05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.06.29 *Fri*

準備完了&ドライブイン・シアターで映画

今週土曜日のオープンハウスに向け、月曜日から始めた大掃除。


金曜日の今日になって、ようやく終了しましたーーーー!!!

もう、部屋がスーーーーーッキリ!!



ここぞとばかりに不用品をバンバン捨てたし、近々控えているかもしれない引越しに備え、ついでに使用度の低い荷物もパッキングしちゃったから、部屋の中が本当にスッキリ綺麗になったわん☆

これでもう、余裕で明日のオープンハウスに挑めます。


後は、我が家のガキンチョ達&愛猫達が作った室内の細々としたダメージを今日中に大家さんに手直ししてもらうだけなんだけど、アタシ達が居ない方が手直し作業もはかどるだろうと思い、本日はお昼過ぎから外出して、帰宅は午前様にする事にしたわ。


え、そんな遅くまでどこをほっつき歩くのかって?


そりゃあ「ドライブイン・シアター」ですよ、「ドライブイン・シアター」!!


ここなら子供連れで映画が観れて、真夜中まで時間が潰せる!

それに今週の上映ラインナップの一本目が息子の大好きな『マダガスカル』シリーズの最新作 『Madagascar 3 Europe's Most Wanted (邦題:マダガスカル3)』 だったので、今回の事がなくとも今日はここに来る予定だったのです、はい。
m3.jpg

●ストーリー●

ライオンのアレックス、シマウマのマーティ、キリンのメルマン、カバのグロリアの4頭が、またまた騒動を巻き起しながら冒険を繰り広げる。ニューヨークへ の帰国を決意したものの、ペンギンズを追って訪れたモンテカルロのカジノで騒ぎを起こし、指名手配されたアレックス達は動物管理局のデュボア警部たちに執拗に追われるハメに。逃走のなりゆきで廃れたサーカス団に入団した彼らは、サーカス団の動物仲間たちと一緒にモンテカルロからローマ、スイス・アルプスを経て、オリンピックが開催されるロンドンへ。ニュースタイルのサーカス団『アフロ・サーカス』として成功した彼らの次の目的地は、故郷のアメリカ・ニューヨーク!




息子だけでなく、アタシ&旦那も大好きなこのシリーズ、今回も大爆笑させてもらいましたわ。

映画を見終わった後の数日は「♪タッタタララララ~ラ・サーカス! タッタタララララ~ラ・アフロ! アフロ・サーカス! アフロ・サーカス!♪」という歌が頭から離れなくて、同様だった息子&旦那と一緒に家族で歌いまくってました。

出てくるレギュラー・キャラクター達(特にペンギンズ)、みーんな大好きなんだけど、今回の一押しキャラは



二匹のチンパンジー、メイソン&フィル!
m-3-c.jpg

いつもは影が薄い感じのメイソン&フィル。

でも今回は彼らの活躍なくして、この映画はあり得ないと思うわ。


そして動物管理局のデュボア警部がキョーレツで。
m3-d.jpg

マダガスカル・シリーズでは毎回「(人間の中では)最強の敵」として怪物的な破壊力を持つ一人のオバアチャンが登場するんだけど、今回はそのオバアチャンの登場は無し。

そのキャラクターに取って代わって今回登場したのがデュボア警部なんだけど、アレックス達を執拗に追いかけるその様は、「ターミネーター2」のT-1000そのもの。

この映画が実写になるとしたら、絶対、マドンナ(もしくはヘレナ・ボナム・カーター)に演じてもらいたい。


いや~本当に楽しい映画でした。

早くも「4」の公開が待ち遠しい!


(ちなみに)
先ほど初めて日本語吹き替え版のトレイラーを観たんですが、柳沢慎吾(マーティ役)&高島礼子(グロリア役)がオリジナルキャストと殆ど変わらないイイ仕事をしていて驚きました。アレックス役の玉置宏は・・・・・・いや、何も言うまい。





本日、二本目の映画は白雪姫を題材にした作品『Snow White & The Huntsman (邦題:スノーホワイト)』
sw_h.jpg

●ストーリー●

スノーホワイトは、まだ幼いプリンセス。女王だった母亡きあと、新しい王妃に迎えられたラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)に父王を殺されたスノーホワイトは、ラヴェンナ姉弟に国を乗っ取られ、薄暗く冷たい城の塔に7年間も幽閉される。一方、「鏡よ、鏡。この世でいちばん美しいのは誰?」と毎日魔法の鏡に問う女王ラヴェンナに、魔法の鏡は「この世でいちばん美しいのは女王様です。しかし、あなたよりも美しい娘がやがて現れます。その時、その娘の心臓を食べれば、あなたは永遠の美貌と若さを手に入れ、不死身となるでしょう」と言う。その娘が、7年の間に美しく成長した自分の継娘スノーホワイト(クリステン・スチュワート)と知った女王は彼女を殺そうとするが、闇の森へ逃げられてしまう。心ならずも女王の刺客として放たれたハンターのエリック(クリス・ヘムズワース)と手を結んだスノーホワイトは、女王から自分自身を、そして女王に苦しめられる国の民を救うため、同士たちと共に反乱を起こし、女王に戦いを挑む。



おとぎ話の『白雪姫』をダークに描いた作品です。

旦那から「今週のドライブンインの映画、『スノーホワイト&ザ・ハンツマン』だよ」と言われ、


「え?『スノーホワイト&ザ・ハングマン?』」
thm.jpg


と聞き間違えたのは、カナダ国内でもアタシ一人と思われ(そしてこのドラマを知っている人も殆どいないと思われ)。

♪ズンズン、ズンズン、ズンズンドッコ~。



閑話休題。


現在、なぜかハリウッドは『白雪姫』ブームでして、今年だけで白雪姫を題材にした映画が2本上映されております。

本作品で白雪姫を演じたのは映画『トワイライト』シリーズでブレイクしたクリステン・スチュワート。

驚くことに、ストーリー的には悪くなかったわ。

悪くはなかったんだけど・・・・・・


「女王ラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)よりも、スノーホワイト(クリステン・スチュワート)の方が美しい」


という設定に、激しく同意できなかったわけで。


どこからどう見ても、二人の年齢差(シャーリーズ36歳 クリスティン21歳)を考慮しても、



女王様の方が、スノーホワイトよりも圧倒的に綺麗可愛いんですよ。



「この魔法の鏡の目は節穴だな、オイ」と突っ込まずにはいられないんですよ。


「なんでここに“ハリウッド美女”代表格のシャーリーズを持ってくるかな。もっと美貌が劣る女優にすれば良かったのに」と思ったんだけど、映画を観進める内に「いや、これは彼女だからいいんだ」と思い知らされましたわ。

圧倒的な美しさが急速に衰えていく恐怖とか、若さを得るためには手段を選ばない時の冷酷さとか、狂気とか、一気に衰えた外見から一気に若返る時の思わず「ハッ!」とするような美しさとか。

ゴージャス美女のシャーリーズだからこそ、それらを更に際立たせて体現できるんだな~と。


そして彼女は眼力がすごい!!


スノーホワイトを追い詰めるときのランランとした目がほんとに怖い。

この映画はストーリーは悪くないけど、シャーリーズの演技に助けられてる部分が殆どであるのは確実です、はい。




・・・・とすっかり主役のクリステンをスルーしてしまったけど、彼女といえば、この映画が元で大スキャンダルに巻き込まれている真っ只中。

なんと彼女、この映画の監督(40過ぎ、妻子あり)との不倫現場をパパラッチされてしまったのです。

クリステンといえば、映画『トワイライト』シリーズで共演中のロバート・パティンソンと交際・同棲中。



『トワイライト』シリーズ・・・・・そう、こんな感じの化粧顔をしたバンパイア達が登場する映画です。











baka_t.jpgファンの人、ゴメン・・・。


北米ティーンの間では、この『トワイライト』シリーズは(何故か)物凄い人気で、主演のロバート&クリステンは「ロブステン」と呼ばれ、ファン公認のカポーだったんですよ。

にも拘らず、の今回の不倫騒ぎ。

結局、監督&クリステンが公式に「不倫しちゃってゴメンナサイ」と謝罪声明を出すに至りました(このクサれ監督は妻子に土下座して謝れ!!)。


同じ監督&キャストで続編が決まっていた『スノーホワイト』ですが、今回の不倫スキャンダルで雲行きが怪しくなってきた様子。

まあ、アタシ的には、シャーリーズが出ないのであれば、この映画の続編なんてどーでもいいですけどね。




さて、映画が終わった後、自宅に帰ってみたら、部屋の中の要修復箇所は大家さんによって綺麗に修復されてました。

明日はいよいよお昼からオープンハウス。

ちょっとドキドキしてきたわ。

category : 映画鑑賞

COMMENT

見た!
マダガスカル、観ました!
ほんと楽しい映画で、心配した息子も映画館でずっと魅入ってました。
ほんと、あの歌ね、、、
娘が歌うのにイライラ。
だってビミョーに違うし!
しかもしつこい!
何十回と歌われ親はウンザリでした、、、

スノーホワイト、観たいなと思ってたんですよ!
以前やってたOnce upon a timeて言うドラマでスノーホワイト見てたからか、やたらスノーホワイトづいてるんやなとは思ってたけど、、、。
ネタないんやないですかね?笑
by hunny #aT3r76mg
2012/08/04(土) 20:19 [Edit
Re: 見た!
●hunnyさん●

こんにちは!
今日は朝から猛暑で、溶けておりましたわ・・・。
そちらは如何でしたか!?

> マダガスカル、観ました!
> ほんと楽しい映画で、心配した息子も映画館でずっと魅入ってました。
> ほんと、あの歌ね、、、
> 娘が歌うのにイライラ。
> だってビミョーに違うし!
> しかもしつこい!
> 何十回と歌われ親はウンザリでした、、、


あれ、一回聴くと脳にインプットされますよね。
「向陽閣」のCMソング「♪有馬兵衛の向陽閣へ~♪」と同じくらいのインパクトがあります。
我が家は親も一緒になって何十回と歌ってましたわ~^^;


> スノーホワイト、観たいなと思ってたんですよ!
> 以前やってたOnce upon a timeて言うドラマでスノーホワイト見てたからか、やたらスノーホワイトづいてるんやなとは思ってたけど、、、。
> ネタないんやないですかね?笑

白雪姫関連で「Once upon a time」っていうドラマもあったんですね~(@O@)
ジュリア・ロバーツが女王を演じた白雪姫映画「Mirror Mirror」といい、今回の「スノーホワイト」といい、本当に今年は“白雪姫ブーム”ですよね~。

「スノーホワイト」、なんだか「ロード・オブ・ザ・リング」っぽくて、なかなか面白かったです。
「チョ~おすすめ~☆」とは言えませんが、シャーリーズ・セロンの怪演は必見です!
by きゃび #-
2012/08/05(日) 20:55 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


きゃびの「つぶやいちゃうわよ!」

更新祭り開催中!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


プロフィール

きゃび

Author:きゃび
西日本の某県出身。1999年6月、日本にてドデカいカナダ人(旦那)に遭遇。その後何故か付き合う事となり、1年7ヶ月の交際を経て、2001年4月、日本にて結婚。転居先の愛知県にて三年半の新婚生活を送った後、2004年8月、移民権取得と同時にカナダ・バンクーバーに移住。2008年5月、第一子となる息子誕生。2008年12月にバンクーバー郊外の某市にお引越し。2010年11月、第二子となる娘誕生。2011年7月、愛猫二匹のうちの一匹だった愛猫“うらら”が天に昇りました。それから一年半後の2012年12月新たに雌猫のセリーナを我が家に迎え入れました。現在、旦那・息子・娘・愛猫ティファ&セリーナと共に「笑い大いにアリ、涙たま~~~にアリ、大噴火けっこうアリ」の、お気楽主婦生活を送っています。

我が家の息子、今いくつ?

2008年5月10日生まれ

我が家の娘、今いくつ?

2010年11月10日生まれ

最新記事

最新のコメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

Locations of visitors to this page

Copyright © Cabbit in Canada All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。