10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.02.14 *Thu*

「キンダー申込み」開始!

今日は世間はバレンタイン・デー。


でもアタシには、そんな物よりもビッグなイベントが本日は控えてたんです。


その「ビッグなイベント」とは・・・・




9月から始まる息子のキンダーガーテン(幼稚園)の申込み!




いや~遂に来ましたよ、この時期が。

息子が生まれた時は「キンダーなんてまだまだ先」と思ってたのに、そんな息子も今年の5月で5歳。

ついこないだまで赤ちゃんだと思っていた息子も、いつの間にかキンダーに入学する年齢に。


時が経つのって、本当に早いなあ・・・・・(しんみり)。



とまあ「しんみり」してばかりだと申込み作業が進まないので、昨夜、必死こいて申込み書類を集めました。

ここで日本の皆さんの為に少し補足なんですが、

アタシが住むBC州の公立学校には大きく分けて3種類の学校があります。




・通常スクール (一般的な学校。授業は英語で行われる)

・フレンチ・イマージョン・スクール (授業はフランス語で行われる)

・フランコフォン・スクール (両親または片親の母国語がフランス語の子供のみ入学可)




これは「国の第一公用語」として「英語/フランス語」を掲げるカナダならではの学校形態。

なので、BC州だけに限らず、カナダのほぼ全州が同じシステムを取っていると思います。

ただ、フランス語が第一公用語になっているケベック州に関しては、どういうシステムになってるのか分かりませーん(調べるのが面倒くさいのよお・・・)。



この三種類ある学校の中でもフランス語家庭の子供しか入れないフランコフォン・スクールはまず置いておくとして、カナダに住む大抵のお母さん方は



「子供を通常スクールに入れるか、フレンチ・イマージョンに入れるか」



で悩むことになります。


で、その家庭の教育方針を考慮した上で、一般スクールを選んだり、フレンチ・イマージョンを選んだりする事になるんですが、ここ最近、フレンチ・イマージョンの人気が物凄い。


英語の他に、カナダのもう一つの公用語であるフランス語を喋れるに越した事はないし、「将来的に政府関係の仕事に就き易い」と言われている点も、昨今のフレンチ・イマージョン人気に拍車を掛けているようですわ。


地区によっては抽選になったりする学校もあるそうで、競争率が年々上がってきている様子。




実は




アタシが住む地域にも我が家から徒歩で15分、そして車で10分以内の場所に合計3つの(キンダーから入れる)フレンチ・イマージョン・スクールがあるんだけど、その内の二校は抽選しなくても入れると聞き、どうしようか少し迷ったのよね。


だけど英語と日本語の狭間で混乱している感のある息子を、更にフランス語の環境に入れるのは忍びなく、旦那と相談し



「まずはこの州の、そして息子の第一言語である英語環境の学校に入れる。そこで英語の読み書きを徹底させ、家庭では学べない、ちゃんとした英語の基礎を学ばせる。これは我が家のような『片親の第一言語が英語ではない国際結婚家庭』には特に重要な事だと思う。

 後々に本人が望むようであればレイト・イマージョン(11歳・12歳から入れるフレンチ・イマージョン)に転入させる。その頃には英語はほぼ完成状態だろうから、フレンチが入ってきても問題なし。でも基本としてフレンチに重きは置かない。」



という我が家なりの結論を出し、我が家は一般スクールのキンダーに申込む事にしました。



フレンチ・イマージョン、すごく良いんですよ。

向いてる子には最高の教育環境だと思う。

だけど、うちの子には今のところ向いていないようなので、今回はこういう結論に達しました。




そんなワケで、本日は息子をプリスクールに送っていったその足で、そこから徒歩数分の場所にある小学校(※)へ。

割と早く着いたと思ってたんだけど、アタシが取った番号札は25番目で、順番が来るまで1時間近く待つハメに。

退屈した娘をなだめるのが大変だったわ・・・・(-_-;)



でも無事に、キンダーの申込みは終了!



今年の9月から、息子はこの幼稚園で新生活をスタートさせます。


友達、沢山出来るといいなあ・・・・☆




(※)こちらの幼稚園は小学校内にあります。


category : 息子の成長

COMMENT

そっちは5歳からなんですね!
うちは4歳からなので、今年からです~もちろん申し込み始まってすぐ(といっても3日目くらい)にしましたよ~。
しかし、そっちはすごいですね!日本並みのレジスター。。。こんな、いつでもいける状態、うちの学校だけ!?笑

うちはフレンチイマージョンに入れるかの話し合いすらなく、通常校で!!という暗黙の了解のもとにレジスターしました。笑
だって~もうすでに日本語もしないとだめな状況やから、とりあえずこの二言語をしっかりやってもらわないと、どっちの家族・親戚・友達とも会話できなくなってしまう~。笑
フレンチは後回し!本人がやりたくなれば、やればよし!の扱いです。
by hunny #qMCRYqkM
2013/02/22(金) 13:56 [Edit
キンダー申し込みって意外と混むんだね。初日だったからかな??

きゃびさんのエリアだと、フレンチは抽選なしで入れるのねーーーーっ!!

引越しがふと頭によぎったけど今の学校、うちから遠い以外は気に入っているので(今の家もボロくて狭いけど愛着あるし)やっぱりいつか起こる奇跡を信じて待つわ~。

by りのっちゃ #mQop/nM.
2013/02/23(土) 12:41 [Edit
Re: タイトルなし
●hunnyさん●

コメントありがとうございます☆


> そっちは5歳からなんですね!
> うちは4歳からなので、今年からです~もちろん申し込み始まってすぐ(といっても3日目くらい)にしましたよ~。

州によって就学年齢が違うんですね、知りませんでした(@O@)!


> しかし、そっちはすごいですね!日本並みのレジスター。。。こんな、いつでもいける状態、うちの学校だけ!?笑

こちらも地区によってはレジスター日以降でも受けつけて貰えると思うんですよね(特に一般校は)。
でも「念のため・・・」と思って初日に行ってきましたー^^;


> うちはフレンチイマージョンに入れるかの話し合いすらなく、通常校で!!という暗黙の了解のもとにレジスターしました。笑
> だって~もうすでに日本語もしないとだめな状況やから、とりあえずこの二言語をしっかりやってもらわないと、どっちの家族・親戚・友達とも会話できなくなってしまう~。笑
> フレンチは後回し!本人がやりたくなれば、やればよし!の扱いです。

我が家も似たような理由でございますよ~。
我が家も「英語が第一公用語」の州に住んでますし、常に息子と一緒にいる私の英語は完璧じゃない。
だから生涯色々な場で使う事になる「(全科目の)用語」とか、日常会話だけじゃ学べない「丁寧な英語」をしっかり学校で身に着けてもらいたいと思って。
その延長線上で彼らが「フレンチも学びたい」と言うのであればレイト・イマージョンへ。
でも「まずは英語を完璧に!(+日本語をぼちぼち)」が我が家の方針ですね^^;
by きゃび #-
2013/02/25(月) 23:55 [Edit
Re: タイトルなし
●りのっちゃさん●

コメント有難うございます!


> キンダー申し込みって意外と混むんだね。初日だったからかな??

多分、そうだと思われます。
この辺りは新興住宅地があるので、そこから通う予定の子供達が多いんでしょうね。


> きゃびさんのエリアだと、フレンチは抽選なしで入れるのねーーーーっ!!

うちのエリア内にある3つのフレンチ校の内、高級住宅エリアにある1校は「やはり」というか抽選だそうですわ~^^;
そこ以外の2校は「まだ余裕がある」との事だったので、今なら抽選無しで入れるんじゃないかな?
でも今はもう埋まってしまったかもしれませんね。


> 引越しがふと頭によぎったけど今の学校、うちから遠い以外は気に入っているので(今の家もボロくて狭いけど愛着あるし)やっぱりいつか起こる奇跡を信じて待つわ~。


もう3月も目前だし、あと4ヶ月の辛抱ですよ!
9月からは近くの学校に入れることを願ってます(-人-)!!
by きゃび #-
2013/02/26(火) 00:39 [Edit

Comment Form


秘密にする
 


きゃびの「つぶやいちゃうわよ!」

更新祭り開催中!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

きゃび

Author:きゃび
西日本の某県出身。1999年6月、日本にてドデカいカナダ人(旦那)に遭遇。その後何故か付き合う事となり、1年7ヶ月の交際を経て、2001年4月、日本にて結婚。転居先の愛知県にて三年半の新婚生活を送った後、2004年8月、移民権取得と同時にカナダ・バンクーバーに移住。2008年5月、第一子となる息子誕生。2008年12月にバンクーバー郊外の某市にお引越し。2010年11月、第二子となる娘誕生。2011年7月、愛猫二匹のうちの一匹だった愛猫“うらら”が天に昇りました。それから一年半後の2012年12月新たに雌猫のセリーナを我が家に迎え入れました。現在、旦那・息子・娘・愛猫ティファ&セリーナと共に「笑い大いにアリ、涙たま~~~にアリ、大噴火けっこうアリ」の、お気楽主婦生活を送っています。

我が家の息子、今いくつ?

2008年5月10日生まれ

我が家の娘、今いくつ?

2010年11月10日生まれ

最新記事

最新のコメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

Locations of visitors to this page

Copyright © Cabbit in Canada All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。