01
4
6
9
11
12
14
15
16
17
18
19
20
24
26
28
<< >>

This Archive : 2012年01月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.01.31 *Tue*

毎週火曜は『ケーキの日』?

毎週月曜&火曜日は「ダディーっ子」の息子にとっては最悪の日。

というのも、旦那は毎週月曜日、仕事の後で自分が所属する地元バレーボール・チームの試合に参加する為、帰宅は子供達の就寝後。

そして毎週火曜日は夜間大学の日で、帰宅せずに職場から直行し、これまた帰宅は子供達の就寝後。


この二日間は朝から就寝の時間までアタシ一人で子供達の世話をしないといけない為、アタシにとってもキツイ日なんだけど、息子のそれに比べたら対したものでもない。


もう、息子の寂しがりようときたら、



「あの~~~、一応、ここにマミーがいるんですが、役不足ですか?」



って思っちゃうくらいの消沈ぶり。


なのでアタシなりに息子を喜ばせようと、少し前から毎週火曜日に息子の大好きな「御菓子作り」をする事にしたの。

いくらダディーが大好きでも、こればかりはマミーにしか出来ないからね~☆


もちろん、お手伝い好きな息子に手伝ってもらいます。


先週作ったのは、お久し振りの「オレンジ・ガトー・ショコラ」。
IMG_3398_20120208165521.jpg


そして今週作ったのは・・・・


1年ほど前に買ったまま放置されていたおニューの型を使った「オレンジ・シフォン・ケーキ」。
IMG_3553.jpg


え、「オレンジ」と名がつく物ばっかり?


いや~~特売のオレンジを箱買いしちゃったんでね・・・・。

せっせと消費しないと・・・・(-_-;)


シフォン・ケーキですが、数年ぶりに焼いたけど、ちゃんと膨らんでくれたんで一安心。


新しい型なんで、ひっくり返す時にちょっとドキドキしたけど、返しも何とか成功。
IMG_3556.jpg




だが、しかーーーーし!!!





型抜き後のケーキの見栄えが美しくない!!!

IMG_3559.jpg


シフォン型を買う前は、市販の紙製のシフォン型を使っていたアタシ。

あれだとね、紙をはがす時に薄皮(表面の茶色い部分ね)も紙と一緒にキレイに剥がれて、見栄えがとてもキレイになるの。

だから表面を生クリームでコーティングする必要も無かったんだけど、これだとコーティングが必要そう・・・・。

シフォンケーキは紙の型を使うのがお奨めです。


でもまあ、今回のこのケーキは我が家用なので、クリーム・コーティングはなし。
IMG_3561.jpg

そのままスライスし、ホイップ・クリームを添えて食べたよ。


ケーキ作成時は勿論、試食タイムも大喜びの息子。
IMG_3566.jpg


美味しかったね~~~。

売れるかと思ったよ (てへ)。


これからは毎週火曜日が、待ち遠しい曜日になるといいね。


スポンサーサイト
category : お菓子作り

2012.01.30 *Mon*

ダーリンは「●●症」

昨日は娘の発疹騒ぎで朝からバタバタした我が家。



実はあれには、意外な「続き」があるのです。



以下、昨日の会話からの続き。




アタシ 「ライノウィルスって何!?」

旦那 「風邪菌の一種だよ。 あと2~3日で発疹は消えるから、薬とかも飲ませなくても大丈夫だって。」

アタシ 「・・・・・よかったあ~~~~・・・・・あれ?




この時アタシ、旦那が何やら処方された薬らしき物を持っているのを発見。



アタシ 「その薬、なに? この子は薬飲まなくてもいいんでしょ?」

旦那 「ああ、これ? 実はこれ、僕用の薬なんだ・・・・」

アタシ 「あなた用の? 何の薬?」










旦那 「・・・・・・・・・・・・・・・・・花粉症・・・・・・・・・・・・・・・」






か~~ふ~~ん~~~しょ~~~~???




なんでも、娘の検診が終わった後、いきなりドクターが旦那の顔をジーーーーーーっと見て、


「君の喋り声、なんだかこもった感じがするね。 鼻詰まりとか、頭痛とかない?」


と言って来たらしく、旦那が「鼻詰まりと頭痛ですか? 鼻呼吸は出来てます。 頭痛は時々。」と言うと、「ここを押さえると痛むかい?」と言って旦那の目の周りを親指でグッと押さえたらしいの。


旦那 「イタタタタ!」

ドクター 「この程度押さえただけで痛むか・・・・。目の周りも赤いね。 
       君、花粉症だよ」

旦那 「花粉症!? 僕が!?」

ドクター 「そうだよ。 花粉症患者が持つ典型的な声&表情をしてるよ。 今まで気付かなかったの?」

旦那 「妻には何度か指摘された事がありますが、自分が花粉症持ちとは信じられなくて・・・」

ドクター 「奥さんは正しかったわけだ(笑)。 薬を処方するから、試してみなさい。 顔中がスッキリして驚くはずだから。」



といったやりとりがあったらしく、薬を処方され、帰ってきたと。




ほれ、アタシの言った通りじゃん!!




なんとなくね、前から「この男は、ずえ~~~ったいに花粉症持ちに違いない」って思ってたのよ。

だけどそれを指摘するたびに旦那は



「僕は絶対に花粉症なんかじゃないよ!」



って頑なに否定してたのよね。


別に花粉症だからって恥ずかしい事でもなんでもないのに、「自分は自然児」と自称する旦那的には「自分が現代病(?)の花粉症になるなんて、有り得ない」って思ってたのよね。

この人って変な所で意地っ張りと言うか・・・。


例えば全く関係ないんだけど『スターバックス』って、ドリンクのサイズを


・トール(小)

・グランデ(中)

・ヴェンティ(大)




っていう名称でサイズ分けしてるじゃない?(カナダにも日本の「ショート」サイズがあるけど、一般的には「トール」から始まる)



だけどうちの旦那的にはこのサイズの名称が気に入らないの。



旦那曰く、


「日常生活において、僕は自分より背が高い人間を見る機会が殆どない 『トール(背が高い)男』 なわけだけど、スタバの世界では “トール” が “一番小さいサイズ” になるっていうのが納得いかない。

それにスタバはアメリカのシアトルで生まれた会社なのに、なんでサイズ表示にわざわざイタリア語を使うのか、それも納得いかない。

だから僕は意地でも「トール」「グランデ」「ヴェンティ」なんて言葉を使ってドリンクの注文をしたりしない!」


と言って、たまにスタバでドリンクを注文する時でも絶対に「トール云々・・・」は言わず



・スモール(小)

・ミディアム(中)

・ラージ(大)



と言って注文するのよね。


こんな感じ。


旦那 「ミディアムのチャイラテをください」

スタバ店員 「グランデのチャイラテですね?」

旦那 「そう、ミディアム」

スタバ店員 「・・・・・・オーケー」



もう、そんなところで変な意地張らなくてもいいのに~~~。


とはいえ、医師から正式に「君は花粉症!」と言われてしまった旦那。

しぶしぶ処方された薬を使用し始めました。



そしたら!!



「顔周りにあったモヤモヤ感が無くなった感じがする!」




とすっかり「気分爽快クン」に!


薬を使用し始めてからは鼻通りがスッキリし、度々あった頭痛もなくなり、一番驚きだったのが、



アタシを10年以上苦しめてきた旦那の夜中のイビキが全く無くなった!!



もう「隣でヒグマが寝てるんじゃないか!?」って思うくらいの大イビキをかいていた旦那が、花粉症薬を使用し始めたその日の晩からピタッ!とイビキをかかなくなったの!!

鼻通りが良くなったからだと思うんだけど、本人的には風邪を引いている時以外は「鼻が詰まっている」という実感は無かったらしいの。

だけど本当は奥の方で詰まっていて、それがイビキの元になっていたのではないか、と。


今回、娘を診察に連れて行ったことで意外にも旦那の花粉症の事実が判明したのが面白かった。

だから今回、旦那にコンコンと言っておきました。




「妻の言う事は、最初から疑わずに聞いておけ!」
と・・・・。




いや~~、おかげさまで、ほんと毎晩快眠ですわ。

ドクターには大感謝!です。
category : 日常

2012.01.29 *Sun*

これは『突発性発疹』???

二日ほど前に娘のおヘソの下辺りに出現した赤い発疹。

最初は


「オムツかぶれかな?」


と思ったんだけど、二日後の本日の朝、パジャマから部屋着に着替えさせる時に娘を裸にしてみたら、発疹が手足を除く身体全体に広がっていてビックリ!!

心なしか、顔の生え際辺りにも、う~~~~っすらと発疹が確認できる。




これって、『突発性発疹』!?




でも『突発性発疹』って、40℃近い高熱が数日間出た後、一気に発疹が出るんだよね???


だけどここ最近、娘は高熱はおろか、微熱すら出す事がなかったのよ。






・・・・・・・・あ、





そういえば一昨日の夜、眠っている娘の手がいつも以上にとっても暖かくて「あれ????」と思った事があったっけ・・・・。

子供って眠っている時に熱を発散するから、頭頂部とかが凄く暖かくなるんだけど「手がここまで暖かくなるものだっけ?」って不思議に思ったのよね。

とはいえ娘は普通にグースカピーと眠ってたので、私もそのまま眠っちゃったんだけど、あれって、ひょっとしたら微熱でも出してたのかも・・・。

そういえば、昨日は時々クシャミをしてたっけ。


なーーーーーーーーんて、今更クヨクヨ考えても何にもならないので、速攻で旦那にクリニックに連れて行ってもらいました(順番待ち中に息子が退屈し、待合で騒いだりしたら何なので、アタシは息子とお留守番)。


彼らを待っていた間、アタシは息子が今の娘と同月齢だった頃の日記を読み返してみた。



そしたら!!



なんと息子も、今の娘と同時期に身体に発疹が出てたの!!



息子の場合、




「先に発疹が出て発熱(微熱)」 → 「突発性発疹ではない」




という症状&診断が下ったのよね。



今回の娘の場合は、



「発疹出現とほぼ同時期に発熱(微熱)したかも?」




という感じなので、今回も突発性発疹ではないような・・・。



日記を読み返しながら「うーーーーーーーーーん」と考えいてたところへ旦那&娘が帰宅。



アタシ 「どうだった!?」

旦那 「突発性発疹(Three day fever)ではない、って。」

アタシ 「じゃあ、何!?」

旦那 「今まで母乳の免疫で身体が守られてたわけでしょ? それが今の月齢辺りになると母乳の免疫力が弱まるらしくて、そこへ “ライノウィルス” に感染すると一気に身体に発疹が出るんだって。」

アタシ 「ライノウィルスって何!?」

旦那 「風邪菌の一種だよ。 あと2~3日で発疹は消えるから、薬とかも飲ませなくても大丈夫だって。」

アタシ 「・・・・・よかったあ~~~~・・・・」



とまあ、そういう訳で、息子の時同様、突発性発疹ではなかった様子。

よかった・・・・。


しかし、子供も二人目というのに、発疹が出ただけでも未だにドキドキしてしまうわ。

それに加え、突発性発疹の特徴である高熱なんて出た日には、絶対に「エマージェンシー!今すぐエマージェンシーへGOよ~~!」ってパニくってしまう事、確実。


まだまだ「母」として、肝が据わってないな~と思う今日この頃なのであります。



(後日談: 娘の発疹は、2日後にはキレイさっぱり消えてなくなりました)

category : 娘の成長

2012.01.27 *Fri*

果たしてコレでいいのか?『クレイジー・ソルト』

今日は息子の日本語学校の日でした。

早いもので、再登園から本日で3回目の授業。

日本語が出来ないなりにも、先生方のご指導の下、何とかクラスをこなしてくれているようで、母としては一安心。



さて、実は昨日の午後、ちょっとした実験をキッチンでやってみた。


いや、「実験」と言っちゃあ大げさだわね。



ただの『クレイジー・ソルト作り』なんだけど・・・・。



なんでいきなり『クレイジー・ソルト作り』なのかというと、最近見る料理レシピに、やたら滅多ら



クレイジー・ソルトが使用されているから



です。



とはいえ、実はアタシ、クレイジー・ソルトなるものを使用した事が一度も無い。


実物すら見たことも無い。




見た目はこういう物なのね。

k_salt_20120130165237.jpg


なんでも噂によると、「これを入れるだけでどんな料理でも美味しくなる」とか、「アイスクリームとチョコレート以外ならどんな料理にでも合う」とか言われてるらしいじゃないですか。


それって、何だか日本で言うところの『味覇(ウェイパー)』みたいな感じですな。

(しかし、ウェイパーって日本では一缶が800円くらいなのね。こちらの日系商店で買うと、一缶が21ドル(1600円)くらいするのよね・・・泣)



このクレイジー・ソルト、“アメリカ発祥の調味料”との事なので、同じ北米&陸続きのカナダでも当然売っているだろうと思いきや、さすが品揃えが薄い事で有名(?)なキャ~ナダ、見事にどの店でも取り扱ってない!! うそーん。


日本で売ってて、なんで同じ北米のカナダでは売ってないのさ!!

ほんと、カナダ、サイコー!(怒)




もう「手に入らない」と思うと何だか余計になんとかしたくなって来て、遂に本日、重い腰を上げて(口にした事も無い)クレイジー・ソルトを作る事にしたわけです。


今回、参考にしたレシピは
こちら


いくつかのスパイスを買い足したものの、大抵の物は揃っていたので思った以上に気軽に出来た。


それらのスパイスをミルに入れて粉末状にしたのがこちら。
IMG_3475.jpg

オレンジの皮が入ってるので、微かにオレンジの甘い香りが漂ってます。


出来上がりは、市販の小型ベビーフード瓶にピッタリ収まる量になったわ。
IMG_3477.jpg

本家本元のクレイジー・ソルトは ↑ のような粉末状ではなく、乾燥ハーブをそのままの状態で岩塩と混ぜているようなのだけど、アタシ的には粉末状にした方が料理に使い易くていいと思う。

っていうか出来上がったのはいいんだけど、クレイジー・ソルトってこんなもんなんだろうか?

なんせ本物の味を知らないから、ちゃんと再現出来てるのかどうか分からないわ・・・。








この出来上がった『お手製クレイジー・ソルト』を使って、早速、息子の日本語幼稚園のお弁当に入れるチキンナゲットを作ってみた。


気になるお味は・・・




美味しかった!!





風味豊かなチキンナゲットが出来上がりましたよ。

流石、『肉を食べさせたら世界一』のアメリカで生まれた調味料、肉料理によく合いますわ。




だけど、



和食には絶対に合わないと思う。




なんていうかオレガノの香りがちょっと強いというか。

オレガノって、なんだか「溶けたプラスチック」みたいな匂いがして、アタシ的にはちょっと苦手なハーブの一つなのです。

「このオレガノの香りが繊細な和食には合わないな~」と個人的には思うんだな。


あ、あと中華料理にも合わないね、きっと。


これはあくまで「西洋料理専門の万能調味料」といった感じです。


とはいえ、せっかく作ったんだし、洋食系を作る時にちょくちょく利用しようと思います。



しかし、



カナダに移住してからというもの、「お手製」する機会が凄く多くなったわ・・・・。

今度はアタシ、いったい何を手作りしちゃうのかしら・・・・。

category : 日常

2012.01.25 *Wed*

これは凄いアイデアだ!!!

小さい御子さん(特に男の子)がいらっしゃるお宅にはかなりの確立であるであろう



LEGOブロック。



我が家も例外なくLEGOブロックがありまして、LEGO以外のブロックだけでも「大・中・小」と全て完備。

特にLEGOブロックは息子の一番のお気に入りの玩具で、これさえ与えておけば一日中でも部屋に篭って遊べるほど。



でもこのLEGO、



一つ一つのパーツがかなり小さいの。



おまけに、かなりの量があるものだから、片付け時なんてもう大変!!!

床という床に散らばった1000パーツを超えるLEGOをかき集めるのは、それはそれは時間の掛かる大変な作業で、連日「ウキーーーーーーーーーッ!」となってたの。





そんな去年末のある日、





すぐ近所にお住まいの日本人Fさんのお宅にお招きにあずかりまして、息子を連れて遊びに伺ったの。


その時に、Fさんから衝撃の 


『LEGO、ものの数秒でお片付け術』 




を教えて頂いたのよ!!


アタシ一人でそのワザを隠し持つのは気が引けるので、ここでドカーンと紹介しちゃうわねっ。



その方法の『基本形』を我が家で再現したのがこちら↓。






IMG_3474_20120130160332.jpg



パッと見は「へ? これだけ? これの何が凄いアイデアなの?」って思うでしょ?


でも、これが本当に凄いのよ!


Fさんはベッドシーツを再利用したお手製の布を使ってらしたんだけど、アタシはテーブルクロスで代用。


最初の手順としては



①大きな布を一枚用意し、その真ん中にLEGOを広げる。

②子供には『この布の上だけでLEGO遊びをしなさいね』と言ってきかせる。

③最終的には布の周囲に多少なりともLEGOがはみ出ているものの、それらは手でパパパッと布の上に簡単に移動させればOK。

④LEGOを布の中央に乗せたまま布の四方を掴み、茶巾絞りの要領で一気に布をまとめてLEGOを包み、布ごとお片付け箱へ入れる。

LEGOのお片付け、これでおしまい。

⑥次に遊ぶ時は、箱からLEGOを包んでいる布を取り出し、それを広げるだけでLEGO遊びの準備は完了。手順②へ。




ね、凄いでしょ!!??


Fさんも数十年前に知人から教わったらしく、Fさん曰く


「私がカナダに移住してから知った沢山のアイデアの中でも、
これはBest3に入るアイデアよ!!」



だそうです。


凄くシンプルなワザなんだけど、シンプル過ぎるだけになかなか思いつかないワザよね。

この方法を取るようになってからというもの、それまではかなり時間が掛かっていたLEGOのお片付けが、ものの数秒で終わるようになったので本当に大助かり!


教えて下さったFさんには感謝感謝、大感謝です。


もし、この日記を読んでいる方の中で、LEGOのお片付けで連日「ウキーーーーッ!!」となっているお母様方がいらしたら、是非是非試してみて!!

ほんと、お奨めよ!

category : 日常

2012.01.23 *Mon*

「良薬は口に苦し」・・・という事で・・・

実はアタシ、ここ2週間ほどまた風邪を引きましてね(今冬三度目!)。

もう「どんだけ免疫力が無いんだ」って話なんだけど、子供がプリスクールから貰ってくる風邪は強力ですよ。

その強力度から言えば、今まで旦那が職場から貰ってきていた風邪とは比較にならない位の感染力。


風邪を引いたら薬を飲んで安静にしておきたい所なのだけど、なんせアタシは授乳中なものだから、風邪薬は勿論、咳薬も飲めない(今冬の風邪はジンジャーラテも効かない・・・)。


そんなアタシがボーッとする頭で食料品の買い物をしていた時、たまたまフラ~ッと歩いていたオーガニック・コーナーで見つけたのがコレ。
IMG_3517.jpg


どうも、ハーブの効能を利用した『お薬ハーブ・ティー』のよう。

これは「お試しパック」で、普段は個別で売っている『お薬ハーブ・ティー』全種が、この一箱に数袋ずつ収まっているらしい。

値段も4ドルちょいだったので、藁にもすがる思いで購入してみた。



「お?結構入ってるな~」というのが箱を開けてみた第一印象。
IMG_3520.jpg

今回は喉がイガイガしていたので、『Throat Coat』と名がついたハーブ・ティーを就寝前のリラックス・タイムに飲んでみた。

お味は・・・・






「・・・・・・・まあ、薬みたいなもんだから・・・・・・





といった感じ。

もともとハーブ・ティーが苦手というのもあるけど、この『Throat Coat』を飲んだ後に口に残る甘味が・・・・・何というか苦味を帯びた甘味でして、一杯飲み干すのにかなり苦労したというか、軽い苦行をしているような気分になったわ。




でも!




なんだか飲んだ後は喉が心なしかスッキリしたような気がして、ハーブ・ティーのリラックス効果も手伝ったのか、その日の夜はグッスリ!!  (まあ、途中で娘に何度か起こされるんだけども・・・)



これ、なかなかイイかもしんない。



効果を試すため、もうちょっと続けて飲んでみようと思います。



あと、今回の風邪で大変重宝してくれているのがコレ!!








IMG_3546.jpg


マスク。



去年の年末に両親が送ってくれた荷物の中に、沢山の風邪薬と一緒に入っていた『マスク』。

風邪を引いてからというもの、これを毎晩、就寝時に装着して寝てます。


カナダの冬って、セントラルヒーティングで室内が乾燥しがち。


それが原因で、風邪の諸症状を更に酷くしたりする事が多々あるのです(特に鼻で息が出来ない時)。


でもこのマスクさえしていれば、鼻の上から顎の下までスッポリ顔を覆ってくれるので、鼻が詰まって口で息をしながら眠ったとしても、翌日に喉がガラガラにならない。

というか、このマスクをしてベッドに横になると、ものの2分ほどでそれまでの頑固な鼻詰まりが無くなり、鼻呼吸をしながら快適に眠る事が出来るの!!

きっと口呼吸で出る暖かくて湿った息がマスク内を充満し、それがスチーム効果になって鼻詰まりを解消してくれるのではないか、と(ラーメンやうどんを食べると湯気で鼻通りが良くなるのと同じ原理?)。


お父さん、お母さん、良い物を送ってくれてありがとう~。

今回の風邪はこのマスクとハーブ・ティーでなんとか乗り切れそうです。


category : 日常

2012.01.22 *Sun*

週に一度の「贅沢茶」!

去年の感謝祭の頃だったかな? 

義姉がBFと一緒にサンフランシスコに旅行に行ったのよ。


その時のサンフランシスコ土産の一つとして、彼女がこの『チャイ』をくれたのです。
IMG_3515.jpg

サンフランシスコでは有名なお茶の専門店(らしい)
『SAMOVAR』のチャイ。

食いしん坊なアタシの事だから、



「では、さっそく試飲を!!」



・・・・・と行きそうなのだけど、実は我が家は結構色んな種類のお茶を既に常備してありまして、この頂いたチャイは2ヶ月ほど手付かずのまま、お茶棚にしまいっ放しになってたの。


そして年が明け、子供達が寝静まった週末の夜に旦那とTVゲーム(『バイオハザード5』・・・・アラフォー夫婦が夜中に何やってんだか・・・)をしてたら、なんだか喉が渇いちゃって、



「あ、そういえばお義姉さんから貰ったチャイがしまいっ放しになってた。飲んでみようか?」



という話になり、パッケージを開けてみたら・・・



こんな感じになっていました(これは開封後)。
IMG_3513.jpg

なんとこれ『チャイ用のスパイス』のみでして、中国茶がブレンドされてはいるものの、これだけではチャイは作れないらしい(これに手持ちの紅茶を足す必要があるんだって)。

同封されていた「チャイの作り方(2人分)」を読んでみたんだけど、これがまあ、なかなかややこしい。


① 2カップのお湯を沸騰させ、大さじ2杯の砂糖を溶かす。

② 砂糖が溶けたら “お手持ちのお好みの紅茶葉” 大さじ1杯と、当製品大さじ2杯を入れ、5分煮る。

IMG_3509.jpg


③ カップ1杯のミルクを②に注ぎ、沸騰直前で火を止める。
IMG_3521.jpg

④ 火から下ろし、蓋をして5分蒸らす。


⑤ ④を漉して、カップに注いで出来上がり。

IMG_3529.jpg


やっと出来た~~。

お茶一杯飲むのにこんなに手間をかけたの、初めてかもしんない。

「これで薬みたいな味がするチャイだったら辛いな~」と思いつつ、旦那と同時に一口ゴックン。

夫婦揃って開口一番、





「うわっ これ美味しい!!!!!」





今まで飲んだチャイの中でも、間違いなくダントツのトップ!!

ほんと、一番美味しい!!!



旦那と「美味しい、美味しい」と言いながらあっという間に完飲してしまった。


ちょうど翌日に義姉に会う予定だったので、チャイがとても美味しかった事、そしてカナダでも取り寄せが可能かどうかを訊いてみたのよ。

そしたら、


「あのチャイ、超美味しいでしょ!?

私達もお店で飲んでビックリする位美味しかったから、自分達と貴方達のお土産用に買ったんだけど、なーんと
一箱が約20ドルもするのよ。

それはまあいいとして、一番の問題はカナダまでの送料なのよ。


サンフランシスコからカナダまでの送料が何故か20ドルも掛かるんですって!!


とっても美味しいけど、チャイ一箱に40ドルっていうのはちょっとね・・・」


との事。



カナダまで取り寄せたら、一箱が40ドルになるチャイ・・・!!!



嗚呼、君はそんな高級な「おチャイ様」だったのか・・・・!!!!


50ドル以上の購入をすればアメリカ国内であれば送料無料になるらしいので、最寄のアメリカの郵便局留めにするって手もあるけど、義姉と共同購入しても40ドルちょいにしかならないんだよね。


あ~あ、凄く美味しいのに残念。


これからは「週一の楽しみ」としてチョビチョビ飲むとしますか・・・・・、いや、材料は分かってるから自分でブレンドしてみるか!?


・・・・いや、無理無理・・・・。


ビンボー症丸出しでチョビチョビ飲みます・・・・。


category : 日常

2012.01.21 *Sat*

雪の一週間・まとめ

去年の秋頃から「今年はラニーニャの影響で数十年に一度の寒波が来る」と報道されていたカナダ。

その “ラニーニャ報道” を受け、うちは去年の10月の終わりには車をスノー・タイヤに変えたし、子供達にも近所で雪遊びをさせたかったから、首をなが~~~~~くして降雪を待ってたのよね。




それが、よ。




実際は「寒波」どころか「暖冬」とも言える暖かさで、雪なんて降る様子ゼロ。

義兄一家が住むサスカチュワン州(←冬は豪雪地帯になる)も、例年ならこの時期には-30℃になるところが、今年は零度にもならないくらい暖かかったらしく、



「まったく、カナダの天気予報はあてにならん」



と思ってたのよね。









遂にというか、先週の土曜日(14日)ようやく降雪がありました!

(気象予報士さんは胸を撫で下ろしただろうな、きっと)



我が家一帯は一晩で5~10cmくらい積もったかな。


朝起きて一面雪景色になった外を見て、息子は大喜び。

早速、旦那と一緒に前庭で雪だるまを作って遊んだのでした。


その日はお昼前に出掛ける予定があったのでソリ遊びはしなかったのだけど、初降雪があった翌日(15日)、近所の公園にソリ遊びに行きましたわ。
IMG_3410.jpg

昨日今日とお天気が良いのだけど、メイン道路ではない我が家周辺の道はまだこんなに雪が残ってます。

なのでソリもス~イスイとスムーズに進むので子供達の移動がラクだった(ってアタシがしたわけじゃないのに・・・)。



でも公園に着いてからは、アタシも頑張ったわよ!!



ソリ初心者の娘の為に比較的緩やかな斜面を選び、ヒーヒー言いながら何往復もソリを引いたわ!
snow3.jpg

子供達は「キャ~~~~☆」と大喜び。


アタシはもう、この時点で「ゼーゼー」よ・・・・・。
snow2.jpg


お次は少し場所を移動して、結構な勾配の斜面を滑る事に。

ここは子供達だけでは危ないので、アタシも子供達を後ろから抱えつつ一緒に滑ります。
snow_1.jpg


アタシ 「うお~~~~~(怖)!」   

子供達 「キャ~~~~~(喜)!」



予想以上の斜面だったけど、滑ってみれば楽しかった!
snow4_20120123180245.jpg


ソリ滑りの後は、広大な公園内を旦那が凄い勢いでダッシュしながら行う「犬ぞり」ならぬ「旦那ぞり」!
snow_20120119184514.jpg

ソリには息子・娘・アタシが乗ってるんだけど、旦那、結構な距離を凄いスピードで走る、走る!

旦那が一瞬、『ばんえい競走』の馬に見えました。


いや~楽しかった。


今回の積雪は予報で大騒ぎされた程の物ではなかったけど、量としては「少なすぎず、多すぎず」って感じで、遊ぶのにちょうどいいし、雪かきも楽だし、すぐに解けそうなのでイイ感じ。

3年前に西海岸を覆った記録的なドカ雪に比べたら、今回の雪は可愛らしいもんです。


そして今週いっぱい残っていた雪も、本日(21日)の雨でキレイさっぱり解けて消えてしまいました。


雪は今週いっぱいで堪能できたので、もう降ってもらわなくてもいいや。

category : 日常

2012.01.13 *Fri*

息子の日本語幼稚園、再開

本日、息子の日本語幼稚園が再開しました。

実は訳あって(というか息子の日本語レベルの事で)、幼稚園の先生とお話した結果、去年の10月以降から年明け復帰を目指し、幼稚園をお休みさせて自宅学習させていたの。








哀しいかな、この3ヶ月の間、出来る限りの事はしたつもりなんだけど、息子の日本語レベルは殆ど変わらず。

英語に関してはスポンジが水を吸収するような記憶力を発揮し、もともとボキャブラリー数は何百とあったものの、センテンスでは全く喋れなかった1年前が嘘のように、今ではバリバリのネイティブ・イングリッシュ・スピーカーになった息子。



その吸収力を、日本語にも発揮して欲しい!!!




でもそれは親の勝手な願いであって、やはりそこは、アタシの日本語教育の仕方が悪かったせい。

日常の会話にしても(特に何かを言い聞かせる時)「英語で言った方が手っ取り早いや」と思ってついつい英語で話してしまう事が多々あるし・・・。


その親の怠慢な姿勢が息子にも伝わるのか、日本語を脳が完全にブロックしてるというか、日本語に関心を示さないの。

新しい英単語に関しては、すぐにその単語を使ったセンテンスを作って「あっ!」という間に自分の物にしてしまうのに、日本語の単語に関しては一度聞きはするけど、それを複読する事もなく、その場限りで終わり。

お風呂では毎日『あいうえお表』を使って「あいうえおの歌」を歌ったり、日本語の本も読み聞かせてるんだけど、どこまで吸収しているのか・・・。



嗚呼、バイリンガルへの道は険しい・・・・。




とまあ、自分の怠慢を棚に上げた愚痴を長々と書いてしまったけど、とにかく本日から日本語幼稚園に再入園する事になりました。


3ヶ月ぶりにお会いする先生方に、



「何卒、何卒、息子を宜しくお願いいたします」



と言って息子を託し、アタシと娘は時間つぶし&ランチの為に最寄のショッピング・モールへ。


この3時間の間、ずーーーーーーーーーっと息子の事を考えてたわ。



「サークルタイム、ちゃんと出来てるかな」 とか

「ストーリータイム、大人しくお話が聞けてるかな」 とか

「お弁当、残さずちゃんと食べてくれてるかな」 とか。



それに加え、日本語が話せない息子を日本語のみの環境に入れるのは「虎の穴に我が子を放り込む」ような気がして、息子に申し訳ない気持ちも沸いて来て、ちょっと目頭が熱くなった(ご飯食べてる最中に)。


そんな思いを抱えつつお迎えの時間が来て、息子を幼稚園に迎えに行った。


先生方に


「息子、今日はどうでしたか? ちゃんと授業、受ける事が出来ましたか?」


と訊ねてみると



「大丈夫でしたよ^^

うちはサークルタイムが長めな上に全て日本語なので、やっぱり途中で退屈してしまったみたいなんですが、それまではじっと我慢してお話が聞けてました。

お弁当も残さずにちゃんと全部食べられましたよ^^

今日は初日みたいなものですから彼の中にまだ“学校の流れ”が入っていませんが、あと何回かこなせば自然と流れも分かって来ますよ」



との事。



それを聞いてアタシ、もう大感激!!!(涙)



今日という日まで、「息子を再び登園させるか」、「辞めさせるか」の狭間で揺れ動いていたんだけど、息子の可能性を信じ「再び登園させる」という選択をして、本当に良かった・・・!

息子には「よくやった!えらい!」と褒めちぎっておいた(ご褒美として、帰り道にマクド●ルドのハッピーセットを買いに行っちゃったよ)。


帰りの車の中で「また日本語幼稚園に行きたい?」って訊いてみたら「うん!」と答えた息子。

今は何より、楽しんで登園してくれる事が一番。

英語の吸収力は『光速並』、日本語の吸収力は『亀の歩み並』だけど、ちょっとずつでいいから楽しみながら日本語をお勉強してくれるといいな。



そうそう、今日の晩御飯の時に息子がニンジンを食べてたんで、息子に「ニンジンは日本語で何て言うの?」と訊ねてみたら、




息子 「・・・・・・・・・・ニ・・・・・・・・・・・・・」


アタシ 「うん、うん」


息子 「・・・・・・・・ニン・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


アタシ 「 (あと、一息!!) 」


息子 「・・・・・・・・・・!(゜∀゜)


アタシ 「 (お、分かったか!?) 」











息子「ニンジャ!!!!」 ドテーン


アタシ「惜しい!! 一文字違い!!!」(←そういう問題ではない)






・・・・・・・・・・バイリンガルへの道は相当険しい・・・・・・・・・。






●おまけ●

本日、久し振りに牡丹餅を作る機会がありました。

IMG_3403.jpg


部屋中に餡子を煮る甘い良い香りがぷ~~~ん。


自分で餡子を煮ると、甘さが加減できるからいいね。

アタシは『こし餡』よりも、『粒餡』派。

しかもちょっとだけ粒に噛み応えが残った煮加減の粒餡が好きなので、今回もそんな感じに仕上げてみた。

味見で一つ食べたんだけど、いや~日本茶が進んだわ。


「洋菓子も好きだけど、やっぱり和菓子に勝る物はないな~」と思った冬の夜なのでした。

category : 息子の成長

2012.01.10 *Tue*

娘、14ヶ月になる。

本日、娘が14ヶ月になりました。

そんな娘の現在の成長の様子を自分用に覚書。


(言語に関して)

昔から世間一般論として「女の子は男の子よりも喋りだすのが早い」とよく言われるけれど、確かに、娘は息子と比べると「喋り出す時期」が早くなりそう。

14ヶ月現在で話せる単語は


・ママ (普段は言わないけど、泣く時に連呼する)
・まんま
・ねんね
・はよ~(おはよう)
・ナナ(バナナ)
・キャッ(キャット)
・イエーイ


これらは13ヶ月の時点で喋り始めた単語。

最近はこちらが言う言葉をコピーしようと頑張っている様子が見て取れるので、もっとボキャブラリーが増えそうな予感。

息子は2歳になったばかりの時点でこれ位のボキャブラリー数だったので、やはり女の子は喋り出すのが早いのかも?(勿論、同じ女の子でも個人差はあると思うけど)



(動作に関して)

・歩くスピードが確実に速くなり、歩調もしっかりしている
・音楽に合わせて踊るのが大好きで、『パクパク音頭』を見ながら手をグーパーグーパーさせる
・気に入らない事があるとオモチャやボトルを投げるようになり、叱られる事が多くなった
・何故か極小の箱に収まろうとする



足腰が随分しっかりして来て、安定した歩きを見せるようになり、手を繋いでいれば長距離をトコトコ歩く事が可能。

踊りに関しては、息子がこの年齢の時は全く興味を示さず(←今では“ダンスの鬼”だけど・・・^^;)、音楽に合わせて踊る事も無かったので、かなり新鮮な感覚で娘の様子を見てます。

どうも気が強い性格のようで、ちょっとでも気に入らない事があったら手に持っているオモチャやウォーター・ボトルを相手に向かって投げるクセがあり、その都度カミナリを落とされて泣いているのよね・・・。これは修正する必要・大有りだわ。

そして「何故か極小の箱に収まろうとする」なんだけど、




証拠写真はこちら。



(TVを観ながらスッポリ)
IMG_3325.jpg


(寝起きにスッポリ)
IMG_3335.jpg

しかも、箱にお尻がはまり込んで抜けなくなり、毎回号泣しながら救出してもらうのに、また同じ事を繰り返すんだよね。


時には頭に被ったりもする。
IMG_3031_20120117171449.jpg

この動作に関してはもう意味不明。

怪我しない程度にやってください、って感じですわ。




(食に関して)

・14ヶ月目前で試したアレルギー性食品(卵白・甲殻類・ナッツ類)を全てクリアし、ほっと一息
・今のところはあまり好き嫌いは無く、バナナとおからナゲットが大好物
・離乳食はもう少しで完了



おからナゲットが大好き!3個はペロリといってしまう。
IMG_3028.jpg


もうとにかくアレルギー性食品に反応が出なかった事が有難い。

そして離乳食は息子の時は16ヶ月で完了したので、それを目安にあと2ヶ月は続けてみるつもり。

まだ奥歯が生えておらず、前上下4本ずつ(計8本)しか生えていないので、2ヶ月ほど経てば奥歯も生えてきて、大人が食べる硬さの物も食べられるようになるんじゃないかな~と思っていたりする。

フォークもそろそろ使わせてみようかな。


とまあ、こんな感じの娘の14日ヶ月記録でございました。

category : 娘の成長

2012.01.08 *Sun*

『The Adventures of TINTIN』鑑賞

昨日ランチをした際、義姉が「明日、この子達のベビーシッターをしたいんだけど・・・」と申し出てくれたので、お言葉に甘えて4時間ほどお願いし、旦那とデートをして来たわ。

お義姉さんは本当に子供達を可愛がってくれて良くしてくれるので、感謝、感謝、でございます。

アタシ達がこんな風に月一で夫婦デートが出来るのも、お義姉さんのお陰だもの。


お義姉さんはいつも


「私がこの子達と遊びたいからシッターをさせて貰ってるの。だから負い目を感じる事なんて何も無いのよ」


と言って下さるんだけど、いつか、何かの形でドカーーーンと御礼がしたいのよね。


はてさて、何をすればいいのかしら???


うーーーん、悩むわ・・・・。




さて



今回のデートでは前回同様、映画を観に行く事にしたアタシ達。

そんなアタシ達が選んだ映画は、


『The Adventures of TINTIN (タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密)』
でございます。
t_a_o_t_t.jpg

●あらすじ●

少年記者タンタンと愛犬スノーウィは、ある日ノミの市で古い帆船ユニコーン号の模型を見つける。タンタンがそれを購入した直後、ある男からは「その船に関わってはいけない」と、もう一人の男サッカリンからは買い取らせて 欲しいとせがまれる。タンタンはユニコーン号に何か秘密があると睨み図書館で調べたところ、それはかつて海賊に襲撃され、積んでいた財宝と共に消えた軍艦 だったことがわかる。(Wikipediaより抜粋)



日本では「タンタン」と呼ばれていますが、こちらではスペルの通り「ティンティン」と呼ばれています(今回はタンタンの名称で日記を書きます)。


この映画の共同製作者は「泣く子も黙る大御所監督」スティーブン・スピルバーグ監督と、激痩せして「あなた誰!?」な状態になった『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのピーター・ジャクソン監督。



「この二人が作る映画で面白くないわけがない!」



って感じなのだけど、あの漫画の可愛い絵柄の『タンタン』を見慣れているアタシからすれば、今回の映画で使用された“CG映像”にはどうも違和感が・・・・。


そんな感情を持ちつつ映画を観始めた訳なんだけど、



もうビックリよ、ビックリ!!!



実写と見まごうばかりの素晴らしいCG技術!!

モーション・キャプチャーを使用しているため、CG人物が人間そのものの動きをする!!




でもね!!!




「そこまでするんなら、こんな手間かけないで、実写にすれば良かったんじゃね!?」




とアタシは真っ先に思ったわけよ。




でもね!!!




映画を観進めていくうちに、


「嗚呼、彼らの選択は間違ってなかった。この映画は、CGじゃなきゃ駄目だ」


ってかなり納得する事が出来ました。


というのもね、漫画を実写にしちゃうと、ほぼ100%の割合で原作キャラと演じる俳優の間にイメージのギャップが生じちゃうじゃない?


「●●●は、こんなんじゃないのよおおおおお!!!!」



みたいな。





例えば、これとか
h_n_k.jpg

原作ファンとしては、許さない、こんなの絶対に許さない!!





あと、これとか
d_b.jpg

「なんじゃ、これ」みたいな。

別に原作が好きなわけではないけど、「これはあんまりだろ・・・」みたいな。

っていうか「おっす!おら悟空!」って言わない悟空なんて悟空じゃないのよ。

っていうか亀仙人役がチョウ・ユンファって聞いた時点で「この映画、終わったな」って思ったわ。





とまあ話が逸れちゃったけど、漫画キャラを実写キャラに置き換えるのはかなり難しいチャレンジなんですよ。

だけど実写ではなくCGにすれば、それぞれのキャラクターのイメージを壊す事無く擬人化が出来、尚且つアニメでは出せない大迫力の映像が作れるんです。

それは同時に原作のファンをとても大事にしたチョイスでもあるのよね。

その選択をした両監督に拍手を送りたい。


この映画、ストーリーといい、映像といい、何を取っても文句をつける場所が見当たらない珍しい映画です。

久し振りに最初から最後まで、吸い込まれるように夢中になって観た映画でした。


もう、チョーーーーーーーーーお奨め!!!!



久し振りにDVDを買いたくなっちゃったわ。

category : 映画鑑賞

2012.01.07 *Sat*

今年も元気で行ってらっしゃい!

『正月ボケ』は最初から無かったけど、長かった『冬休みボケ』からはようやく抜け出せた感がある今日この頃。

そんな本日、バンクーバー島から今朝早くこちらに到着した義両親と一緒に義姉も交えて飲茶。
IMG_3377_20120115180124.jpg


久し振り(去年の『七五三騒動』以来?)の飲茶は美味しかった!


ちなみに場所はリッチモンドの『Sun Sui Wah(新瑞華)』。


最近、義家族と一緒に飲茶をする時はここを利用する機会が多し。

アタシ達夫婦のお気に入りは今でもバンクーバーの『Dai Tung(大同)』なんだけど、なんせあそこは大人気店なので待ち時間が半端無いし(20~45分くらい)、予約も入れる事が出来ないので老齢の義両親は待ち時間だけで疲れてしまうのです。

それに対し、ここなら予約を入れる事が出来るので、待ち時間が無くて済むから義両親がやってくる際はよく利用させてもらってるの。

伝統的な「カート形式」じゃなく「シートオーダー形式」なので、点心を見て選べないのが玉にキズだけど、味はまあまあ気に入ってます。



最近「イヤイヤ期」が真っ盛りの息子、飲茶も「食べたくない」と言って殆ど食べず、車遊びに夢中。
IMG_3373.jpg



・・・・最近、息子の食べ物の「好き嫌い」が激しくなって困ってます・・・TT

いや「好き嫌い」というより、とにかくこの時期の “溢れんばかりの自我で意思表示 をしたいだけ” の現象というか・・・。

ラッキーにも野菜に関しては変わらず大好物なので、野菜スティックとかサラダとかはモシャモシャ食べてくれるんだけど、肉・魚・卵を断固拒否するのよ~~!!(辛うじて鶏肉だけは唐揚げやナゲットにすると食べてくれる)


ちょっと前までは肉も魚もモリモリ食べてたのに!!


野菜嫌いであれば細かく刻んでハンバーグに入れたり焼き菓子に混ぜ込んだりして接種させる事が可能だけど、(卵はとにかく)肉&魚に関しては応用が利かないから困りもの。

大人になってからベジタリアンになるのは彼の勝手だけど、今の成長期に動物性たんぱく質を拒否されるのはキツイわ。

今の時期だけだとは思うんだけど、「は~~~・・・どうやって肉と魚を食べさせよう・・・」と日々頭を抱えております。


娘は最近、よくシッターをしてくれる義姉が大好きで、義姉を見ると母そっちのけ状態。
IMG_3371.jpg


義姉を掴まえたら最後、いくらアタシが「ほら、アンティー(伯母さん)もご飯を食べなきゃいけないから、こっちにおいで。マミーと一緒にご飯食べよう?」と言っても無駄で、アタシの手を「んーっ!(怒)」と言って振り払い、この通り義姉にしがみ付いてベッタリ。
IMG_3376.jpg

先日の息子の「ダディー後追い騒動」といい、本日といい、



母の面目丸つぶれ!!



ったく、どいつもこいつも!!

24時間付きっきりで世話をしてるのはアタシなんだし、一人くらい「マミーじゃなきゃヤダ~」って言ってくれてもいいんじゃない!?

嗚呼、「母」って虚しい・・・(でもお陰でアタシは食べる事に集中できたけどね!!)。







飲茶でお腹一杯になった後は、全員で近くのショッピング・モールに移動し、そこにある有料の遊戯施設で子供達を2時間ほど遊ばせ家族の会合はお開きに。


義両親は明日から2週間の予定で、ここ数年で毎冬恒例となったカリブ海旅行に出掛けます。


彼らが数年前から毎冬カリブ海に行くようになったのは、「義父の健康悪化」が理由。


義父は義母より10歳年上。


なので13年前に二人が結婚した時点から義母は「ある程度の覚悟」はしていたのだそうだけど、その「覚悟」が数年前から明らかに「現実味」を帯びて来たのね。

それで義母は



「彼が少しでも多く、楽しい思いが出来るように。

少しでも多く、彼との楽しい思い出を作れるように。」




と、毎冬のカリブ海旅行を企画するようになったのです。


それもあって、旦那・義姉・アタシは彼らを見送る度に




「どうかこの旅行が、彼らにとって最後の夫婦旅行になりませんように」




と願うのです。



最近、心臓の状態が思わしくない義父。


暖かいカリブ海で、ゆっくり養生して来てくれるといいな。



今年も、元気で行ってらっしゃい!!



2012.01.05 *Thu*

娘、何故か“人形尽くし”な一日

2日前、旦那に「仕事に行くな」と言って泣いて泣いた息子。

その時に言って聞かせたのが効いたのか、昨日は笑顔で「いってらっしゃーい^^」をする事が出来ました。

そして前回は泣きの延長線上で行くのを嫌がったプリスクールも、本日はいつもと変わらず元気に登校。


は~、めでたし、めでたし。


しかし、この年齢の育児って、本当に疲れるわ・・・(って子供が独立するまで毎年言ってそう)。



そんな本日、息子がプリスクールに行っている間に娘に朝ごはんを食べさせていたら、玄関をピンポーンの音が。

外を見てみたらカナダポスト(郵便局)の荷物配達トラックが止まっていて、どうやら小包を届けに来てくれた様子。


「ほいほーい♪」


と玄関に出て荷物を受け取ってみると、それは遥か遠い東海岸のアメリカ・ニューヨークからの小包で、中に入っていたのはこんなお人形。
bbdoll_20120109182448.jpg 
(写真はHPからお借りした物)


このお人形、『The Pattycake Doll Company』という所が販売している物で、義姉がオーダーして娘にプレゼントしてくれたのです。

義姉から「この人形を(娘に)贈りたい」っていう話を貰ったとき、去年のクリスマスで既に義姉から結構な品々を貰っていたので遠慮したのだけど、


「この人形をネットで見つけた時に『絶対にあの子に贈りたい』と思ったのよ。 だから気にしないで~。」


との事だったので、お言葉に甘える事に。


箱から人形を出して娘に与えた途端、もう離さない状態に。
IMG_3340.jpg

この人形、プラスチックパーツが全く無いので、何処を触ってもふわふわ。

それに幼児が持って遊んだり、一緒に眠るのに最適なサイズです。


すっかり気に入ってしまい、常にこの人形を抱えていた娘なのでした。
IMG_3337.jpg


とまあ、そんな訳で午前中にお気に入りのお人形をゲットした娘なのですが、なんと午後に更なる人形をゲットする事に!


息子をプリスクールに迎えに行った足で車に乗って買い物に出掛けたアタシ達親子。

買い物を済ませ、駐車場で車のトランクに荷物を移していたら、大きな買い物袋を持った見知らぬ若い男性がアタシ達の側を通り過ぎたのね。

カートに乗っていた娘は(抱っこさえされなかったら)比較的愛想がいいほうなので、その男性にニッコリ。




そしたら!




その男性がアタシ達の方に近づいて来て、自分が持っていた買い物袋をゴソゴソとし始めたのよ!



「な、なんなのよ!! この男!! 

叫ぶ準備をしなくちゃ!!!」




と思い「キュッ!」とした形相でいたら、その男性、ニッコリと笑い






「はい、どうぞ。 遅いけど、メリー・クリスマス♪」







と言って、娘に未開封の新品のバービー人形数体(大人男女&双子)が入った箱を差し出したの!!


突然の出来事にアタシが「ポカーン」としていたら、その男性、アタシに




「その人形は君にじゃないからね
(←わかっとるわい!) 

君の可愛いエンジェルちゃんにだから」




と言うと、「じゃ♪」と言って立ち去ろうとしたので、その後姿に向かって「あの・・・・有難う」というと、振り向かずに手だけ振って去っていった・・・・。







・・・・・いったい、なんだったんだ・・・・・?????







娘はその人形を欲しがったんだけど、「ひょっとして盗品では」とも思い、旦那に見せるまで開封はしない事に。

急遽その足で職場に旦那を迎えに行く事にし、職場の駐車場で旦那に人形を見せ、事の顛末を話したアタシ。


それを聞いた旦那の反応は







「いんじゃない? 新品だし、もらっとけば?」







という、とてつもなく意外で、シンプルなものだった・・・・。


「そんな事でいいのか!?」と疑問は残るんだけど、有難く頂戴する事になりました。


そんな訳で、一日の間に5体も新しい人形を貰った娘。


なんとも奇妙でラッキーな一日だったのでした・・・。

category : 日常

2012.01.03 *Tue*

お正月3日目

今日は旦那の仕事始め&息子のプリスクール始め。




んが




旦那の冬休みが17日間もあり、


「大好きなダディと朝から晩まで一緒♪」


というのが当たり前になってしまっていたダディっ子の息子が



「ダディーーーーー、行かないでーーーーー!!!」



と朝っぱらから旦那の脚にしがみついて後追い号泣・・・。


旦那が 


「ダディも一緒に居たいんだよ~  でもダディ、お仕事に行かなきゃ・・・・。 

ほら、今日はプリスクールがある日だよ? 楽しんでおいで」



と言うも、



「やだ!! 行かないっっ!!  ダディと一緒にいる!!!」



の一点張り。



目に入れても痛くないほど溺愛している息子の頼みと言えど、仕事に行かない訳にはいかない旦那。

「行かないで~~!!」と泣いて父親の後を外まで追おうとする息子をアタシが抑え、その隙に後ろ髪を引かれまくっている旦那はダッシュしてカープールの同僚の車へ。



無情にも、息子の目の前から走り去っていく車・・・・・。



ええ、ええ、泣きました。

大号泣です。




車が目の前を去った後も、アタシに抱きついて号泣しながら



「マミー、お願い!! ダディを止めて!! 

ダディをお仕事に行かせないで~~
!!」



と何度も懇願する息子・・・・・




あの、




母ちゃん、ここにいるんですけど?





母ちゃんじゃダメなのかい!!



もう、母親の面目丸つぶれ!!



気を取り直させてプリスクールに行かせようとするも、嗚咽しながら「やだ!!行かない(泣)!!」の一点張り。

登校5分前になってもこの調子だったので、新年最初のクラスだというのに休ませるハメに。あ~あ・・・。


旦那の夏休みは17日間どころか2ヶ月間もあるんだけど、去年の夏休みが終わった時はこんな事なかったのになあ。


これも「情緒の発達」の一環なんだろうか?


今回、プリスクールに事情を話してお休みする旨を告げた時、先生に「休暇明けにはよくある事なのよ~」と言われたので、珍しい事ではないみたいなのだけど・・・。



結局、息子はそのまま20分ほど泣き続け、ようやく落ち着いてきたので朝食を食べさせる事に。


ヒックヒックしながら朝食を食べる息子に




「今、●●●(息子)はご飯を食べてるよね? それはダディがお仕事に行ってくれてるから食べられるんだよ。 

●●●がいつも遊んでるレゴブロックやオモチャも、ダディがお仕事に行ってくれてるから買えるの。

家族の皆が毎日温かい家に住む事が出来て、毎日3回ご飯を食べる事ができるのも、ダディがお仕事に行ってくれてるからなの。

だから明日、ダディがお仕事に行く時は、笑って『行ってらっしゃい』って言おうね」




と、それとな~く言ってみた。


息子は



「・・・・・・わかった」



と言ったんだけど、どうだろな~~~。


明日に期待。


そして明後日のプリスクールは何事もなく行ってくれますように。



さて、今日から日常生活が戻ってきたものの、一応今日は「お正月最終日」。


「あと一息!」で終わる御節と一緒に晩御飯の食卓に上がったのは昨日に引き続き鍋。
IMG_3326.jpg


御節も3日目となると、食べる事が「修行」の域に達してくるので、サイドメニューがあるのはとっても重要。

昨日は「牛しゃぶ鍋」だったけど、本日は「豚しゃぶ鍋」にしました。

やっぱり牛より豚のほうが美味しいわ~。


そして本日、今年の御節は無事、終了しました。


さらば、御節。

また来年~~~~~。



そうそう、夜食には「ぜんざい」を食べたのよ。
IMG_3356.jpg

もう食べすぎよね・・・・。


でも、いいんです、お正月だから!!と言い訳してみる。



これ、汁自体は元旦の晩に作ったものなんだけど、3日目なのでいい感じに汁にトロミがついて美味しかったわん。

アタシ、初日の「ぜんざい」は汁がシャバシャバしてて好きじゃないんだけど、2日目、3日目で濃縮されてトロミがついた状態のぜんざいは大好き。


カレーとぜんざいは2日目以降に限りますな。


とまあ、こんな感じに2012年のお正月は終了したのでありました。ちゃんちゃん。


2012.01.02 *Mon*

お正月2日目

お正月も二日目。

今日は旦那&息子の冬休み最後の日なので、おうちでのんびり。

日本では「正月三が日」といって1月6日~7日辺りまで冬休みになるけど、カナダの学校・仕事始めは



1月3日!




もう、新年早々張り切り過ぎだって~~~~~~。


元旦は自分の努力次第で正月気分を味わう事が出来るけど、元旦以降はまず無理。


どう頑張っても無理、軽く見積もっても無理(←日本語間違ってますか、そうですか)。


だって、次の日(3日)から学校や仕事が始まるから、学童を持つ母親達や働いている人達は2日から頭の切り替えをしないといけないんだもの。

ほんと、カナダでは一日以降はクリスマスボケ、正月ボケしてる場合じゃないのよねー。

日本の「ま~ったり寝正月」が激しく恋しい今日この頃です、はい。



そんな正月2日目の晩御飯。
IMG_3314.jpg

ライトが暗くてボケ写真で申し訳ない。

御節のみで三日間はカナディアンの旦那にはキツイので、2日目から鍋が登場。

本日の鍋は八幡巻き作りで余った牛しゃぶ肉を使った「牛しゃぶ鍋」。


そして一尾8ドルで購入したロブスターテールを使った「テルミドール」。
IMG_3318.jpg

手間が掛かった割には美味しくなかったヨ!!

身はプリプリしてたんだけど、クリームの味付けが薄くて全然美味しくなかった。

去年のお正月に食べたロブスターも美味しくなかったし、アタシはどうもロブスター調理の才能がなさそう。


まあ、年に一回食べるだけの高級食材様ですから? 
才能なくても一向に構いません!!




ちなみに、ロブスターを入れてる容器、実はクレーム・ブリュレ用の容器だったりする・・・。
IMG_3359_20120106180001.jpg

これ、去年のボクシング・デー・セールで衝動買いしてしまった『クレーム・ブリュレ・セット(税込みで約17ドル)』。

バーナー&容器(4個)が入ってるセットなんだけど、使用デビューはクレーム・ブリュレではなく、ロブスターだったという・・・。


っていうか、



アタシ「クレーム・ブリュレ好き」でもなんでもないのに、なんでこんなセットを!?



もう、バカバカバカ~~~~。

「買った以上使わなきゃ~」と思うけど、このバーナーなんてクレーム・ブリュレ以外で何に使うのよ~。

これ使ってキャンドルに火でも灯そうもんなら、火力が強過ぎてキャンドルが一気に溶けるわさ。




あ、ひょっとして




「焼きマシュマロ」が作れる!?



だとしたら、焚き火しなくてもスモアが食べられる!?



わーい!わーい!



・・・・・・って全然嬉しくない・・・・・



まあ、買った以上は何かに使いますよ、ええ!



いよいよ今日で17日間もあった旦那の冬休みが終わり(明日からアタシ一人でどうやってあの怪獣共を・・・)、息子のプリスクールも明日から始まる。


日本では正月三が日中だというのに、カナダでは明日から平常運転再開でーす(涙)。


2012.01.01 *Sun*

明けましておめでとうございます!

皆様、新年明けましておめでとうございます!


「激動と波乱の2011年がやっと終わり、ようやく新たな年がやって来てくれた!」


そんな嬉しい気持ちでいっぱいの、2012年の幕開けでございます。


贅沢は言わないから、今年は「地味に幸せを感じていける」、そんな穏やかな一年になるといいな。

皆さんにも、今年は沢山の「穏やかな幸せ」が降り注ぎますように!




さて、ここからは新年恒例の我が家の年末・年始の記録。


クリスマス明けから29日までの間にぼちぼちと御節の材料を買い集めていたアタシ。

「さあ、これで準備万端!」と30日のお昼過ぎから御節作りを開始したんだけど、「さあ、後は『お煮しめ』だけ!今年の御節作りは余裕だったわ!! ほ~~ほっほっほ!!」と高笑いしていた時、



材料の一つの「こんにゃく」を買い忘れた事に気付いた!!!


痛恨のミス!! あいたたた!!


もう午後11時を過ぎており、こんにゃくを扱うアジア系スーパーは既に本日の業務は終了・・・。

仕方ないので、翌日の大晦日の午前中にこんにゃくの為だけに買出しに走るハメに・・・。



そして翌日の大晦日の朝10時過ぎ。


無事、アジア系スーパーでこんにゃくを購入し、旦那の希望で何故か『トイザ●ス』に行く事に。

もう、さっさと家に帰って御節を終わらせたいのに~~~!!


そのトイザ●スにて。
IMG_3244_20120102184115.jpg

目に留まった「バービーの塗り絵セット」をず~っと握ったまま、店内を歩き回る娘。

最近、こういう「女の子系」な物に興味を示すようになりました。

家には息子の「男の子系オモチャ」が溢れ、娘はそれで毎日楽しく遊んでいるんだけど、おもちゃ屋とかで女の子系の物を見ると、やはりそちらに吸い寄せられていきます。

教えたわけじゃないのに、やっぱり “女の子” なんだね~。



そうしてお昼を外で食べてから12時過ぎに自宅に戻り、午後3時頃に御節が完成!

こちらが今回作った2012年用の御節。
IMG_3261.jpg

今年は旦那の「好き系」な物ばかり詰めてみた。

いえね、旦那の好きな物も入れておかないと、最終的にはアタシ一人で御節を消費しないといけなくなるので、それだけは避けたいな、と。

とはいえ、肉料理の工程に手間取ってしまい、なんとなく「納得がいかない出来」な今年の御節。

でも、お重に詰めてしまえば何とか形になったわね。



ちなみに今回の献立は


●一の重●

IMG_3255.jpg

・紅白かまぼこ
・伊達巻
・田作り
・紅白なます
・黒豆
・栗きんとん
・八幡巻き
・中華風たたきごぼう



「黒豆」と「紅白かまぼこ」以外は全部手作りしたわ。

お陰でググ~~ンと安上がりに♪



●二の重●
IMG_3256.jpg

・お煮しめ
・ロールチキン
・海老の旨煮
・筍の含め煮



ちなみに、ロールチキンの中に巻いてるのは豚肉とクランベリーでござる。

いや~今年の御節はこんにゃくにヤラれたものの、かなり早い段階で完了したわ。


去年の御節なんて、大晦日の午後10時半まで作ってたからね!!



まあ、去年は娘が生まれたばかりで色々と世話をしないといけなかったからなんだけど、今年はリビングにオモチャと一緒に放流しておけばよかったので御節作りもラクチンでした。


そして午後5時半には子供達をお風呂に入れ、午後6時には晩御飯。


こちらが今年の「年越し蕎麦」。
IMG_3270.jpg

いつも同様、蕎麦の上に乗ってるのは御節作りで余った具~。


そして今年はある助っ人を使って年越し蕎麦を作りました。


その「助っ人」とは・・・・




ヒガシマルの「うどんスープ」様でございます~。
IMG_3267_20120102184140.jpg

先日、日本の両親が送ってくれた荷物に入っていたもの(ありがとう~~)。

これを使って料理をするのって、10年以上ぶりかも!?

あまりにも懐かしかったんで、今回使ってみたわ。



そしたら、



めちゃくちゃ美味かった!!!



どんぶりにそのまま入れてお湯を注ぐだけ、っていう手軽さもあり、クセになるかも。


旦那にはこれを使った事は言わずに食べさせたんだけど、料理は苦手だけど味にはうるさい旦那、一口食べて



「いつも美味しいけど、今年の年越し蕎麦は特に美味しいよ!!

なになに? 新しいレシピ?」



と言われたわ・・・・・・。


きゃび、ヒガシマルに完敗した瞬間・・・・・。



晩御飯を食べ終わった午後7時過ぎ、「さあ、除夜詣での準備を・・・・」と思っていたら、歯磨きを済ませた子供達が、二人ともトロ~~~ンとして来てしまった(まあ、いつもの眠る時間だからねえ)。

そのまま無理させて起こしておくのも可哀想だったので、今年は除夜詣では止めて、元旦に初詣に行く事に。


子供達も寝静まり、ネットしながらTVで紅白観戦。


2011年が終わろうとしている時、我が家の今年一年を色々と振り返ってみた。



2011年中、我が家で最も衝撃だった出来事は、やはり愛猫のうららの死。

一年前の大晦日には、まさか彼女との永遠のお別れが訪れるとは夢にも思っていなかったし、2011年の大晦日も当たり前に一緒に過ごしているだろうと思っていた。

未だに彼女の存在はアタシの中で大きすぎて、「次の猫を・・・」という気持ちには到底なれない・・・。

新たな年を迎える事で、アタシの気持ちに整理をつけるスタートも切れるといいのだけれど・・・。




息子にとっての2011年は、なんと言っても「喋れるようになった年」。

3月頃までは単語しか話せなかったのに、大晦日の今の段階では英語に関しては普通にペラペラ状態。

9ヶ月前までが嘘のよう。

2012年は、日本語が話せるようになってくれるといいな(って、それは親の努力次第か・・・汗)。




2011年は成長めまぐるしかった娘。

この一年の間に、寝転がったままの「新生児」から、トコトコ歩く「幼児」になりました。

最近は「ママ」「ダダ」「まんま」「ねんね」「はよ~(おはよう)」と喋ります。

2012年の大晦日には何処まで成長してるかな?




旦那の2011年は、彼が三度目の大学生になった年。

家族の為により良い生活を目指した上での事なのだけど、昼間働きながら夜に講義を受け、更には子育てにも率先して協力する彼の生活は、とても大変だと思う。

彼に感謝すると共に、彼から「何かを学ぶのに “遅すぎる” という事はない」という事を身を以って教わったような気がします。




アタシの2011年は、とにかく「ストレス、ノイローゼ」に悩まされた一年でした。

ノイローゼに関しては特に前半が酷く、まったく感情がコントロール出来なくなり、カウンセラーの助けが必要な段階にまでいったほど。

結局、息子と一緒に小児科医に会った事で随分と緩和されたのだけど、アタシに当たり散らされた家族には本当に申し訳なくて、あの時の事は思い出したくないほど。

後半は随分と楽になったけど、2012年は出来るだけ気楽に生きていけるといいな。





とまあ、こんな風に感傷に耽っていたら、いつの間にか新年を迎えていました!


年明け早々の真夜中、アタシがキッチンで始めた事というと・・・・


「お餅作り」でございます。
IMG_3275.jpg

水に浸しておいたもち米を蒸し、最初はキッチンエイドのスタンドミキサーで捏ね始めたんだけど・・・



アタシ、餅米の威力を軽く見てました!!



あのスタンドミキサーをお持ちの方ならご存知だと思うんだけど、あのミキサーかなり重いんです。

そのミキサーが餅を捏ねてる最中に「ドタン!ドタン!」と腰を浮かせて踊り始めたのよ!!

それを見た瞬間、



「ミキサーが壊れる!!」



と察知し、急いでスイッチ・オフ!!


新年早々、ミキサー様をぶっ壊すところでした・・・・。


そこからは通常通り、ブレッド・メーカーで餅つきをしました・・・。

いや~ブレッド・メーカーって凄いんだね・・・。


そうして午前3時に就寝。



元旦の朝8時半に息子に起こされ、ゾンビのような状態で朝食を作り、出掛ける準備をして初詣へ。


出掛けた先はもちろん、いつもお世話になっている『東漸寺』さん。
IMG_3279.jpg

ここで参拝をさせて頂き、おせんべい、おみくじ、魔除け札を頂きました~。


そして参拝後は昨日出来なかった鐘搗きも。
IMG_3280.jpg

「ゴイ~~~~ン・・・・」と、なんとも重厚な良い音。

なんの根拠もないけど「今年は良い年になりそう・・・」と思ったアタシなのであります。


こちらが先ほど頂いた東漸寺さんのオリジナルせんべい。
IMG_3288.jpg

これ、めちゃくちゃ美味しいの。

販売してくれたら袋買いするのに、絶対。


ちなみに「おみくじ」ですが、旦那は末吉、息子は小吉でした。

アタシは記帳に記入していたため、頂くのをド忘れしてしまったのでナシでございます。



お昼は外食したんだけど、晩御飯はもちろん御節!!
IMG_3294_20120102185222.jpg


それプラス、アタシ用のお雑煮(もちろん、出汁はヒガシマルよ)。
IMG_3300.jpg

真夜中についたお餅で作ってみたんだけど、美味しかったわ。


こちらはお雑煮が苦手な旦那&息子用に作ったぜんざい。
IMG_3298_20120102184207.jpg

こちらはお餅ではなくて白玉団子。

どこまでも手が掛かるヤロー共だ・・・・。


御節は一気にお皿に盛り、レンジでチン。
IMG_3303_20120102184814.jpg

冷たいのでもいいんだけど、最近は暖めた方が好きかも。


今年旦那に好評だった御節の具は、


「伊達巻」
IMG_3263_20120102184617.jpg

いつもより美味しいんだって。

去年のレシピに砂糖を大匙一杯多く入れたのが功を奏した???



「チキンロール」
IMG_3265_20120102184141.jpg

味がね、今年のクランベリー・フェスティバルで食べた「クランベリー・ブラットワースト」にソックリなんだって。

なんとこれにメープル・シロップをかけて食べてたわ!!

まあ、美味しく召し上がってるようなのでいいのだけど・・・。


今回の御節は非常に好感触で、作った甲斐があるってもんです。

これからはこの路線で決まりですな。



とまあ、今回の我が家の年末・年始の二日間はこんな感じでした。


皆さんの年末年始はいかがでしたか?

皆さんも楽しく過ごされたと良いのだけれど。


新しい年を迎え、気持ちも新たに今年の我が家の備忘録を綴って参りますので、今年も宜しくお願いいたします!


きゃびの「つぶやいちゃうわよ!」

更新祭り開催中!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2012年01月 | 02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

きゃび

Author:きゃび
西日本の某県出身。1999年6月、日本にてドデカいカナダ人(旦那)に遭遇。その後何故か付き合う事となり、1年7ヶ月の交際を経て、2001年4月、日本にて結婚。転居先の愛知県にて三年半の新婚生活を送った後、2004年8月、移民権取得と同時にカナダ・バンクーバーに移住。2008年5月、第一子となる息子誕生。2008年12月にバンクーバー郊外の某市にお引越し。2010年11月、第二子となる娘誕生。2011年7月、愛猫二匹のうちの一匹だった愛猫“うらら”が天に昇りました。それから一年半後の2012年12月新たに雌猫のセリーナを我が家に迎え入れました。現在、旦那・息子・娘・愛猫ティファ&セリーナと共に「笑い大いにアリ、涙たま~~~にアリ、大噴火けっこうアリ」の、お気楽主婦生活を送っています。

我が家の息子、今いくつ?

2008年5月10日生まれ

我が家の娘、今いくつ?

2010年11月10日生まれ

最新記事

最新のコメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

Locations of visitors to this page

Copyright © Cabbit in Canada All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。