04
3
4
6
7
8
10
11
12
14
15
16
18
19
22
25
26
27
28
30
<< >>

This Archive : 2013年04月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.04.29 *Mon*

桜の終わり & 今年も仕込みました

4月も終わりに近づき、3月からバンクーバー地方を彩ってくれた「桜の開花リレー」も八重桜でフィニッシュとなりました。

今日は小雨交じりの強い風が吹いており、道路は散った八重桜の花びらがビッシリ。
IMG_1821.jpg

写真を撮っている間もビュンビュン風が吹いていて、桜の花吹雪に包まれましたわ。

八重桜も、今年はもう終わりです。


いや~今年も桜を満喫しました。



桜たち、ありがとう。


来年、また会いましょう。





八重桜ももう終わりという事で、八重桜の木から少々拝借した桜の葉を使い、今年も「桜葉の塩漬け」を仕込みました。
IMG_1826_20130513163408.jpg


この状態で3~4日漬け込めば出来上がり。
IMG_1829.jpg


来年の『ひな祭り』で活躍して貰おうと思います。


美味しく出来ますように~☆

スポンサーサイト
category : お菓子作り

2013.04.24 *Wed*

“アングリー” なケーキ

本日は息子の日本語学校の日。

息子を待つ2時間半の間、アタシと娘は近くのショッピング・モールをチョロチョロ。


そこに入っているアジア系スーパー(T&T)のケーキ・ショップにて、“アングリー”なケーキを発見。
IMG_1801.jpg


すごーい! よく出来てる!!


見た瞬間に「息子が喜ぶ!」と思い、即購入。


普段は「ケーキの衝動買い」なんてしないんだけど、「日本語学校で頑張っている息子へのご褒美」という名目で今回は財布の紐を緩めちゃったわ。


家に帰ってからこのケーキを見た息子の喜びようときたら、半端なかったっす。
IMG_1804.jpg

中にはそれぞれ違う味のムース(赤→ベリー系ムース 黄→モカ・ムース 緑→ヨーグルト・ムース 青→忘れた!)が入っていて、凄く美味しかったです。

よく出来てるんで思わず



「これ、今年の息子の誕生日ケーキにしようかしら・・・」



なんて「ラクしよう根性」がチラホラ頭をよぎったアタクシなのでした。


category : 日常

2013.04.23 *Tue*

大きくなれよ~。

いや~~もうすっかり春ですな!!

バンクーバー地方はビックリな快晴続きで、あっという間に春を通り越し、初夏っぽい気温になる日もチラホラ。


そんな快晴続きのある日、我が家の菜園ボックスに野菜の苗を植えました。
IMG_1870_20130513163905.jpg

ミニトマト&通常トマトの苗を6株と、バジル(の束)を4株、そして日本の茄子を3株。

(茄子、基本的にはトマトと一緒に植えちゃいけないんだけど、離して植えてるから大丈夫かしら!?)


これに、現在予約中の青シソの苗を植えたら完成だす。

青シソちゃん、早く来ないかな☆  ワクワク☆


大きくなれよ~~お前たち!

category : 野菜作り

2013.04.21 *Sun*

日本時間で12回目の結婚記念日

明日、4月22日はアタシ達夫婦の12回目の結婚記念日。

カナダはまだ4月21日だけど、今年は日本時間を採用して一日早くお祝いする事にしました。


子供達を義姉に託し、アタシと旦那がやって来たのはダウンタウン。
IMG_1753_20130426065006.jpg



そして『記念日ランチ』に向かった先は・・・




バンクーバーで一番の伝統と格式を誇るホテル『ザ・フェアモント ホテル・バンクーバー』でございます~。
IMG_1763_20130426065059.jpg

1939年の創業開始から現在に至るまで、世界各国の王室メンバーやVIP、ハリウッド・スターらが宿泊してきた老舗一流ホテルです。

今年の結婚記念日は 「12周年 = 干支がグルリと一周した」 という事で、「今年は滅多に行かない場所でランチをしたい!」というアタシの希望により、旦那がこのホテルのレストランをチョイス。


今日はバンクーバーの市民マラソン『The Vanncouver Sun Run』が開催される日なので交通規制&渋滞を予想し、ダウンタウンに入る手前で車から降り、そこからはスカイ・トレインでダウンタウンへ。

お陰で、予約した時間通りにホテルに到着できました。


本日、記念日ランチをするのはホテル内にあるレストラン『Griffins Restaurant』
IMG_1760.jpg

F-H-V-G-R.jpg (写真はHPより)

実はウェブ・サイトに「レストランはドレス・コード有 スマート・カジュアルで」と書いてあったのね。






「“スマート・カジュアル”とは何ぞや?」






となった超庶民派のワテら夫婦、テーブルの予約を入れる際、恥ずかしげもなく訊ねてみた。





旦那 「サイトには“スマート・カジュアル”と書いてあったんですが、“ビジネス・カジュアル”とどう違うんですか?ジーンズは駄目なんですか?」


レストラン受付嬢 「スウェット・パンツは駄目ですが、それ以外であれば大抵の服装はOKです。ジーンズもボロボロに破れた物でなければ大丈夫です。」





との事で、アタシ達の普段着は一応OKである事が判明。


スウェット・パンツって、旦那の「パジャマ・ズボン」なのよね。

いくらカジュアル好きの旦那でも、パジャマ・ズボンを履いてレストランには行かないだろうから一安心だわ。



レストランに入ると『単品メニュー』か『ブランチ・バッフェ』かの選択を訊かれ、食い意地の張ったアタシ達は色んな種類の料理を楽しめる『ブランチ・バッフェ』をチョイス。


さ~~食べるど~~!!


バッフェは 『温かい料理コーナー』 『冷たい料理コーナー』 『ブレックファスト・コーナー』 『デザート・コーナー』と分かれていて、シェフが自ら切り分けてくれる『ロースト・ビーフ・コーナー』や、注文を受けてからシェフが目の前で焼いてくれる『オムレツ・コーナー』があり、どれから食べようか迷っちゃうラインナップ。


こちら、アタシの一皿目、『温かい料理』プレート。
IMG_1756.jpg

チキン、白身魚、ビーフ、ポークと温野菜。



二皿目は『ロースト・ビーフ』。 
IMG_1757_20130426065033.jpg

いやあ、リッチな味でした。



三皿目、『冷たい料理』プレート。
IMG_1755_20130426065031.jpg

スモークサーモン、蟹、海老にホタテ、そしてトマト&モッツアレラのサラダ。

これ、一品一品が全部美味しかった!!

あんまり美味しかったから、まったく同じ内容でお代わりしちゃったわ。


そしてブレックファスト・コーナーからも数品食べたんだけど、写真、撮り忘れちゃった。



最後の締め、『デザート』プレートでございます。
IMG_1758.jpg

カスタード・プディングにラズベリー・ムースケーキ、そしてアプリコット・ブレッド・プディング。

どれも程よい甘さで、満腹だったにも拘わらずペロリと完食できました。



こちらは旦那のデザート・プレート。
IMG_1759.jpg

ライス・プディング、チョコレート・ムース・ケーキ、アップル・クランブル、そしてアタシも食べたアプリコット・ブレッド・プディング。

この時はもうお腹一杯で食べられなかったけど、改めて写真を見ると「あ~アタシもこれ食べとけば良かった・・・」って思うわあ^^;


食事中はこれまでの12年間の事をつらつらとお喋り。


でも基本、



「食事中は(いくらデートの食事でも)食べる事に集中して無言になる夫婦」



なので、今回も殆ど喋ることなく、二人とも集中して料理を平らげました。


12回目の結婚記念日ランチなんだし、もうちょっと「うふふ」「あはは」なんて語らいながら食事するべきだったかもしれないけど、まあ、いいわ。


食い意地の張った12年目の夫婦なんて、こんなもんよ!


ホテルの絶品ブランチ・バッフェを満喫したあとは、腹ごなしにダウンタウンを散歩。

ホテルのすぐ横にあるバンクーバー・アートギャラリー前広場から撮ったホテル・バンクーバー。
IMG_1767_20130426065059.jpg

数時間前までは青空が広がってたのに、ランチ後はすっかり曇り空に。

散歩途中で雨も降ってきたので、早々に引き上げて帰宅する事に。


いや~今年の結婚記念日ディナー、満喫させて頂きました!



旦那ちゃん、ありがとう!

こんな鬼嫁ですが、これからも宜しく!


2013.04.20 *Sat*

息子の虫歯治療 & またまたグランビル・アイランドへ

来月で5歳になる息子ですが、なんと





虫歯になってしまいました・・・TT






初期虫歯なんだけど、右側の上下一番奥の歯に一本ずつ・・・TT


素人目では分からない色の薄い虫歯で、先月受けた半年に一回のクリーニング時に歯科医師が発見し、早速、治療する事になりました。

前面の歯は5歳頃から永久歯に変わるけど、奥歯は12歳まで使うため、徹底的にケアしないといけないそうで。



しっかりケアしてると思ってたのに、虫歯を作らせちゃってもうショック・・・・!



アタシが息子の歯を磨く際は、歯医者さんと同じ体勢になって息子の口の中を隅々まで見つつ、シッカリ磨いていたんだけど、やっぱり日替わりで旦那にも磨いてもらっていたのがいけなかったか。


あの人ね、息子と一緒にTVを観つつ、口の中も見ないで息子の歯を磨いてたのよ(しかも歯磨き粉たっぷり)。


その事を助手の方に話すと、



「4~5歳で虫歯が出来た子供たちのお母さん方、皆さん、全く同じ事を仰いますよ!

皆さん、やっぱり旦那さんと日替わりで歯を磨いていて、旦那さんは子供と同じ方向(TV)を見ながら歯を磨いていた、って。

出来れば、これからはお母さんが “歯磨き担当” になった方がいいですね。」




ですって!!!



ええ、ええ、そうしますとも!!

これからはアタシが一人で歯を磨きますとも!!!







ちなみに先月1本目の治療を既に受け、本日は2本目の治療で今日が最後。


前回の治療時もそうだったんだけど、息子、





まったく泣かなかったの!!!!





麻酔注射だって数本打ったのに、キュイーーンって歯を削る音や振動だってあったのに、息子、





一切、泣きませんでした!!!





目をつぶって、拳をグッと握って我慢している息子の姿を見ると、健気で、申し訳なくなってきて、








アタシが泣いたわ!!







歯科医師や助手の方からも



「まったく泣かずに虫歯治療を受ける4歳児は凄く珍しいのよ!!

この年齢なら、普通は治療台の上で泣き叫んで暴れるから、治療はおろか口を開ける事すら出来ないの。

だからスペシャリストに送らないといけないケースが殆どなんだけど、この子は本当に勇気があるわ!偉い!」



とお褒めの言葉が貰えたほど。



息子の奥歯を虫歯にさせたアタシ達は全く褒められたもんじゃないけど、息子は本当に偉かった!


凄く息子の成長を実感した一場面でした^^




歯医者の後は、治療を頑張った御褒美として、息子が大好きなグランビル・アイランドへ。
IMG_1718.jpg

グランビル・アイランドに来るのは今年に入ってこれで何度目かな~。

最近、かなり頻繁に来ております。


ランチ・タイムだったので、お目当てのキッズ・マーケットには直行せず、パブリック・マーケットのフード・コートへ。
IMG_1723_20130426064944.jpg


息子はここで焼き立てホヤホヤのハワイアン・ピザを。
IMG_1720.jpg

服を汚さないよう、慎重に食べております。



娘も同じ物を食べてるんだけど、ワイルドにバクバクと食い漁り中(この子は本当にイイ食いっぷりなのよ・・・)。
IMG_1726.jpg


アタシはタイ料理からチキン・カレーをチョイス。
IMG_1724.jpg

フードコートのご飯って、どう頑張っても美味しそうに撮れないわ・・・(-_-;)ゞ


こちら旦那のランチ二品の内の一つ、カラマリ。
IMG_1728.jpg

フードコート料理と侮るなかれ、これ凄く美味しかった!!

衣がサクサク、良い塩加減でスパイスも効いてて。

普通のギリシャ料理レストランで食べるカラマリと大差ない美味しさだったわ!



お腹が膨らんだ後は息子お目当てのキッズ・マーケットへ移動。
IMG_1740.jpg

ここで思う存分ゲームを楽しみ、



乗り物にも乗って、キッズ・マーケットをエンジョイした子供たちなのでした。
IMG_1744.jpg


いや~楽しかった。

帰路についてから思い出したんだけど、アクアバスに乗せても良かったわね。

ま、今度グランビル・アイランドに来る時の楽しみにとっときましょう。


2013.04.17 *Wed*

「真似はしない方が無難ですヨ」な玄米炊飯の「裏技」

娘を妊娠中に『妊娠糖尿病』になってから、食卓に上がるご飯を「白米」から「玄米」に切り替えた我が家。



んま~~~玄米って炊くのが面倒だわよね、ほんと!




アタシ、基本的に白米は「鍋炊き」をしてたんだけど、玄米に関しては前日の夜から水に浸けておかないと鍋炊きはかなり困難。

炊き上がりの目安も計りにくいものだから、玄米炊飯に関しては炊飯器にお世話になるようになりました。


そんな、現在、我が家で大活躍中の炊飯器がこちら。




           ↓
           ↓
           ↓
           ↓
           ↓



IMG_1788.jpg


約8年前に日本の両親から送られて来たものの、



使い始めて僅か半年で「蓋の留め具が壊れてしまった三合炊き炊飯器」でっす!


IMG_1787_20130501063235.jpg


留め具が壊れてるから蓋が閉まらないの~~~~(T▽T)

だから、ゴムバンドで留めて使ってるの~~~~~(T▽T)



なんでこんな炊飯器を未だに使ってるのか不思議に思われそうだけど、壊れたのは留め具部分だけで、あとは壊れてないから、蓋さえ閉まればちゃんと炊けるんだもの~。

まだ使えるのに、勿体無くて捨てられないわっ!



とまあ、そんな炊飯器ではありますが、玄米炊飯には大活躍してくれております。

この炊飯器、「玄米炊飯機能」はついてないんだけど、アタシが発見した「とある方法」と合わせて玄米を炊くと、


玄米を水に “一切” 浸たす事無く、ふっくら玄米を炊くことができるんですよ。


前夜から水に浸さなくていいし、炊く数時間前に水に浸す必要もなし。


そしてその「方法」は至って簡単。





炊飯器の「おかゆ機能」を使えばいいんですねー。




三合炊きの場合は



玄米・・・・カップ3杯
水・・・・カップ4杯
塩・・・少々



でOK。

全て入れるとこうなります。
IMG_1786.jpg


これを「白米設定」ではなく「おかゆ設定」で通常炊飯より少し長く炊飯し、炊き上がったら蓋は閉じたままで、今度は「白米設定」で再度炊飯。

我が家の炊飯器だとトータル1時間40分で炊き上がります。


そうして炊き上がった玄米がこちら。
IMG_1807.jpg

写真では分かりづらいんだけど、ふっくら炊き上がっております~。

4時から炊き始めれば5時40分には炊き上がるので、午後3時頃にいきなり「今日の晩御飯は和食にしよう!」と思いついても「あ~でも水に浸けてない!」とあせる事無く、晩御飯に間に合わせることができます。


でもこの方法、お勧めしたいのは山々なんだけど、我が家の炊飯器だから出来ることかもしれないのよね・・・汗。

挑戦してみたい方は、玄米を損しない程度の量でお試ししてみては如何でしょう^^;


2013.04.13 *Sat*

アメリカでコース修了祝い@Red Lobster

先日、2年に及んだコースを修了した旦那に「どのレストランでお祝いディナーしようか?」と尋ねたところ、




「『Red Lobster』でロブスターが食べたい」





なんて軽く言いやがったんですよ。


『Red Lobster』はアメリカのチェーン・レストランで、日本にも数店舗ありますわな。

アタシ達夫婦が3年半の新婚生活を送った愛知県にも 『Red Lobster 名古屋店』 があり、旦那が好きでよく脚を運んでたんですよ。


そんなワールド・ワイドなRed Lobsterなんですが、なんと






ブリッティッシュ・コロンビア州には一店舗もありません!!!






お隣のアルバータ州には5店舗もあるのに、BC州はゼロですよ、ゼロ。

BC州は太平洋に面しており、シーフード・レストランが多い事もRed LobsterがBC州で店舗展開しない理由かも。


前回、シアトルのウッドランド・パーク動物園に行った際も旦那はRed Lobsterに行きたがっていたんだけど、GPSが訳のわからない場所に道案内してくれて、結局行けなかったという過去もあり、


「今回はコース修了祝いも兼ねて、絶対に食べに行きたい!」と。





そんな訳で、





バンクーバーから最も近い店舗、アメリカはワシントン州リンウッドにある『Red Lobster リンウッド店』に向けて出掛けることになりました。


まさか、レストランひとつの為に国境越えをする事になるとは・・・・。



そうそう、今日は天気が変な一日で、アメリカ入国当初はこんなに綺麗な青空が広がっていたのに、
IMG_1633.jpg


十数分後には霧に見舞われ、
IMG_1644.jpg


その数分後には雪が積もっている箇所を走り、
IMG_1648.jpg


挙句の果てには豪雨に見舞われるという、春夏秋冬を1時間で体感したようなドライブでした。
IMG_1653.jpg


道中の町 Tulalip の高速道路で事故渋滞が起きたため、すぐ横の道路脇にあった 『Tulalip Resort Casino』 に入り、渋滞が緩和されるのを待つことに。
 IMG_1666_20130420152420.jpg

ここに着いた時はザンザン降りの通り雨で、しばらく車から出られなかったくらい。


そうして通り雨が過ぎた頃、ようやく外に出てカジノの前庭を散策してみることに。
IMG_1663.jpg

ここには人工池が幾つかあって、一つ目ではシャチの噴水、そして他には二つ上の写真の先住民族の像(デカイ!4mくらいある??)が。


シャチの前で息子とポーズ。
IMG_1668.jpg

今日はとにかく寒くって、真冬のジャケットを持ってきておいて良かった!




カジノの前庭を散策したあとは、そのほぼお隣にあるアウトドア・グッズ専門店 『Cabela's』 へ。
IMG_1697_20130420152514.jpg

ここは海・山のアウトドア・グッズやアウトドア・ウェア、狩猟グッズといったものが何でも揃っているお店。



店内にはプチ・水族館があり、子供たちはここに釘付け&大人は足止めを食らうハメに。
IMG_1685.jpg

水槽の上には白熊の剥製・・・。



娘なんて、ここから一歩も動こうとしなかったから、無理やり移動させたら号泣ですよ。
IMG_1681_20130420152420.jpg



狩猟グッズ専門店でもあるだけに、店内には野生動物の剥製がズラ~~~リ・・・。
IMG_1684.jpg

これはなんというか・・・・カナダでなら博物館とかじゃないと見ないようなレベルですよ。



バッファローの剥製とかもありました。
IMG_1688_20130420152419.jpg

彼らは全て「ハンティング」されて、ここにいるのかしら・・・・。



息子が「うお!!」っと驚いているのは、今にも木の上から飛び掛ってきそうなピューマの剥製。
IMG_1690.jpg

カナダでは「クーガー」と呼ばれ、アメリカでは「マウンテン・ライオン」とも呼ばれているらしい、この動物、





普通にカナダの山中に生息してるらしいんですわ。





スコーミッシュやウィスラーといった場所の山では「ハイキング中にうっかり遭遇♥」なんて事もあるらしい。


こんなんがフッツーに生息しているカナダの山中・・・・。
IMG_1691.jpg


怖くて、うっかり散歩も出来んわ!!!!



「怖い」といえば、このコーナーも怖い!!
IMG_1692_20130420152515.jpg

ライフルですよ、ライフル!!!!



アメリカのアウトドア・ショップやホームセンターでは、ライフルや拳銃がこんなに普通に売られてるんですよ!!!
IMG_1693.jpg

ブルブルブル・・・・恐ろしい・・・・。


日本同様に「銃刀法」があるカナダでは、一般人の銃の所持が禁止されているため、こんな光景をカナダで見る事は100%ありません。
IMG_1694_20130420152514.jpg

だけど、ちょっと国境を越えただけでこの光景・・・ほんとうにアメリカは怖くて住めないわ。



ですが、このお店、観て回るだけにはとても楽しいお店でした。

アウトドア好きの人には堪らないラインナップが揃ってると思うので、カナダの人たちにも是非お勧めしたいお店。



そしてようやく辿りついた『Red Lobster』!!

ここまで長かった・・・・!!!


旦那はここで、甲殻類尽くしの 『Ultimate Feast (US $24.99)』 を注文 。
IMG_1698.jpg

ロブスター、蟹、海老と、まさに甲殻類尽くし!!

ロブスターに飢えていた旦那は大満足。



子供たちはキッズ・メニューの『マカロニ&チーズ』。
IMG_1699_20130420152548.jpg

これ、思いっきり『KRAFT Dinner』(インスタント食品)のマカロニ&チーズだったわ・・・。

家では一切食卓に上がらないジャンク味なインスタントのマカロニ&チーズ。
(我が家のM&Cはソースから手作り&野菜がどっさり入っている)

子供たちはここぞとばかりにガッついて食べておりました。



アタシが注文したのは『Shrimp Linguini Alfredo (Half size US $12.25)』。
IMG_1700.jpg


「遠路はるばるやって来て、注文したのがパスタかよ・・・・」って写真を見て思うわあ・・・。

今改めてメニューを見てたら「あ~~、これにしとけば良かった!」って思うメニュー多し。


そうそう、旦那&アタシの料理にはサラダも付いてたんですが、これが何ていうか・・・




ショボイのよね・・・・。




カナダのちょっと高価なファミレス・チェーン 『White Spot』 でサーブされるサラダが実は強烈に美味しいんだけど、そのサラダに比べたら、その辺のファースト・フード店で出されるような代物みたいだな~、と。

とにかくシーフードに力が入っているのでその辺がおざなりなのかもしれないんだけど、サラダは頂けなかったわ。



そうそう、アタシ達が食事をしていた時、そこらじゅうのテーブルからバースデー・ソングが聞こえてきたんですよ。

ここは、この辺りに住むファミリーにとって「特別な日に来るレストラン」なのかも。

バンクーバーでいうところの 『The KEG』 みたいな存在なのかもしれませんな。



料理は美味しかったです(ショボいサラダ以外は)。


でも、いかんせん遠い!!


ここに来る為にわざわざ国境を越えるという事はもう無いと思うけど、シアトルに行く道中や帰り道とかでなら、また来たいなと思いました。


あ~~~帰り道が遠い・・・・・・面倒くさい・・・・。


2013.04.09 *Tue*

この日を二年、待ちわびた・・・!!


今日は4月9日!!!!





この日を、この日を、我が家は2年間待ち望んでいたのよ~~!!



暦上ではなんて事ない只の一日なんだけど、我が家にとっては本当に「待ちに待った日」。


今日はいったい「何の日」なのかというと、





旦那が大学で受講していた夜間2年コースが遂に修了する日





なんでございます!!!




ああ~~~~~嬉しいいい~~~~!!!!




思い返せば二年半前、旦那からこの2年コースを受けたい旨を知らされ



「2年間は長いかもしれない。

学費が掛かるから、財布の紐を今まで以上に締めないといけなくなるし、僕が学校に行っている間は、子供たちの世話を君一人にやらせないといけない。

だから、君に掛ける負担は確実に大きくなると思う。

それは、とても申し訳なく思っている。

でも、このコースが修了した暁には、確実に今より良い生活ができるようになる。

だから、僕と一緒に2年間を乗り切って欲しい。」




と言われ、旦那にGoサインを出したのが2年ちょい前。


旦那から前述した事を言われ覚悟はしていたものの・・・・



いや~キツかった。



ローン嫌いの夫婦なんで学生ローンを組まずに挑んだんだけど、大学から定期的に「学費振込みの時期でーす♥」というお知らせがくる度に



「ああ、今月も貯金がドカンと減っていく・・・・泣」




と、かなりブルーが入ったもんです。


買いたかった物も、かなりセーブして我慢したよなあ・・・。

日本にも帰らなかったし。



コース初日は息子の3歳の誕生日で、娘はまだ生後半年。

3歳の反抗期に入った息子と生後間もない娘を朝から晩まで世話するのは、当初はかなりキツかった。

でも慣れというのは便利なもので、コツというかポイントさえ押さえる事を覚え、なんとか一人で立ち回れるようになりました。


旦那は旦那で、昼間は通常通り仕事をし、仕事が終われば学校に行くという2重生活。

学校がない時は「これでもか!」というくらいアタシの手伝いや家族サービスに徹してくれた。

きっと、アタシなんかよりずっと大変だったに違いない。


そんな生活が2年続き、旦那もアタシも(子供達も)、この生活にすっかり慣れてしまったんだけど、




今日という日はやって来た。




もう「嬉しい」の一言に尽きる。


この日を待ち望んではいたのだけど、実はこの2年間、長いようでアタシ的にはあっという間だった。

本当に、旦那が大学にレジスターしたのがほんの数ヶ月前の事のように思えるくらい、あっという間だった。


コースが始まる前は



「ああ、これから長い長い2年間の始まり・・・・」



って落ち込んでたんだけど、過ぎてみれば本当にあっという間。


がむしゃらだったから、かもしれないけど。


最初は「2年ものコースを取らせるべきか、どうか・・・」と悩んだけど、事が済んでみれば「行ってもらって良かった」という気持ちのみ。


最後の講義から帰ってきた旦那から



「遂に終わったね。今日までの2年間、色々な面でサポートしてくれて有難う。

 日本に帰る費用も学費に充ててくれて、本当に感謝してる。」



と言われた時には、不覚にもポロリ。


いやいや旦那、あなたこそ、この2年間、仕事に勉学に、本当にお疲れ様。 

そして家族の為に頑張ってくれて有難う。



息子、甘えたい盛りに沢山我慢してくれて、本当に有難う。



娘、君は特に何も考えてなかったと思うんだけど、とりあえず有難う^^;



アタシ、よく頑張った!




とまあ、そんな訳で、我が家の長いようで短かった「2年の戦い(?)」が終わったのでした。

category : 日常

2013.04.05 *Fri*

血管外科クリニックでフォローアップ検診

本日は朝からバンクーバーの血管外科へ。

今回の受診は、5週間ほど前に受けた下肢静脈瘤手術の術後経過の確認のためです。


その経過なんですけどね、手術をして痛い思いをした割には





静脈瘤、完全には消えなかったんですよ。







「前よりはマシになったけど、まだまだ見える」って感じの状態。



そりゃ~もうガッカリですよ、ええ。



「無駄に痛い思いをして、無駄に脚に傷を作っただけだった」って事なんで。



そんなガッカリ感を、執刀医にやんわりと伝えつつ脚を見せると、





「うーん、やっぱり高位結紮(※1)だけじゃ駄目だったか。

 じゃあ硬化療法(※2)もやってみるかい?」



※1 静脈瘤の原因となっている血液の逆流を無くすため、逆流が起こっている静脈を取り出して高い位置で縛る方法。これだけで改善されるケースは少なく、硬化療法と併せて行われることが多い。

※2 硬化剤を注射した後、皮膚の上から圧迫し、血管の内側を接着させて患部の静脈を閉塞(へいそく)させる方法。治療後、問題箇所の静脈は体内組織に吸収されて消滅する。





との事で、結局、硬化療法も行う事になりました。





んが、





そこは「素早い予約が取れない」カナダ。





硬化療法の予約は2ヶ月後の6月ですってよ~(もう笑えるわ、ほんと)。





まあ、緊急を要する物ではないんでいいんだけどさ、それでも時間が掛かるよねえ、ほんと。


診察の後は、一階のカフェ・スペースでスナック・タイム。
IMG_1556_20130420152329.jpg

今日もお利口さんにしててくれて有難うよ、君たち。

category : 日常

2013.04.02 *Tue*

日常が戻ってきました。

春休みが終わり、とうとう本日から通常運転再開。

旦那は2週間ぶりに仕事に行き、息子も2週間ぶりのプリ・スクールへ。


アタシと娘はというと、


いつも通りに、え~・・・・まあ、ダラダラと・・・(-_-;)ゞ



しっかしまあ、今回の春休みは最高のお天気に恵まれましたよ。


一日も雨が降らなかったからね、一日も!!!


こんなの、今の時期のカナダ西海岸地方ではあり得ない事なんだけど、今年に限っては見事に快晴の日々が2週間続いてくれました。

それもあって春休み2週間は出ずっぱりだったのだけど、それに加えて一人だけ大忙しだったのが我が夫。


来週、夜間学校(これで修了!!)で発表するファイナル・プロジェクトの作成に日夜取り掛かり、

義父の新しいコンピューターの組立て、
IMG_1282_20130426164131.jpg

それに加えて息子用コンピューターも組立てたりと、なかなか忙しい2週間だった御様子。
IMG_1705.jpg

この息子専用コンピューター、今回で不要になった義父のお下がりPCケースに幾つかの手持ち部品を加えて作ったもの。

フラット・モニター&キーボードは旦那のお下がり、そしてマウスはアタシのお下がり。


「お下がり尽くし!」なこのPCではありますが、まだどれも状態が良いし、全体的に「黒&シルバー」で統一されていて、全てが「お下がり」とは思えないような仕上がりになったと思う。

っていうか、アタシのオンボロPCシステムより良い感じだわ・・・・。



これまでアタシのPCシステムを置いていた場所に息子の物を置いたので、アタシのPCは旦那のオフィス・ルームにお引越し~と相成りました。

「旦那と一つの部屋で机を並べてPCを使う」なんて事、付き合い始めてからも入れると約14年、一度もしか事がなかったので、なんだか変な感じ。

まあ、これも新鮮でいいかもね。

category : 日常

2013.04.01 *Mon*

イースター連休ダイジェスト

春休み中ではありますが、先週末から本日にかけ、カナダは『イースター(復活祭)』による4連休でした。

この4日間、我が家は何をしていたかというと、バンクーバー島から義両親がやって来ていたので




4日間ひたすら外出し、ひたすら外食をする日々





でございました。



一日三食の内、朝食以外がほぼ外食(義母が外食好き)で、そりゃ~もう身体に悪い4日間でしたわ(財布も痛い4日間だった・・・涙)。


そんな4日間の内、なんと2回も散歩に訪れたのが、ここ最近の我が家のお気に入りの公園「Garry Point Park (Steveston)」。
IMG_1515.jpg

連休初日に義両親を連れて来たところ、義母がすっかり気に入ってしまい、連休最終日の本日も義母のリクエストで再びやって来ました。

今日はランチ前の運動と称して、公園を海に沿ってグルリと散歩。


散歩途中では可愛いロビンや、
IMG_1522_20130415165449.jpg


ロケンロールなヘアスタイルをしたカモ、
IMG_1528.jpg


そして一瞬「作り物か?」と思うくらい微動だにしなかった亀を見ることができました。
IMG_1532_20130415165507.jpg


小一時間ほど歩いた後、海沿いにあるレストラン『Shady Island Sea Food Bar & Grill』にてランチ。

アタシが今回注文したのは『Chowder Bread Bowl 』という一品。
IMG_1533.jpg

このレストランの看板メニューである「クラム・チャウダー」が、器に見立てたバゲットのような食感の大きな丸いパンの中に入ってます。


これ、塩味がいい感じで、トマト風味もまろやかで、すごく美味しかった!


アタシ、これまではクラム・チャウダーといえば 『ロード・アイランド風(クリーム仕立て)』 の方が好みだったんだけど、『マンハッタン風(トマト仕立て)』 も美味しいね。


特にクラムチャウダーはアタシの中で「自分では作らない料理」のトップ5に入る一品なので、余計に美味しく感じたわ^^;




え?




なんで「自分で作らないのか」って?



そりゃ、あーた、アタシが




生貝をいじるのが苦手だから




でこざいますよ。


貝だけに限らず、魚介類全般の取り扱い(調理)が駄目。絶対、駄目。


魚は切り身になった状態ならOKなんだけど、頭が付いてたり、内臓が入ったままだと、もうアウト。

魚はもちろん、イカやタコを捌くなんて、もっての外!!!


貝もね、塩水に浸けて砂吐きさせてる時に水をピューピュー吹き出す様子を見てると・・・



「あの貝たち、呼吸してる・・・・・・・・」



って妙に恐ろしくなってきて、これも駄目(缶詰も見た目が苦手)。

(ちなみに、うちの姉はこの作業がかなり好きで、椅子に座って「貝の砂吐きの様子」を見ていると、時間が経つのを忘れるらしい。 なんて女だ!!)



とまあ、そんな理由で、我が家ではクラム・チャウダーは作らないんですよ、ええ。

食べるのは好きなのに、ほんと人間の嗜好って不思議だよね。


今日は潮風が冷たい日だったので、冷えた身体も熱々のクラム・チャウダーでポカポカになりました。



ランチの後は午後のフェリーで島に帰る義両親たちとお別れし、我が家も帰路へ。

その帰りの道中で寄ったコンビニで見た染井吉野。
IMG_1537_20130415165507.jpg


満開だ~~~♪
IMG_1535.jpg

バンクーバー地方はすっかり春になりましたな。


さーて今日で2週間強あった旦那の春休みも終わり。

明日からいつもの生活に戻ると思うと憂鬱だわ・・・。



きゃびの「つぶやいちゃうわよ!」

更新祭り開催中!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2013年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


プロフィール

きゃび

Author:きゃび
西日本の某県出身。1999年6月、日本にてドデカいカナダ人(旦那)に遭遇。その後何故か付き合う事となり、1年7ヶ月の交際を経て、2001年4月、日本にて結婚。転居先の愛知県にて三年半の新婚生活を送った後、2004年8月、移民権取得と同時にカナダ・バンクーバーに移住。2008年5月、第一子となる息子誕生。2008年12月にバンクーバー郊外の某市にお引越し。2010年11月、第二子となる娘誕生。2011年7月、愛猫二匹のうちの一匹だった愛猫“うらら”が天に昇りました。それから一年半後の2012年12月新たに雌猫のセリーナを我が家に迎え入れました。現在、旦那・息子・娘・愛猫ティファ&セリーナと共に「笑い大いにアリ、涙たま~~~にアリ、大噴火けっこうアリ」の、お気楽主婦生活を送っています。

我が家の息子、今いくつ?

2008年5月10日生まれ

我が家の娘、今いくつ?

2010年11月10日生まれ

最新記事

最新のコメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

Locations of visitors to this page

Copyright © Cabbit in Canada All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。