10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.05.20 *Wed*

息子が怖がる事

先週予約を入れてあった眼科にまたまたやって参りました。

今回はアタシの 『コンタクトレンズをはめた状態の目』 を診察するため。

というのも最近、ごく稀になんだけど、コンタクトレンズを外した後で左目に違和感を感じるようになっちゃって。

まるで、目の付け根(?)辺りにまつ毛が入っているような・・・そんな感じ。

「ほんとにまつ毛が入ってるんじゃないか」と思って、鏡でよ~く見てみたのね。
そしたらなんか、白目の部分に泡状のような物が・・・。

それを見つけてから不安になって、今回受診する事にしたんだけど、


検査は、ま~大変だった!!




(みててくれる人がいないので)息子を一緒に連れて行ったんだけど、検査の為に部屋の電気を暗くした途端


悲鳴を上げて号泣!!


そうなんです・・・うちの息子、暗闇が怖いの・・・。

徐々に暗くなるのは平気なんだけど、明るい部屋がいきなり暗くなるのが怖いみたいで。

実は、こうなったのは全部アタシのせいなんだけど・・・。


我家では通常、旦那の部屋はドアを閉めておく事になってるのね。

旦那の部屋はPC用の電気配線だらけなんで、コード好きの息子に入られては危なくて仕方がないから、というのがその理由。

だけどある日の晩(旦那は仕事で留守だった)、アタシがその部屋に用事があって入った時に、息子も後を着いてきちゃったのです。

まあ、アタシか旦那が部屋で一緒にいる時は息子にも部屋への出入りを自由にさせてるんで(でもコードには触らせない)、その時も一緒に居させたの。


で、


アタシがその部屋から出る時、息子にも「さ、部屋から出るよー。おいで~」と言ったんだけど、息子は「イヤイヤ」とばかりに断固とその場から離れようとしない。

無理やり連れて行こうとすると、バシバシ!と手を上げてくる始末。

このやりとりを5回ほど繰り返したところで、アタシもいい加減「こんにゃろ」って感じになり、ちょっと突っ返す口調で


「あっそ! じゃあ、ずっとそこに居なさい! ママ、行っちゃうからね。 バイバイ!」


と言い放ち、部屋の電気を消して、息子を部屋に残したままドアをぴしゃり!


そしたらその1秒後には


びゃああああああああああ!!!


という息子の大号泣の雄たけびが!!


すぐにドアを開けてみると、ほんの数秒の事だったのに息子の顔は涙と鼻水でグチャグチャ。
そのグチャグチャの顔のまま、物凄いスピードでハイハイしつつ、自ら率先して部屋から出てきたの~。


それからというもの、息子がリビングで遊んでいる時に “アタシが” 用事でその部屋に入って軽くドアを閉めただけで息子が怖がって泣き出す始末(「ママが部屋に食べられた!」とでも思ったのだろうか・・・)。

それから1ヶ月近く経った今ではだいぶ平気にはなったけど、暫くの間、旦那の部屋が「恐怖部屋」になってしまい、おまけに「暗闇=怖い」という概念を早い段階で植えつけてしまったのです・・・。
いつもは温厚な旦那に「その “閉じ込め” が原因だ!なんでそんな酷い事をしたの!」と叱られましたわ。



そんな訳で、今回の眼科でも診察室で大号泣。

診察が行えないくらいの泣きっぷりで、これは検査を中断してもらい、今は息子をあやすしかないと思った瞬間、「コンコン」とノックが聞こえ、もう一人の女医さんが入ってきた。


「赤ちゃんの泣き声が聞こえたからヘルプが要ると思って・・・。私にも1歳半の子供がいるの。検査の間、私がこの子をここでみておいてあげるから、安心して検査を受けて頂戴」


って言って、泣き叫ぶ息子を抱っこしてあやし始めて下さったの~~!!
あ~有難や~ありがたや~。

泣き喚く息子の声をバックグラウンドに検査が再開。

結局、アタシの目にはなんら異常はなく、「多分、コンタクトを長時間はめ過ぎて目が乾燥した事によって生じる一時的な泡。 心配する事ではない。」と言われました。 ホッ。

息子は相変わらず女医さんに抱っこされたまま泣いており、ようやくアタシの身支度が済んで息子を受け取る段階になりました。

この時の息子



両手に玩具代わりの目薬(未開封)を握っていて、その状態で泣いてた。


・・・・・・・可愛かった・・・(←親バカ・ビジョン)


そうしてアタシが抱き上げると、しゃくり上げはするものの、泣くのはピタリ!と止まった。


「なんかアタシって、この子の 『お母さん』 なんだなあ・・・」


と実感。


数秒とはいえ、暗闇に閉じ込めちゃうような『お母さん』で申し訳ない。
もうちょっと、他の方法があったかもね・・・。

今回の『暗闇恐怖症』で、2~3ヵ月後に予定しているスリープ・トレーニング(一人寝)が難しくならないといいんだけど、どうなる事やら・・・。
category : 息子の成長

COMMENT

No title
目はなんともなくて、よかったねー。

>>両手に玩具代わりの目薬(未開封)を握っていて、その状態で泣いてた。
・・・・・・・可愛かった・・・(←親バカ・ビジョン)。

わかる、わかる(笑)
その光景が目にありありと浮かぶようでしたわ~。

>>そうしてアタシが抱き上げると、しゃくり上げはするものの、泣くのはピタリ!と止まった。

「なんかアタシって、この子の 『お母さん』 なんだなあ・・・」
と実感。

うん、うん。じわ~っと実感が沸いて、嬉しくなる幸せな瞬間だよね。

ねんねトレーニング、まずは小さなライトを点けて薄暗いくらいの部屋ではじめたらどうでしょうか??健闘を祈るっ!!
by りのっちゃ #mQop/nM.
2009/05/22(金) 17:25 [Edit
Re: No title
●りのっちゃさん●

> 目はなんともなくて、よかったねー。

有難うございます~。
でも、定期的に起こる症状なんで、検査結果に「なんだかな~」な感じです・・・(‐_‐;)

> ねんねトレーニング、まずは小さなライトを点けて薄暗いくらいの部屋ではじめたらどうでしょうか??健闘を祈るっ!!

いきなり真っ暗な部屋からのスタートは無謀ですよね、やっぱり。
スリープ・トレーニングを成功させる事が出来るのか、今から不安で仕方がないです。
息子を一人きりで部屋に寝かせるのも心配だし・・・TT

本当は私は「ねんねトレ、必要ないんじゃない?」なんて思っちゃったりしてるんです。
今は私と息子がリビングのソファーベッドで寝ていて、旦那は寝室で一人寝。
寝相が超悪い旦那から息子を守る為なんですけど、一人寝が寂しい旦那が「子供は自分の部屋で寝て、夫婦は同じ部屋で一緒に寝るべきだと思う」と主張してまして。

でも、小さくて暖かい息子を抱きしめて眠る時って、至福のひと時なんですよね~^^;
by きゃび #-
2009/05/23(土) 23:02 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


きゃびの「つぶやいちゃうわよ!」

更新祭り開催中!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

きゃび

Author:きゃび
西日本の某県出身。1999年6月、日本にてドデカいカナダ人(旦那)に遭遇。その後何故か付き合う事となり、1年7ヶ月の交際を経て、2001年4月、日本にて結婚。転居先の愛知県にて三年半の新婚生活を送った後、2004年8月、移民権取得と同時にカナダ・バンクーバーに移住。2008年5月、第一子となる息子誕生。2008年12月にバンクーバー郊外の某市にお引越し。2010年11月、第二子となる娘誕生。2011年7月、愛猫二匹のうちの一匹だった愛猫“うらら”が天に昇りました。それから一年半後の2012年12月新たに雌猫のセリーナを我が家に迎え入れました。現在、旦那・息子・娘・愛猫ティファ&セリーナと共に「笑い大いにアリ、涙たま~~~にアリ、大噴火けっこうアリ」の、お気楽主婦生活を送っています。

我が家の息子、今いくつ?

2008年5月10日生まれ

我が家の娘、今いくつ?

2010年11月10日生まれ

最新記事

最新のコメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

Locations of visitors to this page

Copyright © Cabbit in Canada All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。