10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.09.06 *Sun*

喧嘩の後は・・・&育児方針のギャップ

『♪ほっぺにチュ~

♪けんかのあと~は ほっぺにチュ~

♪けんかのあと~は ほっぺにチュ~ でも ちょ~っとはずかし~』


って歌があったわね、昔。
(この歌が唄えるそこの貴方はアタシと同年代ね・・・)


人によっては喧嘩の後は『ほっぺにチュー』も有りかと思うんだけど、我が家の場合、大喧嘩のあとは


鉢植えの植物


がやって来ますのよ。


今回は薔薇でした。
IMG_4590.jpg


キレイね~~~☆
IMG_4588.jpg


こんな変わった薔薇、初めて見たわ~。
IMG_4620.jpg


上から見たらゴージャスだけど、横から見ると可愛い。
IMG_4622.jpg




最近、口喧嘩のま~~~~多いこと。


「息子に対する接し方」に関して、アタシの意見と旦那の意見が食い違う事が主な喧嘩の理由なんだけど。


例えば


アタシは息子が悪い事をした時、息子がまだ1歳だろうが40過ぎだろうが、カミナリ親父の如く「くぅおらーー!!」と雷を落として叱るタイプなんだけど、旦那はそれがどうもイヤみたいで。


アタシに叱られて「エーンエーン」と泣く息子を旦那は「お~よち、よち。かわいちょうに~」とか何とか言いながら抱き上げて、ヨシヨシしながら


「そんなにキツく叱らなくても・・・。この子はまだ1歳なんだよ?君が言ってることも理解できてるかどうか分からない月齢なのに」


っていう訳。


確かに旦那の言う事も一理あるんだけど、


「それじゃあ、この子がアタシの言っている事を理解するのは一体、いつなワケ?それまで何をしても黙ってろと?っていうか、今は喋れないだけで、アタシが言ってる事を既に理解してるかもしれないじゃん!!」


とまあ、こんな感じに意見の食い違いによる『アメ(旦那) vs ムチ(アタシ)』の口論に発展する事が最近多く、ほんと疲れるわ・・・。


それに・・・・・もう、ほんっと~~に旦那は息子に甘いのよ。


基本的に「怒鳴らずに叱る・言い聞かせる育児」を推奨している人なんだけど、息子がどんなに悪い事をしても優しく「これはしちゃダメなんだよ。 いいかい? 分かった?」ってな感じで、アタシからすれば何とも心もとないと言うか、イライラさせられるというか・・・。

「甘い!そこはガツン!と言い聞かせなきゃイカン所だろーが!」みたいな・・・。


これはお互いの生まれ育った環境の違いから生じるギャップなんだと思う。

旦那は「怒鳴らずに叱る・言い聞かせる育児」な環境で育った人で、アタシは「悪い事をした時はガッツリ怒る育児」な環境で育ったのよね。


じゃあ、どちらの方法が育児に適しているのか?


それぞれの環境で育った二人の性格を分析してみると



●「怒鳴らずに叱る・言い聞かせる育児」で育った旦那●

・並大抵の事では動揺しない
・並大抵の事では怒らない
・並大抵の事では怒鳴らない
・くよくよしない
・気長である
・楽天家


●「悪い事をした時はガッツリ怒る育児」で育ったアタシ●

・ちょっとした事で動揺する
・ちょっとした事で怒る
・ちょっとした事で怒鳴る
・くよくよしがち
・短気である
・心配性



これは生まれもった物もかなりあると思うんだけど、もしも教育方針が性格形成にある程度の影響を及ぼしているとしたら・・・・・・


「アタシの育児方法の方が正しいわ!!」


とは胸を張って言えなくなってしまった・・・。(←墓穴を掘った感・大)


でも、でも、キツく叱る事も時には本当に必要だと思うのよ~~!!

でも、でも、でも、旦那の方法の方が性格形成にはいいのかな・・・なんて思い始めてきたりもしてて・・・。



感情の赴くままに怒鳴るのは簡単。


でも、怒鳴りたい気持ち抑えて言い聞かせ、理解させるのは難しい。


そんな事がアタシに出来るのか・・・。


いや、今の旦那&アタシを合わせた「アメとムチ育児」でいいんじゃないか?って違うだろ!!



育児って、本当に難しい。

日々考えさせられる事ばかりで、そして子から学ぶ事ばかり。

「子が親を育てる」って、こういう事なのかも・・・。


息子よ、今日もお母ちゃんを育ててくれてありがとう。
category : 息子の成長

COMMENT

うわっ、よくわかるわ、その気持ち!!

私なんて未だに悩んでるよ。

>>今の旦那&アタシを合わせた「アメとムチ育児」でいいんじゃないか?

いいんじゃないですか??ダメですか??

この辺の話は語ると尽きないので、また会ったときにでも育児談義に花を咲かせましょう。んでもって、先輩ママがいたら色々と聞きましょうよ。
by りのっちゃ #mQop/nM.
2009/09/16(水) 22:29 [Edit
Re: タイトルなし
●りのっちゃさん●

> うわっ、よくわかるわ、その気持ち!!
> 私なんて未だに悩んでるよ。

お解かり頂けますか!? あ~嬉しい!!
やはり、この手のジレンマは全ての子を持つ親が一度は通る道なのでしょうね・・・。
自分達の接し方が息子の将来の人格を左右するんじゃないかと思うと、余計に思い悩みます。
毎日、溜息の連続ですね。

> >>今の旦那&アタシを合わせた「アメとムチ育児」でいいんじゃないか?
> いいんじゃないですか??ダメですか??

いいでしょうかね?
混乱させちゃったりしないでしょうかね?
そういえば『アメとムチ育児』って、昔の日本の育児っぽいですよね。
(但し、アメが(母)で、ムチが(父)だったような気がしますが・・・)

> この辺の話は語ると尽きないので、また会ったときにでも育児談義に花を咲かせましょう。んでもって、先輩ママがいたら色々と聞きましょうよ。

そうですね、是非お願い致します~!
近々またお会いしたいですわ♡
by きゃび #-
2009/09/16(水) 23:20 [Edit
うちも同じですよ~~~~
子供が生まれてから、”子供”や”育児”についてで件が増えたような気が・・・・

言ってもまだ分からないベイビー(もうトドラーかしら・・)に、どうやって”言って聞かせる育児”をするの???って思うんですよね。。。。

それから、褒める育児。
あまり褒められて育った記憶がないから、褒めるのが難しい~。。。。。
by ぷーちゃん #O9eoALuw
2009/09/17(木) 05:36 [Edit
Re: うちも同じですよ~~~~
●ぷーちゃん●

こんにちは!


> 子供が生まれてから、”子供”や”育児”についてで件が増えたような気が・・・・


ぷーちゃんちもですか!?

ほんと、疲れますよねえ・・・。

これが最近の我家の喧嘩の理由No.1ですよ。

やはり、幼少期の子を持つ夫婦にとって『育児方針のすれ違いによる喧嘩』は避けて通れないものなんでしょうかね・・・TT

> 言ってもまだ分からないベイビー(もうトドラーかしら・・)に、どうやって”言って聞かせる育児”をするの???って思うんですよね。。。。

そうなんですよ!

うちの子って、私が怒って真剣に言い聞かせようとすればするほど、嬉しがってキャッキャッと声を立てて笑うんです・・・。

そういう反応を見ると、真剣に言い聞かせようとしている自分の行為が空しくなってくるんですよね・・・。
なので、この件に関しては日々悶々としております。


> それから、褒める育児。
> あまり褒められて育った記憶がないから、褒めるのが難しい~。。。。。


実は私も・・・。

息子が目に見えて凄い事を達成した時はすかさず褒める言葉が出るんですが、何かすごくマイナーな・・・些細な事を彼が達成した時、それでも旦那はすかさず「Good boy!」とか「Good job!」って言って褒めるんです。

でも私はその言葉が咄嗟に出てこないんですよねえ(あまりにも小さな事だから)。

で、毎回旦那に「彼に“Good boy!”って言った?」って確認される始末。

いやはや、怒るのは簡単ですが、褒めるのは意外と難しいもんですね。
by きゃび #-
2009/09/17(木) 23:20 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


きゃびの「つぶやいちゃうわよ!」

更新祭り開催中!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

きゃび

Author:きゃび
西日本の某県出身。1999年6月、日本にてドデカいカナダ人(旦那)に遭遇。その後何故か付き合う事となり、1年7ヶ月の交際を経て、2001年4月、日本にて結婚。転居先の愛知県にて三年半の新婚生活を送った後、2004年8月、移民権取得と同時にカナダ・バンクーバーに移住。2008年5月、第一子となる息子誕生。2008年12月にバンクーバー郊外の某市にお引越し。2010年11月、第二子となる娘誕生。2011年7月、愛猫二匹のうちの一匹だった愛猫“うらら”が天に昇りました。それから一年半後の2012年12月新たに雌猫のセリーナを我が家に迎え入れました。現在、旦那・息子・娘・愛猫ティファ&セリーナと共に「笑い大いにアリ、涙たま~~~にアリ、大噴火けっこうアリ」の、お気楽主婦生活を送っています。

我が家の息子、今いくつ?

2008年5月10日生まれ

我が家の娘、今いくつ?

2010年11月10日生まれ

最新記事

最新のコメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

Locations of visitors to this page

Copyright © Cabbit in Canada All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。