08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.08.03 *Wed*

『Burnaby Village Museum』へ

今日も朝からピーカンです。

旦那のサマージョブが終わってからというもの、毎日出歩いている我が家。

本日も出歩いて来まして、今回出先として選んだのが



『バーナビー・ビレッジ・ミュージアム(Burnaby Village Museum)』
IMG_1021.jpg


バンクーバー市のお隣のバーナビー市が運営する『バーナビー市歴史博物館』で、1920年代のバーナビー市の町並&生活が屋外に再現されています。
IMG_1026.jpg

アタシ、こういう場所ダイスキなのよ~~!!

『京都太秦映画村』とか、そういう類の場所ーーー!!!(例えが変ですか??)


なのに、お友達が教えてくれるまで、ここの存在を全く知らなかったアタシ。

存在を知って以来ず~~~っと来たいと思っていたから、こんな良い天気の日に来れて嬉しい☆


しかも今年は開館40周年記念という事で、



今年いっぱい入館料が無料!!



この存在を、今年知る事が出来て良かったーーー!



とまあ、そんな感じでウホウホとやって来たのですが、今日は天気が良過ぎて、暑いのなんのって!

クーラーが壊れている我が家の車、道中の車の中も暑かった!


そんな訳で着いて早々、ビレッジ内のカフェで休憩と相成りました。
IMG_1028.jpg


アイス食べてホッと一息。
IMG_1033.jpg

なかなか感じの良いカフェでした。
IMG_1042.jpg


アイスで涼んだ後はビレッジを散策。


まずは当時の学校へ。(ちなみに建物は再現ではなくオリジナル)
IMG_1025.jpg

バーナビー湖の北側に1922年に建立、1983年に当ミュージアムの現在地に移築されました。


国は違えど、なんとなく懐かしい感じがする教室。
IMG_1022.jpg

アタシが通っていた小学校も床が板間で、あんな感じのストーブが付いてたからかなあ。

建立当時、ここでGrade1~Grade7(小学一年~中学一年)までの子供達20人が、一つの部屋で一人の先生から勉強を教わっていたそうな。

たった一人の先生が、たった一つの教室内で、ここまで年齢幅のある子供達にどうやって勉強を教えていたんだろう!?


こちら色々な物を売っていた当時の雑貨屋さんを再現した建物。
IMG_1047_20110813171953.jpg

アタシが写真を撮っていた間に旦那と息子はスタスタと中に入ってしまい、「待って~~」と後に続こうとしたら、上の写真に写っているスタッフのオネーさん(可愛いかったわあ☆)に声を掛けられ、アンケートに答える事に。

そしたらオネーさん、「アンケートに答えてくれてありがとう♪ これ、御礼です♪」と言って、


ミュージアム名物 『メリーゴーランド』 の無料券(2枚)をくれましたーーーっ! ありがと~~♪


通常は一人2.25ドルなのよね。

入館料も無料、メリーゴーランドも無料だなんて、無料無料でなんだか申し訳なくなって来たよ・・・(汗)。

今気付いたんだけど、タダ券で舞い上がっちゃって、肝心の雑貨屋さんの中の写真を撮るのをド忘れしてたわ・・・。

なので雑貨屋内部の写真は無し~。


お次は『写真館』へ。
IMG_1048.jpg


1920年代当時に撮られた白黒写真をカラー処理して展示しています。
IMG_1052.jpg


カラー処理された写真の中の、1920年代当時の子供達。
IMG_1051.jpg

写真に色が付いてるせいか、約90年前の写真とは思えないね。

もし彼らが存命であれば、御年100歳前後・・・・いやはや、なんとも不思議な感じです。



ところ変わって、こちらは『理髪店』。
IMG_1054_20110813171952.jpg


こちらは『薬局』。
IMG_1056.jpg


緑生い茂る中に佇むこの建物は、『Elworth』と名付けられた当時の邸宅(オリジナル)。
IMG_1066.jpg

Edwin Bateman氏が1922年に建てた家。


ちなみにこれは、1924年にこの家で執り行われた同氏の息子の結婚式の様子を、当時の写真を元に再現したもの。
IMG_1058.jpg

マ、マネキンが・・・(汗)。

夜に見たら怖そうだわ・・・。


こちらのウェディング・ケーキ&飾り付けも、当時の写真を元に忠実に再現したもの。
IMG_1059.jpg

か~わいい~。

乙女心がくすぐられるわ~☆



キッチンにて、当時のバター作りを体験させてもらった息子。
IMG_1063.jpg


「ぐるぐるぐる~~~」と一生懸命かき混ぜてるんだけど、なんでもこの作業、小一時間続けないとバターは出来上がらないらしいわ・・・^^; (ちなみに中の液体はクリームではないと思うわ)
IMG_1062.jpg

当たり前ですが、途中でギブアップです。


そして遂にやってきましたBVM名物 『メリーゴーランド』!
IMG_1070_20110813172737.jpg

こちらのメリーゴーランドはなんと1912年製!

来年で100歳!

勿論、大規模な修復が施されているのだけど、1912年製作当時の姿に修復されています。


前回、シアトルの『ウッドランド・パーク動物園』で乗ったメリーゴーランドは二人乗り可の馬があったけど、こちらは一人乗りのみ。
IMG_1079.jpg

なので、小さい子供を乗せる時は親が隣に立って、こんな感じに支えて一緒に乗ります。


お友達曰く、このメリーゴーランド「かなりスピードが出る」らしいので、まだ小さな娘は見物のみ。
IMG_1072.jpg

来年には乗れるかな?


いつもならアタシはカメラマンに徹し、乗り物等には乗らないのだけど、メリーゴーランドから降りて来た旦那に


「そういえばアタシ、物心付いてからメリーゴーランドに乗った覚えが無いわ」


と言ったら、








無理やり乗せられてしまった・・・・・・・!!
mokuba_1.jpg


ひええええええ~~~~~!!!


めちゃくちゃ速いわよ、これ!!!


かなり『遠心力』を体感できます!!


っていうか、ハッキリ言って「お子様の乗り物」ではないわよ、これ!!!




降りてから、フラフラしながら旦那にそう言ったら、



「そりゃそうさ~。 メリーゴーランドってね、ジェット・コースターが登場する前は


“絶叫マシン”


に位置づけされていた乗り物なんだから。」



とアッケラカーンと言われてしまった。



え~~~~そうなの~~~~???

でも、そう言われれば納得できるわ、あの速さは。

すっかり「お子さまの乗り物」だと思って甘く見てたぜ、メリーゴーランド。

このメリーゴーランド、乗り物し易い人にはお勧めできませんです、はい。




お次はこの大きな建物へ。 中には・・・・
IMG_1121.jpg


路面電車がドドーンと入ってました。
IMG_1105.jpg


1913年~1958年までの45年間、その座を市バスに取って奪われるまで 『公共交通機関』 としてバーナビー市内~メトロ・バンクーバーを走った『都市間路面電車1223号』です。
IMG_1106.jpg


素晴らしい修復技術のお陰で、概観も内装も、まるで製造したばかりのようにキラキラ&ピカピカ!!
IMG_1117.jpg

なんだか路面電車内とは思えないような内装。


ここは「喫煙室」。
IMG_1118_20110813172810.jpg

半世紀以上前なのに既に「禁煙室」と「喫煙室」があったなんて凄いね。

日本なんて、ここ15年ほどだものね、そうなったの。

「技術面や、マナー面で、当時の西洋は日本よりも進んでたんだな~」と、この路面電車を見て思ったのでした。


この時点で既に4時。

このミュージアム、市が運営している施設なので4時半には閉まってしまうの~。

だからここからは駆け足で見て回るハメに。

ここは『ベーカリー』。
IMG_1125.jpg

今とあんまり変わらないね。


こちらは『中国漢方のお店』。
IMG_1127.jpg

凄く精密に再現してあって、今にも奥から中国人のオイちゃんが出て来そうでした。


ここで4時半、タイムアップ!!


最後には牛と記念撮影してBVM探訪は終了~となりました。
IMG_1137.jpg

息子的には楽しんでくれたかどうか分からないんだけど、アタシ&旦那的には・・・



かなり楽しかった!!



ここではハロウィーン&クリスマス・シーズンにイベントが行われるらしいので、その頃にまた来ようと誓ったアタシ達夫婦なのでした。

今度はもっと早く来て、ゆっくり見て回りたいわあ。


category : 日常

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


きゃびの「つぶやいちゃうわよ!」

更新祭り開催中!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール

きゃび

Author:きゃび
西日本の某県出身。1999年6月、日本にてドデカいカナダ人(旦那)に遭遇。その後何故か付き合う事となり、1年7ヶ月の交際を経て、2001年4月、日本にて結婚。転居先の愛知県にて三年半の新婚生活を送った後、2004年8月、移民権取得と同時にカナダ・バンクーバーに移住。2008年5月、第一子となる息子誕生。2008年12月にバンクーバー郊外の某市にお引越し。2010年11月、第二子となる娘誕生。2011年7月、愛猫二匹のうちの一匹だった愛猫“うらら”が天に昇りました。それから一年半後の2012年12月新たに雌猫のセリーナを我が家に迎え入れました。現在、旦那・息子・娘・愛猫ティファ&セリーナと共に「笑い大いにアリ、涙たま~~~にアリ、大噴火けっこうアリ」の、お気楽主婦生活を送っています。

我が家の息子、今いくつ?

2008年5月10日生まれ

我が家の娘、今いくつ?

2010年11月10日生まれ

最新記事

最新のコメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

Locations of visitors to this page

Copyright © Cabbit in Canada All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。