05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.12.15 *Sun*

久々、アイス・スケーティング

来週、息子のクラスがフィールド・トリップでアイス・スケートに行くんです。








息子、生まれて一度もアイス・スケートを体験した事がない!




これはイカン、イカンですよ。



ほんの少しでも体験・練習させておかないと、来週スケートリンクで転んで怪我するかも!!




そんな訳で息子にアイス・スケートの練習をさせるべく、メトロ・バンクーバーでスケートリンク(&イベント)がある場所を検索。




そしたら、




「グリンチと一緒に滑ろう!」





というイベントがデルタ市ラドナーのレック・センターであるという情報をキャッチ★


「グリンチ」とは、アメリカの著名な絵本作家Dr.ズースが書いた物語の主人公で、欧米ではとてもポピュラーなクリスマス・キャラクター。


息子は「キャット・イン・ザ・ハット」に代表されるDr.ズースのシリーズ本が大好きで「グリンチ」も好き。


そんなわけで、今回はこのレック・センターのスケート・リンクに決定☆



午前中はソファの件でバタバタしてたので、お昼を食べてから準備とかをしていたら、レック・センターに着いたのは午後2時。

イベントは4時までなんだけど、スケートは2時間も滑れば十分ですわ。



そうして息子&娘は生まれて初めての、アタシ&旦那は実に10年以上ぶりのアイス・スケートに挑戦!!


息子&娘は子供用の練習バーに掴まりつつ、それを旦那&アタシが後ろからプッシュ。

時折グリンチからキャンディー・ケーンを貰ったりして一時中断したけど、それ以外は滑りっぱなし。




いやはや、やっぱり、予行演習として今日連れて来ておいて良かったですよ。



息子、初めてのスケートにパニくりまくり、練習バーに掴まっていても中々まっすぐ立てず^^;

1時間ほど奮闘して、ようやくバーに掴まりながら前に進めるようになったんだけど、これがフィールド・トリップ本番だったら大変なところでしたわ。

娘は練習バーに掴まった後は一歩も自力で動こうとせず、ひたすらアタシに押してもらって滑るのを楽しんでおりました。



そして旦那は息子を、アタシは娘を2時間近く押し続け、ジャケットの中は汗だく!

Tシャツで来ても良かったかもだわ。


2時間近く滑り、もうすぐイベント終了というところで、ようやくグリンチと一緒に写真を撮ることができました。
IMG_3991.jpg

この頃には息子も余裕です。


子供達が旦那と一緒にリンクから上がったので、子供達を旦那に預けてアタシは一人で3周ほどスーイスイ。
i_s.jpg


実は今回、アタシにとっては人生で二度目のアイス・スケートなんだよねー。

だけど子供の頃のアタシは「ローラー・スケートの鬼」というか、「ローラー・スケートの申し子(そこまで言うか)」だったので、それと同じ要領で滑ればアイス・スケートなんて楽勝なんですわ。

もう少しでトリプル・アクセルも決めるところでした。 嘘です。


でも本当に「滑るだけ」なら楽勝なんで、楽しかったです。



そして、「アイス・ホッケーの国 カナダ」で育ち、小さい頃はスケート・レッスンも受けていたという旦那のアイス・スケートの腕前は、というと・・・



ソーロソロと恐るおそる滑る旦那の横を、息子くらいの小さな男の子が颯爽と追い抜いていき、その際、その子供から



「そのまま続けて! 大丈夫、上手に滑れてるよ!」



と励まされたという・・・・そんな腕前です、はい。


今日は息子の予行演習で来たアイス・スケートだったけど、家族全員が楽しめました。

また滑りに行かなくては!


category : 日常

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


きゃびの「つぶやいちゃうわよ!」

更新祭り開催中!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


プロフィール

きゃび

Author:きゃび
西日本の某県出身。1999年6月、日本にてドデカいカナダ人(旦那)に遭遇。その後何故か付き合う事となり、1年7ヶ月の交際を経て、2001年4月、日本にて結婚。転居先の愛知県にて三年半の新婚生活を送った後、2004年8月、移民権取得と同時にカナダ・バンクーバーに移住。2008年5月、第一子となる息子誕生。2008年12月にバンクーバー郊外の某市にお引越し。2010年11月、第二子となる娘誕生。2011年7月、愛猫二匹のうちの一匹だった愛猫“うらら”が天に昇りました。それから一年半後の2012年12月新たに雌猫のセリーナを我が家に迎え入れました。現在、旦那・息子・娘・愛猫ティファ&セリーナと共に「笑い大いにアリ、涙たま~~~にアリ、大噴火けっこうアリ」の、お気楽主婦生活を送っています。

我が家の息子、今いくつ?

2008年5月10日生まれ

我が家の娘、今いくつ?

2010年11月10日生まれ

最新記事

最新のコメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

Locations of visitors to this page

Copyright © Cabbit in Canada All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。