05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.03.16 *Fri*

嗚呼、愛と哀しみの日本語教育・・・

今日は息子の日本語学校の日だった。




日だったんだけど、




日本語学校の建物を見た途端、息子、号泣して登校拒否。

今週から職場が春休みで一緒に来ていた旦那に付き添われて学校に入って行ったんだけど、それでも号泣して「I want to go home! I want to go home!」の繰り返しで、ひきつけを起こしそうな勢いだったので、今日はクラス参加は諦める事に・・・・。







はあああああああああああああああああああああああああ・・・・・
(溜息)。







息子が日本語学校を苦痛に感じている事は気付いてはいた。

日本語学校の日はいつも「日本語学校に行きたくない」って言ってたし、自分の意思で日本語を話そうとしない彼にとって、日本語オンリーで進む学校で過ごす3時間は、退屈以外の何物でもないって事も気付いていた。

「でもそれも、授業を重ねて行く事によって、少しずつ変わってくるんじゃないか」っていう、祈りにも似た希望を持っていた。


でも再登校を始めて2ヶ月ほどになるのに状況はUP&DOWNの繰り返し。

そしてとどめが本日のこの事態(今日はダディがいるので、甘えているのもあるとは思う)。




・・・・日本語学校、辞めさせた方が良いんだろうか?

アタシだけの力でどこまで教えられるか分からないけど、自宅学習オンリーに切り替えた方がいいんだろうか?

それとも、このまま登校を強行するべき?





と色々な事で頭がグチャグチャになりながらチャイニーズ・レストランで飲茶を食べ(悩みがあっても腹は減るのさ・・・)、帰宅し、子供達を旦那に預け、アタシ一人で外出した。



向かった先は、お友達の家。


既に他の友人達も到着していて、そこでお友達手作りの美味しいみたらし団子とコーヒーを頂きながら、全員で日常生活の面白かったこと、子育て、そしてバイリンガル教育の難しさについて5時間ほど語り合った。

今日の事も聞いてもらい、皆から色々と経験談やアドバイスをもらっていたら、不覚にも泣きそうになった。



そして今は



「アタシと息子にとって “正念場” なんだな~・・・」



と思った。



そして



「アタシがもっと、しっかりとした意思を持って日本語で接さなくちゃいけないんだ」



って痛感した。




我が家では


アタシと旦那の会話 『英語70%、日本語30%』

旦那から息子への言語 『英語100%』

アタシから息子への言語 
『英語50%、日本語50%』


といった割合で会話が行われてるのね。


数字にしてみて改めて思ったけど、日本語、少ないね・・・・(-_-;)



やはり、日本語を流暢に話す子供達のお母さん方は、日常会話はほぼ100%日本語で子供達に接しているらしいから、その差は歴然。

それに日本語で話しかけても、「それどういう意味?」と訊かれた時に英語で説明する事になるから、やっぱり英語と日本語が半々になってしまう。


難しいところだわ・・・。


でも!


とにかく!



今は、英語の割合をこれ以上増やさないよう(でも英語も大事だと思ってる)、少しでも日本語の割合を増やせるよう、がんばってみようと思う。

どう転ぶか分からないけど、こればかりは、アタシが踏ん張るしかないと思うし。


本日声を掛けて下さったMさん、そしてもう一人のMさん、Rさん、話を聞いてくれて、沢山のアドバイスを下さって有難う。

皆さんを励みに、アタシもがんばる!

category : 息子の成長

COMMENT

だいじょーーーぶ。
おひさです(^-^)
キャビさん、落ち込まないで。
日本語なんてね、できたらいいけど、できなかったらそれでいいの。そんなもんよ。
優しく、元気に育ってるんでしょう?
家族が仲良く暮らせることが一番よ。
by Y #JalddpaA
2012/04/03(火) 18:39 [Edit
Re: だいじょーーーぶ。
●Yさん●

Yさん、こんにちは~!


> キャビさん、落ち込まないで。
> 日本語なんてね、できたらいいけど、できなかったらそれでいいの。そんなもんよ。

そうですね、本当にそう。
英語でも、喋ってくれて、コミュニケーションが取れてるだけで本当に有難い事なんですよね。
それなのに「漢字の読み書きは出来なくていいから、せめて日常会話だけでも・・・」とついつい欲張ってしまいます。
ああ、欲深いなあ・・・。


> 優しく、元気に育ってるんでしょう?
> 家族が仲良く暮らせることが一番よ。

もう、ズシーンと来ました、そのお言葉!

日本語に限らず、息子が今とても難しい時期なのもあって頭を抱える毎日なんですが、数年後には「あの時は大変だったな~」と懐かしく思えるだろう、という希望を持って、家族と日々を過ごして行こうと思います。

優しい励ましのお言葉、有難うございました!<(_ _)>
by きゃび #-
2012/04/04(水) 20:57 [Edit
お久しぶりです。あの日の事ですね~~。うちも、今だに日本語学校は、内心行きたくない様子・・・。ようやく、泣いたり、ダダをこねなくなったけれど、それでもここに来るまで半年はかかりました・汗。
こっちで子育てをしていると、語学の事は悩みますね。分ります。何が子どもにとっていいのか?難しいところですね。
ちなみに、聞いた話では、語学は混ぜない方が良いって聞きます。日本語で話すと決めたら、日本語のみとか、人によって言語をかえるのもいいみたいです。(その人はその言語を一貫して話す)あと、子どもが英語で話しかけても、返さないとかもあるようです(分らないふり?!をするらしい)。言語に関しては、兄弟間でもずいぶんと違いが出るというので、最終的には、できる事だけでやれば良いかな?なんて思いました。
でもキャビさんのように、欲張っちゃう気持ちもわかります~!
by ゆらら #-
2012/04/11(水) 07:07 [Edit
Re: タイトルなし
●ゆららさん●

こんにちは!
お返事を書き始める度に周囲の邪魔が入り、早くにお返事が出来ず申し訳ありませんでした!!


> あの日の事ですね~~。うちも、今だに日本語学校は、内心行きたくない様子・・・。ようやく、泣いたり、ダダをこねなくなったけれど、それでもここに来るまで半年はかかりました・汗。

そうです「あの日」の事です・・・TT
日本語学校を毎回楽しみにしている子も居ると思うんですが、うちはそんな日は来ないと思いますね(--;)
ゆららさんの御子さん、泣かなくなったのは偉い!
ゆららさんも御子さんが泣かなくなるまでは大変でしたね。
お疲れ様でした。


> こっちで子育てをしていると、語学の事は悩みますね。分ります。何が子どもにとっていいのか?難しいところですね。

そうですよね・・・。
子供の「日本語を話したくない」という意思を尊重し、学校を辞めさせてマイペースでやらせるべきか、今は嫌な思いをさせても日本語学校に行かせるべきか、毎日毎日考えています。


> ちなみに、聞いた話では、語学は混ぜない方が良いって聞きます。日本語で話すと決めたら、日本語のみとか、人によって言語をかえるのもいいみたいです。(その人はその言語を一貫して話す)あと、子どもが英語で話しかけても、返さないとかもあるようです(分らないふり?!をするらしい)。

それ、私の友人達も言ってました!
子供に話す言葉は絶対に日本語、そして子供が英語で話しかけてきたら聞こえないフリをするか、「ママ、日本語で言ってくれないと分からないわ」と言ったりするとかするそうです。

もう「すごいな・・・」と思います。
私はついつい英語が出ちゃうんですよね・・・。
完全に英語&日本語のチャンポンです。
あ~~~~~~・・・・(ため息)。


> 言語に関しては、兄弟間でもずいぶんと違いが出るというので、最終的には、できる事だけでやれば良いかな?なんて思いました。
> でもキャビさんのように、欲張っちゃう気持ちもわかります~!

ありがとうございます!
自分と息子が共倒れする事だけは避けたいので、結局は「自分がやれる範囲でやるしかない」と思ってます。
そうそう、娘は最近言葉が出始めたんですが、やっぱり英語ですわ・・・。
バイリンガル教育、本当に難しいですね・・・。
by きゃび #-
2012/04/12(木) 19:54 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


きゃびの「つぶやいちゃうわよ!」

更新祭り開催中!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


プロフィール

きゃび

Author:きゃび
西日本の某県出身。1999年6月、日本にてドデカいカナダ人(旦那)に遭遇。その後何故か付き合う事となり、1年7ヶ月の交際を経て、2001年4月、日本にて結婚。転居先の愛知県にて三年半の新婚生活を送った後、2004年8月、移民権取得と同時にカナダ・バンクーバーに移住。2008年5月、第一子となる息子誕生。2008年12月にバンクーバー郊外の某市にお引越し。2010年11月、第二子となる娘誕生。2011年7月、愛猫二匹のうちの一匹だった愛猫“うらら”が天に昇りました。それから一年半後の2012年12月新たに雌猫のセリーナを我が家に迎え入れました。現在、旦那・息子・娘・愛猫ティファ&セリーナと共に「笑い大いにアリ、涙たま~~~にアリ、大噴火けっこうアリ」の、お気楽主婦生活を送っています。

我が家の息子、今いくつ?

2008年5月10日生まれ

我が家の娘、今いくつ?

2010年11月10日生まれ

最新記事

最新のコメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

Locations of visitors to this page

Copyright © Cabbit in Canada All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。