10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.02.24 *Tue*

生きた心地がしなかった一日

今日は朝からとんでもない事件が起きた我家。

書こうかどうしようか迷ったんだけど、「これを読んでいる同じ乳幼児を持つお母様方の注意になれば」って事で、思い切って書いちゃいますわ。


今朝、旦那が出勤した直後にディッシュ・ウォッシャーにお皿を入れていたのね。

息子はいつも通り、リビングで一人で遊んでおりました。


で、


5分ほど経って「やけに静かだな~。なんか悪さしてるな」と思って息子の方を見てみたら、昨晩アタシが食べてPCデスクの上に置きっぱなしにしていた菓子袋が床に落ちており、息子はその前に座り込んでまして。

PCデスクの上には手が届かないと思っていたのに、隣のTV台を使ってつかまり立ちしたみたいで、それでPCデスクの上の菓子袋に手が届い ちゃった様子。

そして、次の瞬間「あの袋の中には小さな乾燥剤が入ってた!!」って事を思い出して、息子に急いで駆け寄り、付近に乾燥剤が落ちていないか探したんだけど、空の菓子袋以外、床の上の何処にもなくて。


「まさか・・・」と思って、恐る恐る息子の口をこじ開けてみたら、


口の中に唾液でダラダラになった乾燥剤が!!!



それを見た瞬間、パニクちゃって息子の名前を絶叫!!


彼の口の中から乾燥剤を(拍子で飲み込ませないよう)ほじくり出し、息子を抱えてバスルームへ爆走。

泣き叫ぶ息子の口をこじ開け、指を突っ込んで鬼のように彼の口の中を水で洗いました。

救急車を呼ぶべきかどうか迷ったんだけど、息子は見たところ緊急を要するような状態ではないし(口を洗った後はケロリとしていた)、うちから旦那の職場は車で片道10分と近く、救急車を呼ぶよりも早くこちらに来れる可能性が高いので、旦那に帰ってきて貰う事に。

そして出勤したばかりの旦那の職場に電話をして即効で帰って来てもらい、その足で近くの総合病院の救急へ。

この時、当の息子はケロッとしてたんだけど、ちょっと落ち着いたアタシは車内で改めて自分を責めて涙涙・・・。


「なんであんな所に菓子袋を放置したのか」
「なんで食べ終わった時点で捨てなかったのか」
「アタシが付いていながら、なんでこんな事になったのか」


などなど。


旦那は「君のせいじゃないよ。子供は何でも口に入れる生き物だから・・・。」と言ってくれたんだけど、アタシは改めて自分の爪の甘さを実感したのでした。


そうこうしている内に病院に到着し、救急外来へ。

救急では待たされるに違いないと思っていたんだけど、『乳児+薬物事故』って事で優先扱いしてもらえ、先に来て待っていた人達を全員スキップしてすぐに医師に看てもらえました(待っていた方々、すみませんでした・・・)。よかった!!!

実際に口に入っていた乾燥剤を持参して医師に見せたら、


「あ~、この(乾燥剤が入っている)袋は子供が口に入れる可能性を想定して、かなり頑丈に作ってるみたいだから大丈夫。 噛んでいた間に針穴ほどの穴が開い たみたいだけど、内容物はその穴よりも大きいし、その穴からわずかな粉末を飲み込んじゃったとしても、害を及ぼすほどの量ではないよ。 この袋を丸ごと3袋飲み込んじゃったんなら即効で開腹手術だけどね。 脈拍も呼吸も正常で熱もないし、元気にしてるし大丈夫。 ただ、今日は水を沢山飲ませて。 万が一、様態が急変するようならまた連れてきて」


って事でした。

ドクターの言葉を聞いて、もう心底ホッとしましたわ・・・!

旦那は「万が一の事態」に備え、そのまま一日有給をとって傍にいてくれました。
帰宅後は、家中の彼の手が届きそうな場所から物を撤去したのは言うまでもありません。

今までは届かなかった場所も、つたい立ちをするようになった事で簡単に手が届くようになってしまった事で起きた今回の出来事。

今まで以上にアンテナを張って息子を監視しないといけないな・・・と改めて思い知りました。

うちの息子と同じくらいの月齢の御子さんをお持ちのお母様方、どうぞお気をつけ下さい。

もうこんなハラハラは経験したくないけど、ハラハラどきどきを積み重ね、親として学んで成長していくんだな・・・と痛感した今日の出来事でした。

とにかく、息子に何事も無かった事に感謝です。
category : 息子の成長

COMMENT

何もなくて良かったですね!!!

この時期の子供ってほんと(旦那さんのいう通り)何でも口にいれますよね。
でも、”歯”が生えだしてるから、口にいれるだけじゃなく、包装(紙)も破って。。。になるから、余計に心配ですよね。

色んな事ができてくるのがうれしい反面、更に目が離せなくなってきますね。
でも本当に、そうやって子供も親も気が付きながら、成長していくんだと思ってます。

by ぷーちゃん #O9eoALuw
2009/02/26(木) 06:38 [Edit
良かった
大事に至らなくて、本当に良かったです。
子供は突拍子もないことをするし、親は十分な注意が必要ですよね。
うちも昔、ミニカーで遊んでいてミラーを飲み込んでしまいました。
ミラーが無くなってるな~。どこかに転がってるか?
って思っていたら、翌日息子の体内から排出されてびっくり!
器官などに引っかかってたら大事になることもあるそうです。

きゃびさんも書かれてますが、こうやって色々な事があり、これからどうすれば良いのかということを身に付け、親として成長していくのでしょうね~。
by ゆいとマミー #6moyDOY6
2009/02/26(木) 09:10 [Edit
Re: タイトルなし
●ぷーちゃんさん

>何もなくて良かったですね!!!

有難うございます!
ほんと、大事に至らなくてラッキーでした。
もう少し発見が遅れて、あの袋を噛み破っていたとしたら・・・と思うとゾッとします・・・。

ぷーちゃんさんの仰るとおり、「歯が生えてきてくれて嬉しい」「摑まり立ちが出来るようになって嬉しい」と息子の成長を喜ぶ反面、それによる問題も発生するんだな、と身を持って学べた出来事でした。

ほんと、気を引き締めて育児に当たらないといけませんね!!
by きゃび #-
2009/02/26(木) 10:12 [Edit
Re: 良かった
●ゆいとマミーさん

> 大事に至らなくて、本当に良かったです。

有難うございます!
本当に今回の事はラッキーだったと思ってます。
でも、毎回こんな風にラッキーとは限らないので、もっと気を引き締めなくては・・・と思ってます。

> うちも昔、ミニカーで遊んでいてミラーを飲み込んでしまいました。
> 翌日息子の体内から排出されてびっくり!

それは凄い・・・!
ちゃんとウンチと一緒に出てきてくれて良かったですね!!
器官に詰まったりしたら、それこそ一大事でしたものね。
ゆいと君に何事もなく、本当に良かったです!

今回の事はもう2度と経験したくない出来事でしたが、それを経験した事によって学んだ事もあったように思います。
by きゃび #-
2009/02/26(木) 10:17 [Edit
これを読んでどきどき、ウルウルです。
長い1日だったとお察しします。ほんとうに大事に至らずよかったです。

子供の行動範囲は徐々に広がるのでなく、ある日突然ぐんと広くなりますよね。それも親の想像以上に。

ほんと他人事じゃないです。
我が家はついつい二人目だから、自分も既に知ってることだし、と、呑気にかまえてる所があるけど、二人目だからなおさら上の子の細かいパーツの玩具などが近くにあふれてる。。。
だから、もっと細心の注意を払わねばと、心を引き締めさせられました。
by みりん #JalddpaA
2009/02/26(木) 22:29 [Edit
Re: タイトルなし
●みりんさん

>ほんとうに大事に至らずよかったです。

有難うございます!
今から思い出しても、背筋が寒くなるような出来事でした。

> 子供の行動範囲は徐々に広がるのでなく、ある日突然ぐんと広くなりますよね。それも親の想像以上に。

本当にそうですよね!!
ほんの1ヶ月ちょい前までは小さなプレイマットの上だけだった行動範囲が、今では部屋中で、しかも床から高さ1mまでが危険範囲!
息子の成長を喜ぶ反面、驚異的な行動範囲の拡大ぶりに戸惑う事も多いです・・・。

> 二人目だからなおさら上の子の細かいパーツの玩具などが近くにあふれてる。。。

兄弟がいると、自動的にそういう環境になりますね、そういえば・・・!!
上のお兄ちゃんはもう小さい物を口に入れたりはしないけど、同じ部屋にいる下の子は・・・・って事ですから、更なる注意が必要になりますよね・・・。

二人目を考えている身としては、その点も真髄に受け止め、対処法を考えておかねばならないと、みりんさんのコメントで気付きました。
有難うございました!
by きゃび #-
2009/02/26(木) 23:17 [Edit
何ともなくって、本当に良かった!
私もハラハラ、ドキドキしながら読んで、途中で涙腺が
ゆるくなりました。。。。あー、息子君に何もなくて本当に、
本当に良かった!&きゃびさんもあまり自分を責めない
でくださいね。

失敗したときには、誰かが言っていた

「子育ては反省はしても、後悔しちゃいけない」

という言葉を私は思い出すようにしています。
親(私たち)は完璧じゃない、子供と一緒に成長し、学ぶことも
多い。失敗もある。その後のきゃびさんの対処(だんなさんへ
連絡、救急へ)はベストな判断で、さすが!と思いましたよ。
by りのっちゃ #mQop/nM.
2009/02/27(金) 11:08 [Edit
よかったーほっとしました!
あぁ~~~よかったねぇ!!
開腹なんて……!胃洗浄とかでも、もんんんんのすごくかわいそうらしいから
本当に何もなくてよかったー。
油断はしてはいけないけれど、案外子供は頑丈に出来ているんですよね。
冷やっとすることがあっても、それが大事に至らなかったのなら
2度とすることのないように、気を付ければ
そのこと自体が、育児の糧になっていくよね。
何事も初めてなのだから、失敗なんてつきもので
逆に、はっとする経験をしなければ、慣れてしまって注意がおろそかになってゆく気がするんです。
車の運転みたいに。大事故じゃなければ、それを教訓にすれば、って。
自分を責めそうになったとき、常にそう思うようにしています。

ところがうちのだんな様。
自分が失敗してしまうと、ひかに痛い思いをさせてしまった自分に怒れてイライライライラ…
「俺はできないから、もう次からやらない!」的な雰囲気。
昨日もちょうどそんな出来事がありました。
どうやら、私にはできて、自分は失敗するっていうのが悔しくて面白くないみたい…
私からしたら「んなもん、母親歴15年の私と同じ高さに立つ方がおかしいわ」と思うんだけどね…
で、私がアドバイスしても「どーせ俺は…」て感じでね。
ひかの育児と、「父親育て」に忙しいですわー
by もんつき #d2BIx89.
2009/02/27(金) 22:50 [Edit
Re: 何ともなくって、本当に良かった!
●りのっちゃさん

> あー、息子君に何もなくて本当に、本当に良かった!

有難うございます!
りのっちゃさん御自身が大変な最中、御心配おかけしてすみませんでした・・・。
その後、体調はいかがですか??

> 「子育ては反省はしても、後悔しちゃいけない」

この言葉、ガツン!と来ました。
もう後悔だらけですわ、私の子育て!

そうですね、本当にそうですよね。

後悔してもやってしまった過去は変わらないし、それなら今の私がするべきなのは、反省をして、同じ事を繰り返さないよう努力する事、なんですよね。

> 親(私たち)は完璧じゃない、子供と一緒に成長し、学ぶことも多い。

ああ~今ウルウルって来ました~(TOT)
正にその通りですね・・・!
完璧じゃないから子供と一緒に間違って、一緒に学んで、一緒に成長する。
その事を、今回身を以って学んだと思います・・・。
私も、息子と一緒に成長しているんだなあ・・・。

りのっちゃさん、とっても素敵な言葉を教えて下さって、有難うございます!
これから教訓にさせて頂きますね!
by きゃび #-
2009/02/28(土) 01:27 [Edit
Re: よかったーほっとしました!
●もんつきさん

> あぁ~~~よかったねぇ!!

有難うございます!
御心配おかけして申し訳ありませんでした。

> 開腹なんて……!胃洗浄とかでも、もんんんんのすごくかわいそうらしいから本当に何もなくてよかったー。

あんな小さな(標準よりはデカイですが)身体にメスを・・・なんて考えると眩暈がします・・・。
お友達の御子さんがやはりうちの息子と同じ位の月齢の時に胃洗浄を経験したそうなんですが、そんなに可哀相なものだったんですね・・・!

> 逆に、はっとする経験をしなければ、慣れてしまって注意がおろそかになってゆく気がするんです。

それは本当にそうだと思います。
出来れば経験はしたくないですけど、した事によって更に注意は増しますよね、確実に・・・。
今ではほんのわずかな瞬間でも息子が静かにしていたり、変わった物音を立てたりしていると即効で目が行くようになってしまいました・・・^^;

> 「俺はできないから、もう次からやらない!」的な雰囲気。
> どうやら、私にはできて、自分は失敗するっていうのが悔しくて面白くないみたい…

私も負けず嫌いな部分があるので、御主人の気持ち、なんとなく分かります・・・^^;

うちの旦那は父親業も10ヶ月目に入ろうとしているのに、未だにオムツ替えが信じられないくらい下手で、毎回私が手直しするんです。
まともに出来たのって、この10ヶ月間の間で片方の指で数えられるくらいじゃないですかね。

それでも旦那はオムツ替えを止めようとはしないんです。

それは「いくらオムツ替えが下手でも、子供のオムツが汚れていれば、それを替えてあげるのが親の義務。 妻が忙しくて替えられないのであれば、代わりに替えてあげるのが夫の義務」と思っているからで・・・。

『子育て』って、夫婦で「張り合う」んじゃなくて、「協力し合って」成り立つ物なんですね。

オムツ替えを通して、旦那からそれを教えられたような気がします。
ほんと、教えられてばかりですね、私。

もんつきさんの御主人だけじゃなく、私も周囲の人・育児の先輩方から色々と叱咤激励を頂きつつ、手探りで子育てをしている状態です^^;

御主人に「お互い頑張りましょう!」とお伝え下さい!

そして、もんつきさん仕事・育児・御主人への対応と、体力&精神的にとても大変だと思いますが、御身体を労わりつつ頑張ってくださいね!
by きゃび #-
2009/02/28(土) 02:56 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


きゃびの「つぶやいちゃうわよ!」

更新祭り開催中!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

きゃび

Author:きゃび
西日本の某県出身。1999年6月、日本にてドデカいカナダ人(旦那)に遭遇。その後何故か付き合う事となり、1年7ヶ月の交際を経て、2001年4月、日本にて結婚。転居先の愛知県にて三年半の新婚生活を送った後、2004年8月、移民権取得と同時にカナダ・バンクーバーに移住。2008年5月、第一子となる息子誕生。2008年12月にバンクーバー郊外の某市にお引越し。2010年11月、第二子となる娘誕生。2011年7月、愛猫二匹のうちの一匹だった愛猫“うらら”が天に昇りました。それから一年半後の2012年12月新たに雌猫のセリーナを我が家に迎え入れました。現在、旦那・息子・娘・愛猫ティファ&セリーナと共に「笑い大いにアリ、涙たま~~~にアリ、大噴火けっこうアリ」の、お気楽主婦生活を送っています。

我が家の息子、今いくつ?

2008年5月10日生まれ

我が家の娘、今いくつ?

2010年11月10日生まれ

最新記事

最新のコメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

Locations of visitors to this page

Copyright © Cabbit in Canada All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。