08
2
3
5
7
9
11
12
15
18
19
20
21
23
26
27
28
29
31
<< >>

This Archive : 2013年08月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.08.30 *Fri*

カジノでストレス発散ランチ!

夏休み最後の週末、友人と一緒にランチに行ってきた。

場所は、一昨年の冬以来になる River Rock Casino のバッフェ・レストラン。


いやー今回も食べた、食べた!
IMG_3168.jpg


これは一皿目で、これプラス2皿&デザート皿を平らげてやったわ!!


ただでさえストレスが溜まり易い海外生活。

今日は沢山食べて、沢山喋って、沢山笑って、最高のストレス発散になった^^


本日付き合ってくれたお友達、そして妻のストレス発散の為に今日一日子供達の世話をしてくれた旦那陣に感謝☆
スポンサーサイト

2013.08.25 *Sun*

行きたくないよー(涙) Quarry Rock でハイキング!

本日は、朝からノース・バンクーバーにある小さな町「ディープ・コーブ」に来ております。

IMG_3122.jpg


ディープ・コーブにやって来たのはいいのだけど、まあビックリ!!



小さな町に車・車・車、人・人・人!!!


交通整備の人もいたほどの混みよう!!




ディープ・コーブはノース・バンでは有名な観光地なので、週末には割と沢山の観光客が集まるんだけど、ここまで人で溢れてるのを見たのは初めてですよ。


それもそのはず、今日は 『Deep Cove Daze』 という「地域祭り」の日だったらしく、アタシ達は運悪く激混みの日にやって来てしまったのでした・・・。

駐車場所も全く見つからず、結局メイン・ストリートからかなり外れた小学校の駐車場に車を止め、10分ほど歩く羽目に。


お祭り会場では沢山の露店が立ち並び、海に続く入り江では、ダンボールで作ったボートのレースが行われてました。
IMG_3125.jpg


そういう光景を横目で眺めつつ、アタシ達は会場に留まることなく、本日の『真の目的地』へ。



本日の『真の目的地』とは・・・・・・




『Quarry Rock ハイキング・コース』でございます!!





「Quarry Rock」とは、入り江を囲うようにある山の中腹地点にある巨岩で、今いるディープ・コーブのお祭り会場からも一部が見えます。
IMG_3129.jpg

今いるこの地点から、あそこまで歩いていくんですよ・・・皆さん・・・・。


「Quarry Rockハイキング・コース」は、ハイキング・コースとしては「ビギナーレベル」に分類されるらしんですが、侮るなかれ。


このコースは泣く子も黙るどころか、





泣く子が更に大泣きするようなハイキング・コースなんですよ!!!





長い急斜面の上り坂と下り坂が延々と繰り返される上に、しかもコースは殆ど整備されておらず、大小の岩だらけ。

所々で木造の階段や橋が現れるけど、これまた急勾配の階段なのでちっとも足休めにならない。

そんな状態が、1時間近く続く・・・・。




前回ここでハイキングをしたアタシ、真剣に



ダウン寸前になったんですよ。




なんせ、そのハイキングをした当日というのが、





新婚旅行でカナダに降り立った、まさにその日だったのでね!!





カナダに着いてまだ数時間、時差ぼけでフラフラだったアタシ。

なのに旦那が「どうしても見せたい風景がある。簡単に行ける場所だから」と言って、無理やりQuarry Rockハイキングに連れ出されてしまったのよ・・・・・・悔涙

「簡単」という言葉を信じてハイキングに来たのはいいけど、「簡単」どころか、前述した通り「かなりハード」なコースだったものだから、岩に辿りつく頃にはもう時差ぼけも手伝って疲労困憊で立ち上がれず。


新婚だったけど、この時は



真剣に離婚を考えたわよ、アタシは。




ええ、ええ、激怒しましたよ、旦那には。



「長時間フライトの直後に連れてくる場所じゃねーだろ!」



とね。


極度の疲労と怒りで、その時の大岩からの景色なんて殆ど覚えていないほど。

それ以来、我が家では「Quarry Rock」という言葉がタブーになり、12年間、Quarry Rockに足を向ける事は一切なかった。


なのに何故、本日ここに来ているのかというと・・・・


先日、旦那から



「Quarry Rockからの景色を子供達にも見せたい。僕は12年我慢したし、そろそろ解禁にして貰えないだろうか?」



とお願いされたから。


「あんな酷いハイキング・コース、5歳と2歳の子供に出来るわけないでしょうが!」と反論したんだけど、


「あの子達はかなりハイキング慣れしてるから、普通の子よりは持久力があると思う。もちろん、子供達が疲れたら僕が彼らを担ぐ。だからお願い!!」


と頼み込まれ、「子供達が疲れたら、絶対に無理に歩かせずに彼らを担ぐ事」を条件に、今回Quarry Rockハイキングに挑む事になったわけです。


まあ「今回子供達を連れて行けば旦那の気も済んで、当分『Quarry Rockに行こう』なんて言わなくなるだろう」というのも見越しての許可なんだけど。


とまあ前置きが長くなってしまいましたが、やって来ましたよ、12年ぶりの『Quarry Rock』 ハイキング・コースに。
IMG_3132_201310121644251b7.jpg

相も変わらず、酷い悪路・・・・・。

しかも、かなりの急斜面・・・・。

(いくら旦那がしつこかったからとは言え、こんなハイキング・コースに子供達を連れてきた事をかなり後悔・・・・・。)


こんな悪路のUP-DOWNコースが延々(3.8km)と続きます。
q_rock.jpg


12年前の記憶と同様、かなりハードなコース。

時差ぼけ状態でない今でもキツイ。


なのに子供達、アタシの想像以上に頑張って歩いていて驚いた!!


勿論、10分に一回位の割合で「疲れた」というので、その都度、旦那とアタシが10分ほど彼らを担いで歩いたんだけど、それでも5歳&2歳でここまで歩くのは立派。

やっぱり、普段のハイキングが功を奏しているのかも。


時々こんな木造の階段が現れます。
IMG_3149.jpg

でも階段自体の距離が長いので、かなり疲れる。



そうしてスタートから丁度一時間、遂に Quarry Rockに到着!!
IMG_3133.jpg


子供達、よくやった!!!



お祭り会場から遠くに見えるQuarry Rockの写真を撮ったのはあの辺り。
IMG_3140_201309101452440cd.jpg

あそこからここまで歩いてきたなんて、信じられん・・・・・汗



これが、Quarry Rock から見えるインディアン・アーム(入り江)の景色。IMG_3144_stitch.jpg


この景色を子供達に見せる事が出来て、大満足の旦那。


でも子供達は景色を見るよりもグラノーラ・バーを食べる事に夢中なんだけどね・・・・^^;
IMG_3137_2013091014524574c.jpg


岩の上で一休み。
IMG_3147.jpg

大岩の上で30分ほど休憩し、ウンザリしつつも元来た道を戻ることに。

下山中は沢山の登山客とすれ違ったんだけど、その中でも小さな子供を連れた人々のほぼ100%の人達が我が家の子達を見て


「ほら、あの子達を見てみなさい。お前とそんなに歳が違わなそうなのに、もう岩まで行ってきて引き返して来てるじゃないか。だからお前も頑張って登ろう!」


と自分の子供達に激を飛ばしてたんだけど・・・・・いや、子供達にはキツイわよ、ここは・・・。

大人のアタシでもキツイんだから。

うちの子達も、あと5年はここには登らせません、はい。



そうしてスタート地点に辿り着いたのは、Quarry Rockを離れた50分後。

通常の登山であれば、行きに時間が掛かり、帰りは下り坂で大幅に時間が短縮されるものなんだけど、ここのハイキング・コースに関しては、行きからわずか10分間短縮されたのみ。

これで如何にこのハイキング・コースが「UP-DOWNの連続コース」であるかを、お分かり頂けるのではないか、と。



行きも辛く、帰りも辛い。

もしもここに帰り専用のゴンドラがあって、料金が100ドルだとしら、100ドル払ってでもゴンドラに乗って下山する。

こんな場所、もう真剣に御免だわ!!



旦那にそう言ったら、旦那から意外な言葉が。


「今回は、僕にとってもかなりハードだった・・・。子供達を担いでいた事もあるんだろうし、20代の頃に挑戦した“グラウス・グラインド”ほどではないけど 『ここって、こんなにしんどいコースだったっけ?』 って、道中何度も思ったよ。だから僕も、ここはもう当分いいや。」


だって。


だから前から何回も言ってるじゃん。





酷いコースだ、って!!(怒)





当分、じゃなくて、アタシはもう二度と行かなくていいです、はい。




下山後はもうヘトへトで、「糖分!糖分!」と糖分を求め、アタシ&子供達はスムージーを飲みながらベンチに座って「旦那待ち」。
IMG_3157_2013091014525884b.jpg
(登山中、色々あって娘は2回も着替える羽目に。着替え沢山持ってきててヨカッタ)



旦那ですか?



旦那にはここから10分離れた駐車場まで、車を取りに行ってもらいました。


「アタシ達はもう一歩たりとも歩けない! ここに来るって言った言いだしっぺのアンタが車を持ってきてよ!」と。


まあ自分でも鬼嫁発言だと思うんだけど、これも(旦那に)強要された登山による極度の疲労から来るわけで・・・・。


前回といい、今回といい、Quarry Rock に来る度に怒っているアタシ。

とことん、こことは相性が悪いんだわ、きっと。


「子供達が大きくなったら、今度はアタシ抜きでまた挑戦してちょうだい」と、帰りの車中で旦那に告げたアタシなのでした。

category : 日常

2013.08.24 *Sat*

久しぶりにタイ料理

本日は所要があってバンクーバーへ。

用事が済んだ頃にお昼になったので、我が家のお気に入りのタイ料理レストラン『Papaya Hut Restaurant』でランチ。


ここは安くて美味しいのにボリュームも満点!!

こちらは旦那の『Combination for One; Chicken with Peanut Sauce ($11.95)』
IMG1382.jpg

旦那は甘いピーナッツ・ソースが大好きなので、ほぼ毎回これを頼むかも。

下に敷いてる野菜と一緒に食べると更に美味しい☆


こちらはアタシが注文した『Combination for One; Chicken with Yellow Curry ($11.95)』
IMG1381.jpg

大きな野菜とチキンがゴロゴロ入った食べ応え満点のカレー。

辛いのが苦手なアタシでも食べられるマイルドな辛さのカレーで、甘味もあって美味しいのよ~。

思い出した頃に食べたくなる味です。


我が家でもタイ風カレーはよく作るんだけど、何故かグリーン・カレーなのよね。

次回はイエロー・カレーに挑戦してみよう。



子供達は『Chicken Fried Noodle($7.50)』『Chicken with Pineapple Fried Rice($7.50)』 を半分ずつ。

チキン焼きソバは凄く美味しかったんだけど、今回初挑戦した「パイナップル炒飯」がアタシ的には残念ながらイマイチ。

日本の「ケチャップ・ライス」みたいな感じで、ケチャップが好きではないアタシの口には合わず。

中国風パイナップル炒飯はパラリとしていて好きなんだけどね。




最近、娘も一人で綺麗に食べるようになり、あまり手が掛からないようになってきました。

レストランとかでも写真が撮れる余裕が出てきたので、これからまたちょくちょく “今後の我が家の食卓の参考” のために「お外でメシール」記事をUPしていけたらいいなと思っております。



まあ、あくまで自己満足の世界なんだけど・・・・(-_-;)ゞ


2013.08.22 *Thu*

『PNE』 初体験!

今年の夏は「お初尽くし」のアタクシ。

本日も「お初」でございます。


今回は


「カナダ生活9年目なのに今回が初体験シリーズ 第3弾」



と銘打ってお送りしますよー。



そんな訳で今回やって来たのは『PNE』でございます!!




●『PNE』 とは●

バンクーバー市内の遊園地 『Play Land』 に隣接した広大なヘイスティングス・パークで毎年8月半ばから9月頭に掛けて開催される『Pacific National Exhibition』の通称。

直訳すると『太平洋博覧会』になるんですが、これは初開催当事(1910年!)の開催内容が “商業博覧会” であったためで、現在は “博覧会” というより “サマー・イベント” に近い内容となっています。






本日は仲良しの義姉も一緒でーす☆

PNE入場券はPlay Land入場券も兼ねているので、まずは先日旦那とデートでやって来たPlay Landで子供達を思いっきり遊ばせる事に。
IMG_3106.jpg

開園時にやって来たので、人も(多いけど)まだマダラ。

なので長時間並ぶことなく、スイスイと乗り物に乗れた♪



息子&娘、人生初の(子供向け)ジェット・コースター初体験!
pne.jpg


麻袋に入って滑るだけのシンプルな滑り台なんだけど、息子はコレにハマって何度も滑ってました。
pne_1.jpg


今回、アタシは乗り物には殆ど乗らず、カメラマンに徹する事に。
IMG_3111.jpg


あーーー、アタシの子供達があんなに遠くにぃーーーーー。
IMG_3112.jpg


後はメリーゴーランドとか、
pne_5.jpg


こんなのとか、
IMG_3118.jpg


旦那がギュウギュウに詰まったこんなのとか、
pne_4.jpg


ハンドル捌きによっては「絶叫マシーン」にもなるこんなのとかに乗って子供達は大喜び。
IMG1374.jpg

他にも沢山乗ったんだけど、カメラのバッテリーが切れている事に入場時に気付き、携帯カメラで撮っていたのであまり良い写真が撮れず・・・。

もっと綺麗に写真が撮れる携帯が欲しいよー。



遊園地でひとしきり遊んだ後は屋外ステージでバイクやチア・リーディングのパフォーマンスを見たりしました。
IMG1375.jpg


この時点でお昼になったので屋台通りにランチを買いに行ったんだけど、まあこの人混み!
IMG_3120_201309101708127d4.jpg

もう人酔いしそうになったわ。



ランチの後はパーク内の『家畜厩屋』に移動し、子供達がファーム体験。
IMG1378.jpg

「羊毛刈り」「果物狩り」「魚釣り」「鶏卵収穫」「乳絞り」「野菜の収穫」といった事の疑似体験が出来るコーナーでした。


仔牛にボトルでミルクをあげるコーナーも。
pne_2.jpg


娘も挑戦。
pne_3.jpg

この時は「可愛いー♪」と思ってたんだけど、ふと後ろを振り返ったら、一頭の乳牛が座れない状態で柵に繋がれており、乳房には搾乳機が・・・・。

写真のボトルに入ってるミルクはこの乳牛から採ったものでした。

牛乳なんだから牛から搾乳するのは当たり前なんだけど、この「がんじがらめで座れない状態の姿」を見たら、凄く申し訳ない気持ちになってしまったアタシなのでした・・・。



家畜厩屋を出たら、ファーマーズ体験をした記念にアイスクリームがもらえたので、子供達はその場でむしゃむしゃ。

家畜厩屋の出口にあった記念写真用看板。
IMG1379.jpg

こういうのを見ると、ついついやってしまう父&息子なのでした。


この後で子供達が凄く楽しみにしていた『スーパー・ドッグ・ショー』を観たんだけど、性能の悪い携帯カメラだったので、マシな写真が一枚も撮れず・・・涙。

次回からはカメラのバッテリー確認を怠らないよう気をつけるわ!


そうそう、


ドッグ・ショーの後で外のブースをぶらぶらしていたら、なんと、



家畜小屋から脱走してきた裸馬に遭遇しちゃったの、アタシ!



なーんか後ろで「パッパカ、パッパカ」と馬の蹄みたいな音がするなーと思って振り向いたら、




ほんとに真後ろに裸馬が居ちゃったりして★




もう驚きを通り越して、目が点になったわ!



すぐに我に返って「子供達、子供達を遠ざけなきゃ!!」と思っていた所で飼育係りが即効で登場したんだけど、この人が馬のお尻をいきなり掴んだものだから、馬がビックリして「ヒヒヒーーーン!!」と嘶いて後ろ立ち!!!

馬が振り返った先にいたカップルの男性をその勢いでなぎ倒し、馬はそのまま逃走・・・・という光景を目の前で見てしまったんですよ。

現場は騒然となって、アタシも暫く絶句してしまった(ちなみに男性は怪我は負ったものの無事でした)。

家に帰ったらTVでもニュースになってたわ。



とまあこんな感じで初めてのPNEでエライ展開になってしまったんだけど、それを除けば、とても楽しめたイベントでした。

来年も行くでしょうな、きっと。

category : 日常

2013.08.17 *Sat*

旦那の誕生日

今日は旦那の41歳の誕生日!

ランチは旦那のリクエストで義両親&義姉と共にチャイニーズ・レストランで飲茶。


そして結局、アタシからのカード&お手製バースデー・ケーキは無し。

「やらなくちゃ」とは思ってたんだけどね、忙しさにかまけてとうとうやらず仕舞い。



「ゴメンね、ハニー・・・・」



と一応しおらしく謝ったんだけど、当の本人は



「え? このタブレット(プレゼント)だけで滅茶苦茶ハッピーなんで、別にカードとか要らないよ^^」



とプレゼントだけでご満悦な様子(なフリをしてるだけなのかもしれないけど)。


ケーキは本人が選んだ市販の物を今年のバースデー・ケーキにする事に。
IMG_3103.jpg


このケーキ、「Save on Foods」っていうスーパーのベーカリーで売ってるチョコレート・ムース・ケーキなんだけど、侮るなかれ、美味かった!

このスーパーで売ってるケーキって、実はどれも美味しかったりする。


「じゃあ、来年もここで・・・」なーーんて思っちゃうんだけど、来年はちゃんと作りますよ、ちゃんと!


旦那ちゃん、お誕生日おめでとう!!


2013.08.16 *Fri*

お久しぶり~のバンクーバー水族館

明日の旦那の誕生日を祝うため、義両親がバンクーバー島からやって来ております。

義両親が来ている時は毎回どこかへ一緒に出掛ける事にしているんだけど、今回はお久しぶりのバンクーバー水族館にやって来ました。
IMG_3062_20130910145213cb8.jpg

バンクーバー水族館にはもう数え切れないほど来ているので、写真を撮る枚数もごく僅か。


でも何故か「ここ」では毎回撮ってしまうという・・・・^^;
IMG_3066.jpg

今回は二手(アタシと娘が同チーム)に分かれて行動していたので息子の写真がない!

まあ、ここには何度も来ているからいいか。


息子の代わりに、特に気になったわけでもないタツノオトシゴの写真や
IMG_3076_2013091014521690e.jpg


「何度見ても可愛いぜ・・・」と思ってしまうラッコの写真を撮ったりしてました。
IMG_3082.jpg


明日は旦那の誕生日・・・・なのに、ケーキもカードも用意してない!

あーどうしようかなー。

誕生日プレゼント(旦那リクエストのタブレット)は既に前渡ししてあるので、それでチャラにしてもらえば良いかなー。


category : 日常

2013.08.14 *Wed*

お初! バンクーバーの遊園地「Play Land」

カナダ生活9年目に突入した今年の夏。


前回の『キャピラノ吊り橋』に引き続き、今回は


「カナダ生活9年目なのに今回が初体験シリーズ 第2弾」


と銘打ってお送りいたします。



今回の初体験はこちら!




バンクーバーの遊園地『Play Land』でございまーす。

IMG1363.jpg


今回はなんと夫婦二人きり!!

子供が二人いる結婚12年目の夫婦が今更『遊園地デート』だなんて、ちょっとこっぱずかしい・・・・汗


バンクーバー育ちの旦那は子供の頃から何度も来ている遊園地だけど、アタシは今回が初めて。

これまでも来ようと思えばいつでも来れたのに、計画を立てる度に諸事情が生じ、来る事が出来なかったのよね・・・。


その諸事情とはズバリ、



「妊娠」



でございます。(キャッ☆)


2007年の夏に行く計画があったんだけど、「一応“子作り中”だし、絶叫マシンとかもあるから、念のために妊娠チェックを・・・」と思って検査薬でチェックしたら・・・・



御懐妊~~~♪



という訳で、息子を妊娠した事が判明したため、この時は遊園地をパスする事に。


2008年の夏は産後間もなかった為パス。


2009年の夏は旅行とかで忙しかったため遊園地の事はちっとも頭になく、2010年の春先に「今年は行ってみようか」と話していたところで、今度は娘を妊娠している事が判明!


そんな訳で、我が家では




「Play Land に行く計画を立てたら妊娠する」




というジンクス(?)が生まれたのでした。


まあ、それ以後は子供達が遊園地を楽しむにはまだ小さ過ぎた事もあり、足が向く事もなかったわけです。






息子は今年で5歳、娘はもう少しで3歳になり、遊園地が楽しめる年齢になりました。


「じゃあ、今年は家族でPlay Landデビューだわね!!」


と言っていたら、義姉が



「その前に、まずは夫婦二人で行って来れば? 子供達は見ておいてあげるし、あの子達はPNEが始まってからPlay Landに行った方が楽しめると思うわ。」




という有難~~い一言を言ってくれて、今回の『夫婦水入らずで遊園地デート』が実現したわけです。


天気は生憎の曇り空だったけど、カンカン照りよりはコレ位のほうがいいかも。
IMG1360.jpg

上の写真に写ってる木造コースター、回転とかしないんだけど凄く面白かった!!

基本の骨組みが全て木製で、しかも50年以上前の建造物なので、それを考えただけでもスリル万点!

その辺の新しいジェット・コースターよりも面白かったわ(3回乗った)。




そうそう、




ここには「絶叫マシン好き」のこのアタシを、恐怖の底に叩き落した乗り物があります。
IMG1357.jpg

上の写真の左端に写っている黄色と紫の乗り物 『Atmosfear』 がそれ。


2011年に設置された比較的新しい乗り物で、要はどこの遊園地にもある『回転ブランコ(二枚目の写真にも写っている)』と同系統なんだけども、これは






高さが半端ない!!!






遠目から見るとこんな状態に。
atsfr.jpg (写真はPlay LandHPより)

少しずつ高度を上げていくんだけど、時速70kmで回転しながら高度MAX(66.5m)になった時の恐怖といったら、あなた!!!


『Atmosfear』を体験している動画がUPされていたので、どんな風になるのか是非見て頂きたい。



「ブランコ」なので勿論、足元には何もなく、自分の命を繋いでいるのはわずか4本の細いチェーンのみ・・・。


高所恐怖症のアタシは終始


「きゃあああああああああああ!

止めてーーーーーー!!!(号泣)」

と叫びっぱなし!!

この様子に最初は爆笑していた旦那も、アタシが涙を流して叫ぶ姿に「ヤバイ、これマジで怖がってるわ」と気付き、途中からは「大丈夫!もうすぐ終わるから!ほら、スピードが落ちてきた!」と焦りモードになったという・・・。



遊園地の乗り物に乗って、初めて泣いたわ・・・・恥

あんなの、乗らなきゃ良かった・・・・。



今回は携帯しか持って行かなかったんで写真が余りないんだけど、殆どの乗り物は制覇しました。

途中、「ビーチ・パーティー」という乗り物に乗った際、旦那が乗り物酔いをしてしまったんだけど、30分ほど休んだら復活。

合わせて5時間近くも遊園地で遊びまくってしまったわけなんだけど、夫婦二人で遊園地に行くなんて、10年以上前に行った伊勢志摩の『パルケ・エスパーニャ』以来だったので、凄く楽しかった・・・!


今回もキッズ・シッターをしてくれたお義姉さんに、本当に感謝。 大感謝です!!




義姉宅から子供達をピックアップした後は、晩御飯を食べにファミリー・レストランの『Whitespot』へ。

今日は『アダルト・パイレーツ・パック・デー』で、通常は子供しかオーダーできないパイレーツ・パック(お子様ランチのようなもの)を、本日に限り大人もオーダーできます。
IMG1369.jpg

この収益の一部はチャリティーに寄付されるので、沢山の大人たちがパイレーツ・パックをオーダーしてました。

旦那も注文してたんだけど、アタシは通常メニュー・・・・^^;

来年はちゃんとオーダーします、はい。


とまあ、こんな感じで「Play Land 初体験」な一日は終わったのでした。

category : 日常

2013.08.13 *Tue*

なんじゃ、こりゃああああ!?

本日、5日ぶりに部屋に掃除機をかけていたら、ソファーの下がとんでもない事になってるのに気付いた!!



これなんだけど。
IMG_3049.jpg


壁のモールディングの隙間から、ビックリする量の砂が入り込んでるではないの!!


ソファーの下に押し込んでたプレイマットの上にも散乱する程の砂の量。


「なんだってこんな事に??」


と思ったものの、その直後に犯人判明。




3日ほど前から部屋の中で頻繁に見かけるようになった




羽蟻(キイロシリアゲアリの羽有り版)です。





どうもこの壁の裏に巣を作ったらしく、室内まで通路を開通させて羽蟻がガンガン室内に入り込んで来る様になっていた様子。

捕っても捕っても湧いてくるように出現するので「入り口を見つけなくては」とは思ってたんだけど、まさかソファーの下だったとは。

早速、大家さんに電話して、近々害虫駆除の人達に来てもらう事になりました。



そういえば去年の今頃、煙突を伝って暖炉から進入してきた蜂の大群にも悩まされたっけ。



蜂に蟻・・・・・この家、虫だらけなんじゃないの???



上の住人とも最悪の状態だし、本気で引っ越したい!!

でも条件に合う場所がない!!




あ~~、どこかに良い場所、ないかしら・・・・涙


category : 日常

2013.08.10 *Sat*

久々、子供達の成長記録

久々に我が家の子供達の成長記録。


同じ月誕生日の我が家の子供達、息子は今日で5歳3ヶ月、娘は2歳9ヶ月になりました。


息子は今年でプリスクールを卒業し、9月からキンダー(幼稚園)に入ります。

最近はボキャブラリーやグラマーの発達が著しく、アタシが知らない単語や言い回しを多々使って旦那と会話しており、母は冷や汗タラタラ状態・・・っていうか、アタシの英語レベル、絶対に息子に追い超されたと思う・・・・汗


そんな息子が現在ハマっているのがコレ。
IMG_3033.jpg

『マインクラフト(Minecraft)』という自分で仮想世界を作るゲーム。

旦那が遊び方を教えた途端ハマってしまい、放っておくと何時間でもプレイしてしまうので、現在「PCゲームは一日30分のみ」と制限中。

まあ一日の決め事や言いつけはちゃんと守った上での事なので、一日30分であればいいかな、と思ってます。

そして30分のマインクラフト・タイムが終わった後は、LEGOを使ってマインクラフトの世界を再現して遊んでおります。

この辺は母に似て、凝り性というかなんというか・・・^^;


来月からはいよいよキンダー!

さてさて、どうなる事やら。





お次は娘。

もうすぐ3歳になる女の子ですが、相も変わらず箱を被って「ロボットごっこ」をしております。
IMG_2591.jpg

最近は「女医ごっこ」も好きで、アタシはもっぱら患者役・・・^^;



 「はい、お口をアーンって開けてくだしゃい!」


アタシ 「アーン」


 「もっと大きくでしょ!」


アタシ 「アーーーーーーーン!!」


 「ふむふむ・・・・・わかった! マミーの病気はね・・・・腹イタでしゅ!!(ドヤ顔)」


アタシ 「・・・・・・(口の中を見て腹痛がわかるのか・・・・???)」





 「では、お次は耳を見せてくだしゃい!」


アタシ 「はい、どーぞ」


 「ふむふむ・・・た、大変でしゅ! マミーの耳の中・・・クモの巣が沢山張ってましゅ!


アタシ 「はいーーーーーーー!!??」



とまあこんな感じに娘の「女医ごっこ」には毎回笑わせてもらっております。

なんとなく「アタシ路線」になりそうな娘、将来、父親(旦那)のような懐の深い男性に回り逢えますように。



そうそう、娘は相変わらず「マミーっ子」で、何をするにも「マミーじゃないと駄目!」と言って旦那を困らせています。

息子は断乳した途端にダディっ子になったけど、娘は今もマミーっ子のまま。

妹が出来た事でしっかり「お兄ちゃん」になってきた息子と違い、娘はまだまだ赤ちゃんっぽい部分が残った甘えん坊。

娘も9月から週三日でプリスクール(保育園)に通う事になるんだけど、心配で仕方がない・・・・(-_-;)

まあ、なるようにしかならんというか、なんとかなるでしょう。(もうテケトーよ、テケトー)



動物が大好きな娘。
IMG_3041_20130910145150e68.jpg

今日も我が家の愛猫ティー子&セリーナは娘に触りまくられるのでした。


2013.08.08 *Thu*

近所でベリー・ピッキング

夏真っ盛り。



畑の野菜も育ち盛り。



近所の高校の裏に生ってるブラック・ベリーも育ち盛り!!





ってなワケで、夏休み中で生徒達がいないのをいい事に、その学校の裏庭でベリー・ピッキングして来ましたわ。
IMG_3004.jpg

ブラック・ベリーのツタはバラ並みに刺だらけなので表面部分の実しか採れないのと、鳥たちが食べる分も残しつつ遠慮がちに採取したので「バケツ一杯採取!」って事はナシ。

でも、結構採れたような気がする。

サンドイッチ・バッグ4袋分になりました。


これでスムージーを作ったんだけど美味しかったー!


ああ~夏の恵みの味☆

category : 日常

2013.08.06 *Tue*

『キャピラノ吊り橋』 初体験☆

本日も快晴。

それにしても、今年のバンクーバー地方の晴れ続きは留まるところを知りません。



雨が降る時は1ヶ月間降り続き、晴れる時は1ヶ月間晴れ続ける・・・。

両極端な事しか出来ず、中間な事が出来ない。



高倉健みたいに不器用な天候の性質を持つカナダ西海岸地方なのであります・・・・。



そんな晴れ日の本日、



我が家はキャピラノ渓谷にある『キャピラノ吊り橋(Capilano Suspension Bridge)』にやって参りました!
c_s_b.jpg
(写真はCapilano Suspension Bridge HPより)


今年でカナダ生活9年目に突入したアタシ、にもかかわらず、ここにやって来るのは今回が初めて。



だって、だって、この吊り橋、




「有料の吊り橋」なんだものーーー。




大人一人の料金が税込みで36.70ドルもすんの!(日本円で約3700円ほど)



たかが「吊り橋」を渡るのに、3700円も払いたいと思います!?



アタシはそうは思わなかったので、これまでずっと「ざけんな! この橋だけは無しだな!」と決め込んで、9年間一歩も足を踏み入れなかったわけです。






んが





子供が生まれると、事情も変わってきちゃうのよね・・・・^^;





周囲から


「あそこは凄くいい! 吊り橋以外にも色々あって、子供達が凄く楽しめるよ!」


なーんてポジティブな意見を聞かされると、


「え、そ・・・そうなの?? じゃ、じゃあ行ってみようかな・・・」


と、小心者で流され易いアタシは思ってしまったわけです。





そんな訳で、






カナダ生活9年目にして遂にやって来ました「キャピラノ吊り橋公園」へ!

IMG_2926_20130910145102f09.jpg


入場料を払うまで知らなかったんだけど、BC州民であれば今回の入場料で1年間無料で公園に入園できる会員証が貰えるんだそう。

とりあえず体験してみて、良いようなら一年会員になってみるかな。



「じゃあ、早速吊り橋へ!!」


と思ったんだけど、今は夏休み中。

世界中から来た観光客で吊り橋を渡るのも30分待ち!


そんな訳で吊り橋渡りは後回しにし、すぐ横にある2年ほど前に出来た「クリフ・ウォーク」を先に体験する事に。
IMG_2938.jpg

この「クリフ・ウォーク」はですね、花崗岩の断崖絶壁に打ち込まれた16本の杭のみを支えにして作られた「空中遊歩道」なんですよ! 


高い!!


断崖絶壁!!


怖いーー!





2011年にオープンしたばかりの施設で、全長213m、 高さはなんと91m(吊り橋の70mよりも高い)!
capilano.jpg

まさに「空中散歩」さながらの迫力で、高所恐怖症の人には激しくお薦めしません・・・(アタシは軽い高所恐怖症なので生きた心地がしなかった・・・)。

右手には花崗岩の断崖、左手には海洋性温帯雨林の景色を見渡せます。


そうそう、このクリフ・ウォークの入り口に居た公園スタッフの男性が、






超絶イケメン君で・・・・・・






俳優のクリス・ヘムズワースをもっと若くして、もっと線を細くして、もっとハンサムにした感じ(←っていうか、この時点でもう別人になるのでは・・・?)。

アタシ、基本的には金髪碧眼の男性は好みじゃないんだけど、この人はカッコ良かった!!!

「あの人にまた会うために年会員になるわ、アタシ」と旦那に言ったら「夏の間だけのバイト君だと思うけど、いんじゃない?」と軽くあしらわれましとさ。



とイケメンにメロメロ~ンになりつつ、本日の目玉、吊り橋に挑戦でございます!
IMG_2928.jpg

橋の上は人でギッシリ・・・・。



「この橋って、耐久性は何キロまでなの????」




とビビりつつ、吊り橋渡りスタート!
IMG_2976_20130910145121eb4.jpg


この吊り橋がキャピラノ川上空に架けられたのは、今から124年前の1889年。

川からの高さ70m、全長は137m。

近くにある無料の吊り橋「リン・キャニオン吊り橋」よりも横幅があり、歩き易いかも。

でも感覚的にはリン・キャニオンのそれと大して変わらないかな???



吊り橋からは、キャピラノ川が見渡せます。
IMG_2955.jpg

渡っている最中、アタシは「ひえーーーー!」だったんだけど、子供達は全く平気。

ビビりちゃんだった子供時代のアタシなら、絶対に渡れなかっただろうなあ。



吊り橋を渡った後で辿りついたのは子供達が大喜びしそうな「ツリー・トップス・アドベンチャー」。
IMG_2957.jpg

この木に立てられたツリーハウスがアドベンチャーの入り口。


樹齢1300年以上になるダグラス・ファー(アメリカ松)の巨木と巨木の間を幾つもの架け橋が繋い でいます。
IMG_2961_2013091014512180e.jpg


木と木の間の空中を歩いているようで、凄く楽しかった!
IMG_2960_20130910145118fb5.jpg

子供達もここが一番好きだったみたい。

木と木を繋ぐ架け橋たちの景色がなんだか幻想的で可愛らしくて、ちょっと御伽噺の世界に入り込んだような気分になりました。


いやーーー楽しかった!!


これは37ドルの入場料を払って年会員になる価値もありますわ。

なので退場時にしっかり年会員になりましたです、はい。

これから一年間、天気の良い日に遊びに来ようと思います。


今まで「食わず嫌い」しててゴメンよ、キャピラノ吊り橋ちゃん・・・・。




キャピラノ吊り橋でのアドベンチャーの後、すっかり小腹が空いてしまったのでノース・バンに来る際は毎回立ち寄るお気に入りのヨーロピアン・ベーカリー・カフェ『Sweet Art Bakery』でオヤツタイム。
IMG_2980_20130910145133287.jpg

旦那が食べたスイーツは彼が一気に食べてしまったので写真無し^^;


IMG_2982_2013091014513407d.jpg

IMG_2984.jpg

今日は吊り橋公園で数時間歩き、そして走り回った子供達。

帰りの車で即効爆睡と相成りました。

category : 日常

2013.08.04 *Sun*

またまた懲りずに海水浴

今年何度目になるのかすっかり忘れてしまった海水浴に本日もやって参りました。


はい、いつものセンテニアル・ビーチです。
IMG_2906_201309101450447b8.jpg


本日も快晴!

今年のバンクーバー地方の夏は本当に見事な晴天に恵まれております!

そのお陰で、毎日の「こんなに天気が良いんだから、子供達を外に連れて行かなきゃ・・・」という目に見えないプレッシャーが半端ないぜ・・・(-_-;)


まあ「雨続きの夏」よりは大分マシなんだけど。



生憎、今週は「お月さんウィーク」だったので、アタシは水遊びには参加せず。
IMG_2910.jpg

最初は浅瀬で砂遊びをしていたのだけど、満ち潮でだんだん「水かさ」が増してきたので・・・・



流木に乗ってちょっと遠出へ。
c_beach.jpg

楽しそう。

アタシもあの流木にまたがりたい!(←重みでぶくぶく沈むのが目に浮かぶ・・・・哀)



ズームで撮ってるけど、これ位の大きさでしか撮れないくらい遠くに行ってしまった彼ら。
IMG_2916.jpg


「大丈夫か!?」というアタシの心配をよそに、大いに水遊びを楽しんでいる旦那&子供達。

海の中で40分ほど遊んでました。

ふやけちゃうから早くビーチに戻ってこーーい。



結局、ビーチで2時間ほど過ごした我が家。

ビーチテントを使用していても暑かったので、早々に引き上げる事に。

駐車場に戻ってふと手前の大木に目をやると、一点の黒点が目に留まった。
IMG_2921.jpg


カメラを向けて拡大してみたら・・・・




白頭鷲でしたー。
eagle.jpg

白頭鷲、ちょっと前までは凄く珍しかったけど、最近は色々な場所でよく目にするようになりました。

生活拠点が変わってきてるのかな?



とまあこんな感じで白頭鷲で締め括られた本日の海水浴なのでした。



category : 日常

2013.08.01 *Thu*

大豊作の青紫蘇で・・・

畑の作物が大豊作な今年の夏。

最初は心配していた青紫蘇も、こんなにコンモリ、わんさかと茂ってくれています。
IMG_3166.jpg


あまりのヒョロヒョロぶりに「多分、枯れちゃうだろう」と思っていたバジルも、結局は枯れることなく、毎日の料理に困らない程度に茂ってくれました。 がんばったね~☆
IMG_3167.jpg


青紫蘇に関してはあまりの豊作ぶりに「食べきれない事」を危惧していたんだけど、先日コメント欄でペコさんから教えて頂いた長期保存方法を用いて、冷凍庫で大量保存する事にしました。


その方法とは



「一枚一枚にごま油を塗り、上から塩を振る。

それらを重ねて冷凍保存。」




という方法。



三日おきに、一度で30枚くらい収穫できるので、この冷凍保存法はありがたい!

それを元に冷凍保存したのがこちら。
IMG_2900.jpg


ペコさん曰く「これでご飯を包んで食べると美味しい」との事だったので、早速私も実践!
IMG_2901.jpg



あーーーー本当だ! 美味しい!!!

ご飯が進む!!!




ごま油と青紫蘇って合うのね!

新鮮な驚きでした。


ペコさん、良い方法を(&食べ方)を教えて下さって有難うございます!

これで一年中、青紫蘇を楽しめます!



あと、これは「青紫蘇ジェノベーゼ」を作るのにも便利!!(オリジナル・レシピはこちら
IMG_3161_1.jpg

上記の方法で冷凍保存した青紫蘇&その他材料をフードプロセッサーで混ぜたら出来上がり。

摘みたての青紫蘇で作るのもいいけど、保存した青紫蘇で作ったジェノベーゼも美味しかったわ☆



勿論、フレッシュな青紫蘇もモリモリ食べております。


薬味として、畑で収穫したトマトを使ったトマトサラダに乗っけたり、素麺の上に乗っけたり。
IMG_3164.jpg


今日はトンカツの中に入れてみたよ(アタシの分のみだけど。旦那&子供達は青紫蘇が苦手)。
IMG_2898.jpg


青紫蘇の味を損ねないためにソースをつけなくてもいいよう、豚肉にしっかり下味をつけたトンカツ。
IMG_2903.jpg


美味しかったあ~~~~!!


今回はフレッシュな青紫蘇を使用したけど、冷凍保存した青紫蘇も使えそう。


とまあこんな風に思う存分、青紫蘇を楽しんで食しているアタクシなのです。


きゃびの「つぶやいちゃうわよ!」

更新祭り開催中!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2013年08月 | 09月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


プロフィール

きゃび

Author:きゃび
西日本の某県出身。1999年6月、日本にてドデカいカナダ人(旦那)に遭遇。その後何故か付き合う事となり、1年7ヶ月の交際を経て、2001年4月、日本にて結婚。転居先の愛知県にて三年半の新婚生活を送った後、2004年8月、移民権取得と同時にカナダ・バンクーバーに移住。2008年5月、第一子となる息子誕生。2008年12月にバンクーバー郊外の某市にお引越し。2010年11月、第二子となる娘誕生。2011年7月、愛猫二匹のうちの一匹だった愛猫“うらら”が天に昇りました。それから一年半後の2012年12月新たに雌猫のセリーナを我が家に迎え入れました。現在、旦那・息子・娘・愛猫ティファ&セリーナと共に「笑い大いにアリ、涙たま~~~にアリ、大噴火けっこうアリ」の、お気楽主婦生活を送っています。

我が家の息子、今いくつ?

2008年5月10日生まれ

我が家の娘、今いくつ?

2010年11月10日生まれ

最新記事

最新のコメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

Locations of visitors to this page

Copyright © Cabbit in Canada All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。