11
1
2
3
4
5
6
8
26
28
29
<< >>

This Archive : 2012年11月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.11.30 *Fri*

11月最後のスイミング・レッスン


いやっほい♪

IMG_6203.jpg

今日は11月最終、4度目のスイミング・レッスンでーす。


さてさて、本日はどうなる事やら。


前々回に引き続き、(日記には書いてないけど)前回も半べそ状態だった娘。
IMG_6206_1.jpg

でも今日は気に入らない事が何にもなかったようで、始終楽しげにレッスンを受けておりました。

娘は基本、水遊びが好きなので、機嫌さえよければスイミング・レッスンは大好きな様子。

この調子で、次のレベルにも進めるといいんだけど。



息子は今日もいい感じでレッスンを受けておりました。
swim_5.jpg

今日は鉄アレイみたいな形をした浮きにつかまって擬似一人泳ぎ体験。

着々とレベルを上げていってるようで嬉しい限り。

この調子なら、難なく次のレベルに進めそう!


アタシが全く泳ぎが駄目なので、子供たちには彼らの父親のように河童になってもらいたいものです。




それにしても!



明日からもう12月ですな!!


今日はCostcoで焼き増ししたクリスマス・カード用の写真(安い!)を引き取ってきたので、ぼちぼちクリスマス・カード作りを頑張るわ!



っていうか、その前にアドレス帳のアップデートをしないとだわ・・・。



スポンサーサイト

2012.11.27 *Tue*

1年ぶりね~

周囲はすっかりクリスマス・ムードむんむんになって来ましたよ。

店舗や街の飾りつけは勿論のこと、一部のラジオ・ステーションでは24時間、クリスマス・ソングを流すようになりました。

スーパーマーケットやパン屋さん、そしてケーキショップではクリスマスならではの食べ物『パネットーネ』や『シュトレーン』を並べるように。



うーん、クリスマスだ!



「クリスマス、大好き!」なアタシとしては、この状況はかなりワクワクもの。


そして今年もクリスマス・ブレッド『パネットーネ』をスーパーストアにて購入しました。
IMG_6189.jpg


去年の今の時期以来だから、一年ぶりだね~~。


夜のスナックとして、旦那と一緒に食べました。
IMG_6190_20121210171648.jpg


今年のはお酒の味がちょっと強いような気がしたけど、気のせい???

でも美味しく食べましたわ。


あ~クリスマス☆


category : 日常

2012.11.25 *Sun*

小川で船遊び

12月を目前にし、すっかり秋も深まりました(っていうか、気分的にはもう冬)。

寒いし陽も短くなったので、外遊びも限られるようになったんだけど、今日は買い物に行く道中で近くの公園に行き、そこの小川で船遊びをしてきた。
IMG_6183_1.jpg

木で作った船と枝にタコ糸を付け、小川に浮かべて引っ張るだけのシンプルな遊び。


これを二つ作って(じゃないと取り合いのケンカになる!)、兄妹でキャッキャと大騒ぎしておりました。
IMG_6186.jpg

これが結構、大人のアタシが遊んでも面白かった!

思わず二往復くらいしちゃったもん。


それにしても子供って、こういうシンプルな遊びを凄く好むよね。

駒回しとか凧揚げとか。

お正月になったら凧でも作ってあげようかと画策中。


子供が大きくなってくると、大人も一緒に楽しめる遊びが増えて楽しいわ。

category : 日常

2012.11.24 *Sat*

サンタさんと写真撮影

ずーっと雨続きだったのに、今日は朝から良い天気。


なので今日は “いつもと違った移動手段” でノース・バンクーバーの某所まで「遠足」することにしたわ。


通常なら我が家から車で橋を渡って一気にノース・バンまで行くんだけど、今日は天気がいいのと、子供たちに全部の公共交通機関を満喫させたいと思って。


今回、移動手段に選んだのは『 自家用車 ・ スカイトレイン ・ シーバス ・ 市バス 』という4種類!


某スカイトレイン駅まで車で行き、そこからスカイトレイン(
鉄輪式リニアモーターカー)に乗って一気にシーバス乗り場があるダウンタウン・バンクーバーのウォーター・フロント駅へ。



●日本の皆さんの為に●

『シーバス(SeaBus)』とはこういう乗り物。
s-bus.jpg (写真はTransLink社のもの)

後ろに見えるダウンタウン・バンクーバーと、海を挟んでお向かいにあるノース・バンクーバーとを海路で結ぶ船で、15分おきに就航しています。


ウォーター・フロント駅構内からシーバス乗り場に向かっているところ。
IMG_6164_1.jpg


ギリギリで乗り遅れてしまい、仕方なく15分待つ羽目になったけど、シーバス内では子供たちの為に無事、最前列をゲット。
IMG_6166_20121210171507.jpg


約15分の海の旅を終え、ノース・バンクーバーに到着。


シーバス乗り場で見た鳥たち。
IMG_6167_20121210171553.jpg

なんて鳥か全く分からないんだけど、羽が黒緑色ですごく綺麗だったので思わずパチリ。


ここから市バスに乗り継いで、本日の目的地である場所にようやく到着~。



本日の目的地はこちら!!

IMG_6169.jpg

ノースバンクーバーのキャピラノ・モール内にある「サンタのおうち」でーす。


この時期になると、カナダ国内のほぼ全てのモールに「サンタの家」が出現し、そこでサンタさんと一緒に写真を撮る事が出来ます。

そしてそのカードをその年のクリスマス・カードに使うのが割と一般的。

なので我が家も「ここでサンタさんと一緒に子供達の写真を撮ってもらい、その写真を今年のクリスマス・カードに使おう!」と思ってやってきたわけです。


「なんで地元のモールのサンタさんと一緒に写真を撮らないのか?」と言われそうなんだけど、去年、こちらのサンタさんと一緒に写真を撮ってもらったんだけど、とてもいい感じのサンタさんで。

なので今年もこちらのサンタさんにお願いすることにしたわけです。




去年はサンタさんの膝の上で号泣した子供たち。




今年はさすがに(特に息子は)泣かないだろう。




そう思いながら「宜しくお願いしまーす♪」と子供達をサンタさんの膝の上に座らせたところ・・・・



娘、号泣とまでは行かないけど「ふぇーーん」と泣き出してしまった。


まあ、まだ二歳になったばかりだしね、仕方がないか。




そして息子を見てみると・・・・・




静かにしてるけど、唇をかみ締め、両目にブワーーッと涙が溜まり始めてきた!!!!





えーーーーーーーーーーー!!

今年もそう来るかーーーーー!?






泣く娘&「ふえっ ふえっ」となり始めた息子を少しでも笑わせるべく、大人たち(親含む)がカメラの横に立って鈴を片手にバカ騒ぎする事2分弱。


子供たちが泣き顔になっていない一瞬の隙を狙って激写!



あーーー疲れた・・・・。



でも馬鹿騒ぎした苦労した甲斐あって、いい感じの写真が撮れた♪


今年はこれを基に、クリスマス・カード作りを頑張るわ!!!


サンタさんとの写真撮影を終え、いつものペースに戻っておどける二匹のちびトナカイ。
IMG_6181.jpg


来年は泣かずに写真を撮らせてちょうだい。


この後はモールでチョロリと買い物をし、またまた公共交通機関を使って我が家の車が待っている場所まで戻ったのでした。


ながーーーい一日だったけど、楽しかった!


category : 日常

2012.11.23 *Fri*

スイミング・レッスン2回目

今日は金曜日、2回目のスイミング・レッスンの日です。

前回順調なスタートを切った息子と娘。


息子は今回もいい感じ。
swim_3.jpg


娘に関しては、レッスンの最初に装着したこのベストの着心地が嫌だったらしく、最初から最後まで半ベソ状態。
swim_2.jpg

彼女、今現在「魔の二歳児」ですからなあ。

些細な事が気に入らなくてベソベソするのはもう日常茶飯事です、はい。



「ふーやれやれ」



と思いながら回りに目をやっていて、フと気付いた事が。



ここは合計4種類の大きなプールが一箇所に集まった温水プールで、それに応じた数のライフガードさん達がプール周りで目を光らせてるんですよ。


そのライフガードさん達ってのが






揃いも揃ってイケメンばかり★







「やだ、あの人かっこいい! あ、あの人も! ああ~~~あの手もタイプ!」


とアタシの目はすっかりライフガードのナイスバディーなイケメン軍団に釘付けになっちゃったわよ。


帰りの車の中で旦那に


「将来お金持ちになったら、ああいう男の子達をプール・ボーイとして雇いたいんだけど、どう?」


と訊いてみたら、「フレンチ・メイドの格好をした可愛いメイドも雇ってくれるんならいいよ」と言うので、






アタシ
 「そんな事したら、御主人であるアタシ達と “どうのこうの” というより、そのプール・ボーイとフレンチ・メイドがヨロシクしちゃうよね!」


旦那
 「ははは、そりゃそうだ!」


アタシ旦那 「・・・・・・・・・・・・・・・・・」






いや、何だかんだ言っても、うちらは上手く行ってる夫婦だと思います、はい。


2012.11.22 *Thu*

ほんと、どーでもいい話

人って、自分の人生に目標や生き方を見出せなくなった時に、


「“他人の生き方”を見て何かを見つける」


って事が多々あるじゃない?


その“他人”っていうのは身近にいる家族や友人・知人であったりするし、住む世界が違う有名人・著名人だったりする。

そんな「有名人な人たち」の“生き方”を記した本が、世間には沢山出回っているワケなんだけど、もしアタシが天の声で「この二冊の内の、どちらかを熟読しなければならない!」という選択を迫られたとしたら、どっちを読むべきかしら?


これを読むべき?

















miwa.jpg












それとも、これ?















Untitled_20121210175116.jpg














アタシ的にはどちらも「読んで美味しい」と言うか、わりと「究極の選択」なんだけど。
(武田久美子の本は特に話のネタになると思われ)


ちなみに、アタシはこの手の本を必要としている状況ではございませんわよ!

今日ネット上のページでこの二冊が並んでるの見て色々な意味で「うわー・・・スゲ」って思ったわけで。



しかしまあ、凄いね。


自分の「生き方」を本に出来ちゃうって(美輪サマのはちょっと違うけど)。


アタシなんか



「きゃびという生き方 ~鬼嫁でいるには理由がある~」




なんてタイトルの本を出そうなんて、百万年は思わないもんね(しかも、なんの理由もなく鬼嫁だし)。


いやはや、自分に自信があるというのは良いことですな。



以上、ほんと、どーでもいい話でした。


category : 日常

2012.11.21 *Wed*

スイミング・レッスン開始

今日から息子&娘のスイミング・レッスンがスタート。

去年は何故かスイミング・レッスンの事をド忘れしており、結局一度も受講しなかったものだから、息子に関しては2年ぶりのスイミング・レッスンとなります。


そして2歳になったばかりの娘は、今回が人生最初のスイミング・レッスン!(黄色い帽子の人はインストラクターさん)
IMG_6134.jpg

補助としてダディーが毎回一緒にプールに入るけど、泣かずにレッスンを受けられるかな? ドキドキ。


そして娘のレッスン開始から15分後に始まった息子のスイミング・レッスンなんですが・・・


なんと今回からは「親の補助無し」のレッスンどす!
IMG_6139.jpg

二年前みたいに父ちゃんが側についていないけど、大丈夫か!?息子! ドキドキ!


とまあ、そんな感じに母親のアタシのほうが色々と心配してドキドキしてたんだけど、当の子供たちは「何処吹く風」で、ちゃ~んとレッスンを受けておりました。


娘は泣くこともなく、順調にスーイスイ。
IMG_6133.jpg


息子もインストラクターさんの指示通りにスーイスイ。
swim_1.jpg

二年前(当時、息子2歳半)は今の娘みたくダディーと一緒にレッスンを受けていた息子が、今ではこうして一人でレッスンを受けてるなんて、なんだか信じられない。


「子供の成長って、本当にあっという間だなあ・・・ジーン。」


と感動していた間に初日のレッスンは終了。

二人とも、レッスンをとても楽しんだようでヨカッタ。


これから一ヶ月間、楽しんでレッスンを受けてくれるといいんだけど。


2012.11.20 *Tue*

ったく、父子揃って(怒)!!

本日はおやつに「スイート・ポテト」を作ってみた。

IMG_6127.jpg

これ作るの、すごい久しぶりー。

前回作ったのはほぼ一年前、サツマイモが美味しくなるこの時期だったと思うわ。

「サツマイモは美味しいし、食物繊維も豊富だから身体にもいいもんね~」と思いつつ子供たちに与えてみたら・・・




娘、いつものごとく「キャハ♪」と完食。 ←母親に似て食いっぷりがいい


そして父親譲りで 「ピッキーな味覚」 を持つ息子はというと・・・・




「僕、これいらない」




ぬあんだとおおおおおお!!!


ちょっと前の「かぼちゃプリン」といい、アンタ一体、何様のつもりーー!?



「こーんなに美味しいのに、なんで!? ほら、○○ちゃんもツルリと食べたじゃない!」と訊ねると、




「食感がヤダ。」




なーーーーんてホザキやがった!!


このホクホクした、ちょっと繊維が残った感じがいいんじゃないのさ!!



その後あれこれ上手く言って食べさせようとしたけど、結局食べず。



はあ~・・・・作るの結構手間が掛かったのに・・・・TT



仕事から帰ってきた旦那に食べさせてみると、何も言わずに神妙な面持ちでモグモグしてるので




「どう? 美味しいでしょ? うふ





とラブラブビームを目から発しながら訊ねてみると、








「味はいいね。 でも 食感がヤダ。







・・・・・・・・・・・・・・・。





オメーーーラもう勝手にしろ(怒)!!!


category : お菓子作り

2012.11.19 *Mon*

大根は美味くて怖い

今日は朝から注意力が散漫で、手から物を落としっ放し。

イライラするし。

昨日のイライラぶりも半端じゃなかったし、ホルモンバランスが崩れてんのかしら?

それとも悪天候続きのこの気候のせい?



さて、今日は凄く茶碗蒸しが食べたくなって、夕飯に茶碗蒸しを作ったわ。

製法はもちろん、前回、大不評だった「かぼちゃプリン」を作った方法で(旦那も食べなかった・・・)。
IMG_6106_20121121174220.jpg

「す」も立たず、凄く綺麗に蒸しあがったー!

もうこれからはこの方法でいきます、はい。


主菜は最近のマイブーム「おろし豚カツ」。
IMG_6109.jpg

もちろん「おろしバージョン」はアタシだけで、旦那&子供たちはトンカツソースで食しておりました。



それにしても、最近のアタシの「大根消費量」が半端ないです。

毎晩大根を食べていると言っても過言ではないくらい。

「来年は栽培でもしようかしら?」って思ったんだけど、以前ネットで見かけたこの画像を思い出し「うっ・・・・」と思いとどまった。








「逃げる大根」

nige_dai.jpg




こんな大根が出来た日には、怖くて包丁なんて入れられないわ、アタシ!!

大根って、こういう面白い形が出来るケースがよくあるらしいんだけど、アタシはダメ、こういうの! 怖すぎ!!

 

アタシが「大根は、ひらすらまっすぐ、一直線に伸びてないとダメ!!!」な人間なので、我が家で大根栽培をする事はまずなさそうです。


大根農家のみなさん、これからもお世話になります。


2012.11.18 *Sun*

Deas Island Regional Park で大喧嘩

今日は生憎の曇り&小雨模様。

でもせっかくの日曜日だし、子供達を家に篭らせておくのも何なので(っていうか身体を動かせないと夜が大変!)、ドライブがてらデルタ市のDeas Island Regional Parkへ行ってきた。


ここに来るのは久しぶり! 最後に来たのはいつだったっけ?
IMG_6096.jpg

と到着したのはいいんだけど、ここで「アタシ VS 旦那」で大口論が勃発!


喧嘩の理由は 『歴史問題の意見の相違』 。


もうね、同じテーマで討論すると、最後は絶対に口論に発展するんだよね。

当然ながら、当事国で育ったアタシの見解と、第三国で育った旦那の見解は双方納得する場合もあれば、相容れない場合もあるわけで。

普段はそうは思わないんだけど、こういう風に口論になると自分が凄く 『右ウィング』 な人になった気分になったりして、すげ疲れる。(で、そんな時、旦那はアタシに「君ってさ、イシ●ラみたいだよね」なんて言うから余計にムカツク。んなことない!)


とまあ、そんな事があり


「この件に関してアンタとアタシは一生分かり合えないし、今は一緒に散歩なんかしたくないし、当分は口も聞きたくない!!」


という展開になり、旦那が子供達を連れて外をしばらく散歩。


それから旦那たちが車に戻ってきて、まだふてくされているアタシに


「分かったよ、僕が悪かった。 本当にゴメン。 だからもう許してよ。 子供たちが見晴らし台に行きたがってるから、一緒に行こう。」


と言うので、しぶしぶアタシも車から出て彼らに合流することに。


すると子供たちが「マミー!淋しかったよー!」と可愛い事を言うので



「マミーもよー!あんた達が恋しかったわ~!  ダディー以外は。



と返すと「やれやれ」といった面持ちで苦笑いをする旦那なのであった。


この公園に来ると必ず昇る見晴台からみた後方の眺め。
IMG_6092.jpg

あの向こうに見える家、いつ見ても可愛い。

「一度でいいから中を見てみたい!」って、毎回ここに来る度に思うんだよね。



ここからフレーザー川を見渡すのも久しぶり。
IMG_6089.jpg

今日は風が冷たくて、見晴台の上は特に吹きさらしで寒い!!

景色を堪能する事なく、早々に退散と相成りました。


この後はショッピング・モールに行って子供達を歩き回らせて本日の運動は終了。

かなり寒い日だったけど、外の空気を吸わせる事が出来てよかったわ。


そして当分は旦那と歴史問題について話すのはヤメル!!


category : 日常

2012.11.17 *Sat*

クリスマス解禁

11月も半ばを過ぎて「少し早いかな?」と思いつつ、クリスマスの飾り付けを解禁することにした我が家。



アタシ、クリスマス・シーズンが大好き!!!


(親類縁者間のプレゼント交換で必要な散財以外は・・・・・・)




クリスマスの飾り付けがされた可愛らしい街並みや、クリスマス・ライトがキラキラする綺麗な夜景、色んな所で聞こえてくるクリスマス・ミュージック・・・どれを取っても、なんだかよく分からないんだけどワクワク&ハッピーな気分にさせてくれるのよね。

だからクリスマスの飾りつけも、結構早い段階でやっちゃう事多し。

去年は娘が一歳になったばかりで「何でも口に入れる年頃」だった事もあり、大きなツリーは出せなかったけど、今年はもう大丈夫。


二人でギャアギャア言いながらツリーに飾りを付けているところ。
IMG_6072.jpg

こんな風に子供たちがツリーの飾り付けをする日が来るなんて・・・親としては凄く感慨深いわあ。


今年はこんな感じになりました。
IMG_6084.jpg


電飾が余ったんで、今年はキッチンもこの通り。
IMG_6085_20121121174400.jpg


お部屋の中が一気にクリスマス・モードになって嬉しい☆

これから一ヵ月半、この光景を満喫しまーす。

category : 日常

2012.11.16 *Fri*

愛と哀しみの 「かぼちゃプリン」&一年ぶりの「チャイ」

毎日の「3時のおやつ」に結構、頭を悩ませております。

「出来るだけ市販の物ではなく、自分で手作りした物を与えたい」と意固地に思っているからなんだけど、ネタ切れしてどうしても思い付かない時はフルーツだけで済ませたり。

今日もお昼ご飯を食べながら「今日の子供達のおやつは何にしよう・・・」と考えてたんだけど、なんとなくプリンが食べたい気分だったので、欲望のままに今日はプリンを作ることにしたわ。

そしてただのプリンでは何だし「更に栄養をプラス!」という事で、我が家のパントリーに眠っていたパンプキン・ペーストを使った『かぼちゃのプリン』を作ってみることに。


今回も某レシピサイトにお世話になりました。


そしてそのレシピで紹介されていたのが、こんな蒸し方。
IMG_6040.jpg



「フライパンで器の半分くらいまで浸るくらいの水を沸騰させ、そこに器を入れて蓋をし、弱火で15~20分火を通す」


っていう方法なんだけど、こんな蒸し方もあるのねー。 へー。

これで上手く仕上がるとしたら、蒸し器を使う手間が省けるんでいいわー。



ただいま弱火でスチーム中~。
IMG_6043.jpg


写真を撮るのをド忘れしちゃったんだけど、仕上がりは凄くいい感じ!!

面倒な蒸し器も使わない、フライパンだけで蒸す簡単な調理法なのに、表面も滑らかでとても綺麗に仕上がったわ!

これは茶碗蒸しにも使える手法なんで、これからはプリン&茶碗蒸しはこの方法でいこーっと。



蒸し上がったプリンに、カラメルソースをかけたところ。
IMG_6045_20121121174322.jpg


更に、ゆるくホイップしたクリームを上にトッピング。
IMG_6046.jpg

プリン自体は甘さ控えめなのでカラメルソースを上にかけたんだけど・・・ひょっとしたら子供にはホイップクリームだけで良かったかも??


作った人間の特権「最初の味見」。
IMG_6047.jpg

カボチャの風味が利いたまろやか&滑らかな食感。

味も甘すぎず、丁度いい感じでカラメルソースもいいアクセントになっており、アタシ的にはいい感じ!


気になる子供たちの反応は・・・・・




娘の反応は良し。

「きゃは♪」と上機嫌でバクバク食べてくれた。



息子はというと・・・・・・4口ほど食べて「もういらない」。

えええええええええええ!!




「なんで? なんで?  コレのなにがイケナイのおお!?」と訊ねると




「この茶色いソースの味、嫌い」だって!!!



この子ったら、ほんっと、父ちゃん(旦那)と味覚がソックリ!!!
(旦那も、カラメルソースが嫌いなのよね・・・。)


この子からは「自分は一切料理をしないが、他人が作った料理の味には厳しい」父親と同じ香りがするわ・・・・。



結構手間かけて作ったのに・・・・!

「ついでに明日の分も作っちゃえ♪」って、沢山作ったのに・・・・!



あ~あ、カラメルソースなんてかけるんじゃなかったよ。

数日掛けてアタシ&娘とで消費するわ・・・。





●おまけ●

本日行った 『ロンドン・ドラッグス(ドラッグストア)』 にて、1年以上も店頭から姿を消していた「愛しの商品」と感動の再会。


コレなんだけど。
IMG_6064_20121121174400.jpg

David Rio の 「タイガースパイス・チャイ」!

お湯かミルクを注ぐだけで美味しいチャイが簡単に作れる、パウダータイプのインスタント・チャイなのです。

(ちなみに、我が家でよく作っていた
チャイ・ティラミスも、これを使用して作っていた。)


旦那もアタシも凄く好きで、我が家では常備してあったんだけど、1年ほど前、なぜか突然ロンドラの店頭から姿を消してしまいまして。

店員さんに訊いてみても「商品の入れ替えはよくある事なので、仕入れなくなった理由は分からない」という答えのみ。

他のお店も探してみたけど見つけられなかったので、ここ1年はもう諦めてたのね。




そしたら、今日行ったロンドラの店頭に再び並んでるじゃ~ないの!!!




「これはまた、いつ無くなるか分からない!!」



ってなもんで、一気に3缶まとめ買い。


1年ぶりに飲んだんだけど、やっぱり美味しかったわ~。

チャイ好きな方には是非お試し頂きたい!


category : お菓子作り

2012.11.15 *Thu*

そろそろキツイかも & 初挑戦 「大根餅」

いやーーーー寒さがめっぽう厳しくなりましたな!

陽もどんどん短くなって、午後4時半にはほぼ暗闇。

雨の日も多くなり、子供達を外で遊ばせる機会も一気に減ってしまった今日この頃。



そんな中、今日は久しぶりに晴れたので、仕事から帰った旦那と一緒に子供達を近所の運動公園で遊ばせることに。
IMG_6051.jpg

この人工芝のサッカー場、普段は近所の高校や地元のサッカークラブが練習で使ってるんだけど、今日は珍しく誰もいなかったので、我が家の貸しきり状態で思いっきり子供達を走り回らせたわ。


息子、結構いい感じのボール捌きをするので「もう少ししたらサッカーをやらせよう」と旦那と話し合い中。
IMG_6055.jpg


それにしても寒い!


もう、キンキンに寒くて、手があっという間に冷たくなる寒さ。

たとえ晴れていても、外遊びはキツくなって来たわ。

これからはドロップ・インの室内ジムのお世話になる機会が増える予感。


は~早く春が来ないかしらね。




●おまけ●


昨日の「おでん」に大根を入れたんだけど、切り残しが半分以上残っていたので、いきなり思い立って「大根もち」を作ってみることに。

参考にしたのは
コチラのレシピ。(お詫び:リンク先に間違ったレシピを載せてました!正しいリンクは↑です。)
IMG_6059.jpg


材料の殆どが大根なのに、本当に食感がモチモチしていて驚いた!!

凄く美味しかった&簡単だったので、大根を買った時の定番メニューに決定。

ごちそうさまでしたー。


2012.11.14 *Wed*

続・断乳の経過 & 今冬お初の「おでん」

断乳4日目の朝を迎えました。

断乳から3度目の夜となった昨晩は、やはり最初の5分ほどギャン泣き。



3日目でまだコレとは、うーん、しぶとい。


我が子ながら、ホントしぶといぞ、娘!!



そして5分ほど泣いてコテンと眠りについたものの、やはり2時間ほどして目が覚め、今回は30分ほど泣き止まず。

これって、まるで初日みたいじゃない。



「振り出し」か!?

「振り出し」に戻ったのか!?




娘のギャン泣き&娘の「ダディー!」コールで目覚め、寝室からノソノソと寝ぼけ眼で起きて来た旦那がアタシに代わり、しばらく娘を抱っこしてくれた。


そしたら娘、ピタリと泣き止んで再び眠りの世界へ。


それからまた何度か覚ましたものの、ちょっとフニャフニャ泣き、そしてすぐにまた眠りに落ちた。


夜に関しては昨日とあまり変わらない感じだったんだけど、昼間には大きな変化が。


昼間の「パイパイちょうだい」というおねだりが無くなった!


それに伴い「まとわり付き」も激減したので、日常生活に少しゆとりが生まれたような気がするわ。

これだけでもかなり前進。

あともう一息だと思うので、もう少しの間、寝不足と戦いながら頑張るわ。




●おまけ●


最近めっきり寒くなり、路面も早朝には凍結するように。

そんな時期になったので、我が家では今冬初お目見えの『おでん』が食卓に登場。
IMG_6037_20121121174322.jpg

といっても、旦那&息子はおでんを食べないので、毎回恒例の『一人おでん』なんですがー。


あ、「一人」じゃないか。


娘が「ちょーだい!ちょーだい!」とおねだりしてくるので一口あげたら、続けてバクバク半分以上食べられたんだったわ。


いいのよ、いいのよ、そうでなくっちゃ。

家族の中で一人くらい 『寒い日におでんを食す醍醐味』 を、アタシと分け合ってくれる人がいてくれなくっちゃ。


寒い日に食べる「おでん」って本当に美味しい。

断乳したことでアルコールも解禁になったので、今度は日本酒でもチビチビしながら食べたいわー(←ちなみにアタシが飲めるお酒の量は、小さなグラスで一杯程度・・・・)。

category : 娘の成長

2012.11.13 *Tue*

断乳の経過 & 誕生日、その後

断乳3日目の朝を迎えた我が家。

心なしか、朝からちょっと不機嫌な我が娘。
IMG_6014.jpg


なんと昨夜は、無謀にもカチンコチンになった胸を抱えつつ、アタシが娘と一緒に寝ました。


いやね、断乳初日の担当をしてくれた旦那の疲労がかなりのもので。


昨日は殆ど寝てない状態で一日オッパイを欲しがる娘の面倒を見、そして翌日(今夜)は仕事の後で大学の講義を受ける日。

そんな疲労困憊状態の旦那に二日目の夜も娘の世話をさせるなんて、いくら鬼嫁のアタシでも頼めなくてね。



そう思って娘と一緒に床に就いたのはいいんだけど・・・。



「オッパイが目の前にあるのにもらえない」という蛇の生殺し状態に晒された娘、最初は泣くわ喚くわの大騒ぎ。


ここで早くも


「仏心出して『今夜はアタシが娘の面倒を見る!』なんて旦那に言うんじゃなかった・・・!」



と激しく後悔。





が!!





その日は一日オッパイを貰えなかったことで彼女の中で一種の「諦め」の感情が芽生えたのか、ギャン泣き開始から5分後くらいにコテンと眠ってしまった!



おおおおおおおおおおおお!!!!!



初日の夜は、一回につき30分以上、ギャン泣きしてたのに!!(旦那ちゃん、ほんとご苦労様・・・)



その後は2時間おきに目を覚まし、寝惚けながらも健気に「マミー・・・パイパイ・・・ちょーだい・・・」とおねだりして来たんだけど、その都度「ごめん。もうパイパイないの。」と言うと、「ふにゃー」と軽くひと泣きしてすぐに眠ってしまった。


そうして本日の朝を迎えたんだけど、やはりそう簡単にはオッパイを忘れることは出来ないらしく、今日一日、何度も何度も「マミー、パイパイちょーだい」と上目遣いでおねだりされたわ・・・TT (また、この言い方&仕草が可愛いもんだから、ついついあげたくなってしまうのよね・・・)



それと、張った胸が痛くて仕方がない・・・・TT


もう圧抜きくらいじゃどうにもならなくなって、「乳首さえ刺激しないように搾れば大丈夫」(←乳首を刺激すると、身体が引き続き、母乳を生産してしまう為)とネットで読んだので、さっきシャワーを浴びた時に思いっきり搾り出した。

お陰で今はフニャフニャの状態。 ふーーーー・・・・ラクチン。



娘の出産は息子を産んだ時よりもハードだったけど、まさか断乳まで息子よりハードになるとは・・・。

息子はあっという間にオッパイの存在を気にしなくなったけど、娘はなかなか手強そう。

これはちょっと長期戦を覚悟しないといけないかも。


しかし、同じ親から生まれた兄妹でも、こうも色々な面で違いが出てくるのね。

子育てって、大変だけど驚きの連発で面白いわ。



さて、話はガラリと変わるんだけど、



先日の娘の誕生日に贈ったプレゼントの数々の「その後」。


まずは『ミニキッチン』。
IMG_6011.jpg

これは本当に買って大正解だった!!

今では娘も息子も、このキッチンで色々な「ごっこ遊び」を朝から晩まで楽しんでるわ。(でも散らかる量が半端じゃないけど・・・)


『ティー・パーティーセット』も思いの外、活躍中。
IMG_6013_20121121174246.jpg

ただ、息子が本物のミルクをティーポットに入れてくれた時は悲鳴ものだったけど・・・^^;


こちら『ドール・ハウス』。
IMG_6006.jpg

これは娘の年齢にはまだ早かったかも。

一年後くらいには楽しく遊べるようになるんじゃないかな。


男の子版ドールハウス『バット・ケイブ』を隣に置いて、息子が(娘の)ドールハウスで遊んでいる図。
IMG_6023.jpg


ミニキッチン用に買った『ピザ・セット』も買って良かった品の一つ。
IMG_6101.jpg

息子が床にブランケットを敷いて、娘と一緒に『ピザ・ピクニックごっこ』をしたり、写真のように『ランチタイムごっこ』をしたり。

ちなみに、お皿の上の「黒の毛糸」は「黒いスパゲティー」だそうで。

息子のマフラーを編んだ際、その両端に付けたフリンジの余りだったんだけど、子供って、想像力でなんでも玩具にしちゃうのよね。
IMG_6103.jpg


いやー、今回のプレゼント、かなり好評だったようで良かった。

悩んだ甲斐があったってもんです。


category : 娘の成長

2012.11.12 *Mon*

断乳開始!

二日前に無事、2歳を迎えた我が娘。


そして、娘が二歳になったらしようと決めていた事。



それは




『断乳』




息子も2歳で断乳したので、娘にも2歳で卒業してもらおう思いまして。


当時の日記には書いてないけど、息子の断乳時、実はアタシは娘を妊娠中でして、しかも羊水検査を受けた日だったのよ(羊水検査後48時間はベッドの上で絶対安静にしないといけない為)。

息子の時はこれといって「断乳するぞ!」って決めていたわけではなかったので、突然降って沸いた「断乳」に少し戸惑い、母親から離され、オッパイを欲しがって泣く息子の声に、こちらも涙したものです。




では、今回の娘の場合はどうなのか?




もう1年ほど前から『断乳の日』を指折り数えておりましたわよ!!!





だって、断乳すれば『子育てが楽になる』という事を、息子の時の経験で知ってるから!!

だから「断乳まであと何ヶ月・・・」って感じに、それはもう11月という月を、今か今かと待ち望んでいたわ。


ちなみに、あくまで我が家の息子のケースだけど、断乳する事で何がどう「楽」になったのかというと、



・授乳時は頻繁にオッパイを欲しがるため昼間のまとわり付きが激しかったが、断乳以降はそれがなくなり、用事がスムーズに出来るようになった。

・授乳時は夜中に頻繁に目を覚ましていたが、断乳した途端に朝まで通して眠るようになり、アタシの熟睡度が上がり、睡眠時間も増えた。

・授乳時はオッパイを吸わせながらの寝かし付けに数十分から1時間近く掛かったが、断乳後は5分もすれば寝付くようになった。



とまあ、こんな感じに断乳しただけで子育てがかなり楽になったんですよ。


だからそれと同様の事を娘にも求めているんだけど、こればかりは断乳してみないと分からない。

「息子以上にオッパイ星人である娘が、簡単に断乳できるのか!?」という一抹の不安はあるものの、誕生日の翌日である昨日の晩から断乳を開始しました。


アタシ&息子はベッドルームで眠り、旦那&娘は別室で眠ることになったんだけど・・・・



娘、一晩中ギャン泣き・・・・。



途中で30分ほど休憩が入るんだけど、それ以外は「マミーーーー!!」「パイパーーーーイ!!(←オッパイの事)」と叫びながら号泣。


これは辛かった・・・・!


旦那が一晩中、号泣する娘を一生懸命あやす様子も伝わってきて、それも申し訳なかった。


そしてこれは息子の時はなかった現象なんだけど、オッパイがガチガチに張って、イタイのなんのって!


一晩あげなかっただけで、普段の貧乳が爆乳になっちゃったくらい。

たったの一晩でこんなになっちゃって、あと数日、耐えられるだろうか・・・・汗。


その日の晩は、旦那や娘はもちろん、アタシもその日は熟睡する事が出来ず、朝を迎えたのでした。



そして今朝、



まだ眠っている娘の顔を見てみると、ほっぺに沢山涙の跡があって、かなりの罪悪感に駆られてしまったわ。

「自分が楽したい為に、こんなに泣かせていいのかな」って。


だけど旦那に


「もう十分だって。 息子に2年、娘にも2年、合わせて4年でしょ? 4年も寝不足になりながら頑張って授乳してくれて、本当に感謝しているよ。 子供たちも、大きくなったらきっと君に感謝するさ。 それと、今更『断乳やめる!』とか言うのはヤメテね。 僕の昨晩の努力が水の泡になるからさ・・・・(-_-;)」


と言われ、


「ええい、ここまで来たらやるしかない!」


と思い直した次第です。


さてさて、今夜はどうなることやら。



category : 娘の成長

2012.11.11 *Sun*

映画鑑賞 『アラビアのロレンス』

昨日の娘の「誕生祝い疲れ」を引きずったまま、本日は旦那と一緒に、一ヶ月以上も前からチケットを買って楽しみにしていた映画を観てきました。


その映画とは、


今から50年前の1962年に公開されたハリウッド超大作『アラビアのロレンス』
l_o_a.jpg

当時アラブを支配していたオスマン帝国に対し、実在する英国陸軍将校トマス・E・ロレンスが率いて起こしたアラブ独立闘争(アラブ反乱)を描いた伝記映画。

今年は「アラビアのロレンス 製作50周年記念」という事で、デジタル修正&20分間の未公開映像も追加した『完全版』が映画館でリバイバル公開されてるんですよー。

旦那が会員になってる映画館の会員向けメールでその事を知り、観てみたいと思いつつも一度も観たことがなかったので、即効で前売りチケットを買っちゃった。



そして本日、子供達を義姉に託し、約4時間の長丁場に挑むべく、ランチを食べてから映画館へ。



早めに着いたので、後方ど真ん中の席が取れた。

「50年前の映画だし、観に来る人いるのかな?」と思ったのも束の間、あっという間にシアター内の席の8割以上が埋まってしまった。

そしていざ映画が始まると、昔の映画の特色である『序曲
(あの有名すぎる名曲「アラビアのロレンス」)』が真っ暗な画面をバックに数分間流れ、嫌がおうにも期待が高まってきます。


そしてその序曲の後に本編が始まるんだけど・・・・


アタシが思うに「映画」って、『映画館の巨大スクリーンで見るべき映画』 と 『自宅のTVで十分な映画』 の二つに分かれると思うのね。

そしてこの映画に関しては、



間違いなく「前者」です!!



巨大スクリーンに映し出される「青空の下で何処までも広がる雄大な砂漠」、「夕陽にきらめくアラビアの海」、「砂漠の蜃気楼」は、見ていて思わず息を呑むほどの美しさ。

特に海の美しさには胸が「キュン」として、思わず隣にいた旦那の腕をギュッと掴んでしまったくらい。

あの光景が50年も前に撮影された景色だなんて、本当に信じられないくらいの美しさでしたわ。


これはもう、絶対に映画館の巨大スクリーンで見なきゃノンノン!




そして砂漠での戦闘シーンも凄い迫力!




もうねー、ラクダが超イケメンに見えるの。

砂漠を全力疾走している時のラクダの雄姿と来たらもう「サラブレッドどころの騒ぎじゃない!」みたいな。

あなたの中で、ラクダの株がかなり上がる映画でもあります(そうなのか???)。



おっと、ラクダの話ばかりしてないで本編の話も。



ロレンスは当初、英国将校として「(当時、英国と対立していたトルコに対抗するため)トルコからアラブを奪還する」という名目で独立闘争に加わることになったものの、砂漠を愛し、徐々にアラブを愛するようになった一人の人間として「アラブ独立」のために奔走することになる。
l_o_a_1.jpg

ダークな色合いの民族衣装を身にまとったベドウィン(遊牧民)達の中にあって、砂漠をバックに純白のアラブ衣装に身を包んだ金髪碧眼・長身のピーター・オトゥール(ロレンス役)の姿が画面に映えます。



なぜ英国軍将校のロレンスが、アラブ民族の首長が着るような衣装を身にまとっているのか?



その答えが分かる映画の一エピソードをご紹介。



彼が独立闘争に加わることになったのは、陸軍からの指令でアラブ独立闘争を指揮するファイサル王子と初めて謁見し、英国の協力を約束した時から。

その日の夜から朝にかけ、ロレンスが一晩中考えて立てた作戦に、ファイサル王子の部下であるベドウィン・ハリス族の族長アリは度肝を抜かれる。


「オスマン帝国に占拠された湾岸都市アカバを、内陸側から奇襲攻撃する」


ロレンスの作戦にアリは 「気は確かか! アカバに行くにはネフド砂漠を越えなければならない。 ネフド砂漠は、神がこの世で創造した最も過酷な地だ。」 と言って反対するも、半ばロレンスに押し切られる形で部族の勇者50名と共にロレンスに伴い、アカバ攻撃に協力する事になった。

想像以上に過酷な灼熱地獄のネフド砂漠を越えている最中、あともう一息でオアシスという時点で仲間が一人いなくなっている事に気付いたロレンスは、「暑さで意識を失い、ラクダから落ちたのかもしれない」といって救助のために引き返そうとする。

そんなロレンスに対し、アリは 「よせ、もう奴は今頃死んでいる。 戻ればお前も死ぬぞ。 それがこの砂漠の“定め”だ。」 と言ってロレンスを引き止めようとするも、ロレンスは 「“定め”など、ない」 と言って元来た道を引き返していってしまった。

残されたアリ達は一足先にオアシスに到着し、ロレンスの帰りを待つことにした。


待てども待てども、ロレンスは戻ってこない。


諦めかけた頃、砂漠の遥か彼方に、蜃気楼に揺られながら近づいていくる2頭のラクダが目に入った。


それは、無事に救出したはぐれた仲間を背に乗せたロレンスとそのラクダ、そして一団から少し離れた場所でロレンスの帰りを待っていた彼の従者だった。


駆け寄った仲間たちの大歓声で迎えられるロレンスに、アリはゆっくりと歩み寄って水を手渡すと、ロレンスはその水を飲んで「この世に“定め”など・・・ない・・・」と言って眠りに落ちた。

翌朝、目覚めたロレンスにアリが用意していたのは、純白のベドウィンの民族衣装。

彼らは、ロレンスを「(ロレンスただ一人の)アラブ部族首長」として認め、それまでは馬鹿にしたように「English(イギリス人)」としか呼んでいなかった彼に対し、ちゃんと「オレンス(ロレンス)」と彼の名で呼ぶようになった。

そして背後にあるネフド砂漠の加護に甘え、内陸部からの攻撃に対し全く無防備だったアカバは、ロレンス一団の内陸部からの奇襲攻撃であっけなく陥落、ロレンス達はオスマン帝国からアカバの奪還に成功したのだった。




要するに、ロレンスはこれらの出来事によって誇り高きアラブの民から「信頼」と「尊敬」を勝ち得たわけですよ。

そしてイギリス人であるロレンスが、彼らと同じ衣装を身に纏うことを許されたんですね、はい。


と、ここまでは良かったんだけど、


長引く戦の中で時折表れる “心に潜む狂気” に苦しみ、祖国である英国とアラブ双方の思惑・都合に振り回され、失望し、そして最後には失意の中で「もう砂漠など見たくもない・・・」という言葉を残し、もはや祖国とも思えなくなった英国に帰っていくロレンスの姿で映画は幕を閉じるのでした。


ちなみにこの映画、いきなりロレンスの交通事故死から始まります。


ロレンスの「死」から始まって、ロレンスの「失望」で終わる映画。


普通なら「なんだかなあ」とモヤモヤしちゃうところなんだけど、アタシや旦那も含め、シアター内にいた全ての人々が、映画終了後にエンディングが流れるスクリーンに向かって拍手喝采を送っていたのでした。

試写会とかならともかく、普通の映画上映で終了後に拍手が起こる事なんて、カナダでは皆無なのに。


それだけ素晴らしい映画だったのよ、みなさん!!


映像美はもちろん、スケールの大きさ、ストーリーの面白さ、アレック・ギネスを初めとする映画史に名を残す名優陣の素晴らしい演技・・・・もう、言葉では言い表せないような感情が沸き起こちゃったわ。

感動でしばらくボーーッとしちゃったくらい。


映画史に残る不屈の名作を巨大スクリーンで見る事ができて、本当にラッキーでした。

これを観ちゃった後は、当分は今の映画がチープに見えること間違いなし・・・・(汗)。




●おまけ●

ロレンスとは一種の友情で結ばれ、最後まで彼と行動を共にしたベドウィン・ハリス族の族長アリ(オマー・シャリフ)がカッコよすぎる。
o_s1.jpg


はい、当方、人種に関係なく「黒髪&ダーク・アイズ」の男性が超好みです(なのに旦那は茶髪&グリーン・アイズという・・・)。



でもね、でもね、この人はそれだけじゃなくって、人として、男としてカッコいいのよ!!



この鷹のような眼力に加え、立ち居振る舞いが美しく、身体の内側から優雅さが滲み出る立ち姿にはゾクっとするほど。

気持ちが揺れがちで、どんどん心変わりして行くロレンスと違い、「族長」という責任ある身である彼の気持ちには一切の揺るぎがなく、常に冷静沈着で現実的、そして一本芯が通っている。

灼熱のネフド砂漠横断の時も凄く頼もしかったのよねー。


「この人となら、何処に行っても大丈V!!」
みたいな。


そんな「男の中の男」であるアリが、映画の最後でロレンスの為に流した涙に、こちらまでジーン・・・。

実際、この映画でアリがロレンスのお株を持って行ったのは事実で、この作品を切欠に(アメリカでは)無名の俳優だったオマー・シャリフはハリウッド・スターの道を歩み始めたのでした。

こうなったら、次は彼の主演作「ドクトル・ジバゴ」を観なくてはだわ!

category : 映画鑑賞

2012.11.10 *Sat*

娘、2歳になる

今日は娘の誕生日!!


今年の娘の誕生日は土曜日なので、一日中家族全員でお誕生日が祝えます。ラッキー☆


去年は義両親や義姉も着てくれて賑やかに1歳の誕生日を祝ったけど、義両親は2ヶ月に及ぶ海外旅行の真っ只中。

そして義姉は明日ベビーシッターに来てくれることになっているので、今年のお祝いはアタシたち家族のみ。


まあ、まだ2歳だからね。

本人が誕生日すら理解していないので、これでもOKですわ。

盛大じゃなくても、アタシたちだけで誠心誠意、お祝いさせて頂きます!!



そして旦那に「どこにお祝いランチに行く?」と訊かれたので「“バースデー飲茶”ってのはどう?」と提案すると、旦那、一瞬目を丸くして爆笑。

何が可笑しいのか訊ねたら、


「だって・・・いかにも“娘が飲茶を食べたがっている”って風に言うから・・・(笑)
 いいよ、いいよ。 飲茶に行こう。 “マミー、準備お疲れさま飲茶”って事で・・・(笑)」




な、なによー!

アタシが飲茶を食べたいからそう言ってるとでも思ってるわけー!

娘だって、ほ、本当に飲茶が好きなんだからねーー!





とアワアワしながらも結局、飲茶をしに来ました(キッパリ)。


バースデー・ガール、何故か二刀流で食事中。
IMG_5994.jpg



美味しい飲茶を食べた後は、ショッピングモールに行ってお買い物。

そして午後3時頃に帰宅し、誕生日プレゼントのメインであるミニキッチンの組み立て。




ジャジャーン、こうなりました。
IMG_6011.jpg


結構手間取り、組み立てに1時間近く掛かった!!

これに予め購入していた玩具の食べ物&ピザセットを加え、ようやく完了。

ふ~。

付属でシールが色々付いていたんだけど、基本シンプルが好きなアタシとしては、あまりゴチャゴチャするのが好きではない為、必要最低限のシールしか貼らなかったわ。

その甲斐あって、オリジナルと比べてちょっとだけ見た目がスッキリした感じ。


このミニキッチンの登場に、娘はもちろん、息子も大喜び!


基本的には娘のものだけど、兄妹で一緒に、仲良く遊ぶのよ~。


ミニキッチンに加え、ティー・パーティーセットとドールハウスもプレゼント。
IMG_6013_20121121174246.jpg

ティーポットはお茶を注ぐような角度に傾けると、お茶を注いでるような「コポコポコポ・・・・」という効果音が鳴ります。

このティー・パーティーセットは買って正解だったわー。

娘、ミニチッキンよりもこっちに夢中になっちゃった。


それからお風呂に入ったり、バースデー用にちょっと豪勢に作った晩御飯を食べたりしていたらあっという間に午後7時半。

「じゃあ、歯を磨いてストーリータイム・・・」と思ったら、肝心な事をド忘れしていた事に気付いた!!



バースデー・ケーキ!!!




ヤバい!!!

飾りつけ、まったくしてない!!!



今から生クリームを泡立てたり絞り出し袋を出したりしていたら時間が掛かるので、今回はスプレータイプのホイップクリームにラズベリーを乗せただけの、超手抜きデコレーション!! 


スマン、娘!!! 

でも味は美味しいはずだから!!!





で、



いざ文字を書こうとしたら、あると思っていた白のアイシング・クリームがない事が判明!! うそーーーん!


苦肉の策でアイシング・シュガーを水で溶いてアイシングを手作りしてみたものの・・・・・・失敗。


水が多すぎてユルユルになった・・・・・!


非常に書きにくいーーーーーー!!!!



そんなダメダメ状態を重ねて出来上がった、娘の今年のバースデー・ケーキ・・・。
IMG_5997.jpg

スマン、娘・・・・・。


でも、しつこいようだけど、




味はいい筈だから!!!!




灯りを消し、バースデーソングを全員で歌いながら娘の前にケーキを置くと、娘、とびっきりの笑顔を見せてくれました。
b_w_20121121174220.jpg

これこれ、この笑顔が見たかったのよ~。

見た目が悪いケーキだけど、喜んでくれてヨカッタ~。



味はアタシのお墨付き! 旦那も息子も「美味しい!」と言ってガッツリ。
IMG_5999.jpg



娘も一切れペロリと完食☆
P1190478.jpg


この後は歯磨きをして本読み、子供たちはすぐに撃沈。

朝からバタバタだった娘の誕生日祝いは無事に終了。

去年と違ってシンプルにお祝いしたけど、家族全員、全力で娘を祝った一日でした。


二歳のお誕生日おめでとう、娘。

これからも、元気で育ってちょうだいね。


2012.11.09 *Fri*

娘の誕生日の前準備

娘の誕生日を明日に控え、今夜は準備に大忙し。


まずはバースデーケーキ作り。
IMG_5988.jpg


今回、バースデーケーキに選んだのはストロベリー・ムースケーキ。


土台になるスポンジを焼き、ストロベリー・ムースを作り・・・と。


両方、美味しく出来たんだけど・・・・・





コーティングを失敗!!






表面のイチゴソースのゼリーなんだけど、ゼラチンが少なかったらしく、ゆるゆるに近い状態までしか固まらなかった!

ゼラチンをもっと放り込んで置けばよかったよー!



この状態では上に飾り付けをしたり、メッセージを書くのが困難になるので、写真の状態でひとまず一晩冷蔵庫で寝かせて様子を見ることに。

もうちょっと固くなってくれてるといいんだけど・・・どうかな(-_-;)



そして先日購入したミニ・キッチン。

旦那が組み立てようとするも、ハンマーを使ったりしてかなり大きな音を立てないといけない事が判明し、夜も遅いし、近所迷惑になるだろうという事で、明日の誕生日に組み立てることに。



明日はいよいよ、誕生日。


なんだか、親のアタシの方がドキドキしているのは何故かしら。

ああ、あのベイビー・ガールがもう2歳だなんて・・・・☆

category : お菓子作り

2012.11.07 *Wed*

娘へのプレゼント探し

早いものでもう11月!!

いやーーーん、もう来月は12月じゃないのーーーーー。

クリスマス・カードの作成(今年はガンバル!)や、クリスマス・ショッピング、そしておせち料理の準備にと、一年で一番クソ忙しい時期が目の前にやって来てるじゃないのーー!(ああ、そういえば、来月はアタシの「誕生月」でもあるんだったわ・・・・。)


今年も子育てに追われて、あっという間にここまで来ちゃった。

年取る毎に時の流れが速く感じるのは、なんでなのかしらね??

ほーんと不思議。



あ、さて。



今月11月には我が家の娘っ子のお誕生日が控えております。

なかなか産まれてくれず、母をヒーヒー言わせてくれたあの巨大児も、今月で2歳。

ほんと月日の流れとは早いもんです。


今では色々とお喋りもするようになって来て、すっかり「幼児」になって来ました(まだオッパイ飲んでるけど)。

そして関心を示すオモチャも嗜好が変わってきた。

これまでは女の子用のオモチャより、息子の男の子用オモチャで好んで遊んでいたんだけど、最近はベビー人形とか、人形用ストローラーとか、そういった物に興味を示すように。


なので今年の娘の誕生日プレゼントは 『超・女の子仕様のプレゼント』 を買う事にしたわ。


本日はそのプレゼント・ショッピングに行ってきた。



目的は「ミニ・キッチン」。



娘、最近すごくキッチンに興味を示していて、ドロップ・インのジムでも延々とミニ・キッチンで「ママごっこ」をして遊んでるのよね。

なので今年はミニ・キッチン+α を娘に贈ることにしたの。

「ミニ・キッチン」といえば、アタシの中では真っ先に「IKEAのミニ・キッチン」が頭に浮かんだので、IKEAに行って実物検証をしてみることに。

ikea_k.jpg 『DUKTIG』 $129.00


これこれ。

シンプルで可愛いわよねー。


旦那に「これこれ、これにしよう! シンプルだし、可愛いから!」というと、旦那、ミニ・キッチンを横に揺さぶってみたり扉の開閉をし始めて、その挙句に


「駄目だよ。 値段の割には作りがチープ過ぎる。 上部なんてグラグラじゃないか。 それに各扉の裏についたマグネットの磁力が強すぎて、娘の力じゃ扉の開閉は無理だよ。 それに、シンプルすぎて子供にとってはつまらないよ。 子供はもっとこう、色々ゴチャゴチャと付いていた方が喜ぶもんだ。」



と即効で却下。


「上部は壁に固定すればいいじゃん! マグネットも外せばいいし。」と食い下がってみたものの、旦那に


君は自分用のミニ・キッチンを探してるの?なら買えばいい。でも娘用にはしないでくれ。
 あの子にはもっと頑丈で、ガジェットも色々ついて、想像力が膨らむようなミニ・キッチンを僕は買うから」


とイタイ所を突かれ、IKEAのミニ・キッチン購入はしぶしぶ諦めることに。


あ~あ。


あのミニ・キッチン、凄く見た目が好きだったんだけどなー。




そして次に向かったのはトイザラズ。


さすがトイ・ストア、ミニ・キッチンの種類も半端ない!
IMG_5985_20121121174219.jpg


しかしまあ、値段も凄いね!!

一番高価なのなんて、400ドルよ、400ドル!!

子供の玩具にそんなに払えますかっての!



そして、そんな数ある中でアタシ達がチョイスしたのがコチラのミニ・キッチン。

stp2_k.jpg  『Step2 Lifestyle Legasy Kitchen -Pink』 


通常価格は$130くらい。

でも早くもクリスマス・セールが始まっている事もあり、税込みで100ドルちょいで購入できた。


そして、まー見事に色々付いてますよ。


IKEAミニ・キッチンには付属品が一つも付いていなかったけど、このミニ・キッチンにはこれだけの付属品が付いてきます。
stp2_k1.jpg


これだけ揃ってたら、あとはオモチャの食べ物を購入するだけでいいね。

キッチンに合わせて「オモチャの食べ物セット」と「ピザ・セット」、そして「ドールハウス」と「ティーパーティー・セット」を購入。

どれもセール価格になっていたんで、100ドル以内で購入出来た。




しかしですね、




ここで問題発生。




このミニ・キッチン、解体された状態で箱に入ってるんだけど、思った以上にその箱がデカく、とてもじゃないけど我が家の車のトランクに入らない!



仕方ないんで駐車場で梱包を解き、バラバラになっているパーツを一つずつ、パズルでもするかのようにしてトランクに詰め込んだわ。

それでも残り一つのパーツが入らなかったので、それは助手席に置いて、アタシは子供達と一緒に後部座席に座ることに。

この時、ちょっとだけ以前乗っていたステーション・ワゴンが恋しくなったわ。

あの車だったら、こんな箱くらい、お茶の子さいさいで乗せる事が出来たのに。

セダンはやっぱりこういう事に弱いよなー。




とまあ、こんな感じで最後にちょっとドタバタしたけど、娘のプレゼントの購入は完了。


後は組み立てをいつするか、だわ。

やっぱり、誕生日の前日かなー。


category : 日常

きゃびの「つぶやいちゃうわよ!」

更新祭り開催中!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2012年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


プロフィール

きゃび

Author:きゃび
西日本の某県出身。1999年6月、日本にてドデカいカナダ人(旦那)に遭遇。その後何故か付き合う事となり、1年7ヶ月の交際を経て、2001年4月、日本にて結婚。転居先の愛知県にて三年半の新婚生活を送った後、2004年8月、移民権取得と同時にカナダ・バンクーバーに移住。2008年5月、第一子となる息子誕生。2008年12月にバンクーバー郊外の某市にお引越し。2010年11月、第二子となる娘誕生。2011年7月、愛猫二匹のうちの一匹だった愛猫“うらら”が天に昇りました。それから一年半後の2012年12月新たに雌猫のセリーナを我が家に迎え入れました。現在、旦那・息子・娘・愛猫ティファ&セリーナと共に「笑い大いにアリ、涙たま~~~にアリ、大噴火けっこうアリ」の、お気楽主婦生活を送っています。

我が家の息子、今いくつ?

2008年5月10日生まれ

我が家の娘、今いくつ?

2010年11月10日生まれ

最新記事

最新のコメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

Locations of visitors to this page

Copyright © Cabbit in Canada All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。