08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.09.13 *Sun*

Cultus Lake でキャンプ (後編)

カルタス湖で迎えた二日目の朝。


夜中の出来事なんだけど、アタシ、気が付いたら


寝袋の下に敷いたスリーピング・パッドから落ちて、固い砂利の上(といってもテントの床の上)で寝てました・・・。


どうりで底冷えがすると思ったよ!!

どうりで背中が痛いと思ったよ!!



これはうちの男衆の悪いクセなんだけど、

旦那も息子も、寝ている無意識の間に




アタシにすり寄って来るのよ~~~!!
(愛されるって大変!!)



だからアタシは寝ていた間に、二人から押しに押され、終いにはパッドから落ちてしまったわけ。

一体どれ位の間、地面に直寝していたのか分からないんだけど、朝起きた時はかなり背中が痛かったっす・・・TT


そうそう、この『スリーピング・パッド』、正式名称は『Self-inflating sleeping pad』なんですが、かなりお薦め!!

どれだけお薦めかという事は、日記の最後に書きまする~。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


カルタス湖で迎えた朝は、心地よい湖のさざ波の音と、鳥の鳴き声、そして明るい朝日の三つ巴。

目覚めてすぐにテントから出てビーチに行ってみると、お向かいの山のてっぺんが朝日に照らされてました。
IMG_4770.jpg

流石に今の時間では水が冷たすぎて、旦那は泳ぐ気にはなれなかったみたいよ・・・。

でも空気がヒンヤリしていて気持いい!!


今朝は本当に気持ちのいい清々しい朝で、「グッド・モーニング」って、本来はこういう事を意味するんじゃないの?って思うくらいで。

でも、そんなスンバラシイ朝も写真では表現できないのが残念。

IMG_4767.jpg

実際は、もっとイイカンジなのよ~~。


再びテントに戻って身支度を済ませた後、朝食の準備を開始。

今回の朝食はベーコン&ソーセージにスクランブル・エッグとサラダ、そしてトースト。
IMG_4773.jpg


朝食を作っていて気付いたのは、今回のキャンプの「忘れ物の多さ」!


まず、フライパンに引く油を持って来るのを忘れた。

おまけに、調味料を持って来るのを忘れた。


他にも何か忘れてたんだけど、それ自体を忘れちゃったわ・・・。

でも、トースト用のバターを持って来てたんで、それが油&調味料(塩)の代わりになってくれました。

前日のメニューが 『温めるだけのカレー&直火で焼くだけのホットドッグ』 だったもんで、ついつい油と調味料の存在を忘れてしまったのが今回の敗因。


次回は気をつけよう。



朝食後はチャッチャと撤収作業を進め、今回も30分ほどで撤収作業は完了。

そうそう、撤収作業中に他のキャンプサイトに昨晩泊まった人達が「テントごと」うちのサイトに歩いてきて、


「君たち撤収作業をしてるの?だとしたら、今晩この場所に泊まりたいんで、このテントを置いて場所をキープさせて欲しいんだけど・・・いいかな?」


と言って来たのよね。


うちはもう引き上げるんで、返事はもちろんOK。

彼らはうちのサイトの隅に彼らのテントを置いて去っていきました。

カルタス湖で連泊する場合、いい場所をゲットする方法としてこういう手を使うのもアリだわね。


そうこうしている内に、楽しかったカルタス湖を去る時間となりました。
IMG_4780.jpg


いや~本当にいい場所でした。

今度ここに来る時、また同じキャンプサイトに泊まれるといいなあ~。


湖に山に空に食に、沢山の面で楽しめた最高のキャンプでございました☆




●オマケ『Self-inflating sleeping pad』のススメ●

我家がキャンプ時に愛用している『Self-inflating sleeping pad』、厚みは5cmほどで『エア・マットレス』の4分の1位の高さしかないんだけど、(夏用以外は)断熱効果があるので、地面からの冷気を完全にシャットアウトしてくれるスグレモノ。

そのため、地面からの冷気を吸収しやすいエア・マットレスと比べ「下からの底冷え」が無く、寝袋の中をポカポカに保ってくれるので、低体温のアタシですらTシャツ&ヨガパンツだけでOKな事多し(旦那はいつもTシャツ&下着のみで寝てますわ・・・)。

前述したとおり厚みは5cmほどしかないのだけど、身体は地面にタッチしないし、程好い弾力があって寝心地もかなり良し。

「Self-inflating」の名の通り、バルブを開くだけで勝手に空気を吸い込んで膨らんでくれるので、準備もラクチン(バルブに口を直接つけて空気を追加する事で、パッドの硬さの調節も出来る)。

これから来年に向けてアウトドア用品を揃えようと思っている方で、「冷え性だ」「柔らか過ぎるマットレスが苦手だ」という方々には、是非お薦めしたいアイテムでございます。



ちなみにアタシ達はアウトドアショップのM.E.Cで購入した『MEC Kelvin 5.0 Stretch Sleeping Pad』を使用してます。

これを購入した理由は、そこにあった商品の中で最長(198cm:旦那の身長と同じ)で横幅も広かったのと、お店で実際に試し寝をしてみたら、凄く寝心地が良かったから。

レビューでは「何回か使う内に空気漏れがした」とか書いてあるんだけど、それはどの商品でも言える事だし、夏の間に酷使したにもかかわらず、我家のはまだ大丈夫。

旦那&息子に押し出されさえしない限り、快適な眠りを提供してくれています^^
category : キャンプ

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


きゃびの「つぶやいちゃうわよ!」

更新祭り開催中!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール

きゃび

Author:きゃび
西日本の某県出身。1999年6月、日本にてドデカいカナダ人(旦那)に遭遇。その後何故か付き合う事となり、1年7ヶ月の交際を経て、2001年4月、日本にて結婚。転居先の愛知県にて三年半の新婚生活を送った後、2004年8月、移民権取得と同時にカナダ・バンクーバーに移住。2008年5月、第一子となる息子誕生。2008年12月にバンクーバー郊外の某市にお引越し。2010年11月、第二子となる娘誕生。2011年7月、愛猫二匹のうちの一匹だった愛猫“うらら”が天に昇りました。それから一年半後の2012年12月新たに雌猫のセリーナを我が家に迎え入れました。現在、旦那・息子・娘・愛猫ティファ&セリーナと共に「笑い大いにアリ、涙たま~~~にアリ、大噴火けっこうアリ」の、お気楽主婦生活を送っています。

我が家の息子、今いくつ?

2008年5月10日生まれ

我が家の娘、今いくつ?

2010年11月10日生まれ

最新記事

最新のコメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

Locations of visitors to this page

Copyright © Cabbit in Canada All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。