12
1
2
3
4
7
9
12
14
16
17
21
22
26
27
28
29
30
<< >>

This Archive : 2011年12月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.12.31 *Sat*

2011年 大晦日

カナダ西海岸はあと1時間ちょっとで新年を迎えます。

日本の皆さん、明けましておめでとうございます。

楽しい元旦を過ごしていらっしゃいますか?


我が家の大晦日ですが、今年は御節も早めに仕上がり、子供達も早々に寝付き、例年になくのんびりした大晦日を過ごしています。

子供達を起こしたくないので、恒例の除夜詣では今年はなし。

明日、初詣に行く事にします。



さて、今年一年を振り返ってみると・・・・



日本で、世界で、我が家で、本当に様々な事が起こった2011年。

自然災害によって、これまで以上に沢山の尊い命が奪われた2011年でした。


東日本大震災、ニュージーランド地震、トルコ東部地震・・・・・我が家に関しては、今年7月、家族の一員として7年間一緒に暮らしてきた愛猫うららが天国に旅立ちました。



この一年ほど「命の尊さ」について考え、涙した一年はなかったと思います。

この一年ほど「生きて、生かされている有難さ」を実感した一年はなかったと思います。

この一年ほど「忍耐」、「勇気」、「愛」を目の当たりにした一年はなかったと思います。


そして 「日本」 という国に生まれた事を、心から誇りに思った一年でした。



来年は、日本が、世界が、皆さんが、我が家が、穏やかな笑顔で包まれる一年になりますように。



今年一年、我が家の徒然日記にお付き合い下さり、有難うございました。

2012年も、宜しくお願いいたします。



2011年 大晦日

管理人 きゃび
スポンサーサイト
category : 日常

2011.12.25 *Sun*

メリー・クリスマス!

いよいよクリスマス当日になりました。

朝7時半に起きた息子、真っ先にリビングに駆けていき、暖炉の前に山積みになったプレゼントを見て
IMG_3201.jpg




「ワ~~~~~~オ! サンタさんが来た!!!」




と驚き&喜びの第一声☆

それをベッドの中で聞いていたアタシと旦那、お互い顔を見合わせてニンマリ。


すぐにプレゼントを開けさせたいのはやまやまなんだけど、義母&義姉から「子供達がプレゼントを開けているところを見たい!」というリクエストがあったので、クリスマス・ストッキング(←お菓子が入っている)だけ開けさせて、あとは彼らが来るまで我慢してもらう事に。

「やだ~~~!」って言われるかと思ったけど、息子、聞き分けよくちゃんと義家族が到着するまで我慢してくれた。

この辺に、息子の成長が感じられてちょっと感動する母なのであった。



今日は昨日に引き続き、朝から部屋中に掃除機をかけたりして大忙し!

子供達を着替えさせたり、自分の身支度をするだけでもあっという間に時間が経っちゃう。


そんな風にバタバタしつつ、午前10時の義家族到着10分前にようやく準備が完了。
IMG_3209.jpg

アタシはスナック&デザート担当なんだけど、後でターキー・ディナーを食べる事も考え、今回準備したスナックはこれだけ。


・チョコレート
・クリスマス・クッキー三種
・野菜スティック
・ナチョチップス&サルサ


ジンジャー・ブレッド・ハウスは飾りね、飾り。


ちなみに、このチョコレート達、
IMG_3208_1.jpg

旦那の同僚さん(カープールしてる人ね)が、彼女の娘ちゃん達&旦那さんと一緒に手作りしたもの!!

先日クリスマス・ディナーにお呼ばれした時にお土産で頂いたんだけど、売り物だと思った!!

いや~凄いわ、ほんと。


ちなみに彼女曰く、



「チョコレートは市販品を買ったほうが数倍安いわ!! 今年は好奇心で作ったけど、多分、来年は作らないと思う!!」



だそうです。


でも本当に凄い。 尊敬~~~☆




そうそう、本当はこの日の為に新調した真紅のテーブルクロスを使いたかったんだけど、初っ端から娘に端っこを引っ張られ、その瞬間


「もしこの上にスナックやデザート、料理を置こうものなら、端から引っ張られて全部床にドシャン・・・」


という展開が頭に浮かび、むき出しテーブルのままセッティングする事に・・・・(涙)。

来年は、もうちょっとオサレ・セッティングが出来るかな・・・??


彼らが持ってきてくれたターキー・ディナーのセットをオーブンに入れて温めを開始し、スナックをつまみつつ、家族全員が揃ったところで、息子が待ちに待った「プレゼント・オープン」の時間になりました。
IMG_3213.jpg

一つ一つを大喜びしながら開ける息子。

良かったね~~~^^


ちなみに、後ろに写っているプレゼントの殆どは息子と娘の為のプレゼント。

アタシ達夫婦、アタシの両親、義両親、義兄一家、義姉カップルからのプレゼントだから、かなりの量。

全部を開けるのに1時間ほど掛かったわ^^;


娘も自分でペリペリ紙を破いてプレゼントを開けてました。
IMG_3212_20111229162338.jpg

来年は、もっとクリスマスが楽しめるようになってるだろうね。





さて


プレゼント・オープンの後はお待ちかねの『ターキー・ランチ』です。
IMG_3219.jpg


このターキー、一羽を縦半分に切ったサイズなんだけど、かなり大きい!!

半分なのに5キロ以上あって、軽く20人前はいけるんじゃないかと。


付け合せも特大!
IMG_3221_20111229162337.jpg


これ、一つ一つがクッキーを焼く時に使うベーキング・パンと同じ大きさがあるのよ~~。

この写真を撮った時点で全員が取り終っていたんだけど、あまりにも量が多く、ターキーも付け合せも、写真の通り余っちゃった。


「タッパーならあるから、各自取り分けて家に持ち帰るのはどうだろう?」と提案したんだけど、みんな「要らない」との事。


結局、我が家が一つのタッパー分だけ取って、あとの残りは義母の提案でそっくりそのまま寄付する事に。

色々と電話をかけ、最終的に寄付をする先として決めたのは、ホームレスが多数いるダウンタウン・イーストサイドにあるボランティア団体『サルベーション・アーミー』。

今日持っていけば、明日のボクシング・デーにはホームレスの人達にターキー・ディナーが振舞われるそうで。


もともと「ボクシング・デー」って、『余ったクリスマス料理を箱に詰め、恵まれない人々に寄付した』っていう説が起源と言われたりしてるんだよね。


それを考えると、「今年はクリスマス・スピリッツに満ちたクリスマスを過ごしているな・・・」と思うのと同時に、この日の為に料理になってくれたターキーの命を無駄にしない為にも、今回の寄付は凄く良い事だと思った。


満腹ランチの後は、少しだけ時間を置いて、アタシが今朝、大急ぎで仕上げをしたデザートの登場でーす。



今年は『ブッシュ・ド・ノエル』に初挑戦してみたよ。
IMG_3205_20111229162305.jpg


実は、一番肝心な土台となるロールケーキの「巻き」を失敗しちゃった!!

でも生チョコクリームを塗って飾り付けをしてみたら、あら不思議、



「初めて作った割にはいい感じなんじゃない?」



と、ちょっと自画自賛できるかな?な出来になりました。
IMG_3207.jpg

ちなみに上に乗ってるの黒いのは、ちょっと前に手作りして冷凍保存しておいた栗の渋皮煮です。



そうそう、このケーキ



す・・・・・っごい簡単なの・・・・!!




ロールケーキを焼いて、その上にクリームを塗ってフォークで切り株模様を入れるだけ。

「こんな簡単なケーキ、なんで今まで作らなかったんだろう!?」ってビックリする位簡単だったわ。

ホールケーキの方がよっぽどデコレーションとかに手間が掛かるよ、絶対。

これからは、クリスマス・ケーキはこれに決まりですな。


そしてこのケーキをテーブルの上に置いたら、義家族から「お~~~~!! 凄い!!」と大歓声がもらえました。

(義父からは「このケーキ、チェーンソーを使って作ったのかい?」という素晴らしすぎるキャナディア~ンなジョークも頂戴しました・・・・)




皆さん、ナイス・リアクションをありがとう。

作った甲斐があるってもんです。



お蔭様でケーキは大好評で、一切れも余る事なく、あっちゅー間に完売しました。


そうしてお茶&コーヒー片手にしばらく歓談し、クリスマス会はお開きに。

ホストはいささか疲れたものの、アタシを含め全員が楽しめたクリスマスでした。

来年も、こんなクリスマスが過ごせるといいな。


2011.12.24 *Sat*

大忙しのクリスマス・イヴ

今日はクリスマス・イヴ!

お昼は義両親と一緒にインド料理レストランにランチに行き、帰宅後は明日の準備に大あらわ。

今年は我が家がホストになって義両親&義姉カップルとでクリスマスを過ごすんだけど、料理はチキン専門店からターキー・ディナー一式を一家で購入する事で簡易化し、アタシ達はスナック&スイーツだけを用意する事に。


そんな訳でスイーツ作りをする事にしたのだけど・・・・



こちらもコレで簡易化!

IMG_3180.jpg

インスタント・ベーキングのブランドが販売している「クリスマス・クッキー生地」でーす。


こんな風に“金太郎飴” 状態のクッキー生地がカットされており、これをベーキング・パンに乗せて焼くだけ!
IMG_3181.jpg


焼き上がりはこうなります(今回はツリー・バージョンも購入)。
IMG_3184_20111229162244.jpg

合成着色料が凄そうだけど、見た感じはいい感じじゃないですか。


手抜きはまだまだ続きます。

こんなバージョンのクッキーも買ってみた。
IMG_3186.jpg


焼き上がりはこんな感じ。
IMG_3187_20111229162307.jpg

いや~~美味しくなさそうだわね~~~~。

でも、年に一回の事だからいいんです!!


ちなみにこれらのクッキー、カナダでは販売しておらず、アメリカで購入したもの。

(カナダで探し回ったんだけどね、結局どのお店でも取り扱ってなかったの)

なので来年、コレと同じクッキーで手抜きをしたい方は、アメリカへGO!ざます。



夕食後はサッサと子供達をお風呂に入れ、サンタさんへのメッセージと労いのミルク&クッキー、ルドルフ用のニンジンを用意し、息子&娘が午後7時半に就寝。
IMG_3190.jpg


アタシは明日用のケーキの土台を作った後で暖炉を占領していた玩具を片付け(ここにプレゼントを置くから)、久々にお目見えした暖炉に火を灯し、旦那と一緒にラッピング作業に取り掛かりました。
IMG_3195.jpg

やっぱり、冬に灯す暖炉はいいね~。


ラッピング中は時々NRADのサンタ追跡を見ながら、サンタが今何処にいるのか確認。
sa.jpg



そうして、サンタさんがバンクーバーに到着した頃、ラッピング作業も終了!
IMG_3201.jpg



サンタさん&ルドルフは、ちゃ~んとクッキー&ミルク、そしてニンジンを平らげていきました。
IMG_3203.jpg


ここで息子が寝ぼけて起きてくる前にアタシ達も就寝。


明日、息子がどんな反応を示してくれるのか楽しみ!



2011.12.23 *Fri*

夫婦二人だけの夜

昨日・今日と一泊二日で旦那と「お泊りデート」をして来ました。




・・・・・ 「お泊りデート」 ・・・・・・・・。




この単語、とてつもなくこっぱずかしい響きだと思わない・・・?

十代の子が親に「今夜は女友達の家でパジャマ・パーチーするの~♪」とかなんとか言って嘘ついて彼氏とコソコソやってるような、そんな嫌~な響きがするわ・・・・。

まさかそんな単語を、アラフォーにもなって使う事になるとは・・・・(恥)。



とまあ、そんな事は置いといて、子供達を義姉&義母に託し、一泊二日で遊んできましたよ!

とはいえ、義姉&義母の到着が午後4時前とちょっと遅かったので、夕方からのスタートとなったんだけど。

車の中で「どこのレストランに行く? 子供がいない事だし、ファンシー・レストランに行く?」って色々と話してたんだけど、結局行ったのは



メキシコ料理レストラン『Las Margaritas(1999 W 4th Ave  Vancouver)
IMG_3158.jpg

ここ、子供がまだいなかった時代に時々食べに来てたの。

美味しい上にボリュームも満点で、メキシカンの中ではバンクーバーで一番お気に入りのレストラン。




ちなみに




実はここ、「ファミリー・フレンドリー」のレストランなので、子供が居てもジャンジャン入れるの。

だから今日みたいな「子供が居ない日」に敢えて選ぶ場所でもないと思うんだけど、なんだか今日はアタシも旦那もメキシカンが食べたい気分だったのでここになりました。


ノンアルコールのヴァージン・マティーニをチビチビしつつ、無料でサーブされるナチョ・チップス&サルサを摘みながらメニュー・選び。
IMG_3153.jpg

隣の人が食べてるのがやけに美味しそうで、でも訊くのが恥ずかしくて(←この辺がチキン)、見た目と内容が同じそうな料理をメニュー表で探しつつ、



「う~~~~ん、多分、これだろう!!」



と思って注文した料理がテーブルにやって来たんだけど、



全然、違った! ドテーン。
IMG_3157.jpg

こちら、『Enchiladas San Blas($14.40)』という料理。

イチョウガニ、フエダイ、海老といったシーフードの詰め物をトルティーヤで巻き、上からクリームソース&チェダーチーズをかけたもの。

これがまあ、






美味!!!!






もうめっちゃくちゃ量が多くて、最初見たときは「絶対食べきれない!」と思ったんだけど、見事に完食!!

きれいに食べ切りました!


料理を食べてる間にカップルらしくお喋りしながら食べればいいのに、アタシ達は夫婦揃って


「美味しいものを食べている時は無言になり、黙々と食べ進める」


という人種で、両隣のカップルの楽しそうなお喋りとは対照的に、無言でただ「食うべし、食うべし!」。


途中で「あ、今日はデートなんだよ、そういえば」と思い出し、なんとか喋りながら食べようとするんだけど、


「美味しいものを食べてる時って、ほんと喋るのが難しいよね」


と互いに言い合う「ダメじゃん・・・」な夫婦なのであった・・・・。



大満足の「無言ディナー」の後は、ダウンタウンの映画館へ。

色々あったチョイスの中でアタシが選んだのは・・・・




『Mission: Impossible-Ghost Protocol』。(リンク先は音が出ます)




旦那には「ええ~~! トム・クルーズぅ
~!?」って言われたんだけど、いいじゃん、別に!

なんだか今日は、『ハリウッドのコテコテ・エンターテイメント映画』 が観たい気分だったのよ!

映画館でトム夫さんを観るのは、まだ日本に住んでいた2003年の『ラスト・サムライ』以来。

気になる映画の内容は、「期待を裏切らない、突っ込みどころ満載の映画」だったので、また時間がある時にでもUPします。



映画館を出たのは午後10時半。

このまま宿泊先の友人宅に行っても良かったんだけど、なんだかスイーツを食べたい気分だったので、真夜中まで営業しているデザート・レストラン『True Confections(3701 W. Broadway,  Vancouver)へ。
IMG607.jpg

ここも、子供が生まれる以前に度々(いつも夜遅くに)来ていた場所。


ここでふと気付いたんだけど、


今日のデートコースって、バンクーバーでのDINKS時代にしていた「週末デートコース」なんだわ。


あの時はこんな生活がごくごく普通の事だった。

だけど子供が生まれて、それに伴い郊外に引越しして、もう一人子供が生まれて・・・・そういう生活に慣れた今、久し振りにこんなデートをすると


「嗚呼、時は確実に流れていて、その時と共にアタシ達の生活スタイルも変わったんだなあ」


と改めて実感する事ができたわ。


そんな風に旦那としんみり話しながら(&観たばかりの映画の突込み話をしながら)食べたデザートはこちら。
IMG610.jpg

えーっと、なんだったけな・・・・・。

エンジェル・ケーキだったような・・・。


こちらは旦那のストロベリー・ルバーブ・パイ。
IMG609.jpg

ケーキは「こってこての北米仕様」な味なんだけど、たまにはこんなケーキもいいもんです。



それにしても



ここの店員さん達は、いつ来ても男前ばかりだ!!!
(絶対、面接というかオーディションがあると思う)


物腰からみて、多分みなさんゲイの方達だと思うんだけど、




そんな事どーでもいい!!

男前、バンザイ!!




アタシ達のテーブルにサーブしてくれたアジア系の店員さんもまあ~~~~~~モデルみたいな男前で!!

それが顔に出たのか、旦那に



「今、『あの人カッコイイ~~~~~☆』って思ってるでしょ?」



と即効で見破られた。

伊達に12年も一緒に居ないね。

よくお分かりで。


そんな男前なサーバーさんに話しかけようと、会計の再に「グラスケースの中のケーキの写真、撮ってもいいですか?」とお願いしたら、


「もっちろん☆ 好きなだけジャンジャン撮って♪」


と言われたのでジャンジャン撮りました(男前の言う事は素直に聞きます)。
IMG_3159_20111229162218.jpg

IMG_3161.jpg



(北米仕様だけど)美味しいケーキに、男前。

いい一日の締めくくりになりました(え~っと、確か今日はデートだったような・・・・・)。


そんなホクホクな帰り道で見かけた「トナカイ・バス」。
IMG_3163.jpg

ちゃんと目、角、赤鼻が付いてて、運転手さんはサンタ帽を被ってるの。

久し振りに見たな~、このバス。

いかにも「クリスマス」って感じで、いいですな。



さて、この後今夜の宿泊先の義姉の友人宅(ちなみに彼女は旦那&アタシの友人でもある。現在、彼女は恋人と半同棲中でアパートには殆ど帰ってきておらず、殆ど空室の状態なので今回アタシ達に部屋を提供してくれた)に着いたわけなんだけど、ここでアタシの身体に異変が。



両乳房がパンパンに張り、痛くて堪らなくなってきた。




アタシはまだ娘に授乳しているのだけど、今日のお昼寝時以後、一度も授乳していない。

だから両乳房がカチカチな状態になってしまったの。


「念のため」と思って持って来ておいたポンプを使ってシャワー時に搾乳したんだけど、「今頃、娘はおっぱいを欲しがって泣いてるのかも・・・・」と思うと切なくて・・・・(涙)。

搾乳した母乳を捨てる時、物凄く娘に申し訳ない気持ちで一杯になったわ。


そしてその夜は持参したエアマット&寝袋で「オヤスミナサーイ」と就寝(もうバタン・キューの状態)。







就寝から3時間後、胸の痛みで目覚めた。


再び胸はカチンカチン。


またポンプを使い、真夜中のバスルームで搾乳。


「きっと、娘は今頃泣いてるに違いない。いつも数時間おきにおっぱいを欲しがる子だから、お義姉さんやお義母さんは苦労してるだろうな・・・・。」


そう思うと、ジワッと来るものがあった。


結局、その後は子供達の事を考えていたら寝付けなくなって、朝の7時頃までウツラウツラとした状態で夜を明かしてしまった。

そしてやっと寝付いたと思ったら起床時間になり、おまけに再び胸が張って3度目の搾乳。


この一晩で搾乳した母乳の量は、ミニボトルで6本分。


正直、「まだこんなに母乳が出てたのか」と自分でも驚いた。

娘はこんな量をご飯と併せて毎日飲んでるのかと思うと、「そりゃあデカくもなるわ」と納得。


起床後はパパッと室内の片づけをし、近くのモールでショッピング&朝食を済ませ、お昼前には早々に自宅に戻りました。


一晩子供達の世話をしてくれた義姉&義母曰く、



「●●●(息子)はとっても聞き分けの良い、良い子だったわ。

●●(娘)はまあ、まだ一歳になったばかりだから仕方がないんだけど、夜泣きには参ったわあ。 

『ママー!ママー!』って泣かれて、私たち、母乳が出ないから困り果てちゃって・・・。

お風呂に入れたり、色々したんだけど、最後には泣き疲れて眠っちゃったわ^^;」




やっぱり、アタシの胸が張った頃、娘は泣いてたんだ・・・。

義姉や義母もやはり大変だったみたいで、本当に申し訳ない。


寝付けなかった時に考えてたんだけど・・・・


今まで何度も「一晩でいいから夫婦二人きりになりたい」と思ってきたアタシ。


でも、実際にそれをやってみて、楽しい事をしている時も常に子供達の事を考えていたり、搾乳した母乳を捨てる度に娘の事を思って凹んだりした事を考えると、



「今の段階では、子供達と一晩でも離れて過ごすのは精神的にキツイ」



という事に気付きました。


煩くても、てこずらされても、やっぱり一緒にいるのがいい。


何事も「離れてみて気付く事」って、あるんだね。


アタシに束の間の休養をくれようと今回の事を企画してくれた旦那や義家族・友人には申し訳ないのだけど、今回の事でよく分かったわ。


でも、彼らには心から感謝してるのよ。

ほんとうに、久し振りの夫婦二人きりのデートは楽しかった。


そして一晩、マミー&ダディー抜きで頑張ってくれた子供達にも大感謝。

今回のお泊りで、息子の成長ぶりも垣間見えたわ。


良き夫・子供達・義家族・友人に恵まれて、自分がいかに幸運であるかを実感する事ができた、今回の「誕生日の贈り物」なのでした。


2011.12.20 *Tue*

驚きの誕生日&クリスマス・マーケット

今日はアタシの誕生日本番!という事で、朝からベビーシッターに来てくれた義姉(同職の旦那&義姉は先週末から2週間の冬休みに突入)に子供達を託し、旦那と二人で誕生日ランチに行ってきた。

「ランチの場所は旦那にお任せ」って事にしてたんだけど、なんせ今年の我が家は御存知の通り色々と大出費が連発!!

なので「今年は誕生日プレゼントは要らないし、クリスマスの夫婦間プレゼント交換も無し。絶対に無し!」と旦那に言った上で、



・値段が安くても、お腹が大満足できる場所

・値段が安くても、非日常を味わえる場所



という、かなり無茶なリクエストを一応しておいた。


そんな無茶なリクエストを受けた旦那がアタシを連れてきたのは・・・・・









『River Rock Casino Resort (8811 River Rd, Richmond)でーす。
IMG_3090_20111226191204.jpg


おお~~~~、そう来たか!


「カジノ」とは確かに “非日常” で、『非日常を味わえる場所』というリクエストをクリアしております。


建物の正面玄関から入ると、吹き抜けのゴージャスなロビーが。
IMG_3092_20111226191204.jpg


実はアタシ、ここはおろか、カジノ自体に足を踏み入れるのは今回が初めて。

へ~~~~~、ここのカジノって、中はこんな感じになってたのね。


本日の目的のレストランは、このカジノ・リゾートの2階にある“食べ放題レストラン”、その名も『The Buffet』

そのまんま、ですな。


レストランの大きな窓からはフレイザー川が見渡せまーす。
IMG_3093.jpg

ちなみにコチラのレストラン、平日のランチは「大人一人 $16.95」というお値段で、今回アタシがリクエストした『値段が安くても、お腹が大満足できる場所』という条件も見事にクリアしております。


でかした、旦那!



「うほほ~い☆」としつつ早速食べた一皿目の中華プレート。
IMG_3097_20111226191203.jpg

味は、可も無く不可も無く、って感じだわね(エラソーだわね)。

でもスープが美味しかったわ。


二皿目の「洋食プレート」。
IMG_3098_20111226191203.jpg

パスタは「・・・・・・・まあ、バッフェのパスタだしね・・・・」といった感じ。

でもこのビーフ・ストロガノフは美味しかった!



三皿目の「ロースト・ビーフ」。
IMG_3099_20111226191203.jpg

目の前で切り分けてもらった物で、ジューシーで美味しかったわん。

しかし、今日は普段は食べない牛肉を沢山食べちゃった。

ま、たまにはいっか。



この時点で「と~~~っても満足☆」なアタシなのですが、



アタシとした事が、満足し過ぎて三皿食べた時点でお腹一杯になってしまった!!

もっと食べたい物があるのに、ぐやじいい~~~~~!!



でもデザートだけはどうしても食べたかったので、旦那とおしゃべりをしつつお腹が落ち着くの待つ事に。

そしてようやくお腹にデザートの隙間が出来、「さあ、そろそろデザートを・・・」と思って席を立とうとしたら、




ウェイトレスさんが、バースデー仕様のケーキを運んで来てくれました~。
IMG_3104.jpg

可愛く飾られたレア・チーズケーキ。

お腹一杯だったので、これ一つで十分満足できたわ。

味も美味しかった☆


アタシはこれ以上デザートが食べられなかったんだけど、デザート・コーナーには美味しそうなデザートがてんこ盛り!

次回来た時に絶対にリベンジしようと思います。



さて、こちらのレストラン、味は全体的に「可も無く不可も無く」という感じだけど、お値段の割には大満足できる内容のバッフェでした。

値段はいい感じだし、雰囲気もサービスもいい感じなのだけど、「デート」というよりは「女性同士のランチ」に向いてそう。

近辺にお住まいの奥様方は是非どんぞ。




そして満腹ランチの後は、二人で一攫千金を目指し、カジノでスロットに挑戦するも、ものの5分で20ドル使い果たした・・・。



「ほんと、いい商売してるよな!!(怒)」



と負け惜しみの捨て台詞を吐いてリバーロック・カジノ・リゾートを後にしたのであった・・・。



ランチの後は一旦家に戻り、義姉&子供達も一緒にバンクーバーへ。


目的はここ。
IMG_3110_20111226191233.jpg

『Vancouver Christmas Market』でーす。

話のネタに、一度来てみたかったの。

ここはドイツの工芸品やクリスマス関連の商品を取り扱うマーケットでして、マーケットなのに、なんと有料ですってよ、奥さん!

「金取るからには内容充実してなきゃ許さないかんね」と思いつつ、入場料(大人一人5ドル)を支払って入場。
IMG_3115_20111226191232.jpg

今日は気温は9℃だったけど、体感気温は1℃くらいの真冬日だったのよね。

それでもクリスマス・マーケットは沢山の人達は大賑わいでした。


可愛い手作りのオーナメントのお店。
IMG_3119.jpg

一つ一つがあまりにも高いので素通りです。



ドイツの “工芸品” のビールジョッキ。
IMG_3120.jpg

お酒、一切飲まないので素通りです。



クリスマス・スイーツの代表の一つ「シュトーレン」の専門店も。
IMG_3135_20111226202948.jpg

シュトーレン、嫌いなので素通りです。



ここはアタシの目が釘付けになった唯一のお店。
IMG_3137_20111226202948.jpg

キレイ可愛い~~~~☆


お皿やカップ、水差しが美しいのはもちろん、このダチョウ(?)の卵を使った工芸品に釘付け。
IMG_3138.jpg

こういうのなら何時間でも見ていられるアタシです(高かったから買えなかったけどね!)。


「クリスマス・マーケット」なので殆どがお店なんだけど、こういう子供向けのクラフト・コーナーもありました。
IMG_3124_20111226191231.jpg

息子がジンジャー・ブレッドに飾り付けをしているところ。


その他に、子供向けにメリー・ゴーランドもありました。

IMG_3121_20111226191232.jpg

今回で今年3度目になるメリー・ゴーランド。

今年はやけにメリー・ゴーランドに縁のある年だなあ。


もちろん乗りましたわよ。 
IMG_3128.jpg

この馬に付いてる「手すり」がですね、もう冷たいのなんのって!!!

氷に触るみたいに手が手すりにくっ付きそうな位冷たかったので、アタシが手すりを掴み、息子にはアタシの手を掴ませてます。

凍傷になっちゃいそうな位冷たくって、メリーゴーランドが動いてる間は「早く止まって~~~~!」と真剣に思ってたわ。

やっぱり、メリーゴーランドは室内のものに限る。



これはホット・ワインのお店。
IMG_3140.jpg

このズラリと並んだ陶器のマグを片手にショッピングをしている人が沢山いた(このマグは後で要返却)。

この寒空の下で飲むホット・ワイン、きっと格別なんだろうなあ!

物凄~~~~~く飲みたかったんだけど、アタシはまだ娘に授乳しているのでグッと我慢。

その代わり、ホット・アップル・サイダーで寒さを凌ぎました。

アタシは酷い鼻風邪を引いてて臭覚が効かなかったから全く気付かなかったんだけど、かなり強烈な匂いを発するラクレット・チーズがフードブースで調理されており、その匂いを嗅いだ旦那の気分が悪くなってしまいまして(←この人、パルメザン・チーズの匂いも駄目なのよね・・・)、マーケットを後にする事に。

この時点で見るべきところは全て見ていたので、ちょうど引き際ではあったのだけど、今回やって来たクリスマス・マーケットね、ハッキリ言って



「来年はきっと来ないだろう」



といった感想を持ちました。


内容がイマイチだったのと、販売されている品々の殆どが “手作り工芸品” だからだとは思うんだけど、とにかく値段が高いのよ!!

まあ「目だけで楽しむ」という目的で行くならOKだと思うんだけど、アタシはもう今回だけで十分です。



さて、クリスマス・マーケット見物も終わり、今年のアタシの誕生日も終わりに近づいております。

「今年はこれにて落着~~~」と思っていたら、義姉から朝貰ったプレゼントは別途の封筒を手渡され、その中には




「手紙&鍵」が!



その内容は



「お誕生日おめでとう。

12月22・23日、私と母(義母)が一泊二日でベビーシッターをします。

貴女と●●(旦那)は、その日は子供達を私達に預けて、一泊二日のデートを楽しんできて!

この鍵は、その時の宿泊先になる私の友人のアパートの鍵よ」




といったもの!!


実は数週間前から旦那に「22・23日は何も予定を入れないで」と言われてはいたんだけど、まさかこういう事とは!

アタシ、あまりにもビックリしちゃったのと「子供達を置いて一泊デート!?」という不安で手紙に見入ったまま絶句。


そしたら旦那が、



「これは前からみんなで練ってた計画なんだ。 一泊二日と言ってもバンクーバーなんだし、何かあっても30分もあれば自宅に戻れる。 だから、ここは二人の好意に甘えておこうよ」



と言うではないの。


とは言え、しばらく考えてしまったんだけど、



有難く受ける事にしました!!!(でもかなり不安!)



子供達を人に預けて夫婦で家を留守にするのは、娘の出産時以来・・・・っていうか、娯楽目的で子供抜きで家を一晩留守にするのは初めて!!


はてさて、当日は一体どうなるのやら・・・・・(汗)。


2011.12.19 *Mon*

10年目の決心

明日はアタシの39回目の誕生日。

いや、アタシは日本生まれだから、日本時間の今日が誕生日になるのか。



ハッピー・バースデー☆ アタシ。




早いもので、30代最後の歳になっちゃったわ。

十代や二十歳になった時は「40代になるなんて、一万年先だ!」と思ってたのに(計算がおかしいですね、はい)、もうすぐそこですよ。

そんなアタシではあったけど、相性抜群の夫&愛しい二人の子供達に恵まれ、彼らと月日を重ねて行くうちに「歳を重ねていくのもいいもんだ」と思えるようになりましたわ。


でもそれは「歳を取るのは悪くない、だから歳相応の見た目になるのも悪くない」っていう事じゃなくて、


「実年齢を重ねるのは素敵だけど、若作りの努力はこれからも厭いません!」


っていう事なのっ。 

まだまだ、あきらめないわよ!!


平子理沙(←この人の「実年齢と見た目のギャップ」はモンスターの領域だと思う・・・・・)とまでは到底いかないまでも、せめて5歳は若く見られるように頑張ろうと思う。


そんな訳で、今日も保湿に励みます。




話は戻って、本日の朝、素晴らしいタイミングで日本の両親から小包が届きました。
IMG_3086_20111222090527.jpg


あ~~~日本の匂いがする~~~~。

箱の中には、たっくさんの御菓子と干物、日本の絵本、小児用かぜ薬、そして子供たちへの高価過ぎる(!)お年玉。


お父さ~~~ん、お母さ~~~ん、いつも有難う~~~~!!!

大切に食べるね~~~!!



早速、お菓子に反応を示す息子なのであります。
IMG_3088_20111222163052.jpg


お昼からは、明日の誕生日で有効期限が切れる運転免許証の更新に行って来た。



実は今回、「結構な覚悟」をもって、免許証を更新してきた。



というのも、今回の更新で



今まで名乗ってきた日本姓から、旦那姓に変更したの。



結婚した日から今日まで、アタシのたっての希望&旦那の了承の元、日加両国で『夫婦別姓』を通して来たアタシ達夫婦。


でも、結婚10年目にして、遂に『夫婦別姓』から『夫婦同姓』になりました。


(「夫婦同姓になった」とは言っても、日本の戸籍の名前(日本姓のまま)は変えるつもりはなく、あくまで「カナダでの正式名」を変えただけなんだけど。)



子供がいなかったら、カナダでもずっと夫婦別姓で通すつもりだったんだけど、子供も二人になり、家族の名称が書かれた色々な書類に目を通す度に



「家族の中で、自分ひとりが違う姓を名乗っている」



というのに、少しずつ違和感を感じるようになって来たアタシ。

この一年の間にそれが積み重なってきて、そして結婚10年目の今年になってようやく



「(カナダでは)夫の姓を正式に名乗ろう」



という決心がついたの。


殆どの人は結婚する時にその決心が出来るものなのに、アタシって本当に「・・・・」よね。


ちなみに姓名変更には「結婚証明書」が必要なのだけど、アタシ達夫婦は日本で結婚・日本に届出しているのみなので「カナダの結婚証明書」なるものを持ってなかったのね。

それで「さ~、どうしよう」となったんだけど、旦那が色々と問い合わせをしてくれて、最終的に



・日本での婚姻を証明するもの(戸籍謄本)、そしてその英語訳



という所に収まりました。


それで移民申請当事住んでいた愛知県の名古屋カナダ領事館に提出した「戸籍謄本&英語訳」のコピーと、それに添付してもらったカナダ領事の証明サインを今回提出。


上記の書類で問題なく、旦那の姓への姓名変更が無事完了。


これで一家全員、(カナダでは)同じ姓になりました。



でも



結婚して10年になるのに、カナダでの正式名が旦那の姓になった事で、なんとなーくマリッジ・ブルーが入るアタシ。


なんなんだろう、この感覚は!?


自分が望んでした事なのに、いやはや、乙女心(!?)とは複雑なものですなあ~・・・。


結婚時、アタシが「自分の姓を引き続き名乗りたい」と言った時、「それが君の望みで、とても大事な事なのであれば、そうすればいいよ。」と快諾してくれた旦那。


でも、知ってるんだ、アタシ。


旦那は本当は、アタシに「自分(旦那)の姓」を名乗って欲しかったんだよね。


それもあって、無事に姓名変更が完了した後で旦那に



「ようやく同じ姓になったね。10年間、待っててくれて有難う。」



って言ったんだけど、旦那から帰ってきた言葉が




「それは君にとってとても大事な事だったから、君の気持ちに整理がつくまで待てた。

君が望むなら、僕は1000年だって待てたよ。」




・・・・・・・・・・・・・・・・。




ちょっと、どうしましょ!?これ!!

なにか、旦那にサービスするべきですかね!?

1000年も待ってくれるなんて、嬉しい!
(アタシ、1000年も生きてないけど!!)


普段は旦那が「外国の人」って思う事は皆無なんだけど、こういう事を言われると「こんな事をサラッと言うなんて、この人、外国の人だ!」って思うわー。

なにはともあれ、これからは同じ苗字でよろしくね、旦那ちゃん、って事で。



運転免許センターの後は、なーーーんと、国境越えです。
IMG_3058.jpg

この時点で午後4時過ぎ、既に日没間近。

毎度おなじみの「ガソリン&乳製品の調達」に加え、今回は「バースデー&クリスマス・ショッピング」も主な目的(でもアタシはめぼしい物を見つける事が出来ず、アタシ用のプレゼントは何も買わず)。


今回はBellisfair Mall にやって来たんだけど、クリスマス・シーズンは夜10時まで営業!

そんな訳で、午後8時頃だというのに遊戯場にはまだまだ沢山の子供達が。
IMG_3072_20111222090236.jpg


しっかりと歩けるようになった娘、今回は遊戯場で楽しく遊べました。
IMG_3075_20111222085942.jpg


モール内をなんやかんやと歩き回り、カナダ国境に辿り着いたのは午後11時前。
IMG_3076.jpg

でも沢山の人がクリスマス休暇に入った事もあり、午後11時でも国境はこの長蛇の列!

30分近く待ったかな。

子供達はもちろん、車の中で撃沈。



明日はアタシの誕生日本番。


旦那が何をして祝ってくれるのか、ちょっと楽しみ。

category : 日常

2011.12.18 *Sun*

ジンジャー・ブレッド・ハウス

クリスマス目前になりましたな~。

「クリスマス=年末」って事で、我が家も色々とバタバタしてきましたよ。


そんな「バタバタする事」の一つが「ジンジャー・ブレッド・ハウスつくり」。

去年は作らなかったんだけどね、今年は息子がどうしても「作りたい」って言うから作る事にしたわ。



もちろん「キット」で、なんだけど。
IMG_3054.jpg

これ、ショッパーズ(ドラッグストア)のセールで7ドルで購入したもの。やすーい。


本当はね、生地から手作りして「息子も旦那もビックリするようなジンジャー・ブレッド・ハウス」を作りたかったんだけど、今週頭から一家全員、アタシと同じ酷い咳風邪を患ってしまい(息子→気管支炎  旦那→気管支炎&肺炎一歩手前 娘→気管支炎なりかけ  サイアク)アタシに関しては再び鼻かぜを引くという、まったく本調子ではない体調だったため断念する事に。

まあ、出来れば来年にでも挑戦・・・・・しようかな??



ちなみにキットの内容はこんな感じ。
IMG583.jpg

家パーツに加えてジンジャー・ブレッドマン2体にジンジャー・ブレッド・クリスマス・ツリー。

これに「接着剤」になるアイシング・シュガーと、飾り付け用のキャンディーが入ってます。


アタシが家を組み立てて、アイシングである程度のラインを描いた状態にした物に、息子がどんどんキャンディーで飾りつけ。
IMG589.jpg


出来上がりはこんな感じ。
IMG606.jpg

アイシング・シュガーがかなり余ったんで、屋根全体にベッタリ塗っても良かったわね。

でもなかなか可愛く出来たと思うし、息子も楽しんでいたのでヨシ。

ジンジャー・ブレッドは日保ちがするので、この状態で2週間ほど、我が家のクリスマス・ムードの盛り上げに貢献して貰おうと思いまーす。



その間、カビ生えないで、おねがい。



category : お菓子作り

2011.12.15 *Thu*

今更ながら、息子&娘の出産記録


コンピューターを整理していたら、『息子の出産記録』なるものを発見!

いつかHP上に専用ページを作って備忘録として載せようと思っていたものなんだけど、日記をブログに移行したりと色々していたら、すっかりその存在を忘れてしまっていたんですね~。


そんな訳で、息子のものに関しては3年7ヶ月前のお話ですが、息子の出産記録(前編) (後編)、 娘の出産記録(前編) (後編) を残しておきます。


カナダでの出産」に興味のある方、「あ~そうそう、こんなだった」と出産を懐かしむ方は読んでみてやって下さいまし。




category : 出産記録

2011.12.13 *Tue*

「ホリデー・チャンネル」 と 「すき焼き」

12月ももうすぐ半ば。

早いもので、クリスマスまであと2週間を切りましたな~。

テレビでも、この時期、毎年恒例の「24時間・暖炉チャンネル」の放送が始まってます。
IMG_3032.jpg

見てるだけで暖かくなるわ~~。

パチパチって音も心地ヨシ。

暖炉がない家も、これでクリスマス・ムード満点!・・・・・になるのかしらね????


そうそう、TELUS TV を御利用の皆さん、今年も“サンタ追跡チャンネル”「Santa Tracker」(81ch)が始まりましたよ~。
IMG_3034.jpg

「サンタ追跡」に加え、「ゲーム」や「クリスマスソング・カラオケ」、「クリスマス・ブック朗読」など、色々楽しいアイコンが用意された子供には嬉しいチャンネル(大人のアタシも楽しんでたりする)。

クリスマス・イヴには、このチャンネルでサンタ追跡する事にします。

ちょっと楽しみ♪



さて、そんなクリスマス・ムード一色の我が家ではありますが、ご飯はコテコテに和食。

今夜の晩御飯は「すき焼き」でーす。
IMG_2943_20111218172443.jpg

突然「すき焼き食べたい!」と思い立ったんだけど、偶然にも主材料がほぼ全部揃ってたので作れた☆
(数日前に鍋用に材料を買っておいたのが幸いしたわ)


我が家は牛肉を食べないので、豚肉を使ったすき焼きです。

でも牛肉で作るより、こちらの方が私好みなのよね。

豚肉ですき焼きを作った事がない方も、一度試してみて! 美味しいから!


ダイニング・テーブルのライトが暗くて写真が激悪だけど、寒い夜に食べるすき焼きは最高に美味しかった☆
IMG_2946_1_20111218172442.jpg

テーブルの上で、熱々のすき焼きを頂きました。

カセットコンロ、最高~~~。


ちなみに「すき焼きには生卵」というのが日本では定番だけど、カナダでは卵の殻にサルモネラ菌が付着しているので「生卵は食べない」というのが常識。

綺麗に殻を洗えば大丈夫、という説もあるけど、あえてリスクを負う事もないと思って我が家では生卵は食べない事にしてます。


でも、バンクーバーにある「すき焼きレストラン」では、生卵を出してるんだよね。


全部綺麗に洗ってあるんだろうけど、アタシはチキンなので、怖くて食べられなかったわ・・・★

そうそう、そのレストランでは、すき焼きの食べ方を知らない日本人以外の客たちの9割が



卵をすき焼きの中に割り入れてました。



まあ、普通はそう思うだろうね・・・・。

まさか生卵を「付けダレとして使う」なんて、夢にも思わないよね(っていうか、知っててもやりたくないだろうな)。


生卵が入ったすき焼き、どんな味なんだろう・・・・・。




そうそう「すき焼き」といえば・・・・、


我が家ですき焼きを作る時は、いつも写真のステンレス・フライパンで作るんだけど、なんかこう、もっと「ちゃんとしたすき焼き&お鍋用の鍋」が欲しいのよね・・・。



例えばこういうの。


cocotte_ja.jpg



「鍋界のマリー・アントワネット」(とアタシが勝手に呼んでいる) こと 『ルクルーゼ』 の商品。


これは一般的なルクルーゼの深鍋よりやや浅めで、日本の「お鍋」や「すき焼き」に最適なタイプ。



うーーーーーーーーーん、



欲しいな~~~~~~、これ。




カナダでも売ってるのかな~。

 
売ってても気軽に手が出る値段ではないから、ボクシング・デー・セールで探してみるかな~。



嗚呼、キッチンツールへの飽くなき欲望は果てしなく続く・・・。

2011.12.11 *Sun*

クリスマス・クラフト

今日は旦那が朝から親友の引越しの手伝いに行くので、アタシと子供達はお留守番。

そんなわけで、ここぞとばかりに数日前から用意していたクリスマスのクラフトをする事にしたわ。

アタシが前日に作っておいたクリスマス・ツリーに、ペタペタと電飾(シール)を貼り付ける息子。
IMG_2976_20111211194843.jpg


服が違うけど同じ日です(3時のおやつの時、服にミルクをこぼしちゃったの)。
IMG_2990_20111211194842.jpg


これは前々日に作っておいたスノーマン(雪だるま)に、ツリーの電飾に使った同じシールで「目&ボタン」を貼り付け、「口」は手描きをしているところ。

親ばか発言だけど、なかなか上手に作ってたわ。


ちなみに北米の雪だるまは「三頭身」です。


日本の「二頭身雪だるま」の方が愛嬌があって可愛いんだけど、息子は北米版「三頭身雪だるま」の方に慣れ親しんでいるため、今回は北米バージョンにしたわ。


そうして出来上がったクラフトを壁にペタペタ。
IMG_2995_20111211194842.jpg


壁の色が真紅だから、いい感じでクリスマスっぽくなりました。

今回のクラフト費用は「白&緑のクラフト用紙とシールのみ」で2ドルなり~(他の材料は家にあった物)。


ちなみに、今年のクリスマスの飾りつけは、(今のところ)キッチンカウンターに置いたミニツリーと、今回のクラフトのみです。

娘が部屋中をトコトコ歩き回るようになった上に、小さい物を口に入れちゃうから、大きなツリーや電飾付のリースは飾れないのよね・・・TT

大きいツリーや電飾リースが無いとなかなか盛り上がらないんだけど、まあ、それは来年のお楽しみ、って事で。


クリスマスまでまだ時間があるし、気温の関係で家の中で過ごす事が多くなる時期なので、まだまだクリスマス・クラフトやクリスマス・ベーキングを息子と一緒に楽しむつもり。


それにクラフトってね、実は大人がやっても結構楽しいの!


まあアタシの場合もともと図画・工作が好きだったからなんだけど・・・^^;

前日の夜に大まかな準備をするんだけど、これがなかなか楽しくって、全く苦にならないのです。

息子と作っている時も、真剣にやっちゃってるもんね・・・・アタシ。


お次はジンジャー・ブレッド・ハウスでも作るかな?

category : 日常

2011.12.10 *Sat*

最近の子供たち

今日で息子は3歳7ヶ月、娘は1歳1ヶ月になりました。

あと5ヶ月で息子は4歳か~。 早い、早い。


そんな彼らの近況を覚書。



●息子

(言葉)


日本語は相変わらず全く喋らないけど、英語は長~いセンテンスでペラペラ喋るようになった。
9ヶ月前までは二語文すら喋れず、単語しか喋れなかったのに・・・・(じ~ん・・・)。

それでも「念には念を入れて」って事で、スピーチ・パソロジストとの面会は継続中。
来年の今頃はどれだけ喋るようになっているか、楽しみ。



(トイレ・トレーニング)

実はまだ完了してない!!!
おしっこはトイレ・トレを始めた初期の段階で出来るようになったんだけど、ウ●チだけはどうしても、ど~~~~~~してもトイレでしてくれない。
なのでまだトレパンのお世話になってたりする・・・。

たまにトイレに連れて行ったタイミングが合ってトイレでする時もあって、その時はこれ以上にない位褒めちぎるし、本人もまんざらでもない様子なのに、それ以後、またトレパンにしちゃうのよね・・・。

ネットで調べた方法、親や友人から聞いた方法をほぼ全て試したにも拘わらず、全て効果なし。

まだ試行錯誤するつもりだけど、どこかで「どんな方法も利かず、時(自我の成長)が解決するしかない子も多くいる」って感じの事を読んだんだけど、息子はなんだかこのタイプのような気がする・・・。



(性格)

必要以上に頑固なところもあるけれど、基本的には朗らかで明るく、優しい子。

家族の誰かが何処かで「痛い!」と言うと、「大丈夫~~~!?」と言いながら真っ先に駆け寄っていき、「痛いの痛いの飛んでいけ~」の意味合いであるキスをしてくれる。

アタシに雷を落とされた後、ブロックや紙でせっせと作品を作ってはアタシの元へ持ってきて、アタシがそれを褒めると、「マミー、もう怒ってない・・・・???」と不安そうに訊いてくる。


これらがもう、鼻血吹きそうな位可愛くて仕方が無い。


とってもフレンドリーで、特にドライブスルーの若いおネエちゃんに「ハ~イ!」と挨拶をするのが大好き。

・・・・・ただの女好きか・・・・・???




(家族との関係)

相変わらずのパパっ子。
旦那がいない時はアタシに甘えてくるけれど、旦那がいる時は「ダディーが一番!」(旦那は息子に甘いからなあ)。

妹である娘に対しては、時々喧嘩はするけど、基本「いいお兄ちゃん」。

娘は息子が持っている物を「なんでも欲しがる」月齢なんだけど、娘に渡して良いサイズの物と、悪いサイズの物(口に入ると危険なサイズの物)をちゃんと区別して、娘に貸してあげている。

これには大感心!

もちろんまだ3歳なので時には「貸したくない!」って事もあるんだけど、基本的には貸してあげる事が出来るので、そういう場面を見ると「よし!いい子に育ってる!」と確信できるのであります。




●娘



(言葉)

まだ喋らないけど、先日、アタシが「ハックシュン!」とクシャミをした時に、娘が

「アックチュン!」

とアタシの真似をしたので驚いた。
「あ~う~あ~あ~」といった音をよく出すようになったので、そろそろ喋る準備に入ってるのかも?

でも、息子の例もあるので、今の段階で単語を発せずとも不安に感じる事は全くなし。
2人目ともなると、こういった事で余裕が出てくるな~。



(動作)

誕生日から一気に歩き始めるようになった娘。
今は一切ハイハイをせず、まだ頼りないものの100%歩くようになった。
外出時はストローラーか旦那が抱っこするんだけど、最近は一人で歩きたがる。



(性格)

まだ1歳になったばかりなのでハッキリとした性格はまだ分からないけど、「自我の芽生え」が大放出中。


いや、ただの「我がまま」か・・・?


気に入って遊んでいた玩具をサイズの関係で取り上げると、号泣。
代わりにどんな玩具をどれだけ渡しても、「こんなん、いらんわ!」とばかりに次々と投げ捨て、泣き喚く。

息子が遊んでいる玩具を次々と欲しがる。
で、何度も貸してもらった挙句、最後に貸してもらえないと、ハマコーみたいに大の字に転がって泣き喚く。

その様子を見て「もう、なんなのよ、あのムスメは!」とアタシが呆れて言う度に、


「ほんと、君の娘だよなあ・・・」と旦那にしみじみ言われる。


え、あの性格、アタシに似たのけ!?

人見知りをしているんだか、していないんだかハッキリしない(息子はその点、ハッキリしていた)。
人によっ ては(サンタさんとか)見ただけで号泣するし、人によっては(旦那の親友Eとか)抱っこされても泣かない。



(家族との関係)

まだ授乳中なので「ママが一番すき」らしい。
その次に息子が来て、最後に旦那。

義姉の事はたまにしか会わなくても覚えているようで、ベビーシッターをお願いしても全く平気。
でも義母の事は毎回忘れるらしく、義母に会う度に号泣する(見ていて気の毒になる・・・)。




そんな息子&娘の夜の寝姿。
IMG_2811.jpg

2人で同じポーズをして寝ております。

現在、息子は自分のベッドで、娘は旦那&アタシとで「川の字」になって寝てるんだけど、息子は時々、途中で起き出してアタシ達のベッドに入って来ちゃうのよね。

で、ベッドルームから娘の泣き声が聞こえるたびに


「もしや、息子が寝ぼけて娘の上に乗っかってるんじゃ!?」


と思って大急ぎでベッドルームに行くんだけど、息子が娘に乗っかってるどころか、寝相の悪い娘が、


息子の身体の上に両足を乗っけた状態で「ウワーーーン」と号泣しているケースが殆ど。



なんでアンタが泣いてるのよ!?

これって、お兄ちゃんが泣くシチュエーションじゃないの!?




旦那曰く


「僕もよくやられるよ。
なんだか違和感を感じて目覚めてみたら、彼女の足が僕の顔の上にある、なんて毎晩の事だよ」




そうなんだ、大変だねーーーーーー




ってこの子らの寝相が悪いのはアンタ譲りだからっっ!



時にはこんな寝相の悪い三人とベッドを共にする事があるアタシの可哀想な状況、想像できる!?


しかもクイーン・サイズのベッドで、よ!?


一人くらい、アタシの「良すぎる寝相」を受け継いでくれる子がいても良かったのに・・・。

早く自分のベッドで朝まで一人で眠れるようになってくれ、我が子たち。


以上、我が家の子供達の近況でした。


2011.12.08 *Thu*

サンタさんからの手紙

今週の頭、息子&娘名義で北極に住むサンタクロースにお手紙を出しました。



そしたら!



わずか数日後の本日、サンタさんからお返事が来ました!


サンタさん、筆まめ!!


(注:もしこれを読んでいる方の中で「うちもサンタさんにお手紙を出した」という方がいらっしゃったら、楽しみが半減してしまうのでここから先は見ないでね☆)

























これでーす。
IMG_3005.jpg

こんな可愛らしい封筒で返信してくれました。


送付人は「サンタクロース」、郵便番号はサンタさんの笑い声「Ho、Ho、Ho」にちなんだ「HOH OHO」。
IMG_3007_20111209184218.jpg

これを見て、大人なのにちょっと感動☆してしまったアタシなのであった・・・・・(汗)。


早速息子に「凄い人からお手紙が来たよ~~」と告げると、息子、パ~~~ッと笑顔になって



「サンタさんから!?」



とお返事。


ほっほっほ、その反応を期待していたのよ~~☆


息子、注意深く封筒から手紙を取り出し・・・
lfs_1.jpg


中に入っていたお手紙を裏表チラリと見て・・・・
lfs_2.jpg


「読んで!」と即効で旦那に手渡し。
lfs_3.jpg

ま、まあね、君はまだ文章が読めないからね・・・^^;

その反応は仕方が無いわね。


封筒の中に入っていた便箋はこちら。
IMG_3011.jpg

これまた可愛い~~~!

印字された手紙の内容に「追伸」の形で


「●●●くん、君のお手紙はとてもカラフルで、一緒に描かれていた絵も凄くよかったよ!来年は●●●●ちゃん(娘)からのお手紙も待ってるよ!それと、ルドルフが『よろしく』って!」


と手書きのメッセージを添えてくれてました。


実はこれ、カナダの郵便局「Canada Post」が毎年ボランティアで行っているものなんですねー(詳しくは
こちらを見てくださいねん)。


息子も三歳になり、これまでは無関心だった「クリスマス」や「サンタクロース」の存在や意味を認識するようになったので、今年はこの手の事もやってみる事にしたの。


結果は大成功で、息子は凄く喜んでくれました。
(カナダポストのボランティアの方々には本当に大感謝!!!)


いつまで続けられるか分からないけど、息子や娘がサンタクロースの存在を信じている間は続けようと思ってる。

いつか彼らが大人になった時に、


「クリスマスといえば、毎年、サンタさんからお手紙を貰ったな~・・・」


といった感じに、暖かい思い出として彼らの記憶に残ってくれるといいな・・・・と思って。

子供時代にそういう思い出があるのって、いいと思わない? 



え、思わない? 



いや、思ってーーー!!



それにしても、彼らはいったい、何歳までサンタさんの存在を信じてくれるのかしら???

アタシは結構早い段階で「サンタはいない」って気付いちゃった子で、その年のクリスマスは楽しみが大半減しちゃったというか、かなり悲しかったのを良く覚えてるのよ。

だからアタシも旦那も、極力ボロを出さないよう気を付けるけど、なるべく長く、サンタさんの存在を信じてくれてるといいな^^;


12月ももうすぐ半ば。

そろそろクリスマス・プレゼントを買いに行かなきゃだわ・・・。

category : 日常

2011.12.06 *Tue*

マドレーヌ初挑戦

天気予報では今日は午後から雪の予報が出てたのに、雪の欠片すら降りませんでしたよ。

息子が雪を楽しみにしてたんで、ちょっとだけでも降って欲しかったんだけどね。


それにしても、


なんか「今年は数十年ぶりに寒くなる」って巷で騒がれてるけど、そんな事全然ないような気がしてきたわ。

2週間ほど前の初雪以来、(うちの近辺では)雪なんてちっとも降らないし、これなら例年の方がよっぽど寒いし、もっと雪も頻繁に降ってるような気がする。


カナダの天気予報、ほーーーんとアテにならんわね。

カナダには石原良純が必要だわさ。

彼にカナダに来てもらって、ドッカンドッカン予報を的中させて欲しいね、うん。



と本日はいきなり天気の話で愚痴ちゃったけど、先週の土曜日、ノース・バンにあるモールでこんなの買っちゃったの。
IMG_2989.jpg

テフロン加工の「マドレーヌ型」でございまする。


マドレーヌ型、実は何年も前から欲しいと思ってたのよね。

でも他のケーキ型と比べても、マドレーヌ型って値段が結構お高いの!

「お高い」といっても20~25ドルとかなんだけど、これがアタシ的には微妙な値段で。

「普通のマフィン型とかが10~15ドルで買えるのに、そうそう頻繁に作らないであろうマドレーヌ型に25ドルっていうのはちょっとな~・・・」っていう気持ちが強くあって、これまで購入を見合わせて来たんだけど、今回購入したマドレーヌ型はなんと



10ドル!



ええ、ええ、もちろんセール品でございます。

今回は迷う事なく手に取りましたわよ!


で、本日、息子の3時のおやつ用にマドレーヌを初めて作ってみた。
IMG_2980_20111207170158.jpg


ぷくーーーっといい感じ膨れたわ。


でも・・・・・・・・




マドレーヌって、使うバター(マーガリン)の量が半端ないのね!!!





使用する小麦粉とほぼ同量になるんだけど、今回使ったのは200g!!

今回はマーガリンを使用したんだけど、200gのマーガリンはそりゃあ圧巻でしたよ。

あまりに圧巻過ぎて


「こんな超ハイカロリーな菓子、もう二度と作らない!」



って思ったくらい。

アメリカンスタイル・クッキーのバター量にも驚いたけど、あれ以上だわ。


とはいえ、マドレーヌはちゃんと焼けました(合計24個出来た)。
IMG_2983.jpg

「テフロンだから油は塗らなくてもいいかな?」と思ったんだけど、やっぱり塗った方がいいみたい。

所々がこびりついてハゲちゃった。

お菓子作りと恋愛に関しては「手抜きはノンノン!」って事ね(なんのこっちゃ)。


カロリーは凄いけど、味はすごく美味しかったよ。

次回は低カロリーバージョンのレシピでも探して作る事にします。

category : お菓子作り

2011.12.05 *Mon*

酷い風邪にヤラれてました・・・・

いやーーーーー参った、参った!!!


何に「参った」って、この風邪にですよ、風邪に!!


先週の頭頃から急に酷く咳き込むようになって、そのせいでかなり体力が低下してしまったアタシ。

子供の世話&ご飯作りは何とかこなしたものの、それもかなり辛かった。

なんせ、咳き込み始めたら止まらなくなり、しばらく身動きが取れなくなるほど酷いものだったので・・・。


(その為、ブログの更新が全くできず、もし、もし、も~~~~~~~し、更新を楽しみにして下さっていた方々がいらっしゃるとしたら、本当に申し訳ない!)


この咳、就寝時になると更に酷くなり、咳き込む辛さと寝不足が数日続き、木曜の夜には遂に38度近い熱が出てダウン。



「娘にまだ授乳してるから・・・」



と思って我慢してきた咳止めシロップ(一応、授乳中でもOKの物だけど)にも、とうとう手を出さざるをえない状態になってしまった。



でも、このシロップが効果テキメンで!!




飲んだ途端に咳が止まり、そのせいか熱も翌朝には下がってた!

それでも薬の効果が切れると咳が出るので、土曜日にファミリードクターのオフィスで診察してもらったところ、



「気管支炎」



と診断されてしまった・・・・!

まあ、肺炎でなくて良かったよ・・・。

治療方法のオプションを幾つか聞かされたんだけど、どれも「一旦授乳を中止しなければならない」といったものばかりだったので、今回は抗生物質は摂らず、自然治癒するのを待ってみる事にしました。

今の段階では、未だに咳は出るけど、もうシロップには頼らなくてもいい程度の状態まで回復してます。


今回の風邪、咳に加えて鼻詰まりもあり、いまだに完全には治ってないんだけど、ピーク時は本当に辛かった!!

風邪で熱出すなんて、ほんと数年ぶりだったし、パソコンの前に座るのも辛かった。


こんな風邪はもうこりごり!


どうも今年は咳風邪が流行っているようなので、皆さんもお気をつけ下さいませ~~~!!

category : 日常

きゃびの「つぶやいちゃうわよ!」

更新祭り開催中!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2011年12月 | 01月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


プロフィール

きゃび

Author:きゃび
西日本の某県出身。1999年6月、日本にてドデカいカナダ人(旦那)に遭遇。その後何故か付き合う事となり、1年7ヶ月の交際を経て、2001年4月、日本にて結婚。転居先の愛知県にて三年半の新婚生活を送った後、2004年8月、移民権取得と同時にカナダ・バンクーバーに移住。2008年5月、第一子となる息子誕生。2008年12月にバンクーバー郊外の某市にお引越し。2010年11月、第二子となる娘誕生。2011年7月、愛猫二匹のうちの一匹だった愛猫“うらら”が天に昇りました。それから一年半後の2012年12月新たに雌猫のセリーナを我が家に迎え入れました。現在、旦那・息子・娘・愛猫ティファ&セリーナと共に「笑い大いにアリ、涙たま~~~にアリ、大噴火けっこうアリ」の、お気楽主婦生活を送っています。

我が家の息子、今いくつ?

2008年5月10日生まれ

我が家の娘、今いくつ?

2010年11月10日生まれ

最新記事

最新のコメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

Locations of visitors to this page

Copyright © Cabbit in Canada All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。