10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.07.05 *Sun*

キャンプ旅行4日目(ドラムヘラー2日目)

キャンプ旅行4日目。


本日の起床は午前7時。


モーテルにてラクチン&快適な朝を迎えるも、外の天気は昨晩の嵐を引きずるかのような曇り空が広がっております。


まずは息子にだけベイビー・シリアルの朝食を取らせ、アタシ達はチェックアウトの準備をし、午前8時前にチェックアウト。


義兄家族との待ち合わせ時刻は9時なので、それまでにモーテル近くのマクドナルドで朝マックする事に。


朝食後、義理兄家族との待ち合わせ場所&彼らの宿泊しているキャンプ場『Full-screenRiver Grove Campground』に9時ちょっと前に到着。


彼らのキャンプサイト番号を聞いていたので、それを頼りにキャンプ場内を車でウロウロし、ちょっと入り組んだ場所に彼らのキャンプサイトを発見!
そこで義兄家族と1年ぶりの再開を果たしたのでした。

彼らのキャンプサイトのお隣のサイトが丁度空いていたので、その場所を確保する為、車を駐車。
そして、そこから歩いて受け付けに行き、無事場所をゲットする事が出来ました。

この時点で午前10時。

ようやく今回の旅の目玉の一つ『Royal Tyrrell Museum(ロイヤル・ティレル古生物博物館)』の見学に出発どえーす!
IMG_3137.jpg


Full-screen今夜の宿泊地 『River Grove Campground』 から博物館まで車で15分位かね。


駐車場から博物館入り口までを繋ぐ「恐竜通路」には、こんな風に等身大の恐竜の銅像が!
IMG_3139.jpg

これ、すっごいリアルなのよ~。

恐竜好きな子供達には堪らんだろうね、こういうの。



恐竜のリアル銅像を前に、いとこのC&Jと一緒に記念撮影。
IMG_3142.jpg


このロイヤル・ティレル博物館ですが、恐竜の化石展示の規模としては世界最大級でして、世界中から毎年30万人もの観光客を集める超人気観光スポット。

(ちなみに、名前の一部の『Tyrrell』、日本語読みでは『ティレル』となりますが、英語読みでは『タイルェル』に近い音で発音されるので、実際に行って現地の人に場所を聞いたりする時は要注意ざまス)


ちなみに、アタシがこの博物館に来るのは今回で二度目。


前回は8年前の新婚旅行時に来たんだけど、以前とはど~も様子が違う。


「何が以前と違うのか?」と思って、よ~くエントランスを見てみると・・・・・、
IMG_3144.jpg


「エントランスに建ってる幾つかの『恐竜の像』が以前の物と変わってるし、周囲に緑が増えた」

って事に気が付いた。


ちなみに、これが8年前の博物館のエントランス。
tyrrell_20091004172713.jpg


こちら、現在のエントランス。
IMG_3143.jpg

こうして改めて写真で見比べてみると、違いが一目瞭然だわね。

そうそう、駐車場からエントランスまで歩いてきた「恐竜通路」も8年前はありませんでした。


アンタも8年前はここには居なかったわよねー。
IMG_3145.jpg


ではでは早速中に入りまそー。
IMG_3151.jpg


博物館に入ってすぐ、こ~んなデッカイ何かの前(後ろ?)脚の化石がお出迎え。
IMG_3155.jpg


デカイ!! デカすぎる!!

脚の長さだけで余裕で11フィート(3m30cm)近くあるなんて、本体はどんだけデッカイのよーー!!


「巨大物恐怖症」の気があるアタシ、ちょっと背中が「ゾゾゾゾ~・・・」っとしました。


ここで義兄一家と待ち合わせ場所を決めた後、二手に分かれて別行動開始。


何で別行動にしたかというと、うちら夫婦はとにかく写真を撮るので移動がノロノロペース、向こうは「すぐに飽きる」幼児連れという事で移動スピードも早い。

『目的と歩くペースが全く異なる』という事で、思い切って別行動を取る事にしたわけです。

これでお互い、気兼ね無しに博物館を楽しめるもんね。


そんな訳で、とろとろと博物館見学を続行。


博物館内には研究室も入っています。
IMG_3159.jpg

こんな風に研究室の一辺の壁がガラス張りになっていて、発掘された化石のクリーン・アップ作業を研究員の人達が行っているのを見学する事ができます。


先端の細い電動ツールを使い、すこ~しづつ、すこ~しづつ、化石の周囲の岩を削り落とす作業中。
IMG_3156.jpg

気の遠くなるような作業だと思うんだけど、アタシ、こういう作業結構好きかも。

「チャンスがあれば挑戦してみたいな~」と何気に思いました。


1階から2階に移動したところでドドドーン!と登場したのが “恐竜の王様” ティラノサウルス。
IMG_3182.jpg

こちらももれなくデカイ☆

ティラノサウルスが展示してあるのは1階なんだけど、でっかいんで2階から観て丁度いい感じ。

なので、アタシ達は2階にいるのに、ティラノサウルスの顔がまん前にあったりする。
IMG_3183.jpg


2階から見下ろした1階の展示風景。
IMG_3184.jpg

所狭しと恐竜の化石が展示されています。


こちら「Tyrrellの宝」と呼ばれる化石。 
IMG_3187.jpg

アンモナイトの化石かな?

実物はもっと “虹色” というか “玉虫色” でキラッキラ☆してました。



そしてこちらの恐竜、なんと『人類の御先祖』だそうですせ!!
IMG_3198.jpg

この恐竜がなが~~~~~い年月をかけてどんどん進化していき、現在の人類になったのかと思うと、なんともフシギな、というか微妙な気分。

人間も1億5000万年後には、今とは違った形態になっているんだろうか・・・。



もちろん海洋竜の化石もありますよー。
IMG_3205.jpg

これは一部しか化石が揃っていないんだけど、本来の大きさは「床に描かれた黒い影で想像してね♡」って事らしいです。

こんなデッカイ生き物に水中で出会うのは絶対イヤだ!!!



途中には古代植物を集めた温室もありました。
IMG_3208.jpg



ステゴサウルスの化石。
IMG_3216.jpg

身体に対し、頭が極小なのがなんかカワイイ。

ステゴサウルスと言えば特徴のある「背びれ」。

この化石を見るまで知らなかったんだけど、あの「背びれ」の中には「硬い骨」が入ってたんだねー!
アタシはてっきり軟骨か何か、柔らかい物が入ってるんだろうと思ってたわ。


え~っと、コレはなんていう名前の恐竜だろう?? ブロントサウルス?
IMG_3212_20091009150204.jpg


こんなチビッコイ恐竜の化石も!
IMG_3221.jpg

このチビッコイ恐竜達って、たしか映画『ジュラシック・パーク』で、「小さいけど獰猛な恐竜」って感じで登場してたような・・・。


こちら、2001年に地元アルバータ州で発見された新種恐竜『アルバータケラトプス』の頭部。
IMG_3222.jpg

今のところ、これのみしか発見されていないみたいです。


本物の化石に直に触れるコーナーもありますよ~。
 royaltyrrell.jpg

何百万人という人達に触られて来たせいか、表面がツルッツルになってました。


こちらも、地元アルバータ州で発掘された恐竜『アルバートサウルス』。
IMG_3225.jpg

ティラノサウルスと同系種で、ティラノサウルスよりやや小型の肉食恐竜。

後ろの壁に「生前は多分こんな姿」という絵が描かれています。


こちら、先程2階から見たティラノサウルスを今回は1階から見上げます。
IMG_3229.jpg

ま~この脚の長さに比べ、腕のなんと短いこと!

こりゃ、コケたら命取りにもなってただろうね。


しかし、下から見ると更に迫力・・・。
IMG_3230.jpg

こんな口でガブリ!とヤラれたら一発よねー。


「こんなのが闊歩してる時代に生まれなくて良かったよ・・・」とつくづく思うアタシなのであります。
IMG_3231.jpg


マンモスの化石もありました。
IMG_3233.jpg


ここでは全てを紹介しきれないけど、もう、かなりの数の恐竜の化石が展示してあります。

「世界最大級の恐竜化石博物館」という肩書きに恥じない展示数でした。


2時間掛けて博物館を一通り見終り、待ち合わせ場所で義兄一家と合流。

「これからどうする?」という話になり、アタシ達は「博物館前の展望台に行きたい」、義兄一家は「子供たちが疲れているみたいだから、仮眠させる為にキャンプ場に戻る」という事で、これまた二手に分かれて別行動をする事に。


「それじゃあ、キャンプ場で」と言って義兄一家は博物館を後にし、アタシ達は博物館前の展望台へ。


この写真の左下に写っている階段を登って展望台まで行きます。
IMG_3234.jpg


360度ビューの展望台から見える景色。
tyrrell.jpg

きっとこの地層の中には、まだまだ恐竜の化石が埋まってるんだろうなあ。


しばらく展望台でドラムヘラーの原始的な風景を堪能した後、ランチをするべくダウンタウンに向けて出発。
IMG_3244.jpg


・・・とその途中で、観光案内所に立ち寄りました。


お目当てはこれ!!
IMG_3241.jpg


観光案内所に併設された超デカイ恐竜の建物!!(足元の車で比較)

その名も『World's Largest Dinosaur』。 そのまんまだ!

“巨大物恐怖症” のアタシ、コレにはマジでビビったんだけど、内部がどうなっているのか興味は深々!!


でも今回は遠目から眺めるのみに留めておきます。

ここには明日、ドラムヘラーを発つ前に遊びに来る予定でございます。


観光案内所を後にし、ダウンタウンのチャイニーズ・レストランでランチを済ませ、義兄一家が待つキャンプ場に戻りました。


アタシ達のテントがまだ未設営だったので、旦那がテントを設営している間、アタシは息子&義兄の長女のCと一緒に時間潰し。


いとこのCと一緒に。
IMG_3246.jpg


早いもので、Cは今年の9月(カナダの新学期)で、日本の「小学校一年」にあたる「Grade1」になりました。

ついこの間、彼女が生まれた直後の泣き声を電話越しで聞いたような気がするのになあ。

うちの息子も、あっという間に小学校に上がる年齢になっちゃうんだろうな・・・。
(今のこの時を楽しんでおかなくては!!)


色々考えてしんみりしていたら、テントの設営を終えた旦那が「このキャンプ場にも遊戯場があるらしいから、子供達をそこへ連れて行こう」と提案してきたので、義兄一家と一緒に遊戯場へ移動。


移動途中で見かけた『ティピー』。
IMG_3250.jpg

これはネイティブ・カナディアンの伝統的な『移動住居』です。

こちらのキャンプ場にはティピーを設置している所が結構ありまして、予約さえすればティピーに宿泊できます。

一度は話のタネに泊まってみたいかも☆



そして遊戯場に到着。
IMG_3251.jpg

BC州の遊戯場では見ないような遊具が沢山設置してありました。

例えば、上の写真の3種類の遊具。
これ全部『楽器』なのよ~。



さすが「恐竜の町ドラムヘラー」、遊具も馬とかじゃなくて恐竜です。
IMG_3257.jpg


息子、ここで沢山遊びました。
IMG_3258.jpg


遊戯場で遊んだ後は各家庭それぞれで夕飯の用意&夕食を済ませ、その後は2家族合同で火を囲んでキャンプ・ファイヤーをしました。

旦那と義兄、こんな風に一緒にキャンプをするのは実に20年ぶりだそうで、最後に一緒にキャンプをしたのは十代の時。

それもあってか、二人ともとても楽しそうで、お喋りに花を咲かせておりました。


今夜はドラムヘラーで過す最後の夜。


明日は「スタートレックで町興し!」の町、Vulcanを目指します。


「今日みたく、天気になるといいんだけど・・・」と思ったアタシはかなり甘かった!!

この話の続きは旅行記5日目に続きます。



●本日の走行距離・・・測らず
category : 旅行

COMMENT

行きたい、行きたい!
ドラムヘラー!
詳しくはないけれど、それでも大好きな恐竜たちが町ぐるみでいるなんて、素敵すぎ!!!
きっと、水族館の大水槽(回遊魚とかがいるでっかいところ)と同様、何時間でも恐竜(とその化石)を眺めてぼんやりしそうです(笑)。
さすがに日帰りではムリだろうけど、いつか絶対行くんだい!
…ちびっこいのに、すでに博物館に行った息子くんがうらやましいぜっ…。
by chat #b3rz/hBI
2009/10/07(水) 13:30 [Edit
Re: 行きたい、行きたい!
●Chatちゃん●

コメント3連発、ありがとお!

> ドラムヘラー!
> 詳しくはないけれど、それでも大好きな恐竜たちが町ぐるみでいるなんて、素敵すぎ!!!

今回は色々とバタバタしてて町の写真がちゃんと撮れなかったんだけど、町中の至る所にカラフルな恐竜のオブジェが鎮座してるんだよ~。

恐竜好きには堪らない『恐竜パラダイス♥』だと思います!

> さすがに日帰りではムリだろうけど、いつか絶対行くんだい!

そうねー・・・片道一泊は最低必要だわね・・・。
でも道中色々立ち寄っていたら、やっぱり片道二泊は必要かな。

アタシ達が旅行に行く際、うちのニャンコ達の面倒をオファーしてくれた御礼に、御宅の猫ちゃんたち、4泊5日の間、普通のドライフードで良ければ(もしくは手作り御飯の作り置きを冷凍していて貰えれば)アタシがニャンズ・シッターに通いますよ~^^

> …ちびっこいのに、すでに博物館に行った息子くんがうらやましいぜっ…。

うん・・・でもね、本人、小さすぎて無関心っていうか、今は何にも覚えてないと思うわ・・・★

もう少し大きくなったら、また連れて行くつもりよー!
by きゃび #-
2009/10/08(木) 09:45 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


きゃびの「つぶやいちゃうわよ!」

更新祭り開催中!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

きゃび

Author:きゃび
西日本の某県出身。1999年6月、日本にてドデカいカナダ人(旦那)に遭遇。その後何故か付き合う事となり、1年7ヶ月の交際を経て、2001年4月、日本にて結婚。転居先の愛知県にて三年半の新婚生活を送った後、2004年8月、移民権取得と同時にカナダ・バンクーバーに移住。2008年5月、第一子となる息子誕生。2008年12月にバンクーバー郊外の某市にお引越し。2010年11月、第二子となる娘誕生。2011年7月、愛猫二匹のうちの一匹だった愛猫“うらら”が天に昇りました。それから一年半後の2012年12月新たに雌猫のセリーナを我が家に迎え入れました。現在、旦那・息子・娘・愛猫ティファ&セリーナと共に「笑い大いにアリ、涙たま~~~にアリ、大噴火けっこうアリ」の、お気楽主婦生活を送っています。

我が家の息子、今いくつ?

2008年5月10日生まれ

我が家の娘、今いくつ?

2010年11月10日生まれ

最新記事

最新のコメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

Locations of visitors to this page

Copyright © Cabbit in Canada All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。