06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.07.31 *Sun*

満喫!スタンレー・パーク

旦那のサマージョブが昨日で終わり、ようやく我が家に「夏休み」がやって来ました。



「この3週間は家族と殆ど触れ合えず、うららの死に目にも会えず、本当にしんどかった。
だから、今日からは家族で夏休みを楽しむぞー!」



と息巻く旦那。


そんな夏休み初日の「行き先」に我が家が選んだのは


「スタンレー・パーク」



これまでに数え切れない程訪れている為、余程の事でもない限り来ようとは思わないスタンレー・パーク。

今日はダウンタウン・バンクーバーでゲイ・プライド・パレードが開催されるため、鬼混みとなるであろうダウンタウンに隣接するスタンレー・パークに敢えて来る事にしたその理由は



スタンレー・パーク内にある「バンクーバー水族館」にあるのです。
IMG_0920.jpg

去年の7月に年会員になって以来、何回来たかすらも覚えていないくらい利用しまくったバンクーバー水族館。


なんと今日が、年会員の『期限最終日』なの~~~。


それもあって、ここにやって来たのです!

最後まで利用しないとね~~。


しかし哀しい哉、あまりにも来た回数が多すぎて、殆どの水槽の前を素通り状態・・・(-_-;)

息子が一番興味を示したのはこの『イルカ水槽』と
IMG_0922.jpg(イルカさん達はお仕事中だす)


この『ラッコ水槽』くらい。
IMG_0928.jpg

うーむ、やはり見飽きてしまったかな!?


でも、でも!!


現在、バンクーバー水族館にて「夏季限定」で『バード・ショウ』をやってるの!!

イルカプールにて、調教された鳥3羽がショーをするんだけど、その内の一羽がなんと



『白頭鷲』!!
be.jpg

こんな近くで、ましてや調教された白頭鷲なんて初めて見たよ、アタシは!


調教師の指示に従い、遠くの足場台からアタシ達の目の前にあった足場台に飛び移ってきた白頭鷲の連写をば。



「バサバサーッ」
be1.jpg




「あらよっとっと」
be2.jpg




「着地成功!」
be3.jpg




「キラーン☆」
be4.jpg

このショー、元々はバンクーバー・アイランドで行われている物なのだけど、もしも今回の夏季限定ショーが好評だった場合、夏以降も継続するかも・・・との事。

まあ、新鮮で面白いとは思ったのよ。



でーーーもーーーねーーー、



「ここは水族館だよね? で、これは鳥だよね? 『水族館でバード・ショー』とは、これ如何に」



ってアタシ的には思うんだけど「面白ければ何でもいい」って感じなんでしょうか? そうですか。


バード・ショーを観て水族館を後にする事にしたアタシ達。

今回の息子の反応を見て「年会員を継続するかどうするか決めよう」と話していたのだけど、今日の息子の反応を見た限りでは、今年は年会員になる必要は無さそう。

来年か再来年、息子がもっと海洋生物に興味を示すようになったら、また会員手続きをしよう、という事になりました。


水族館の後は、小腹が空いたのでウォーターパーク近くのフード・スタンドで軽食を取る事に。
IMG_0946.jpg


そしたら、




裏の森から、いつの間にやらラクーン(アライグマ)が数匹登場。
IMG_0951.jpg

「え~ちょっくら失礼いたしやすよ」


人間の食べ残しを狙って、堂々と森から人前に出てきちゃうのね。


この毛色、体系、食べ残しやおこぼれを狙って足元をうろつく仕草・・・・・・元気だった頃の “うらら” みたい。


旦那も同じ事を思っていたらしく、すぐに旦那と目が合って「・・・・うららを思い出すねえ・・・」と言ってしんみり・・・。









そんな「しんみり気分」が一気に消えてしまうような光景が目に入ってきました。


ラクーンに近付いて写真を撮っていた外国人観光客の団体の一部が、可愛い写真撮りたさ(?)に、このラクーンに自分達が食べていたハンバーガーやホットドッグ、スナックを小さくちぎって与え始めたのよ!!


それを見た旦那、彼らに向かって




「野生動物に食べ物を与えるんじゃない! 

君らのすぐ横に掲げてある注意看板が見えないのか!」




と一喝。

(ちなみにその注意看板には「野生動物に近付いたり、餌付けをしたりしない事」といった事がイラスト付きで書かれてある)


彼らは「なんで? なんで餌をあげちゃいけないの?」と訊ねてきたので、



カナダでは、都市公園や国立公園等の場所で野生動物にむやみに近付いたり、餌を与えたりする事が禁じられており、違反した場合は罰金が科せられるケースもある。

これは、人間が食べ物を与える事によって動物達が自然の中で餌を探す事を辞めてしまったり、人間を恐れず人里に現れるようになる事で事故に遭ったり、食べ物を求めて人間を襲うようになったりする事を防ぐ為。




といった事を旦那が説明。


それを聞いた彼らは「それは知らなかった、教えてくれて有難う」と言って、餌付け行為を止めたのでした。


こんなに可愛いもんね。 彼らが餌をあげたくなる気持ち、凄く分かるよ。
IMG_0953.jpg

だけど、餌付け行為は決して彼らの為にならないので、ここは心を鬼にして彼らを無視しなくては、なのです。

この場にいる時点で、観光客達によって既に餌付けされてしまっている可能性大なのだけど、頑張って自然の中で餌を探すのよ!!



軽食の後は、腹ごなしも兼ねてスタンレー・パーク内のウォーター・パークで遊ぶ事に。
IMG_0958.jpg

晴天&日曜日という事もあって家族連れで大賑わい。

日差しがかなりキツかったので、アタシと娘は木陰で見物。



「ワタチはまだお水で遊べないの??」

IMG_0959.jpg


うーーん、まだちょっと君にはお水が冷たいかな。

それに、まだ歩けないし。

来年はお兄ちゃんと一緒にウォーター・パークで遊ぼうね。



ここで30分ほど水遊びをし、息子の身体が冷えてきたので引き上げる事に。
IMG_0961.jpg


息子を着替えさせて、これまたスタンレー・パーク内にあるブロックトン・ポイントにある灯台までを歩く事に。
IMG_0966.jpg

冷夏のバンクーバー、晴れてはいるけど潮風は凄く冷たい!

特に旦那のTシャツはさっきのウォーター・パークで濡れたままなので、冷たい潮風が濡れたTシャツに当たってエライ事になってます。


灯台までの道中にある『女性ダイバーの像』。
IMG_0967.jpg

1972年に彫刻家より寄贈され、この地に設置された等身大ブロンズ像。

旦那は子供の頃からずっと 『人魚姫の像』 だと思ってたそうな。



ウォーター・パークから歩くこと約20分、灯台に到着~。
IMG_0970_20110810162559.jpg


灯台には勿論鍵が掛かっていて、中には入れません。
IMG_0973.jpg

にも拘わらず、息子が何度も「マミー、鍵持ってる?」と訊いてくるのが可笑しかった^^;

もし持ってたら、速攻で開けて中に入れてあげるんだけどね~。


灯台の後は、車を止めた駐車場に向かって歩きます。
IMG_0974.jpg


ちょうど、豪華クルーズ客船が出航した場面に遭遇。
IMG_0981.jpg

な~んてゴージャスな客船☆


いつかこんなクルーズ船に乗って、アラスカなりカリブ海なり行ってみたいもんだわ。
IMG_0983_20110811155137.jpg


船はライオンズ・ゲート・ブリッジを通過して、バラード入江に出ます。
IMG_0984.jpg

何処に行くのか知らないけれど、気を付けて行ってらっしゃーい。



ふ~~~、ようやく車を止めた付近まで戻ってきました。
IMG_0993.jpg

ここは観光バスや観光客が必ず立ち寄るポイント。

正面には海を挟んだダウンタウン・バンクーバー、そして背後には・・・・


トーテム・ポール。
IMG_0990.jpg

スタンレー・パークには何度も来てるのに、こんな風にトーテム・ ポールの前で立ち止まったのはハネムーンの時以来、初めてのような???

というか、こんなにスタンレー・パークを満喫したのは初めてのような気がする。

5時間近くもいた事に気付いて驚いたわ。

思いの外楽しかったので、晴れたらまた遊びに来る事にしましょう。

category : 日常

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


きゃびの「つぶやいちゃうわよ!」

更新祭り開催中!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


プロフィール

きゃび

Author:きゃび
西日本の某県出身。1999年6月、日本にてドデカいカナダ人(旦那)に遭遇。その後何故か付き合う事となり、1年7ヶ月の交際を経て、2001年4月、日本にて結婚。転居先の愛知県にて三年半の新婚生活を送った後、2004年8月、移民権取得と同時にカナダ・バンクーバーに移住。2008年5月、第一子となる息子誕生。2008年12月にバンクーバー郊外の某市にお引越し。2010年11月、第二子となる娘誕生。2011年7月、愛猫二匹のうちの一匹だった愛猫“うらら”が天に昇りました。それから一年半後の2012年12月新たに雌猫のセリーナを我が家に迎え入れました。現在、旦那・息子・娘・愛猫ティファ&セリーナと共に「笑い大いにアリ、涙たま~~~にアリ、大噴火けっこうアリ」の、お気楽主婦生活を送っています。

我が家の息子、今いくつ?

2008年5月10日生まれ

我が家の娘、今いくつ?

2010年11月10日生まれ

最新記事

最新のコメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

Locations of visitors to this page

Copyright © Cabbit in Canada All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。