08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.19 *Sat*

『Boundary Bay Air Show』 &悲しかった一日

今日は朝からいい天気!

ここ数日グズついていた上に「週末の晴れ日」とあって、朝からルンルンでございます。

本日は、デルタにある 『Boundary Bay Airport』 で行われたエア・ショウの見物に行って参りやした。

空港の敷地内に入ると、ビンテージの飛行機がズラ~リ。
IMG_7289.jpg


天気に恵まれた事もあり、すごい人の数!!

エア・ショウが行われる滑走路脇にも、既にこんなにた~くさんの人達が場所取りをしてました。
IMG_7297.jpg


実はアタシ、エア・ショウを見るのは今回が初めて!!

あのアクロバット飛行とかが見れるのかと思うと、もうワクワクだわ~。


でもショウはいきなり「アクロバット飛行」からスタートせず、まずはパラシュート部隊の降下パフォーマンスで幕開け。
IMG_7295.jpg


そして戦闘機が物凄いスピードで滑走路を通り抜け・・・・
airshow2.jpg


「爆弾ドッカーン」みたいなパフォーマンスもあり(勿論、実際には爆弾を投下してません。地上に仕掛けてあった爆薬を爆発させてそれっぽく見せかけています)。
airshow1.jpg


後は、色々な年代のビンテージ飛行機の飛行パフォーマンス。
airshow3.jpg


レスキュー&探索用ヘリによるパフォーマンスもありました。
IMG_7328.jpg


この後で世界一、音が小さいヘリコプターとかも登場したんだけど、ここで我家に大ハプニング発生

お祭り会場の出店探索が大好きな旦那、自分は以前にエア・ショウを見た事があるので、ショウそっちのけで出店探索に出掛けてしまった。


アタシと息子を置いて。


息子は今、「ママよりダダ(パパ)、誰よりもダダが好き」な時期でして・・・。

(二人きりの時はそうでもないけど、アタシと旦那が一緒に座っていると、二人を引き剥がすような行動をするし、旦那と息子が遊んでいるリビングにアタシが入ると、アタシをリビングから押し出して追い出したりするの)


この時は通常のお昼寝時間で眠かった事もあり、旦那の姿が見えなくなった途端、息子、悲鳴に近い号泣を開始。

息子はストローラーに入ったまま悲鳴をあげつつ号泣していて、アタシが抱っこしてあやそうとしても、アタシの手を怒って払いのけ、ストローラーから出ようとしない。

かといって、ストローラーを揺らしても更に激しく悲鳴を上げて泣くばかり。


終いには、覚えたての言葉「HELP」を連呼して号泣する始末

何をやっても効果がなく、「HELP!」と叫びながら火がついたように泣き続けるため、周囲100mくらいの人達全員がアタシと息子に大注目&大ヒンシュクを買う始末。


せめて旦那が帰ってくるまで待とうと頑張ったけど、流石にもう居たたまれなくなり、猛スピードで帰り支度をし、その場を離れました・・・・(涙)。




旦那に何も言わずに立ち去ってしまったけど、もうそんな事はどうでも良かった。

パパっ子だと知っている息子を置いて、ほっつき歩きに行ったアイツが悪い。

急に居なくなったアタシ達が何処にいるか分からないだろうし、こんな広い敷地内&大量の人の中を探すのは大変になるだろうけど、そんな事ももう、どうでも良かった。

携帯を持たないアイツが悪い。




場所を離れる際も息子は叫びながら号泣していて、会場全体から「なんだ?なんだ?」といった感じで大注目され、中には「Poor baby・・・」なんて言う人も・・・・。



可哀想なのはアタシだよ!!


泣きたいのはアタシだよ!!


何にも知らないくせに、この阿呆ども!!





空港ロビーの中に入り、抱っこして落ち着かせようとするも、火がついたように泣いて抵抗し、更に泣き出す始末。

ロビーの中でもそこに居た人全員から大注目&大ヒンシュクを買い、ここでも居たたまれなくなってロビーの外へ・・・。


泣き叫ぶ息子を抱っこしたままロビー入り口の脇に腰掛けたんだけど、そこには沢山の小石が敷き詰めてあったのね。

それを見た息子、途端に上機嫌になって、小石で遊び始めました。




「アタシの抱っこはダメでも、小石なら泣き止むのか・・・・」と思いつつ、色々と考えた。




こういう時期があるっていうのは聞いた事があるけど、なんでこの子はアタシの事をこんなに嫌うんだろう?

「ママ」って言えるのに(←確認済)、2歳になっても未だにアタシの事を徹底して「ママ」と呼ばないのも、アタシを嫌ってるから?

確かに、アタシは息子を厳しく叱る一面があるし、あの子が激しく泣いて嫌がる歯磨きも毎日している。

旦那は一切怒鳴らないし、息子の歯磨きもしないし、あの子がアタシに叱られて泣いた時はいつも「よしよし」と言って息子を優しく抱きしめる。


あの子にも「逃げ場」は必要だから、アタシは旦那の息子に対する態度はそれでいいと思っているけど、その積み重ねがこんな形になって出てくるとは・・・・。




そんな風に考えていると急に悲しくなってきて、小石で遊ぶ息子の後姿を見ていると涙が出そうになった。


とそこへ、いきなり携帯に着信が。


電話をかけて来たのは旦那(近くの人に携帯を借りたらしい)。



旦那「会場中探し回ったよ!今いったい、何処に居るの!?」

アタシ「・・・・ロビーの入り口に居るよ」

旦那「さっきロビーまで探しに行ったけど、君達の姿は見えなかったよ」

アタシ「ちゃんと見なかったからでしょーが!!アタシとこの子はロビーの入り口に居るよ! ガチャン!」



携帯をブチ切った後、10分ほどして旦那がスムージー(フルーツジュース)を片手にやって来た。


旦那はスムージーをアタシに差し出しながら、事の顛末を後ろの席に座っていた人達から聞いた事、パパっ子の息子をアタシに残して一人でぶらつきに行ったのは悪かった事、そして大変だった時にその場に居なくて申し訳なく思っている事、を切々と話して謝罪してきた。

アタシはとにかく疲労困憊で怒る気力もなく、ただただ旦那の話をボ~ッと聞き流すのみ。


「もう家に帰りたい」


旦那にそう言うと、旦那は「今、アクロバット飛行が始まったところだよ?見たかったんでしょう?」と言うので、「そんなのもうどうでもいい。とにかく疲れたから帰りたい」と訴え、帰路につく事に。


車が動き出した途端、息子は眠りはじめました。


車の中で旦那に


「あの子は君の事を嫌ってなんかいないよ。 むしろ、君の事が大好きなんだよ?
どの子にもこういう『パパが一番』っていう時期があるのは知ってるでしょ?
それと、どうしてあの子が未だに君の事を『ママ』と呼ばないのか、僕にも理由は分からない。
君は常に彼と一緒に居るし、誰も君の事をあの子の前で ”ママ” って呼ばないから、「ママ=君」として結びついていないのかもしれない。
これからは、僕があの子の前で君の事をもっと “ほら、ママだよ” って言うように努力するから。
だからそんなに気を落とさないで。
君はあの子にとって “世界一のママ” なんだから」


と一生懸命、慰められた。


あ~そうですか。

余裕がある人は、言う事も余裕だわね~
(はい、卑屈になってます)


それに、『誰も君の事をあの子の前で ”ママ” って呼ばないから、「ママ=君」として結びついていないのかもしれない』な~んて言われても、あの子の場合、アタシが「ママ」だっていう自覚、ハッキリあるし。

あの子がせめて「ママ」って一言でもいいから言ってくれれば、後は毛嫌いされようと我慢できるのに・・・。



もうほんと悲しい・・・・・・・・・・。



とまあ、こんな感じの最悪の『エア・ショウ・デビュー』となりました。

今回の事がトラウマになっちゃって、もう当分、エア・ショウには行きたくない・・・。

category : 息子の成長

COMMENT

日記を読んでて思わずカキコしたくなりました。

息子ちゃん、今、パパっ子な時期なんですね。
いつもお世話するのは、ママなのに、パパって
いいとこばっかりとっていっちゃうよなーって
わたしも悲しくなったことありますよ。

とくに、3カ月目ごろかな。
一日中、息子の世話をして、オムツもかえて
あやしてってしてるのに、仕事から帰ってきた
旦那に満面の笑み。遊んでくれるのが嬉しいん
でしょうね。
私は、あなたのお世話係おばちゃんなんですか?って落ち込んだことがあります。

でも、思うに、やっぱり子供にはママが一番大事ですよ~。(と願いたい)
あまり、落ち込まないでくださいね~。優しい旦那さんも励ましてくれてることだしっ。
きっと息子君もママって言えるようになりますよ!


by Kelly #-
2010/06/22(火) 14:26 [Edit
ごめん。
お子さまが絡んでくると、私は何も言えない(というかいう資格がない?)のが申し訳ないです。

なんとなくは、大変さとか辛さとかは分かる気はするのですけど、でもそれは想像上のことだけであって、『公共の場で我が子が泣き叫んで周囲の奇異の視線を浴びる』とか『母と分かっているはずなのにそう呼んでもらえない』などという心の襞に食い込むような痛みはきっと、どれほど頑張っても分かってあげられないんでしょうね。

そういう、子どもに関する悩みや痛み、ついでに愚痴なんかを、本当は聞いて、少しでも楽になってもらいたいんですけど、そういうことはおそらく私じゃ無理ですよね…ごめんなさい。
それでも、『分かってもらえなくてもいいからとにかく吐き出したい』っていう時には、いつでもお付き合いいたしますので、遠慮なくおっしゃってくださいね。
長電話でも、我が家への来訪orあなたのところへお邪魔でも、お付き合いいたしますからねっ♪

ともあれ、ダーリンさんがあなたがなぜそんなに辛くて苦しいのかということに、ちゃんと聞いてくれる耳を持っているということに、私は良かったねと言いたいです。
『キミの所為だろ?』って言い放つだんなさまって、きっとかなりいると思うので。
なぜあなたが泣きたくなったのか、なぜあなたが自棄になってしまうのか、そういう理由をひとつずつちゃんと分かってくれようとするダーリンさんで、本当に良かったね。
by chat #b3rz/hBI
2010/06/22(火) 20:11 [Edit
Re: タイトルなし
●Kellyさん●

お帰りなさい!
日本は楽しめましたか?


> いつもお世話するのは、ママなのに、パパって
> いいとこばっかりとっていっちゃうよなーって
> わたしも悲しくなったことありますよ。


ね~、ほんとパパはいつも「良いとこ取り」ですよね。
母親はいつもガミガミ、でも父親は子供と四六時中一緒に居ないから余裕を持って子供に接する事が出来るのでいつもニコニコ。
そりゃ~いつも怒ってるママより、いつも優しいパパの方が良くなる時期はありますよね。


> 私は、あなたのお世話係おばちゃんなんですか?って落ち込んだことがあります。

そうですよね、私もほんとそれをよく思います。
でも今回のは一番キツかった・・・。

なんせ、周囲に向かって「Help!」って大泣きされましたからねえ。
世話おばちゃんを通り越して、まるで誘拐犯かなんかにされたような気分でした。


> でも、思うに、やっぱり子供にはママが一番大事ですよ~。(と願いたい)

私もそう願いたいです~~~TT


> あまり、落ち込まないでくださいね~。優しい旦那さんも励ましてくれてることだしっ。

有難うございます!

そうですね・・・あの人の優しさにはいつも救われています。
今回言ってくれた事も素直に聞いて「そうだね、有難う」って言えばよかったのに、何故か今は旦那に対して変なライバル心が芽生えてて、素直に聞き入れられませんでした・・・。良くないなあ。


> きっと息子君もママって言えるようになりますよ!

ははは・・・・流石にあと1年もして3歳にでもなれば言ってくれるようになりますかねえ・・・???
by きゃび #-
2010/06/23(水) 08:16 [Edit
Re: ごめん。
●Chatちゃん●

おはようございます~。


> それでも、『分かってもらえなくてもいいからとにかく吐き出したい』っていう時には、いつでもお付き合いいたしますので、遠慮なくおっしゃってくださいね。
> 長電話でも、我が家への来訪orあなたのところへお邪魔でも、お付き合いいたしますからねっ♪

有難う~~~~~~TT
そう言ってもらえるだけで「ああ、話を聞いてくれる人がいるんだ」と思えて心が少し軽くなります。


> ともあれ、ダーリンさんがあなたがなぜそんなに辛くて苦しいのかということに、ちゃんと聞いてくれる耳を持っているということに、私は良かったねと言いたいです。
>『キミの所為だろ?』って言い放つだんなさまって、きっとかなりいると思うので。
> なぜあなたが泣きたくなったのか、なぜあなたが自棄になってしまうのか、そういう理由をひとつずつちゃんと分かってくれようとするダーリンさんで、本当に良かったね。


そうですね、それは本当にその通りだと思います。
アタシの悩みを彼にバッサリ切り捨てられちゃったら「はい、それま~で~よ~」なんだけど、あの人は私の深層心理にまでくい込んできて、そこから問題を一緒に解決しようとしてくれるので・・・本当に有難いです。

でもアタシが怒ってる時に↑をヤラれると、かなり鬱陶しく感じて、余計に腹が立つんだけどね^^;
あ~いかん、いかん。

お気遣いの言葉、有難うございました!
by きゃび #-
2010/06/23(水) 08:26 [Edit
ジャパンからこんにちは。

何だか色々大変な一日でしたね。。せっかく楽しみにしてたエアーショーが見れなかったってのも悲しいけど。。

息子君、パパッ子なんですね。
ママがイヤだ!ってのよりも、単にパパに放っておかれたってのがよっぽどショックだったんじゃないかしら。
だからと言って、”HELP!!!”って叫ばれるのは想像出来ないくらい悲しかっただろうし、怒りもあったと思います。

子供の相手をし、きつく叱るときもあれば、遊んで欲しい時に遊べないこともあるから、
やっぱり一緒にいてて楽しいパパの方が良いのかな?って私も思うときがあります。
(前にお風呂の時に、バイバイ~って追い出されました・・・)

これから旦那さんに歯磨きをしてもらって、ママの所を逃げ場にするってのはどうかしら?

それから”ママ”ってまだ言わないみたいですけど、そのうち言えるようになりますよ!
さくらぼんもなかなか言えなかったけど、日本に来るちょっと前から言うようになり、今ではうるさいくらいです。
ってそれまで私とろくちんがうるさい位”マミー、ダディー”って言ってたけど・・・・

みんなが言ってるように、やっぱりお母さんだと思いますよ。
でもこの状況で“優しい”旦那さんに色々言ってもらっても素直になれない気持ちも良く分りました!
by ぷーちゃん。 #O9eoALuw
2010/06/23(水) 20:04 [Edit
Re: タイトルなし
●ぷーちゃん●

日本からありがとう~。
日本はもう梅雨入りしたかしら?


> 何だか色々大変な一日でしたね。。せっかく楽しみにしてたエアーショーが見れなかったってのも悲しいけど。。

もう散々な一日でしたわ。
エア・ショウも楽しみにしていたので、最後まで見る気になれなくなってしまったのは残念でした。


> 息子君、パパッ子なんですね。
> ママがイヤだ!ってのよりも、単にパパに放っておかれたってのがよっぽどショックだったんじゃないかしら。


それ、あると思うわ・・・。
おまけに眠い時間だったし、全ての悪条件が重なってしまったんですね、あの時。


> だからと言って、”HELP!!!”って叫ばれるのは想像出来ないくらい悲しかっただろうし、怒りもあったと思います。


そうそう!「HELP!」って叫ばれた時は、凄く悲しかったわあああ~~~!!!
それと同時に、息子に対してはイライラ、旦那に対して怒りが沸いて来て、爆発寸前でございました!


> 子供の相手をし、きつく叱るときもあれば、遊んで欲しい時に遊べないこともあるから、
> やっぱり一緒にいてて楽しいパパの方が良いのかな?って私も思うときがあります。
> (前にお風呂の時に、バイバイ~って追い出されました・・・)

どこのおうちも、やっぱりパパは「いいとこ取り」よね・・・。
でもそうなる事で、親子間の良いバランスが取れているとは思うんだけど。


> これから旦那さんに歯磨きをしてもらって、ママの所を逃げ場にするってのはどうかしら?

あ~~それだけは無理!!!
旦那の歯磨きってね、すごく「甘っちょろい」の!!

息子が泣こうが叫ぼうが歯磨きを最後まで遂行する私と違い、旦那は息子が嫌がるとすぐにそこでストップしちゃうの。
磨き方も全体的にソフトで、私から見れば「全くちゃんと磨けていない」状態でして、安心して任せられないんですよね・・・TT


> それから”ママ”ってまだ言わないみたいですけど、そのうち言えるようになりますよ!

「ママ」という単語自体は以前から言えるんだけど、その対象が私ではないんですよね・・・TT
「ママ」って言えるのに言わないんです。
ほんと、どうしてなんでしょうか・・・。


> みんなが言ってるように、やっぱりお母さんだと思いますよ。

そうだといいなあ~。


> でもこの状況で“優しい”旦那さんに色々言ってもらっても素直になれない気持ちも良く分りました!

そうなの~。
あんな状況で“優しい言葉”をかけてもらっても、旦那にジェラっている私としては素直に聞き入れられなかったんですよね・・・。 は~(溜息)。


慰めと共感の言葉、本当に有難うね!
by きゃび #-
2010/06/24(木) 10:12 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


きゃびの「つぶやいちゃうわよ!」

更新祭り開催中!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール

きゃび

Author:きゃび
西日本の某県出身。1999年6月、日本にてドデカいカナダ人(旦那)に遭遇。その後何故か付き合う事となり、1年7ヶ月の交際を経て、2001年4月、日本にて結婚。転居先の愛知県にて三年半の新婚生活を送った後、2004年8月、移民権取得と同時にカナダ・バンクーバーに移住。2008年5月、第一子となる息子誕生。2008年12月にバンクーバー郊外の某市にお引越し。2010年11月、第二子となる娘誕生。2011年7月、愛猫二匹のうちの一匹だった愛猫“うらら”が天に昇りました。それから一年半後の2012年12月新たに雌猫のセリーナを我が家に迎え入れました。現在、旦那・息子・娘・愛猫ティファ&セリーナと共に「笑い大いにアリ、涙たま~~~にアリ、大噴火けっこうアリ」の、お気楽主婦生活を送っています。

我が家の息子、今いくつ?

2008年5月10日生まれ

我が家の娘、今いくつ?

2010年11月10日生まれ

最新記事

最新のコメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

Locations of visitors to this page

Copyright © Cabbit in Canada All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。