05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.06.01 *Fri*

それをお前が言うか

早いものでもう6月!!

ボーッとしてたら、一年も半分を過ぎてしまいましたよ。

そんな一年も半分に差し掛かった6月の一日目、なんと朝っぱらから



愛車のドア(助手席側)に思いっきり当てられた。




場所は旦那の職場の駐車場。


当てた相手は旦那の同僚(つっても、リタイア年齢をとうに過ぎたジイ様)。



その日はアタシが車を使う用事があったので、旦那を職場まで送り届けてたのよ。

旦那が車を降りて職場の建物内に入り、アタシが助手席から運転席に移動して「さあ、帰りますよ」って段階になった時、隣の駐車スペースに黒い車がスーッと入ってきたの。


「やけに近くに止めたな」


とは思ったんだけど


「まあ、気をつけてドアを開けてくれるだろう」


と思ったアタシが甘かった。


その車のドアが開いた途端、




ガンッ!!!






っという大きな衝撃音と共に、車内が思い切り揺れた!!!


にも拘らず、


そのジジイ(今回はあえて、こう言わせてもらう!!)、そのまま車のドアを閉め、何事も無かったかのように建物に向かって歩き始めたのよ!!

アタシ、急いで車を降りてそのジジイに向かって、


「ちょっと!!! あなた今、アタシの車にドアをぶつけたんですけど!!!」



と叫んだ。


するとそのジジイ、


「え? ほんとに?」


って言うの!!!

あんだけ激しくぶつけておいて「ほんとに?」は無いでしょおおおおおおおおお!!!


アタシは「ええ、ぶつけましたとも!!」と言って、二人でぶつかったであろう箇所を確認する事に。





あいにくその日は強い雨が降ってる日で車体が濡れていて、ぶつけられた箇所がどうなってるのかわからない・・・!

アタシが「この状態ではどうなってるのか分からない。見た感じでは凹んではなさそうだけど・・・」と言うと、そのジジイ、



「まあ、すまなかったね。

でもこんな些細な事、車を運転してれば良くある事さ



と言い放ち、アタシにクルリと背を向けてスタスタと歩き始めた。


「こんな些細な事、車を運転してれば良くある事」だあああ???


それは「当てられた方が、当ててきた相手を穏便に許す場合」に言うセリフでしょ???


当てた相手が、当てられた相手に言うセリフじゃねーだろ!!!



それを当てたお前が言うか!!





怒ったアタシ、ジジイに向かって「もっと気をつけて物を話しなさい!!」と言うと、振り向きもせずに



「俺はもう謝っただろ」



と言って建物に入って行ってしまった。



信じられない!!!!!!


なんなの!?


なんなの!?


このジジイはいったい、な~~~~んなの!?





もしもこのジジイが誠心誠意謝ってくれていたら「まあ目立った外傷は無いみたいだし、こんな事は良くあること・・・」で済ませていたかもしれないのに、こんな誠意もかけらも無い上に、逆切れみたいな事をされて



「このままでは絶対に許さん!! いや、アタシが許したとしても、お天道様が許しちゃおかん!!」



そう思ったアタシ、携帯カメラを使ってジジイの車&ナンバーを激写。


「車のボディが乾いた後で傷&凹みが見つかったら、この写真を元に保険会社に訴え出てやる!!」


そう思いながら怒りでワナワナとふるえつつ自宅に戻ると、ちょうど旦那がヤボ用で電話を掛けてきた!!


ええ、ええ、報告しましたとも。

一部始終を話しましたとも。


そして旦那に「職場でこのジジイを見かけたら、コンコンと話しておいて!!」と頼んでおいた。
(↑ちなみに旦那とジジイは職業の性質上、「上司と部下」という関係が全く無いため、年齢差があっても対等に話が出来る)





それから数時間後。




仕事を終えた旦那を迎えに行き、事の顛末を教えてもらった。


旦那
 「今日、彼を見かけたんで話しておいたよ」

アタシ 「反応は?」

旦那 「『あなたがドアをぶつけたあの車は僕の車で、あなたが暴言を吐いたあの女性は僕の妻だ』って言ったら凄く驚いてバツが悪そうにしてたよ」

アタシ 「それで?」

旦那 「謝ってたけど、『でも車には傷が付いてなかったみたいだし、もういいだろ』って言ってた」

アタシ 「そうよね、あのジジイはそんな事言いそうだと思ったわ。で、そのまま引き下がったの?」

旦那 「『車が乾いてからじゃないと何とも言えない。それによっては後日保険会社に連絡する事になるかもしれないけど、その時はよろしく。それと、これからはドアを開ける時はもっと慎重に開けたほうがいいですよ』って言っておいた」

アタシ
 「そしたら?」

旦那 「『ふん!』って言って歩いていってオシマイ。 どう? 気は済んだ?」



とまあ、こんな展開だったようでした。


やっぱり職場でもクセのある人物で通っているようで、今回の事も職場の人達からすれば「ああ、あの人ならやるだろうな」って感じだったらしい。

そんな人間に隣に付けられるなんて、運が悪かったとしか言いようが無い。


でも!


後日、晴れの日に車体を確認して分かったんだけど、運が良かった事に、今回はドアの一番硬い部分(ドアの一部にフレームが付いてる箇所)に当てられたようで、5ミリほどのペイントの剥がれが確認できた程度で済みました。


これ位なら全然OKなレベル(なので、今回は保険会社に連絡は無し)。


もしあの日が晴れで、あのジジイが誠意を込めて謝ってくれていたら


「これくらいの傷なら大丈夫ですよ。運転してたら、この程度の傷はいつの間にか付くものですから」


と許してたのに(← 既に何度か経験あり。 そしてアタシ自身、過去に何度か同様に許して頂いた事がある・・・)。


完全にこちらに非がある時は(保険で修理代を支払う事を前提に)誠心誠意謝る事って本当に大事だと、改めて実感した今回の出来事なのでした。
category : 日常

COMMENT

お久しぶりです。

なんだか読んでいて、ワニワニしました。
クッソ野郎ですね。

でも暴言でもなんでも、言い返せたキャビさんは偉い!グッジョブです!

私も時々、唖然・呆然とする人に出会うことがあります。
失礼極まりない人だとか、もう、ハラワタが煮えくり返るような人。
これは試練だと自分に言い聞かせたりもしているんですけど、かなり引きづります。

私もいつか言い返せるようになりたい!!!
切実にそう思っています!!
なかなか今は機転がきかず、呆然としているうちに事が終わってしまっていることが多いのです。

キャビさんを見習わなければ。うん。
ちょっと勇気が出ました!
by Y #JalddpaA
2012/06/14(木) 21:48 [Edit
Re: タイトルなし
●Yさん●

こんにちは~^^


> なんだか読んでいて、ワニワニしました。
> クッソ野郎ですね。

ええ、とんでもないオジイでした。
俳優のレスリー・ニールセンをビッ●にしたようなオジイです。


> でも暴言でもなんでも、言い返せたキャビさんは偉い!グッジョブです!

有難うございます~~TOT
これもみな、“日頃の夫婦喧嘩の賜物”と思われます・・・v-356
私、普段は英語がしどろもどろなんですが、怒るとスムーズに英語が口から出てくるんですよね・・・。


> 私も時々、唖然・呆然とする人に出会うことがあります。
> 失礼極まりない人だとか、もう、ハラワタが煮えくり返るような人。
> これは試練だと自分に言い聞かせたりもしているんですけど、かなり引きづります。

いますよね~~~~~!!
こっちには日本の常識では考えられないようなビチ男&ビチ子がいますよね!!
私も本当に、トラウマになりそうな時がありますよ。


> 私もいつか言い返せるようになりたい!!!
> 切実にそう思っています!!
> なかなか今は機転がきかず、呆然としているうちに事が終わってしまっていることが多いのです。

一つご参考に・・・・と言える程の物ではないのですが、「腹立つ!でも咄嗟の文句が出てこない!」という時に私が良く使うフレーズが、

「Oh my goodness」 「Oh my gosh」

という言葉。

超ポピュラーなフレーズですが、このいずれかを首を横に振りながら、思いっきり軽蔑の表情を浮かべつつ、ゆっくりと言い放ちます。

それだけでも相手に「あなたは人から見れば非常識な事をしてるんだよ」と知らしめる事が出来るかな~と思ったり。
まあ、非常識な人間はその事すら気付けない可能性大ですが、自分的にはちょっとだけスッキリします^^;

あ、でも相手(暴力で反撃してこないような相手)を選んで使う事が大事ですよ、勿論!!


> キャビさんを見習わなければ。うん。
> ちょっと勇気が出ました!

いえいえ、そんな~~~~TOT
私も信じられない非常識人間に遭遇した時は、凹む事が殆どです。
一緒に頑張りましょうね!
by きゃび #-
2012/06/15(金) 12:38 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


きゃびの「つぶやいちゃうわよ!」

更新祭り開催中!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


プロフィール

きゃび

Author:きゃび
西日本の某県出身。1999年6月、日本にてドデカいカナダ人(旦那)に遭遇。その後何故か付き合う事となり、1年7ヶ月の交際を経て、2001年4月、日本にて結婚。転居先の愛知県にて三年半の新婚生活を送った後、2004年8月、移民権取得と同時にカナダ・バンクーバーに移住。2008年5月、第一子となる息子誕生。2008年12月にバンクーバー郊外の某市にお引越し。2010年11月、第二子となる娘誕生。2011年7月、愛猫二匹のうちの一匹だった愛猫“うらら”が天に昇りました。それから一年半後の2012年12月新たに雌猫のセリーナを我が家に迎え入れました。現在、旦那・息子・娘・愛猫ティファ&セリーナと共に「笑い大いにアリ、涙たま~~~にアリ、大噴火けっこうアリ」の、お気楽主婦生活を送っています。

我が家の息子、今いくつ?

2008年5月10日生まれ

我が家の娘、今いくつ?

2010年11月10日生まれ

最新記事

最新のコメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

Locations of visitors to this page

Copyright © Cabbit in Canada All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。