07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.01.22 *Sun*

週に一度の「贅沢茶」!

去年の感謝祭の頃だったかな? 

義姉がBFと一緒にサンフランシスコに旅行に行ったのよ。


その時のサンフランシスコ土産の一つとして、彼女がこの『チャイ』をくれたのです。
IMG_3515.jpg

サンフランシスコでは有名なお茶の専門店(らしい)
『SAMOVAR』のチャイ。

食いしん坊なアタシの事だから、



「では、さっそく試飲を!!」



・・・・・と行きそうなのだけど、実は我が家は結構色んな種類のお茶を既に常備してありまして、この頂いたチャイは2ヶ月ほど手付かずのまま、お茶棚にしまいっ放しになってたの。


そして年が明け、子供達が寝静まった週末の夜に旦那とTVゲーム(『バイオハザード5』・・・・アラフォー夫婦が夜中に何やってんだか・・・)をしてたら、なんだか喉が渇いちゃって、



「あ、そういえばお義姉さんから貰ったチャイがしまいっ放しになってた。飲んでみようか?」



という話になり、パッケージを開けてみたら・・・



こんな感じになっていました(これは開封後)。
IMG_3513.jpg

なんとこれ『チャイ用のスパイス』のみでして、中国茶がブレンドされてはいるものの、これだけではチャイは作れないらしい(これに手持ちの紅茶を足す必要があるんだって)。

同封されていた「チャイの作り方(2人分)」を読んでみたんだけど、これがまあ、なかなかややこしい。


① 2カップのお湯を沸騰させ、大さじ2杯の砂糖を溶かす。

② 砂糖が溶けたら “お手持ちのお好みの紅茶葉” 大さじ1杯と、当製品大さじ2杯を入れ、5分煮る。

IMG_3509.jpg


③ カップ1杯のミルクを②に注ぎ、沸騰直前で火を止める。
IMG_3521.jpg

④ 火から下ろし、蓋をして5分蒸らす。


⑤ ④を漉して、カップに注いで出来上がり。

IMG_3529.jpg


やっと出来た~~。

お茶一杯飲むのにこんなに手間をかけたの、初めてかもしんない。

「これで薬みたいな味がするチャイだったら辛いな~」と思いつつ、旦那と同時に一口ゴックン。

夫婦揃って開口一番、





「うわっ これ美味しい!!!!!」





今まで飲んだチャイの中でも、間違いなくダントツのトップ!!

ほんと、一番美味しい!!!



旦那と「美味しい、美味しい」と言いながらあっという間に完飲してしまった。


ちょうど翌日に義姉に会う予定だったので、チャイがとても美味しかった事、そしてカナダでも取り寄せが可能かどうかを訊いてみたのよ。

そしたら、


「あのチャイ、超美味しいでしょ!?

私達もお店で飲んでビックリする位美味しかったから、自分達と貴方達のお土産用に買ったんだけど、なーんと
一箱が約20ドルもするのよ。

それはまあいいとして、一番の問題はカナダまでの送料なのよ。


サンフランシスコからカナダまでの送料が何故か20ドルも掛かるんですって!!


とっても美味しいけど、チャイ一箱に40ドルっていうのはちょっとね・・・」


との事。



カナダまで取り寄せたら、一箱が40ドルになるチャイ・・・!!!



嗚呼、君はそんな高級な「おチャイ様」だったのか・・・・!!!!


50ドル以上の購入をすればアメリカ国内であれば送料無料になるらしいので、最寄のアメリカの郵便局留めにするって手もあるけど、義姉と共同購入しても40ドルちょいにしかならないんだよね。


あ~あ、凄く美味しいのに残念。


これからは「週一の楽しみ」としてチョビチョビ飲むとしますか・・・・・、いや、材料は分かってるから自分でブレンドしてみるか!?


・・・・いや、無理無理・・・・。


ビンボー症丸出しでチョビチョビ飲みます・・・・。


category : 日常

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


きゃびの「つぶやいちゃうわよ!」

更新祭り開催中!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


プロフィール

きゃび

Author:きゃび
西日本の某県出身。1999年6月、日本にてドデカいカナダ人(旦那)に遭遇。その後何故か付き合う事となり、1年7ヶ月の交際を経て、2001年4月、日本にて結婚。転居先の愛知県にて三年半の新婚生活を送った後、2004年8月、移民権取得と同時にカナダ・バンクーバーに移住。2008年5月、第一子となる息子誕生。2008年12月にバンクーバー郊外の某市にお引越し。2010年11月、第二子となる娘誕生。2011年7月、愛猫二匹のうちの一匹だった愛猫“うらら”が天に昇りました。それから一年半後の2012年12月新たに雌猫のセリーナを我が家に迎え入れました。現在、旦那・息子・娘・愛猫ティファ&セリーナと共に「笑い大いにアリ、涙たま~~~にアリ、大噴火けっこうアリ」の、お気楽主婦生活を送っています。

我が家の息子、今いくつ?

2008年5月10日生まれ

我が家の娘、今いくつ?

2010年11月10日生まれ

最新記事

最新のコメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

Locations of visitors to this page

Copyright © Cabbit in Canada All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。