08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.10.15 *Sat*

「歯科」と「駄々コネ」と「博物館」の、なが~い一日

今日はアタシ&旦那が歯科クリニックで予約が入っている日。

まずはアタシが中に入り、1ヶ月以上仮歯が被っていた奥歯に新しいクラウンが装着されました。


凄く自然&キレイな仕上がりで大満足~~~~


笑うと微かに見える歯なんだけど、アタシの他の歯と全く同じ色で、言わない限り分からない!

クリニックの皆様~、いい仕事をして下さって有難うございました!


アタシと入れ替わりで旦那がクリーニング&チェック・アップの為に診察室に入ったので、アタシは息子&娘を連れてすぐ近くのマクドナルドへランチに。


ランチの後は、これまたすぐ近くにある本屋『Chapter's』のキッズ・コーナーで息子を放流。
IMG_2235.jpg

ここは歯科の待ち時間の間に時間を潰すのに調度いいのよね~。


調度いいんだけど・・・・


クリーニングが済んだ旦那と合流した後、旦那がここで息子の大好きなスターウォーズのLegoブロックがあるコーナーをウッカリ見せちゃったものだから、



「あのLegoブロック、買ってーー!!



と息子、店内で大泣き。


息子、もう十分過ぎるくらいLegoブロックを持ってるのね。

スターウォーズのシリーズも幾つも持ってる(←旦那が事ある毎にホイホイ買い与える)。


だから


「ダメ。 Legoブロックなら沢山持ってるでしょう? 今持ってる物を大事にして遊びなさい。」


と言っても


「NOOOOOOOOOO! あれが欲しいの!!!!!」



と言って大号泣。


いい加減アタシも「こんにゃろ」って感じになって来て、


「いい加減にしなさい! 泣いたら何でも思い通りになると思ったら大間違いだからね!」


と、三歳児に言い聞かせているのか、それとも窮地に立たされると毎回泣き落としに入る女に怒りの渇を入れてるのか、自分でも良く分からなくなってくるような説教を息子にし、旦那に泣き喚く息子を担がせて店外へ。


が、


それで泣き止むわけもなく、車を止めた場所に行くまでの間、ず~~~~~~~~っと泣き喚きっぱなしでしたわ。



これが 『Horrible three's(三歳の反抗期)』 か!?

そうなのか!?



先週の土曜日、サウス・グランビルで泣き喚いていた男の子を見かけた方、それはきっとうちら一家です・・・・。


しかし、駄々をこねる事はあっても、こんな長い間、泣き喚いてグズるのは珍しい。

基本的には単純と言うか、聞き分けは良い方の部類なんだけど。


体調が悪いんだろうか???


車中でもずっと泣きっ放しだったので、歯科クリニックの帰りにほぼ毎回立ち寄る公園に今回も連れてきた。
IMG_2239.jpg

隣で息子が怪獣のように泣き喚いていたにも拘らず、娘は車が動き出した途端「午後のお昼寝タイム」に突入してしまったので、アタシは娘と一緒に車中に居残りです。


旦那の膝に乗せられて、泣きじゃくったままブランコに乗っている息子。
IMG_2237_20111018162028.jpg 

遠目で見てたんだけど、15分くらいブランコに乗ってたかなあ・・・。

その後、息子の機嫌が直ったのか、遊具で元気に遊び始めました。


凄く天気の良い日だったので、二人を待っていた間、アタシはシートを倒し、サンルーフを開け、青い空をボーンヤリと眺めてました。
IMG_2246_20111018162027.jpg


「あ~気持ちいいぞ~~~~。 もう少しで寝ちゃうぞ~~~~。」って感覚になって来た時、遊び終えた息子と旦那が車に戻って来ました。

息子の機嫌はすっかり直っていて、いつもの息子に戻ってた。


は~やれやれ。


旦那、お疲れさん。


「これからどうする?」と旦那に訊かれ、何故かいきなり「フッ」と思い立ち、とある場所に立ち寄る事にした。


去年、
UBC Almuni Weekendでやって来た、UBC(ブリティッシュ・コロンビア大学)内にある『Beaty Biodiversity Museum(ビーティ生物多様性博物館)』です。
IMG_2253.jpg

ここにはメスのシロナガスクジラの完全骨格標本を筆頭に、200万以上の生物標本が展示されてます。

前回来た時は製作途中の博物館だったのだけど、今はもう完成しているという事で行ってみたよー。


入り口から入った途端、大きな大きなシロナガスクジラ様の骨格標本がドドーーーンとお出迎え。
IMG_2256.jpg

閉館1時間前を切っていた事もあり、人はまばら。

そして閉館一時間前という事で、入館料が半額になった!

知らなかったとは言えラッキーだった。



娘はここに来るのは今回が初めて。
IMG_2258_20111018162615.jpg

去年ここに来た時は、君はまだアタシのお腹の中にいたからねー(妊娠5ヶ月だった)。


これは下から見た骨格標本。
IMG_2260_stitch.jpg

余りに巨大過ぎて一枚の写真では収まらず、二枚撮ってパノラマ加工してます。


ここで本物のクジラの『歯』と一緒に記念撮影。
IMG_2262.jpg

なんだか今日はやけに『歯』に関連する日ですな。


ここから200万を超える展示物を見て回るんだけど、いきなりこの手の展示からスタート・・・。
IMG_2265.jpg

真っ先に「モンタナ・レストラン」が頭に浮かんだよ、アタシは・・・(←店内にこういった飾りがしてあるのよ・・・)。


この他にもほんっとーーーーーーーーーーに凄い数の、様々な生物標本が展示してあってですね、グロいホルマリン漬けが陳列してあったりして、思わず足早に通り過ぎる展示も多々あったわ。


展示の一番最後にはキッズコーナーも設けてあって、ここで子供達が学習したりクラフト遊びが出来るようになってます。

そのキッズ・スペースで一休みしているところ。
IMG_2269.jpg

今日も娘はお外でも上機嫌。

本当に楽な子で助かるわー。


旦那がトイレに行っている間、アタシと息子、娘は試写室で映像鑑賞。
IMG_2274.jpg

去年来た時はクジラスペースしか見えなかったから分からなかったのだけど、かなり充実した博物館で驚いた。

これは同じUBC内にある、ガイドブックでも有名な
『Museum of Anthropology(人類学博物館)』よりよっぽど面白いので、まだ行った事が無い人、日本から家族・知人が遊びに来る人は、是非是非、観光の一部にお連れすると楽しいと思うわ。 お勧めよっ!



帰りの車に乗った途端、二人は撃沈。
IMG_2280.jpg

長い一日だったものね。

お疲れ様でした。

category : 日常

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


きゃびの「つぶやいちゃうわよ!」

更新祭り開催中!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール

きゃび

Author:きゃび
西日本の某県出身。1999年6月、日本にてドデカいカナダ人(旦那)に遭遇。その後何故か付き合う事となり、1年7ヶ月の交際を経て、2001年4月、日本にて結婚。転居先の愛知県にて三年半の新婚生活を送った後、2004年8月、移民権取得と同時にカナダ・バンクーバーに移住。2008年5月、第一子となる息子誕生。2008年12月にバンクーバー郊外の某市にお引越し。2010年11月、第二子となる娘誕生。2011年7月、愛猫二匹のうちの一匹だった愛猫“うらら”が天に昇りました。それから一年半後の2012年12月新たに雌猫のセリーナを我が家に迎え入れました。現在、旦那・息子・娘・愛猫ティファ&セリーナと共に「笑い大いにアリ、涙たま~~~にアリ、大噴火けっこうアリ」の、お気楽主婦生活を送っています。

我が家の息子、今いくつ?

2008年5月10日生まれ

我が家の娘、今いくつ?

2010年11月10日生まれ

最新記事

最新のコメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

Locations of visitors to this page

Copyright © Cabbit in Canada All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。