08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.07.02 *Thu*

キャンプ旅行 1日目(オカナガン)

本日より、旦那の兄夫婦が住むサスカチュワン州レジャイナに向け、2週間のキャンプ旅行に出掛ける我家。


もう、出発前からヤル気満々♡


な訳まったくなく、なんと旅行の2日前に風邪の兆候が出始め、旅行前日の朝から微熱でフラフラの状態に。

そんな状態でも旅行の準備を続けていたのが祟ったのか、その日の深夜(旅行当日)に38℃超えの高熱を出してしまったアタシ(ちなみにアタシの平熱は35℃台)。

高熱による寒気でベッドの中でガクガクブルブル震えつつ、


「明日からのキャンプ旅行、どうなるんだよー!」


と焦りまくったのも束の間、タイレノールを飲んで眠ったら、



翌日の朝にはケロリンチョ★



大量の寝汗と共に、熱もサササ~~っと引いてしまったのでありました。



んでもって、旅行当日の朝でございます。



深夜にバタバタしたせいか、「明日はあまり時間を気にせずにゆっくり起きよう」という事にしていたので、起床はゆっくり目の朝8時半。

それから息子の朝食&昼食の準備とか、荷物の最終チェック。
そして、旦那が大量の荷物を車に詰め込んだりしている間に時間はあれよあれよと過ぎて行き、やっと出発できる状態になったのは、なんと午前11時!!


本日の夕方までに、宿泊予定のセントラル・オカナガンに到着出来るんだろうか・・・(‐_‐;)


そんな一抹の不安と重度の鼻風邪を抱えつつ、大家さん夫婦に「なにとぞ、我家の猫たちをどうぞよろしく」とお願いして今回の旅をスタートさせたのであります。


本日の走行ルートは以下の通り。
van_okanagan.jpg
(出発地の目安はバンクーバーに設定しとります)


本日はセントラル・オカナガン(オカナガン地方)にあるキャンプ場のディー湖(Dee Lake)をゴール地点としてひたすら車を走らせる予定。

予約を入れちゃってるもんだから(←そもそもこれが間違いの始まり)、キャンプ場が閉まる午後8時までに到着できるといいんだけど!?


鼻水がズルズル&詰まりまくりで決して本調子とはいえない状態のアタシだったんだけど、いざ旅に出発してみたら何だか体調の悪さよりもワクワク感の方が増してきて、どんどん気持だけは元気になってきましたわ。

それに今回は息子を含めた家族三人での初めての長距離旅行。

風邪なんてなんのその、(日本行きがポシャった憂さ晴らしも含めて)心底楽しませてもらいますわよ!!


そんなこんなで我家の車は順調に東に進み、アボッツフォード市を通過中。
IMG_2939.jpg

透き通るような青空なものだから、マウント・ベイカーの絶景がスンバラシイです。


その後、車は順調に走っていたにも拘わらず、途中で交通整備による約40分の渋滞にひっかかり、大幅な時間のロスを被るハメに。

嗚呼、これでますます午後8時までのディー湖到着が危うくなってきた・・・・(汗)。


やっとこさ渋滞から開放され、その後のガソリン補充で止まったHopeという街のガソリンスタンドのトイレにて、お月さんが来ているのを発見!!

風邪を引いていると言うのに、お前まで来てしまったか!!

嗚呼、この旅行、いったいどうなっちゃうんだろう・・・。


そんな悪過ぎる体調を抱えつつ、自宅を出てから約3時間半後、EC Manning Provincial Park(上の地図上の走行ルートの丁度真ん中あたりにある緑色の部分)にてランチ休憩。
IMG_2941.jpg


ここで清流を目の前に眺めつつ、アタシと旦那はアタシが今朝作ったサンドイッチを、息子は保温ランチジャーに入れてきたお弁当を食べました。
IMG_2943.jpg


今回の旅、最終ゴール地までは「ちょっと遠回り」ともいえるような長めのルートを取ってるんだけど、それも全て「いい機会だから、普段は滅多に行けない場所を網羅しよう」という目的の為。

この EC Manning Provincial Park は旦那が「一回行ってみたいと思っていた所」だったから今回、敢えて通ってみたんだけど、アタシ的には「う~~~~~ん・・・・遠回りしてまで来る程の場所だったのかどうか・・・」って感じだったわ。

まあ、綺麗は綺麗なのよ。
緑深いし、清流も流れてるしね。

でも、ぶっちゃけて言えば「BC州の何処にでもある風景」というか・・・。


おまけに、とにかく蚊が多いのよっっ!!


アタシ、蚊が多い場所って何処でもダメなのよね・・・・TT
(今回はランチ中も息子を蚊から防御するのに必死こいてて、ランチを食べた覚えがあまり無い・・・。)

旦那は気に入って「今度はキャンプに来たい」って言ってたけど、速攻で


「一人で来るんでしょ?アタシと息子はパスだから~」


と言ったのは言うまでもないっつーか、なんつーか。


そんな EC Manning Provincial Park を通過し、車はブイブイと先を走ります。
IMG_2949.jpg


EC Manning Provincial Park を出発してから約2時間半後、オカナガン・シミルカーン地域の中心地ペンティクトンに到着。

これは多分、ペンティクトン市街手前にある湖のスカハ湖(Skaha Lake)かと(オカナガン湖だったらゴメン)。
IMG_2956.jpg

大きい! 綺麗!!

思わず、おのぼりさん丸出しで親子三人でカメラのタイマー機能を使って記念撮影。
IMG_2960.jpg


今回の旅はとにかく車の乗車時間が多いので、なるべく息子にストレスを溜めさせないよう、場所を見つけては散歩させたり、遊戯場で遊ばせたりしてます。

ここでも10分ほどお散歩。
IMG_2961.jpg


しばらくして車に戻り、再び車を走らせること数分。

右手に広大なオカナガン湖(Okanagan Lake)が見えてきました。
IMG_2971.jpg


どこまでも続く美しいオカナガン湖を眺めつつ北上する事1時間。
ようやくセントラル・オカナガンの中心地ケロウナの手前までやって来ましたわ。

このオカナガン湖に架かる橋を渡り切った先がケロウナ!(ここまで遠かった!)
IMG_2973.jpg


ケロウナ市内を通過中。
IMG_2974.jpg


ここでクーラーボックスの氷を補充する為、スーパーに立ち寄る事に。

この時点で午後7時。

予約を入れているキャンプ場は午後8時にゲートを閉めてしまう為、駆け足で買い物をし、そのまま真っ直ぐ本日の宿泊予定地であるディー湖へ向けて出発。


もうね


ここまでは何とか順調だったのに、ここからが最悪になるの。


初日だっつーのに、もうほんっとーに最悪


何が最悪って、


ケロウナ市内からディー湖まで果てしなく遠い!

市内から山頂にあるディー湖まで、なんと26kmもある!

いや、たとえ26kmの距離だとしても、高速並みに100キロのスピードで走れるんであれば15分ほどで着くので文句は言わない。



なのに、なのに



市内からディー湖まで行ける唯一の道の状態が最悪で!

補正されていない砂利道で、走る度に砂埃が舞う代物なの!
IMG_2976.jpg

ピックアップ・トラックみたいな大型4WDならガンガン飛ばせるかもしれないけど、我家の街仕様ステーション・ワゴンじゃ30~40キロ出すのがやっと!!

これ以上出したらタイヤが砂利にやられるし、おまけに所々に放牧されている牛が溢れかえっているもんだから、危なくて余計にスピードが出せない!!


これじゃあ、ディー湖に辿り着くまでにケロウナ市街から1時間以上掛かるわよ!!!


「あ~~もうこれは8時には辿り着けそうもないね・・・・。キャンプ場のオフィスに電話して8時過ぎまでゲートを開けといて貰えるよう電話をしてみよう」

と携帯を取り出すも、お約束の如く




圏外



だーーーーーーーっ!!!!



砂埃を立てながら超スロ~運転でジャリジャリと砂利道を走って山を登る事30分。

ケロウナ市街もこんな眼下になってしまった。

IMG_2977.jpg


「ここまで来たらもう後戻りは出来ないし、ゲートが開いてようがしまってようが、ディー湖に行くだけ行ってみよう。閉まってたら適当な場所を見つけてワイルド・キャンプだ!!」という事になり、市街から1時間15分も掛けて山深いディー湖に到着。


到着時間は午後8時20分。

ゲートは8時に閉まると聞いていたけど、なんと開いてた!

オフィスは閉まっていたんだけど、オフィスのドアにキャンプ場の時間外管理人のキャビンナンバーが記されており、なんとかコンタクトを取る事に成功。

彼にアタシ達が予約したサイトまで案内してもらい、日が暮れかけた中でようやくテントを張る段取りに就く事が出来た



のはいいんだけど



ここのキャンプサイト、




鬼のように蚊がいる!!!



昼間のEC Manning Provincial Park にいた蚊たちなんて可愛いと思えるくらいの壮絶な蚊の大群!!

視界がすべて点々が入っているように見えるくらいの凄まじさで、旦那が「君たちはここに居て!」と意を決して車の外に飛び出し、蚊の大群に身体中群がれながらも頑張って一人でテントを張ってくれました(旦那の脚は見るも無残な姿になってしまった・・・涙)。

旦那が身体を張って張ってくれたテントにアタシと息子は避難し、パーカー&ジーンズで完全防備した旦那が外で「蚊避けになるかも」といって火起こしを始めた間にアタシはテント内の寝床作り。

それからアタシも長袖&ジーンズに着替えて完全防備し外へ。


表は既に日が暮れ、旦那が作ってくれたキャンプファイヤーの灯りを頼りに本日のディナー作り。

まずは息子のご飯を作り、旦那に息子(完全防御済み)のご飯やりを頼んで、次はアタシ達の分。


本当は、今日はBBQをする予定だったんだけど・・・・こんな場所&時間じゃ出来ない!!!


もう体調面も精神面も最悪で、チャッチャと作れる物にしたかったんで、今夜のご飯はインスタント・ラーメンにしましたわ。


でもね

このインスタント・ラーメンがすっごく美味しくって!!!


いやね、なんて事はない普通のインスタント・ラーメン(おまけに素ラーメンと来たもんだ)なのよ。

でも、今日一日の身体や精神面の疲れとか(特にディー湖に辿り着くまでの山道&蚊の大群で被った精神的疲労)、山頂の夜の底冷えがする寒さとかをこの一杯のラーメンが吹き飛ばしてくれるような、そんな身体の芯に染み入るように温かくて美味しいラーメンだったの・・・(涙)。

大自然で食べるといつも以上に食べ物が美味しく感じるっていうけど、今日のラーメンはそれ以上のものだったと思うわ。

旦那と「こんな美味いラーメン、食べた事が無い!!」と大絶賛しながら平らげちゃったもんね。

いやはや、ご馳走様でした。




火の周りには蚊が寄ってこなかったので、アタシ・旦那・息子はしばらく火の周りに座ってました。

息子はアタシの腕の中で寝入ってしまい、旦那はキャンプ・ファイヤーを使って自分とアタシ用のロースト・マシュマロ作り。

旦那はこれが大好きなんだけど・・・・アタシはイマイチかなー。

「やたらと甘い、ドロドロした物」って感じ?

やっぱマシュマロは通常通りの食べ方で食べるのが一番美味いと思うよ、うん。



それにしても、ここは本当に蚊が多い。

キャンプ・ファイヤーをしてなかったら、今頃どうなってる事か・・・。

いくら湖の近くといっても、ここの蚊は本当に半端じゃない量の大群で、持って行った蚊避けキャンドルも手作りの蚊避けスプレーも全く効果なし(っていうか、何匹もの蚊がキャンドルの蝋の中で熱死してた・・・。それだけここの蚊はキャンドルに近づいても平気って事よね・・・)。

街からは気が遠くなるような遠さの上に、タイヤ殺しになりかねない悪路、おまけに想像を絶する数の蚊の大群・・・・・・


ダレよ!! こんな所を初日のキャンプ場に選んだのは!!



はい、アタシです(キッパリ)。


ネットのキャンプ場サイトのリストの中で見つけて、一番安かった(と思う)理由で、大まかな地図を見ただけで詳しい地図も見ずに適当に決めちゃったんだっけ・・・。


テントに入って親子三人で寝袋に入り、ランタンを切って暫くした後、旦那にそっと


「・・・こんな場所を初日に選んじゃって、御免なさい・・・。 脚、凄く痒いでしょ? 本当に御免ね・・・」


とアタシにしては珍しく平謝り。


それに対し旦那は


「・・・・謝らなくていいよ。 僕も君に任せっきりで場所の確認をしなかったんだし・・・。 これからは予約とかは入れないで、自由気ままに行くのが一番いいと思う。 明日からはそうしよう。 それはそうと・・・ここ、結構いい場所かもしれないよ? ほら、耳を澄ませてみて・・・」


と言うので、耳を済ませてみると・・・・



ウォーーーーーーン・・・・・

ウォーーーーーーン・・・・・



遠くで何かの遠吠えが聞こえる。



アタシ 「・・・・あれって・・・・・オオカミ・・・!?」


旦那 「多分ね・・・。 今は近代化されているキャンプ場が多いし、オオカミの遠吠えが自然に聞こえるキャンプ場は珍しいかも。 それを思えばここに来る価値があったと思わない・・・?」



あの遠吠えがオオカミだったにしろ、なかったにしろ、何事もポジティブに捉えてくれる旦那に感謝しつつ、遠くにオオカミ(?)の遠吠えを聞きながら、その日の夜は寝入ったのでした。


●本日の走行距離・・・約490km
category : 旅行

COMMENT

No title
>>「一人で来るんでしょ?アタシと息子はパスだから~」

なぜかツボにはまり、すごく笑えた。
 
もう鬼嫁なんだから!だんなさまいぢめは、ほどほどにね~。^^
by りのっちゃ #mQop/nM.
2009/07/31(金) 16:40 [Edit
Re: No title
●りのっちゃさん●

お返事がかなり遅れてしまい、大変申し訳ございません!!
そして先日は有難うございました~!

> もう鬼嫁なんだから!だんなさまいぢめは、ほどほどにね~。^^

いや~本当にあそこでキャンプはしたくないです!
やはり、キャンプは湿気が少なく、カラリとした気候の場所でするのが一番ですわ^^;
by きゃび #-
2009/08/07(金) 00:10 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


きゃびの「つぶやいちゃうわよ!」

更新祭り開催中!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール

きゃび

Author:きゃび
西日本の某県出身。1999年6月、日本にてドデカいカナダ人(旦那)に遭遇。その後何故か付き合う事となり、1年7ヶ月の交際を経て、2001年4月、日本にて結婚。転居先の愛知県にて三年半の新婚生活を送った後、2004年8月、移民権取得と同時にカナダ・バンクーバーに移住。2008年5月、第一子となる息子誕生。2008年12月にバンクーバー郊外の某市にお引越し。2010年11月、第二子となる娘誕生。2011年7月、愛猫二匹のうちの一匹だった愛猫“うらら”が天に昇りました。それから一年半後の2012年12月新たに雌猫のセリーナを我が家に迎え入れました。現在、旦那・息子・娘・愛猫ティファ&セリーナと共に「笑い大いにアリ、涙たま~~~にアリ、大噴火けっこうアリ」の、お気楽主婦生活を送っています。

我が家の息子、今いくつ?

2008年5月10日生まれ

我が家の娘、今いくつ?

2010年11月10日生まれ

最新記事

最新のコメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

Locations of visitors to this page

Copyright © Cabbit in Canada All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。