10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.05.29 *Sat*

UBC Alumni Weekend

この時期になると、旦那の母校UBC(University of British Columbia)から『UBC Alumni Weekendの連絡がEメールで届きます。

これはとある週末にUBCで開催する各種イベントに “UBC卒業生とその家族を招待する” というもの。

去年はまだ息子が小さかったので行かなかったんだけど、今年は息子が楽しめそうなイベントが結構あったので参加してきました(ちなみに各種イベントを見学・体験するにはネットでの事前登録が必要)。


そんな訳で小雨降る午前10時過ぎ、UBCに到着。
IMG_7140.jpg

これは『UBC』と言われれば “咄嗟に思いつく建物” として有名な「時計塔&図書館」。


そのまん前には新設された図書館が建っています。
IMG_7136.jpg


ここに来た時、旦那が「そのテーブルみたいなヤツ(上の写真右下の物体)の中央にある円の上に立ってごらん」とうるさく勧めるのよ。


アタシが「ヤダ。上に上がるの面倒くさい。なんで?」と訊くと、


「絶対面白いから!騙されたと思って立ってみて!」としつこく上に上がれと言うので、旦那の手を借りてしぶしぶと上に上がり、円の上に立ってみたわ。
IMG_7138.jpg


コレの何が面白いんだ!?

っていうか、コレって何かの記念碑じゃないの!?

そんな物の上に立ってもいいのか!?アタシ!!


と心の中で葛藤していると、旦那が「そのままそこから動かずに真正面を向いて、大きな声を出してごらん」と言うので、正面を向いて「あいうえお~!」と大きな声を出してみると・・・・


自分の声が頭の中にゴワ~~ンと響く&周囲に声がエコーして聞こえる!!

これは面白い!


旦那に「これって、こういう仕組みになってる石碑なの?これで有名なの?」と訊くと、


い~や、ぜんぜん。6年前、●●資格取得の為にUBCに再入学したじゃない? その時にクラスメイトとこの記念碑の上に立って遊んでてさ~、偶然見つけたの。 だから、こうなる事を知ってるのは僕を含めて数人だけなんじゃないかな」


・・・・・・という事は、



やっぱ、この上には「立っちゃダメ」って事だろーーー!

みっともない事させんなよーーー!

っていうか、いいトシした男が何やって遊んでんだよーーー!




赤っ恥をかいた後は、本日最初の参加イベント『化学学部見学ツアー&化学マジック・ショー』に参加するため化学学部の建物へ。

新しい建物が連立するUBCにおいて、化学学部の建物は随分年季が入ってます。
IMG_7141.jpg

新しく増築してある部分もあるんだけど、殆どの建物内がこんな感じ。
建立から100年は経っているらしい。

小難しそうな検査機器が立ち並ぶ学部内を歩いて回った後は、ちょっと楽しみにしていた『化学マジック・ショー』を学部内の講義室で見物。
IMG_7142.jpg

ここで現役の生徒達&教授陣が化学を駆使した面白実験&マジック・ショーを披露。

爆音&火花飛び散るショーの連続に、息子は始終「ワ~オ!!」の連発。

アタシも凄く楽しんでたんだけど、息子も楽しんでくれているようでヨカッタ☆

教授の一人による液体窒素を使った『TVショッピング風クッキング・ショー』も面白かったです。


楽しかった化学学部の後は構内のカフェテリアでランチ。


ランチ後は構内のショップ(本や文房具、UBCグッズ、楽器、コンピューター、etc......と何でも売っているお店)に立ち寄り、ここで事前登録しておいた『クッキー作りイベント』に挑戦。

作成中にアイシングで手がベタベタになり、この時の写真は撮れず。

いや~死にそうなくらい甘いクッキーで、頑張ってた食べたけど半分残したわ・・・・(でも旦那と息子は完食)。


クッキー作りの後は休む間もなく『Beaty Biodiversity Centre』へ。
IMG_7167.jpg


ここには “地球上最大の生物” である『シロナガスクジラ(Blue whale)』の完全骨格が展示されています。
IMG_7156.jpg


このクジラは1987年に船との接触事故で死亡し、プリンス・エドワード島の海岸に打ち上げられたクジラ。
IMG_7160.jpg


当時の政府&研究チームは「後に骨格を掘り返す」という目的の下、長い月日をかけて、骨のみを残し、残りの部分を自然に戻す作業をするため、クジラの遺体を海岸の地中奥深くに埋めました。

そしてクジラが埋葬されてから21年が経った2008年5月。

長い年月によって血肉は自然に返り、骨のみとなったクジラが研究チームによって掘り返されました。


その時に掘り出された骨格がコチラ。
IMG_7164.jpg

「地球上最大の生物」なだけあって、スゴイ大きい・・・!!!(こわいよ~)


下から見てもスゴイ迫力。
IMG_7165.jpg


迫力のシロナガスクジラの骨格を見学した後は、旦那が本日一番楽しみにしていたイベント会場へ。

そのイベントが開かれるのは朝方に前を通ったUBC図書館。
IMG_7168.jpg


ここの講義室で、ベストセラー作家でありTVホスト、そしてUBC心理学部教授でもあるStanley Coren博士によるレクチャー『Animal Communication;  How to Speak Dog』が開かれます。
IMG_7169.jpg


アタシもこのレクチャーを結構楽しみにしていて、最初の5分ほど話を聴くことが出来たんだけど(その5分だけでも凄く面白かった!)息子がグズり始めてしまった。

講義を凄く楽しみにしていた旦那を会場に残し、アタシは周りの迷惑になる前に息子を連れてそそくさと退場。

息子のお昼寝の時間だったし、頑張って息子を眠らせてアタシも講義を聴きに戻ろうと思ったんだけど・・・。


息子、初めて見る場所にエキサイト。


周囲を走り回ったり、歩き回ったりしていっこうに眠らず。

1時間近く息子をロビーで追い掛け回し、最後のほうで「やっと寝た!」と思って講義室に戻ろうとしたら・・・・・


中から大拍手が・・・・。


そう、講義は終わってしまったのでした・・・・(涙)。 あ~あ・・・。


1時間近く息子を追い掛け回し、もうヘトヘトだったので「息子も寝たし、もう帰らない~?」と旦那に言うも、


「帰ってもいいけど『人類学博物館(Museum of Anthropology)』には行かないの?君はまだ一度も行った事ないでしょ?今日は入館料も無料だし、いい機会だから行ってみたら?君がどうしても帰りたいんなら帰るけど・・・」


と言われてしまった。


実はアタシ、この人類学博物館は「全く」と言っていいほど興味がない。 興味ゼロ。

お金を払ってまで見に来ようとは全く思わない(だから在加5年以上にもなるというのに一度も来なかった)。

確かに、今日みたいな “入館料無料” の日でもないと、一生来ないと思う。


なので、車を止めた駐車場の近くでもあったので、ちょっくら覗いてみる事にしましたわ。
IMG_7171.jpg


あ~・・・いきなりトーテムポールさまのお出迎えです。
IMG_7174.jpg


はいはい、大きいね~~・・・・。
IMG_7176.jpg


あ~これは本で見た事があるわ~。
IMG_7181.jpg


こういったファースト・ネイション(カナダ先住民族)アート以外にも、南米やアジアの骨董品が数多く展示されてました。


・・・・・でも、アタシの想像通りだったというか、なんというか・・・・。

コレクション的にはすごいと思うんだけど、アタシの心を釘付けにするような物は何一つございませんでした~。

ようやく一回来たので、もうここには来なくていいです、はい。


そんなこんなで駐車場を出たのは午後5時過ぎ。

なかなか楽しい7時間でした。


来年も行くかな~、どうかな~。

来年は来年で色々と忙しくなっていると思うので、来年は行けないかも。

category : 日常

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


きゃびの「つぶやいちゃうわよ!」

更新祭り開催中!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

きゃび

Author:きゃび
西日本の某県出身。1999年6月、日本にてドデカいカナダ人(旦那)に遭遇。その後何故か付き合う事となり、1年7ヶ月の交際を経て、2001年4月、日本にて結婚。転居先の愛知県にて三年半の新婚生活を送った後、2004年8月、移民権取得と同時にカナダ・バンクーバーに移住。2008年5月、第一子となる息子誕生。2008年12月にバンクーバー郊外の某市にお引越し。2010年11月、第二子となる娘誕生。2011年7月、愛猫二匹のうちの一匹だった愛猫“うらら”が天に昇りました。それから一年半後の2012年12月新たに雌猫のセリーナを我が家に迎え入れました。現在、旦那・息子・娘・愛猫ティファ&セリーナと共に「笑い大いにアリ、涙たま~~~にアリ、大噴火けっこうアリ」の、お気楽主婦生活を送っています。

我が家の息子、今いくつ?

2008年5月10日生まれ

我が家の娘、今いくつ?

2010年11月10日生まれ

最新記事

最新のコメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

Locations of visitors to this page

Copyright © Cabbit in Canada All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。