊びに興じている間、アタシは遅めの朝食を食べたりしてノンビリ。

後は娘とじゃれ合ったり。


「子供一人だけの生活って、こんなにノンビリしたものだったっけ?」と思ってしまったくらい、リラックスタイムを満喫できた2時間でした。


そして午前11時、プリスクール終了時間の5分前に自宅を出て息子のお迎えに。


「泣いたりしてないかしら?」


なんてドキドキしながらお迎えに行ったんだけど、息子、アタシを見つけた途端、満面の笑顔で「マミー!」と言って走り寄ってきたのでした。


見た感じでは、プリスクール初日は楽しめたみたい??


気になって先生にも様子を訊いてみたんだけど、「泣く事も無く、楽しく過ごしてたわよ~^^」と教えてもらえ、一安心。

持っていったスナックも、キレイに食べてました。


あ~~~~良かった!

この調子なら大丈夫そうかな?

ではではプリスクールの先生方、これから週二回、息子をお願い致します~。



そして息子、プリスクール入園、おめでとう!!

category : 息子の成長

2011.09.01 *Thu*

ハイハイしました~。

生後10ヶ月を目前にして、遂に娘が「ハイハイ」をしました~。


「ふんふんふん」
haihai.jpg


これまでは床にペタンとつけたお尻を軸にし、360度回転するだけだったんだけど、本日、いきなりトコトコトコっとハイハイを始めたの。

なんだか一度コツを掴んでしまえば後は楽勝みたいで、ハイハイ初日だというのに結構部屋中を徘徊していたわ。

この子に関しては「ハイハイ」を飛ばして、一気に立って歩き始めると思ったんだけどね~。

先月後半から歩く練習も始めたところだったし。
IMG_1757.jpg

あら、娘の後ろに毛むくじゃらのグリズリーが写ってますね。 失礼しました~。


ちなみに、寝返りだけは未だにしないのだけど、寝ぼけたまま


仰向けの状態からムックリと起き上がるのよ、この人!


こないだなんて、ムックリ起き上がったのはいいんだけど、その体勢から寝ぼけたまま前転し、危うくベッドから落下しそうに!


隣に寝ていたアタシが寸前で娘を掴んで事なきを得たけど、真夜中なのに一気に目が覚めたわ。

息子はこんな予想外の動きはしなかったので、娘の動きには驚く事しばしば。

「兄妹なのに、こんなにも成長過程が違うとはね~」としみじみ思う今日この頃なのであります。


しかし、ハイハイをしてなかった時は育児が比較的ラクだったのに、ハイハイを始めた事で一気に育児が大変になったわ。



「あ~~そっち行っちゃダメ~~!」

「あ~~~それ触っちゃダメ~~!」

「それ、僕のオモチャ~~~!」



って感じにアタシ、旦那、時に息子は娘の周囲でバタバタ。

で行く手を阻まれる度に娘は「びえ~~~~~~!!!」っと号泣。


あ~~やれやれ。


歩き出した日には、このチビッこいの更に振り回されそうだわ、こりゃ。

category : 娘の成長

きゃびの「つぶやいちゃうわよ!」

更新祭り開催中!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2011年09月 | 10月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


プロフィール

きゃび

Author:きゃび
西日本の某県出身。1999年6月、日本にてドデカいカナダ人(旦那)に遭遇。その後何故か付き合う事となり、1年7ヶ月の交際を経て、2001年4月、日本にて結婚。転居先の愛知県にて三年半の新婚生活を送った後、2004年8月、移民権取得と同時にカナダ・バンクーバーに移住。2008年5月、第一子となる息子誕生。2008年12月にバンクーバー郊外の某市にお引越し。2010年11月、第二子となる娘誕生。2011年7月、愛猫二匹のうちの一匹だった愛猫“うらら”が天に昇りました。それから一年半後の2012年12月新たに雌猫のセリーナを我が家に迎え入れました。現在、旦那・息子・娘・愛猫ティファ&セリーナと共に「笑い大いにアリ、涙たま~~~にアリ、大噴火けっこうアリ」の、お気楽主婦生活を送っています。

我が家の息子、今いくつ?

2008年5月10日生まれ

我が家の娘、今いくつ?

2010年11月10日生まれ

最新記事

最新のコメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

Locations of visitors to this page

Copyright © Cabbit in Canada All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。