06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.04.17 *Sun*

食文化の違いで感じる「国際結婚」



「うちって 『国際結婚』 だよな~・・・・」



と今更ながら、つくづく思う時があります。


それは、やはりと言うか何と言うか『食文化の違い』を感じる時なんだけど。

晩御飯を作るのが果てしなく面倒くさい時とか、献立が思い浮かばない時とかに旦那に


「今日の晩御飯、何が食べたい?」


ってよく訊くんだけど、その時帰って来る返事が




「グリルド・チーズ・サンドイッチ」

 →→→ 食パンにチェダーチーズを挟み、バターを両面に塗ってフライパンで焼くだけ


「ホットドッグ」

 →→→ ソーセージに火を通して、トーストしたホットドッグバンズに挟むだけ


「ナチョス」

 →→→ 手間は掛かるが、これは旦那が自分で作るのでアタシの手間はゼロ


「シリアル」

 →→→ ミルクをかけるだけ・・・・





という、「それって、晩御飯と言えるの?」といった献立ばかり。

でも、言ってる本人は至って真剣で「子供の頃から慣れ親しんでる食べ物だから、本気でそれが食べたい」って言うの。



さすが、ジャンク・フード大国の北米育ち・・・・。



こんなのって、「一汁ニ菜」が献立の基本である日本で生まれ育った人間には、絶対に有り得ない「晩御飯の選択」よね。


そういえば、旦那と付き合い始めたばかりの時に旦那に初めて手料理(一汁ニ菜)を振舞ったんだけど、その時目を真ん丸くして驚いている旦那に




「美味しそうだけど、どうしてこんなに沢山料理があるの? 次からは一皿でいいよ」




と言われて拍子抜けしたのを思い出したわ。

でも、あんなジャンクにまみれた北米スタイルの食生活で育った背景を思うと、あの発言も納得できる。


まあ、超手抜きが出来る料理(と言ってもいいのか?)なので「一日くらいなら、こんなのもアリか」と思って作るんだけど、アタシ的には絶対に「自分の晩御飯」にはしたくないメニュー。

なので、旦那用・息子用・アタシ用と3種類の御飯を作る事になっちゃうのよね・・・(結局、一番手間が掛かっているというか・・・)。


まあ、そんな時にアタシが自分用に作る晩御飯は旦那が苦手で、あまり好んで食べないものだったりする。

それはスパゲティーだったりするし、コレだったりもする。
misosoup.jpg

「一人用お味噌汁」です。

これ、市販の「インスタント味噌汁」じゃないのよ。

お椀に「小さじ1~2杯程度の合わせ味噌・出汁の素・乾燥わかめ・青葱」を入れたもので、これに熱湯を注ぎ、お味噌を良く溶くだけ。

鍋を使う事なく、あっという間に一人分の「飲みきりお味噌汁」が出来上がります。


旦那は和食が好きだけど納豆と味噌汁だけは苦手で、我が家でお味噌汁を飲むのはアタシだけ。

なので、一人分でもお鍋で作ると余っちゃうから「無駄なく、美味しく飲み切りたい」と思っていた時に思いついた方法なのよねん。


これに、おにぎりと日本茶を加えたら「シンプルかつ、最強の晩御飯」の出来上がり
(これに時々、甘い玉子焼きも加えるよ)
onigiri.jpg

これは先週日曜日の晩御飯。

そう、朝からゲロゲロで倒れてた日です。

夕刻になってようやくお腹が空いてきたけど、旦那が「作ろうか?」と言ってくれるメニューがどれもこれも食べたくないものばかりで・・・。

それでムックリと起き上がって、パパパッと作れる「一人味噌汁」と「おにぎり」を作ったの。


おにぎり食べて、お味噌汁飲んで、日本茶をすすると、身体の芯から暖かくなって、心底ホッとした。

旦那からすれば、グリルド・チーズサンドやホットドッグ、ハンバーガーを食べるとこんな気持ちになるのかしら?


じゃあ、息子や娘は?


両親の両方の食文化の中で育つ彼等にとって、将来「心底食べたくなる食べ物」「ホッとする食べ物」って、一体何になるんだろう??

基本、そういう食べ物って「おふくろの味」だと思うので、やっぱり和食?

いや、でも彼等が育つのは北米の地だしなあ~。

将来、何の料理があの子達の「好物料理」になるのか、今からちょっと楽しみです。


COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


きゃびの「つぶやいちゃうわよ!」

更新祭り開催中!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


プロフィール

きゃび

Author:きゃび
西日本の某県出身。1999年6月、日本にてドデカいカナダ人(旦那)に遭遇。その後何故か付き合う事となり、1年7ヶ月の交際を経て、2001年4月、日本にて結婚。転居先の愛知県にて三年半の新婚生活を送った後、2004年8月、移民権取得と同時にカナダ・バンクーバーに移住。2008年5月、第一子となる息子誕生。2008年12月にバンクーバー郊外の某市にお引越し。2010年11月、第二子となる娘誕生。2011年7月、愛猫二匹のうちの一匹だった愛猫“うらら”が天に昇りました。それから一年半後の2012年12月新たに雌猫のセリーナを我が家に迎え入れました。現在、旦那・息子・娘・愛猫ティファ&セリーナと共に「笑い大いにアリ、涙たま~~~にアリ、大噴火けっこうアリ」の、お気楽主婦生活を送っています。

我が家の息子、今いくつ?

2008年5月10日生まれ

我が家の娘、今いくつ?

2010年11月10日生まれ

最新記事

最新のコメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

Locations of visitors to this page

Copyright © Cabbit in Canada All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。