08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.03.18 *Wed*

バンクーバー島でプチ・バケーション(後編)

バンクーバー島2日目。

今日はナナイモから車で1時間30分ほど南下した場所にあるBC州の州都・ビクトリアに行って、久し振りにおのぼりさん気分で観光しちゃいますよーん。

アタシ・旦那・息子・ビクトリアで友人に会うという義姉は午前10時にナナイモの義両親宅を後にしました。
義両親様、今回はお世話になりました。ペコリ。


ナナイモを出た頃にはザンザン降りの雨で、ビクトリアの天気が心配・・・。
IMG_1384.jpg

義姉の勧めで、ビクトリアまでの道中にあり、ナナイモから30分ほど走った所にある町・シュメイナスに寄ってみた。
IMG_1388.jpg

シュメイナスといえば、『壁画の町』として町興しに成功した事で有名な町で、年間40万人もの観光客が訪れるそうな。
町の名前は知らなくても「この絵は見た事がある」っていう人、多いんじゃないかな~。
IMG_1396.jpg

本当に、町の至る所に絵が描いてあります。
IMG_1386.jpg

IMG_1391.jpg

町全体がとてもカラフルで、家の一つひとつもパステルカラーの色鮮やかな家ばかり。
とっても可愛い町なので、近くを通る際は是非寄ってみてほしい町のひとつ。

ここのベーカリーで軽食を買った後、再び高速に乗ってビクトリアへ。

シュメイナスでは雨が止んだのに、高速に乗った途端、再び雨足が強くなって、『晴れ女』のアタシの力をもってしても、ビクトリアでは雨に見舞われそう・・・。
IMG_1398.jpg

が!

ビクトリアに到着した途端、雨がピタリと止んだ!!

晴れ女パワー健在!
 
IMG_1399.jpg

ここの近くのレストランで友人と待ち合わせをしているという義姉を降し、ここからは別行動。
義姉は今晩はビクトリアに一泊し、アタシ達は最終のフェリーでバンクーバーに戻ります。


さて


今回でビクトリアは5度目の訪問になるアタシ。

割とよく来ている街なんだけど、実は一度も行った事が無い場所が数箇所ありまして。
今回は、その行った事が無い場所を観光してみようと思っとります。

その第一弾がこちら、

丘の上にそびえる『クレイグダロック城』
IMG_1401.jpg


「新天地に行ったら、君の為にお城を建てる」



新天地・カナダで後に大鉱脈を掘り当て、石炭王となったスコットランド移民のロバート・ダンズミュアー氏(1825-1889)が、約束通り、妻ジョーンの為に1890年に完成させたお城。

ダンズミュアー氏は完成の一年前に亡くなってしまったのだけど、彼の妻や家族が20年近く生活したそう。

一家が屋敷を手放した後は、事業家の私邸→軍事病院→ビクトリア・カレッジ→ビクトリア教育委員会→ビクトリア音楽学校として使われた歴史を経て、1969年から現在の博物館になりました。


「君の為にお城を・・・・」か~。 なんてロマンチック☆
うちの旦那にも、それくらいスケールの大きい約束をして欲しい物だわっ。


ちなみに、ここでの観光を楽しみにしていたアタシに義姉は


「一応 “城” って名前が付いてるけど、あんまり期待しない方がガッカリしなくていいかも。一般邸宅に毛が生えた程度の大きさだから」


って言ったんだよね。


屋敷の規模を旦那で比較すると・・・
IMG_1402.jpg

毛、ボーボーに生えてますがな。

こんだけデカければ、『城』と言ってもいいんでないかい?


屋敷の中に入ると、こんな階段がお出迎え。
IMG_1419.jpg

階段の手すり以外は、壁すらも「お触り禁止!」

そのお陰か、壁が未だにツルッツルのピッカピカですわよー。


乙女ゴコロを刺激するビクトリア様式の豪華な室内!
IMG_1410.jpg

いや~、この一家の当時の繁栄が垣間見えますな。

ちなみにここは『応接の間』。
ここで客を交えて楽器の演奏会をしたらしい。
優雅でいいわねー。
IMG_1411.jpg

階段の踊り場。
踊り場の一つをとってもこんな豪華な造り。
IMG_1439.jpg

塔から見えるビクトリアの景色。
当時はビクトリアで一番高い位置に建つ建物だったんだそう。
遠くの海まで見渡せました。
IMG_1441.jpg

とにかく部屋数が多くて、全ての部屋を見て周るのに、軽く一時間かかったかな。

全体的な感想ですが、義姉の忠告通り、あまり期待していなかったせいか割と楽しめましたよ。
ビクトリア・ダウンタウンから近いし、結構お薦めな観光スポットかも。
日本語のパンフレットもありますぜ。


大満足のクレイグダロック城を後にし、次に向かった先は『ロイヤル・ブリティッシュ・コロンビア博物館』

隣のサンダーバード・パークにある有料駐車場に車を止め、そこからテクテク歩いて博物館を目指します。

この建物は、その道中(サンダーバード・パーク内)にある『ヘルムケン・ハウス』。
IMG_1476.jpg

ハドソン湾会社の専属医師であったJ.S.ヘルムケンが1852年に建てた建物。
州内で2番目に古い建物で、建設当初は右側白い部分のログハウスのみで、後に左側部分を増設して今の建物になったんだそう。

生憎、本日は休館日。

でもいいもんねー。
ここは8年前の新婚旅行時にしっかり観光済みだから。


そうそう!
ヘルムケン・ハウスの庭の桜の木が開花してました!
IMG_1556.jpg

今年初の桜~!

ビクトリアは気候が温暖なんで、きっとどこよりも桜の開花が早いのかも。
いや~いいもの見ました。


駐車場から歩く事1~2分で目的の『ロイヤル・ブリティッシュ・コロンビア・博物館』に到着。
IMG_1478.jpg

ここは氷河期から近代までのBC州の歴史を模型を使って再現している博物館。

意外にも、来た事無かったんですよ、ここ。
あんまり興味がなかったと言うか・・・。

だって、ここの目玉はこの人ですからー。



マンモス。

IMG_1483.jpg

実物大のマンモスの作り物なんだけど、これ目当てで来るにはちょっと・・・。

とりあえず、せっかくなんで息子と記念撮影はしておきました。
IMG_1480.jpg

あ、この海の展示は結構リアルで凄いなーと思いました。
写真で撮ると、本物の海に見えるんだよね。
IMG_1491.jpg

ちなみに息子が乗っているベビーカーは博物館のサービスカウンターで無料レンタルできます(車輪がガラガラとウルサイのがタマにキズだ!)。

しっかし、「君、本当に10ヶ月児?」と疑うようなデカさ・・・。

街中でも、道行く人達に「可愛いねー。1歳半くらい?」とよく言われ、「いえ、10ヶ月です」って答えたら本気でビックリされましたわ。


閑話休題。


この博物館、2階部分はBC州の自然の歴史が展示してあり、3階にはBC州の文化の歴史が展示してあります。

カナダ先住民族(ファースト・ネイション)の文化・歴史が展示してある場所には、この様な巨大なトーテム・ポールや巨大家屋の再現、民族衣装やマスクなどがドッサリ展示してありました。
P1150770.jpg

あと、開拓時代の街並みの再現等もしてありました。

一つひとつが凄くリアル!!
IMG_1522.jpg

のんびり見て周っていたんだけど、館内放送で「あと15分で閉館です」と言っているのを聞き、残りの場所は駆け足で見るという慌しさ。
思ったより見るものが多くて、予想以上に時間が掛かっちゃったんだよね。

結局、ここには2時間弱いました。

博物館を出た後は、一旦、駐車場に戻って息子のストローラーをゲット。

息子をストローラーに乗せ、インナー・ハーバーとダウンタウンでの散歩に出発。

博物館から通りを挟んですぐ隣にある『州議事堂』。
IMG_1527.jpg

何度も見た建物なのに、来る度に写真を撮ってしまうのは何故だ!?
夜にはライトアップされて、なかなか見応えがありますぜ。

こちらも『何度も見た建物なのに、来る度に写真を撮ってしまう』場所の一つ、『エンプレス・ホテル』。
IMG_1537.jpg

ここはアフタヌーン・ティーがかなり有名ですね。
その内、挑戦してみようと思います。

この時はまだ起きていた息子だけど、この数分後にはストローラーの振動で眠ってしまい、2時間近く起きなかった!
IMG_1532.jpg

ビクトリアは『花の街』でもあり、ところどころに春を思わせる花が咲いてました。
今年初のクロッカスを見たのも、ここビクトリア。
ビクトリアにはもう春が来てるのかも。


ずんずん歩いてエンプレス・ホテルを素通りし、ダウンタウンへ向かいます。
IMG_1538.jpg

エンプレス・ホテル前を歩ききった場所に観光センターがあります。

ここでフェリーの時間を確認しようと思ったんだけど、5時で閉まってた!
あと5分早く来てたら確認できたのにー!

でも仕方がないので、「8時頃が最終だろうから、それに乗ろう」という事に決め、観光を続行。

これは観光センター前から見たビクトリアの眺め。
この写真に、ビクトリアの主な観光要所が凝縮されてます。
victoria.jpg

左からエンプレス・ホテル、ロイヤルBC博物館、州議事堂、ロイヤル・ロンドン蝋人形博物館(白いギリシャ風の建物)。

ロイヤル・ロンドン蝋人形博物館は8年前の新婚旅行時に行ったんだけど、1階は歴代ロイヤル・ファミリーの蝋人形(何故か明治天皇の人形もあった)があり、地下はゲロゲロ拷問シーンの再現とかがしてあって、「うげー」となりつつも結構面白い場所でした。

観光センターから更に進みダウンタウンへ。
ここでのアタシのお目当ては・・・
IMG_1549.jpg

『Murchie's』本店!
バンクーバーの各支店には何度も行けど、ビクトリア本店にはまだ行った事が無かったのだー。
写真は店内のカフェ・コーナーから撮ったもの。
IMG_1554.jpg

さすが本店、店舗の規模がバンクーバーのそれとは大違い。

カフェ・コーナーもかな~り広い。
こんな規模のお店、バンクーバーにも出店してくれたらいいのに。

ここでスコーンとロンドン・フォグ・ラテを飲んで一休み。
ここのスコーンはいつ食べてもフワフワで凄く美味しい。
家で再現できないかな~。
IMG_1551.jpg

Murchie'sを出た後は旦那お目当ての『The Dutch Bakery』マジパン・ケーキ(旦那の好物)を買いに行くも、5時半で営業終了してた! 閉まるの早い!

次回はちゃんと営業時間を確認してから来よう・・・。

そろそろパーキングの時間が危うくなって来たので、車に戻らなくては・・・。

午後8時のフェリーに乗ろうと思ったら今からビクトリアを出発してフェリーターミナルにも向かった方がいいので、近くにあった中華料理レストランで夕飯をテイクアウトして車に向かい、ビクトリアを後に。


フェリーターミナルには7時半頃に着いたんだけど、なんと午後8時の便は無く、次は午後9時の便だという事が判明!(しかも、これが最終)
1時間半も待ち時間があったので、車の中でさっき買った中華料理を広げて夕飯を済ませましたわ。


いや~失敗だったな、あの中華料理屋。
炒飯は劇的に美味かったけど、あとの炒麺や酢豚が激マズでした。
やっぱり、中華はバンクーバーが一番だな・・・。


そんなこんなしていたら、あっという間にフェリー出発の時刻となり、バンクーバー島を後に。
なんか、ドタバタとした2日間だったな・・・。

ドタバタとはしていた島滞在だったけど、内容は濃かったので楽しかったです。
今回の旅で、やっと大まかなビクトリアの観光要所を制覇できたし(8年越しだったわ・・・)。

ビクトリアは小ぶりな街ではあるけど、優雅で美しい街でアタシは大好き。
暫く経ったら、また遊びに来ようと思います。

以上、2日間のプチ・バケーション記でしたっ。
category : 旅行

COMMENT

雨も上がり、楽しい観光ができたようですね。
来月母を連れて行く予定なので、ナイスタイミング!な情報で
大変有り難いです~~。

クレイダーグロック城、7年前に行ったことあるのですが
休館で中を見ることができなかったんです。
写真でだけでも見れて大感謝!です。

Murchie'sはビクトリアの本店を先に知っていたので、
それと同じだと思ってバンクーバー店に入って驚きました。
規模の大きさの違い(扱っている種類の違い)に。
私も絶対にあの絶品スコーンを食べて来ますねー!!

博物館のマンモス・・・
その存在を息子が知ったら、絶対に行きたがるでしょう。
by ゆいとマミー #6moyDOY6
2009/03/23(月) 08:30 [Edit
Re: タイトルなし
●ゆいとマミーさん●

来月、お母様がお見えになるんですね。
今回の日記が少しでもお役に立てればいいんですが。

> 休館で中を見ることができなかったんです。

ああ残念!
結構見ごたえのあるお城だったので、お薦めしたい場所の一つです。

ビクトリアってインナーハーバーをぶらぶら歩くだけでも楽しいですよね。
特にお母様が見えるのは4月だから、ビクトリア観光にはとてもいい時期ですね!

>Murchie'sはビクトリアの本店を先に知っていたので、
>それと同じだと思ってバンクーバー店に入って驚きました。

私は全く逆パターンだったので、ビクトリア本店もこじんまりしたのを想像してたんですよ。
なので、あの規模の大きさには驚きました!
是非、バンクーバーにもあの規模のお店を出して欲しいですよねー!

> 私も絶対にあの絶品スコーンを食べて来ますねー!!

是非!
あの辺はインナーハーバーにも近いし、「ちょっと休憩」には最適の場所ですよね。

私の次のビクトリア訪問目的は『エンプレスでアフタヌーン・ティー』ですわ☆

> 博物館のマンモス・・・
> その存在を息子が知ったら、絶対に行きたがるでしょう。

うーーーーーん、これこそ「期待していったら・・・」な感じなんですよね。
恐竜とか展示してあればいいんですけど、「それ系」といったらあのマンモスだけなんで・・・。

博物館はともかく、来月のお母様の訪問が晴天に恵まれる事を願ってます。
ビクトリア観光が楽しいものになるといいですね!
by きゃび #-
2009/03/24(火) 15:30 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


きゃびの「つぶやいちゃうわよ!」

更新祭り開催中!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


プロフィール

きゃび

Author:きゃび
西日本の某県出身。1999年6月、日本にてドデカいカナダ人(旦那)に遭遇。その後何故か付き合う事となり、1年7ヶ月の交際を経て、2001年4月、日本にて結婚。転居先の愛知県にて三年半の新婚生活を送った後、2004年8月、移民権取得と同時にカナダ・バンクーバーに移住。2008年5月、第一子となる息子誕生。2008年12月にバンクーバー郊外の某市にお引越し。2010年11月、第二子となる娘誕生。2011年7月、愛猫二匹のうちの一匹だった愛猫“うらら”が天に昇りました。それから一年半後の2012年12月新たに雌猫のセリーナを我が家に迎え入れました。現在、旦那・息子・娘・愛猫ティファ&セリーナと共に「笑い大いにアリ、涙たま~~~にアリ、大噴火けっこうアリ」の、お気楽主婦生活を送っています。

我が家の息子、今いくつ?

2008年5月10日生まれ

我が家の娘、今いくつ?

2010年11月10日生まれ

最新記事

最新のコメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

Locations of visitors to this page

Copyright © Cabbit in Canada All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。