10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.06.16 *Sun*

父の日 & 家族でカヌー遊び!

本日は「父の日」ですね。

世界中のお父さん、父の日、おめでとうございます~。


そんな「父の日」の本日、我が家はレストランで「父の日ランチ」をした後、バーナビー市内にある『Deer Lake(ディア湖)』にボート遊びをしにやって来ました。
IMG_2353.jpg

このDeer Lake、バンクーバーのお隣にあるバーナビー市の中心部にある中規模湖でして、わざわざ山奥の湖まで行かなくてもボート遊びが出来るという事で、カップルやファミリーに人気があります。


そして湖のビーチは上の写真の通り、カナディアン・グースが鈴なり状態。

凄まじいフンの量で、足の踏み場がありませんぜ。


向こう岸には商業地区のメトロ・タウンが見えます。






そうそう、





実はアタシ、




ここに来るのは今回が初めて!!


ボート遊びも、最後にしたのは今から丁度8年前!!




「久々のボート・・・・おっかないわ・・・」と思ったものの、本日の主役である旦那が「どうしても!」と言うので、しぶしぶカヌーをレンタルする事に。


今回利用したのはこちらのボート・レンタル。

人数&時間によって料金が変わるんだけど、我が家の場合は『大人二人&子供二人/1時間』で17ドル、3人乗りのカヌーをレンタルできました。

いい感じの価格帯なんじゃないかな?


アタシがカヌーの先頭に乗り、真ん中に息子&娘、そして最後尾に旦那が座り、いざ湖上へ!!
IMG_2340.jpg


「あ~~~ユラユラする~~~~。 何だかやっぱり怖い~~~~!」

と文句を言うアタシをよそに、カヌーはスイスイと前に進みます。


最初は怖かったんだけど、なんだか湖上の風が心地よくて、徐々に楽しくなってきた。

バッグからカメラを取り出し、写真なんかも撮れる余裕が出てきましたのよ。


そんな訳で、頭越しに後ろの皆さんを激写してみたら・・・・・






必死でカヌーを漕いでいる真最中でした!

IMG_2338.jpg


船がやけにスムーズに進むと思ったら、御三方が後ろで必死に漕いでくれてたからなのね・・・★


5歳の息子、なかなかいい感じのオールさばき。
IMG_2345.jpg


2歳半の娘も「えいっ! えいっ!」と奮闘中(2回オールを落としたけど ←旦那が拾った)。
IMG_2342.jpg


そんな二人に「二人とも~~頑張ってるね~~~~☆ えらい、えらい!」と暢気に言っていたら旦那から




「君も漕ぎなよ・・・・(-_-#)」





とお叱りを受けてしまったので、「へいへい」としぶしぶ船漕ぎに参加。


ビーチを離れて20分ほど経ったところ。
IMG_2343_20130618153518.jpg


船上は思いの外、心地いい!!


1時間しかレンタルしてないんだけど、日傘でもあればこのまま船の上でお昼寝をしたい気分になったわ。

しぶしぶ乗ったカヌーだったけど、やってみると思いの外楽しい。

それに最初は子供達(特に娘)が湖に落ちやしないかとヒヤヒヤしてたんだけど、彼女は意外と慎重派で、湖に手を浸そうと身を乗り出したり、いきなり立ち上がるといった危険行為を一切しなかったので、安心して船上のひと時を楽しむ事が出来ました。

これなら、もっと頻繁にボート遊びをしてもいいかもね。



この時点で30分が経過したので、そろそろ岸に向けて戻ろうか、とUターン。


その途中で目に留まったこの湖岸の一軒屋。
IMG_2348_20130618153532.jpg

古びた木造一軒家で、一瞬「なんか怖いわ・・・空き家??」と思ったんだけど、旦那の口から意外な事実が。



「あれは 『Baldwin House』 って呼ばれている家で、カナダを代表する建築家アーサー・エリクソンが1960年代に設計した個人邸宅だよ。」




ですって!

アーサー・エリクソンという人は、UBC人類学博物館やサイモン・フレイザー大学、バンクーバー裁判所といった建物や、世界規模で500以上の建造物の設計を行った大建築家だそう。

それを聞いたら興味が沸いてきて、船を近くまで寄せてみた。
IMG_2349_20130618153533.jpg

使われている木材は変色して古めかしくなってしまっているけど、建物自体は1960年代にしては凄いモダンな設計かも。

外からはそのモダンさが分からないんだけど、内部はこんな感じらしい。




内部が凄い、凄すぎる。




これって、今で言う「デザイナーズ・ハウス」ってやつよね。

建売住宅では絶対に作れない空間デザイン。


絶対住めないけど、いつかこんな家に住んでみたーーい!!



とまあ、意外な物に出会って感嘆の溜息を漏らしつつ、楽しかった1時間のボート遊びは終了。


旦那に「どうだった?」と訊ねると、



「凄く楽しかった! 君や子供達が一緒にボートに乗っている光景を後ろから見ていたら、『あ~~~僕らは“家族”なんだな~~』って、凄く幸せな気持ちになった。 本当にありがとう!」



と感謝されてしまいましたわ。


まあ、今日は「父の日」ですからね。

我が家の「お父さん」である旦那が喜んでくれて良かったわ。


Deer Lakeでのボート遊び、本当に楽しいので、お奨めですよー。

category : 日常

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


きゃびの「つぶやいちゃうわよ!」

更新祭り開催中!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

きゃび

Author:きゃび
西日本の某県出身。1999年6月、日本にてドデカいカナダ人(旦那)に遭遇。その後何故か付き合う事となり、1年7ヶ月の交際を経て、2001年4月、日本にて結婚。転居先の愛知県にて三年半の新婚生活を送った後、2004年8月、移民権取得と同時にカナダ・バンクーバーに移住。2008年5月、第一子となる息子誕生。2008年12月にバンクーバー郊外の某市にお引越し。2010年11月、第二子となる娘誕生。2011年7月、愛猫二匹のうちの一匹だった愛猫“うらら”が天に昇りました。それから一年半後の2012年12月新たに雌猫のセリーナを我が家に迎え入れました。現在、旦那・息子・娘・愛猫ティファ&セリーナと共に「笑い大いにアリ、涙たま~~~にアリ、大噴火けっこうアリ」の、お気楽主婦生活を送っています。

我が家の息子、今いくつ?

2008年5月10日生まれ

我が家の娘、今いくつ?

2010年11月10日生まれ

最新記事

最新のコメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

Locations of visitors to this page

Copyright © Cabbit in Canada All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: Bee)    
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。