10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04.16 *Fri*

ドライブ・インで『The Bounty Hunter』&『Kick-Ass』鑑賞

今日はハナ金。

そんな訳で、久しぶりにドライブイン・シアターで映画鑑賞でございます。


ここに来るのは久しぶり!

去年の8月以来だから・・・・・8ヶ月ぶり!!??

えー! うそー! うそー!

そんなに前に来たとは思えないんだけど!?

ほんとに時が経つのって・・・・。



まあ、これからはどんどんドライブ・イン・シアター向けの季節になってくるので、今日を皮切りに今年もちょくちょく利用させて貰いますよ。


あ、さて、

ここに来るまではそこそこの天気だったんだけど、到着してすぐにパラパラと雨が降り出してしまったわ。
IMG_6681_1.jpg

にも拘らず、シアター内はあっという間に満車状態に。

敷地内の売店で買ってきたチキンバーガー&ポテト(←これが超美味い!!多分、Costcoブランドのポテトだと思う)を車内でモシャモシャと食べつつ、映画が始まるまで待機。

そして今回観た映画はこちら。


アタシが「ちょっと観たい」と思っていた映画『The Bounty Hunter』
t_b_h_poster.jpg

『フレンズ』でお馴染みのジェニファー・アニストン、そして『オペラ座の怪人』『300』でブレイクしたジェラルド・バトラーのダブル主演ラブコメ・ムービー。

内容は、借金まみれで返済にあえぐ元・刑事マイロ(J・バトラー)が、些細な理由で賞金首となってしまった元妻ニコール(J・アニストン)を、彼女に捨てられた恨みも合わせ賞金稼ぎとなって追い掛け回すドタバタ映画。


ま~「ラブコメ」ですよ、ええ。


一応サスペンスも盛り込んではあるんだけど、シリアスさが全く無いのでドキドキハラハラする事無く、始終笑ってみてられる映画です。


それにしても、やっぱり、ジェニファー・アニストンはコメディエンヌしてる時が一番イキイキとしていてキレイ可愛い。
女のアタシの目から見ても「あ~~~か~わい~~~~!」って思っちゃうほど。

コメディードラマから脱皮しようと努力している彼女には悪いけど、シリアスな社会派ドラマは彼女には似合わないと思う。

「そんなクソ面白くない社会派ドラマなんぞ、クサレ元旦那のクサレ現パートナー女にやらせとけ!」と、『チーム・アニストン』のアタシは思うのであった。


逆に、ジェラルド・バトラーはコメディー&ロマンス映画では観たくないタイプ。
だって、アクが強いし、いつも無精髭で何故か小汚いんだも~~ん。

『ジェラルド・バトラー』といったらやっぱり・・・・







『300(スリーハンドレッド)』!!!
t_h.jpg

これは紀元前480年にペルシャ軍100万人 とスパルタ軍300人が激突した『テルモピュライの戦い』を描いた映画で、ジェラルド・バトラーは300人のスパルタ兵を率いるスパルタ王リオナイダス(レオニダス)を演じております。

もうね、この映画の中のジェラルドはとにかくカッコいいの!!!

普段の小汚さも、この映画では「ワイルド&精悍」といった感じで良い方向に見えてしまうのよ!!

戦いの最中のシーンでは大口全開で叫ぶように台詞を言うので、奥歯の虫歯治療痕(銀の詰め物)が丸見え!!
(ハリウッド俳優にしては珍しい。英国出身だからかな?)

でも、それさえも許せてしまうくらいカッコいいの!!

彼の持ち前の魅力が最大限に出た映画なのではないかしら?

もう彼には毎回このいでたちで登場して欲しいくらいなんだけど、それは無理なハナシっつー事で。



そして本日の『目玉映画』だったのがコチラ。

本日公開、アメコミが原作の映画『Kick-Ass』でございます。
k_a_poster.jpg

旦那が観たくて仕方がなかった映画だったので、アタシも仕方なく付き合って観ました、はい。

出演者はビッグ・ダディー役(ポスター内のバットマンみたいな人ね)のニコラス・ケイジ以外は新人の若手俳優ばかり。

そういえばケイジさん、深刻化している破産問題はどうなってるのかしら。
この映画の出演料が、少しでも借金返済に充てられる額だといいわね・・・。


さて、内容ですが、

スーパーヒーローに憧れていたオタク高校生デイヴは憧れだけでは物足りず、遂に通販で購入したボディー・スーツを着て「Kick-Ass」と名乗り、世直し行動を開始する(勿論、素人なのでとても弱い)。 しかし、ある出来事をきっかけに巨大組織から狙われる身となってしまい、本物のヒーロー(?)親子に助けられつつ、そして時には彼等に協力もしながら現実社会&裏社会を目の当たりにして心の成長を遂げていく、といった感じ。


詳しくは書かないけど、ヒット・ガール役の女の子(ポスター内の紫のウィッグを被った子)が超クール!!!!

エグいシーンが結構あるんだけど、あの小さな女の子が大男達をバッサバッサと倒していく姿は衝撃モノ。

え?

主人公の「Kick-Ass」ですか?




ど~~~~~でもい~~~~です。





かなり鬱陶しい存在です。

っていうか、このキャラクター、いらないです。

ビッグ・ダディーとヒット・ガールさえいればお腹一杯、満足です。

でも全体的にはなかなか面白い映画でした。

でも「DVDでも良かったなあ~」と思わないでもないんだけどね・・・。



本日3本目の映画『The Hurt Locker』は観ないで帰宅する事に。

『AVATAR』を負かしてオスカーを受賞した映画なので観たかったんだけど、2本目の映画の最中で息子が眠り始めたし、明日は朝から歯医者の予定が入っているので鑑賞は断念。

後でDVDで観る事にしよう。


いや~久しぶりのドライブ・インだったけど、今回もいつもの如く楽しく映画を観る事が出来ました。

category : 映画鑑賞

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


きゃびの「つぶやいちゃうわよ!」

更新祭り開催中!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

きゃび

Author:きゃび
西日本の某県出身。1999年6月、日本にてドデカいカナダ人(旦那)に遭遇。その後何故か付き合う事となり、1年7ヶ月の交際を経て、2001年4月、日本にて結婚。転居先の愛知県にて三年半の新婚生活を送った後、2004年8月、移民権取得と同時にカナダ・バンクーバーに移住。2008年5月、第一子となる息子誕生。2008年12月にバンクーバー郊外の某市にお引越し。2010年11月、第二子となる娘誕生。2011年7月、愛猫二匹のうちの一匹だった愛猫“うらら”が天に昇りました。それから一年半後の2012年12月新たに雌猫のセリーナを我が家に迎え入れました。現在、旦那・息子・娘・愛猫ティファ&セリーナと共に「笑い大いにアリ、涙たま~~~にアリ、大噴火けっこうアリ」の、お気楽主婦生活を送っています。

我が家の息子、今いくつ?

2008年5月10日生まれ

我が家の娘、今いくつ?

2010年11月10日生まれ

最新記事

最新のコメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

Locations of visitors to this page

Copyright © Cabbit in Canada All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。